プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
「serowでお散歩」の、このブログが、メインブログですが・・・


このFC2ブログに誘導のために、みんカラやYAHOOブログにも、投稿しています。

みんカラの「愛車の口コミを投稿する」って所に、セローの事を記入して送信すると、ブログ記事としてアップされました。

みんカラ、わかんね~!





さらには、 セロー250を語る・・・? とまで投稿し、訪問者が少ないのをいいことに、言いたい放題ですね・・・。




みんカラに投稿した記事の中で、XT125とXT200にも乗っていた事を書いて、そう言えばどんなだっけ・・・?

XT200と言えば、セロー225のベースとなったオフ車。そのルーツはXT125になりますから、セローの原点とも言えますね。

ちょっと気になり、調べてみました。



XT125は、1982年3月に発売された、ヤマハ初の4サイクルトレール車でした。

ヤマハ初の4サイクルトレール車は、1980年に登場したXT250ですから、2年後の事ですね。

IMG_0599[1]_convert_20170325184724
XT125は、留学した友達のを預かっていました。

125ccですから、力はありません。レッドゾーンの手前だけがちゃんと加速した感じでした。



XT125の発売から5か月後の8月に、XT200が登場します。

IMG_0600[1]_convert_20170325184635
XT200は、通勤途中のバイク店に置かれていた車両を購入しました。



乾燥重量が、XT125の106kgに対し、98kgとXT200の方が軽量でした。

XT200はアルミリムを採用して、軽量化を進めていました。価格にも表れていますね。

リヤスプロケットのサイズも違い、XT200の方が最高速も120km/hと表記されています。


この時代のヤマハ車は、デザイン面で迷走しているようでした。

XZ550の登場から、ウエッジの利いたガソリンタンクを採用し、XT400やロードモデルのXS400、RZ50などもこのデザインでした。



この迷走に終止符を打ったのが、XT250Tでしょうか。

IMG_0595[1]_convert_20170325173501



なのにXT200は、こんなカタチに・・・。

IMG_0604[1]_convert_20170325184404



XT125とXT200の違いは、排気量ですが、それぞれのボア×ストロークを見ると、XT125が、57×48.8で、XT200が67×55.7と、単純にボアを広げたモノや、クランクの加工でストロークを伸ばした物ではありませんでした。



ならば、セロー225は、どうでしょう・・・?

IMG_0610[1]_convert_20170326095501
セロー225のボア×ストロークは、70×58とボアもストロークもXT200とは異なるものでした。



セロー225は、セルつきになり・・・

IMG_0603[1]_convert_20170325184518



リヤチューブレスへと進化しました。

IMG_0605[1]_convert_20170325184257



セロー250になると、ボアが74mmに拡大され、ストロークはそのままの58mm。圧縮比は9.5とセロー225と変わりりません。

IMG_0611[1]_convert_20170326095348



1980年に登場したXT250は、75×56.5ですから、セロー250はセロー225からの流れになりますね。

IMG_0609[1]_convert_20170326095544


参考文献
ヤマハ・オフ・ワールド 八重洲出版
昭和&平成・国産バイク オールHISTORY オートバイ2005年3月号別冊付録 モーターマガジン社




スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:セロー250
「なんとなく直してしまった」XT250Xのテールランプですが・・・





本当に「なんとなく」なんです。

IMG_0585[1]_convert_20170324074755
ここの継ぎ目も、キッチリしました。



やった事と言えば、LEDランプを覆っている樹脂のカバーに、穴を開けて・・・

IMG_0582[1]_convert_20170324075214



ライセンスプレート側のインナーと一体のドロヨケにも、穴を開けただけなんです。

IMG_0583[1]_convert_20170324074527
小さな穴に、ワイヤーを通して、よじっただけ。ハーネスを固定するような、あのワイヤーです。



電動ドリルも使わずに、こんなミニドリルで、開いちゃいました。

IMG_0580[1]_convert_20170324075110



樹脂ですから、こんなドリルでも大活躍です。

IMG_0581[1]_convert_20170324074946
そう言えば、「セローにETC」でも、使っていました。



ETCと言えば、別体のアンテナが付いていますが、先日takanezawaさんのセローを見た所、アンテナがない。

IMG_0587[1]_convert_20170324074126
アンテナは、カウルの中に入れてしまったそうです。

ちゃんと反応しますから、その方がスマートですねー。



暖かくなって来ましたね、そろそろ本格的に始動の方も居られるでしょうか・・・

4月のカフェミーティングは、第2週の9日に行います。

IMG_0543[1]_convert_20170305202531



場所は、いつもと同じ、ブルックスの大井事業所です。

IMG_0520[1]_convert_20170305194503

9時から12時まで、ブルックスでコーヒーを飲みながら、ゆったりとしています。

天気が良ければ、午後から「お散歩」にも行きますよー。

暖かい春の午後を、景色のいい「お山」で過ごすのはいかがでしょうか・・・?


DATE: CATEGORY:セロー250
セロー250に乗っていますが・・・

テール周りをXT250Xに変えてあります。




XT250Xのテールまわりに変更

XT250Xのテールに変更を詳しく



LEDのテールランプがカッコよく見えて、リヤフェンダーから後ろを交換しました。





標準のテール周りもありますから、外装変更でノーマルセローにも交換できます。





ところが先日、猿が島で遊んでいた時に・・・



え”~!ぱるさんのセロー・・・?

LEDランプユニットが、なぜかはみ出して・・・

ケーブルで繋がっていますから、脱落する事は無かったんですけど・・・



家に帰ってから様子を見てみます。





リヤフェンダーを外してみると、LEDランプユニットが付いたインナーが見えます。


LEDユニットは、ボルト2本でインナーに固定されていますが、クッションマウントがあり、ある程度動くようになっています。



ところが動く事で、樹脂のパーツが割れてしまいました。





本来なら、テールライトユニットアッセンブリ(7636円)を交換するんですが・・・





割れた部分を補修してみようかと、考えてみたり・・・


接着剤では無理そうなので、プレートをボルト止めしようか・・・



それともLEDユニットはそのままで、リヤフェンダーを固定しようか・・・


・・・・で、リヤフェンダーとインナーに穴を開けてプレートをボルト止め・・・

・・・待てよ、ワイヤーでもイケそうじゃん!



こうして補修は完了しました。



サイドカバーとリヤフェンダーの繋ぎ目が気になっていました。

リヤフェンダーが外れやすくなっていた頃から、LEDユニットは破断していたと思います。



なんとなく直してしまったので、画像がありませんでした。


DATE: CATEGORY:お散歩
ナニコレ・・・?




「とんでもない登り坂 「竹」ですが・・・



どう見ても・・・



道のようには・・・



見えないんですけど・・・



屈んでも、見えないし。



立ちあがっても、道には見えない。



排水溝ですよね・・・



なんで、走るの・・・?



そこに「道」が、あるから。・・・じゃねーだろっ!

・・・失礼しました、ここに連れてこられた方の、心境を描写してみました。



今回の「お客さま」



ブログに訪問下さいますので、「林道100本松・竹・梅」で、この道はご存じでした。・・・が、

こうして目の前で見ると、やはり「道じゃね~し!」と、心の叫び。


久しく来ていなかったので、「間を開けて来て下さい。」と先行した所・・・



倒木で道を塞がれていましたー。


この「道」は、Uターンも出来ないため、バックのまま延々と下りて行くしかないんです・・・。

それは避けたい。それだけは避けたい。と、火事場の馬鹿力!




片付けました。

やればできるじゃん!



ここを登ると、「とんでもない下り坂 「梅」で、トンネルの上に行き、やっと道らしく?  「梅」で、南下するんですが、この日は時間が遅かったので、一度広域農道に下りて、「よるべ沼代」から「六本松」に登って行きました。




六本松は、山の中の立体交差。変則の五差路です。

東西に延びる道は小田原と中井町を繋ぐ道で、南北の伸びる道は一本松から不動山へと繋がる道です。

これから行くのは、中井町側へと下るもう一本の道です。





農道と言うよりは廃道に近い感じで、台風の後などは立ち木が覆いかぶさり、道に見えないコトもあります。




「六本松からの下り坂 「竹」では、真っすぐに下ってしまいましたが、「カクカクの道 「梅」のルートで、採石場から再び山の真化へと入って行きます。


登りと下り、どっちが楽・・・?

下りの方が、スピードをダ出さなければ楽です。


うにょーさんは、セローに乗り始めてから三か月ほどですが、原付やクルマの経験もある方ですから、公道走行は大丈夫です。

登り坂は・・・二輪経験がありますから、行ってみましょうか!


訪れたのは、鴨沢トンネルの上。「答えは、CM2のあとで。」で、かっき~さんと訪れています。



入り口からすぐに急角度で登って行きます。

一度平坦になりますが、そこから先にU字谷を走るような急斜面が続いています。

一面の落ち葉で、路面が見えない状態でした。





鴨沢トンネルに来ると、セットでもう一本。





カートランドの手前の道ですねー。





この狭い荒れた農道も、うによーさんは、難なくクリア!





そろそろブルックスでお茶でも行きましょーか?

・・・と話していたら、私のセローが、ガシャーン!



サイドスタンドが地面にめり込んで倒れました。

確か以前もここで・・・学習能力低過ぎです。



ここからブルックスに行くには、「いこいの村あしがら」の近くから「おおいゆめの里をゆるく。「梅」を走るのもいいんですけど、あいにくの空模様。海までの景色は望めそうもないので、真っすぐに向かいました。





午後四時過ぎに到着して、閉店の五時頃までゆったりとしていました。




朝は西湘バイパスの国府津Pから始まり、白銀林道で真鶴町。

早川から広域農道を使っての南足柄で。

昼食後は、足柄平野の反対側の曽我丘陵。

一体どんだけ走ったのでしょうか・・・?


積雪の残る白銀林道に比べると、南足柄や曽我丘陵はとても過ごしやすかったです。

久しぶりのアサヒビール園での食事も満足でした。

帰りにはブルックスでお茶を飲み、誰も来ないかも・・・?と心配していた一日が、とても充実した日になりました。


天候の優れない中をお越し下さったうにょーさん、ありがとうございました。

天気を見て、待機されたこのブログの訪問者のみなさん、お付き合い下さりありがとうございました。

また「ゴールデンルート」を企画しますので、ご都合が合うようでしたら、よろしくお願いします。


3月19日は、セローミーティング!ですねー。

何台くらい、集まるのでしょう?

楽しみですね。


DATE: CATEGORY:お散歩
「雨で誰もいない・・・。」で始まった、白銀林道の「お散歩」ですが・・・





幸いにも、うによーさんが来てくれたおかげで、集合場所から帰宅する事もなく、白銀林道を走れました。





走れました。と言っても、箱根湯本から「さつきの郷」までの前半部分だけ・・・。





以前は無かった、こんなモノが置かれていました。





それでも相変わらず、施錠はされていません。


この日は、伐採が行われていましたから、この先でも行われているかも知れません。

周囲に雪が残り寒いので、山を下って小田原方面に向かいます。



早川の交差点を左折し、第二交通機動隊の横を抜け、東風祭の交差点に出ました。





広域農道を使い、南足柄のアサヒビール園に到着。桜がきれいです。





ここは、カフェミーティングでも何度もお世話になっていますが、来るのは久しぶりになってしまいました。





ここのレストランの料理長が、ブロ友の方なので、利用しています。市場に出ることのない、足柄牛が食べられます。





すでに、ご存じの方も多いと思いますが、4月16日に旅好きライダーさん主催の「第2回 旅好きフェスティバル」が行われます。

「今年も感謝祭!アサヒビール神奈川工場でバイク仲間と焼肉ミーティング!^^」

「第2回 旅好きフェスティバル」早速の参加表明ありがとうございます!^^」

「第2回旅好きフェスティバル」午前の部 一緒に足柄峠、パノラマ台走りませんか^^」


旅好きライダーさんと直接会った事が無い方でも、参加できますので、カフェミーティングに来て下さった方、いつもこのブログに訪問して下さる方、ご都合が合うようでしたら、ぜひご参加ください。



この日の昼食は、ハンバーグランチにしました。





アサヒビール園でまったりと過ごしましたが、もう少し走ります・・・?


南足柄からは足柄峠が近いですが、積雪の心配もあり、寒そうなので、暖かそうな曽我丘陵に向かいます。


いつもの景色です。


天気が良ければ、箱根連山と、富士山が望めます。

「9月は、あまり乗れなくて」



ここからの景色も、もう何回目でしょうか・・・?



「セローは、おひとり様?」で、ラオさんと来ました。

「湘南ゴールド一袋100円」では、かっき~さんと。

「オーリンズのセローあらわる。」では、ヤスさんも。

「SEROWとWRでお散歩」では、旅好きライダーさんがWRで参戦。

「ふきのとう100円」では、りんさんもアタックしています。

「チェローワールドに、お客様・・・?」で、シオヤさん。

「セロー2台で、曽我丘陵。」では、ぱるさん。まだキャブ車のセローでした。

「9月4日のカフェミーティングの「お散歩」」に、sasaさん。一人だけのカフェミーでしたね。

「10月のカフェミーティング」では、イワナさんが、XRで走りました。



うにょーさんは、今回が初めて。





ここは、景色がいいんですねー。なんて話していました。


次に行くトコロは・・・。



登って来ましたー。





「林道100本松・竹・梅」の一本目です。




ここ、登るの・・・?


copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ