プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
前回の箱根山線。で、マッドフラップが破損してしまいました。







片側が、外れています。

IMG_1023[1]_convert_20170613084023



車体の下を覗いてみると、タイラップは付いたまま・・・。

IMG_1025[1]_convert_20170613083913



「まないた」が薄過ぎるのか、パンチで開けた穴から千切れていました。

IMG_1026[1]_convert_20170613083748



大きすぎるのも、問題なのかなー・・・?

IMG_1027[1]_convert_20170613083649



そう言えば、カフェミーティングの時に、ばばちゃんが作って来てくれた「マッドフラップ」は、半分くらいの大きさでしたね。

IMG_1028[1]_convert_20170613083508



使えそうな所を、切り出して使う事にします。

IMG_1030[1]_convert_20170613082959



半分の大きさになりました。

IMG_1036[1]_convert_20170613082447



ヤス・ファクトリー2?で半分残っていましたから、残りの「まないた」も、半分にしました。

IMG_1058[1]_convert_20170618115119

どなたか、欲しい方いますか・・・?





ヤスさんの、マッドフラップは、壊れません。さすが社長ー!

ヤス・ファクトリー




割れない材質と、強度を兼ね備えた素材選びが重要ですね。





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:セロー250
ヤス・ファクトリー・・・?

どっかで、聞いた様な・・・。

こう思って下さった方、かなり昔からの訪問者様ですね。いつもありがとうございます。


ヤス・ファクトリーとは、セロー30thアニバーサリーミーティングで知り合ったヤスさんが付けていた、自作マッドフラップの記事をアップした時のタイトルでした。

ヤス・ファクトリー

2015年8月の事でした。


この時は、「したじき」で作りましたが、ヤスさんに聞くと「まな板」がいいとの事。

IMG_0832[1]_convert_20170512173040

ダイソーで買って来ました。

消費税込み108円です。



サイズを見ると、260×365、上の方には穴が開いていますので、使えるのは260×340ほどです。

IMG_0833[1]_convert_20170512172833



早速、半分にカットします。

IMG_0834[1]_convert_20170512172729



これで、170×260の素材が2枚出来ます。

IMG_0837[1]_convert_20170512172633



セローの取り付け穴の間隔は、160mmですね。

IMG_0838[1]_convert_20170512172531



前回は、180×120でしたので、今度のマッドフラップは、かなり大きめになります。

IMG_0845[1]_convert_20170512170952



リンクにドロが跳ねなければイイですから、ここまで大きくなくてもいいですよね・・・。

IMG_0846[1]_convert_20170512170737




リアタイヤに、巻きこみはありませんでした。

IMG_0851[1]_convert_20170512170447




残り半分の「まな板」・・・

IMG_0852[1]_convert_20170512170406




170×260にカットして、穴を空けました。

IMG_0853[1]_convert_20170512170322



試してみたい方、先着1名様に半分にカットした「まな板」を差し上げます。

IMG_0854[1]_convert_20170512170208

穴開け加工済み、タイラップ付きです。


中島線と言うと、思い出される事があって・・・

正確には、生土不忘山線ですけど。


「次は、ドコ行く?の次は?」で、初代「ヤス・ファクトリー」が、終了しましたので、久しぶりに作ってみました。

これって、5月のカフェミーティングで思いだしたから・・・?




はい、昔の事は、よ~く覚えているんです。

昨夜の夕食・・・?

なんだっけ・・・?



DATE: CATEGORY:セロー250
「なんとなく直してしまった」XT250Xのテールランプですが・・・





本当に「なんとなく」なんです。

IMG_0585[1]_convert_20170324074755
ここの継ぎ目も、キッチリしました。



やった事と言えば、LEDランプを覆っている樹脂のカバーに、穴を開けて・・・

IMG_0582[1]_convert_20170324075214



ライセンスプレート側のインナーと一体のドロヨケにも、穴を開けただけなんです。

IMG_0583[1]_convert_20170324074527
小さな穴に、ワイヤーを通して、よじっただけ。ハーネスを固定するような、あのワイヤーです。



電動ドリルも使わずに、こんなミニドリルで、開いちゃいました。

IMG_0580[1]_convert_20170324075110



樹脂ですから、こんなドリルでも大活躍です。

IMG_0581[1]_convert_20170324074946
そう言えば、「セローにETC」でも、使っていました。



ETCと言えば、別体のアンテナが付いていますが、先日takanezawaさんのセローを見た所、アンテナがない。

IMG_0587[1]_convert_20170324074126
アンテナは、カウルの中に入れてしまったそうです。

ちゃんと反応しますから、その方がスマートですねー。



暖かくなって来ましたね、そろそろ本格的に始動の方も居られるでしょうか・・・

4月のカフェミーティングは、第2週の9日に行います。

IMG_0543[1]_convert_20170305202531



場所は、いつもと同じ、ブルックスの大井事業所です。

IMG_0520[1]_convert_20170305194503

9時から12時まで、ブルックスでコーヒーを飲みながら、ゆったりとしています。

天気が良ければ、午後から「お散歩」にも行きますよー。

暖かい春の午後を、景色のいい「お山」で過ごすのはいかがでしょうか・・・?


DATE: CATEGORY:セロー250
セロー250に乗っていますが・・・

テール周りをXT250Xに変えてあります。




XT250Xのテールまわりに変更

XT250Xのテールに変更を詳しく



LEDのテールランプがカッコよく見えて、リヤフェンダーから後ろを交換しました。





標準のテール周りもありますから、外装変更でノーマルセローにも交換できます。





ところが先日、猿が島で遊んでいた時に・・・



え”~!ぱるさんのセロー・・・?

LEDランプユニットが、なぜかはみ出して・・・

ケーブルで繋がっていますから、脱落する事は無かったんですけど・・・



家に帰ってから様子を見てみます。





リヤフェンダーを外してみると、LEDランプユニットが付いたインナーが見えます。


LEDユニットは、ボルト2本でインナーに固定されていますが、クッションマウントがあり、ある程度動くようになっています。



ところが動く事で、樹脂のパーツが割れてしまいました。





本来なら、テールライトユニットアッセンブリ(7636円)を交換するんですが・・・





割れた部分を補修してみようかと、考えてみたり・・・


接着剤では無理そうなので、プレートをボルト止めしようか・・・



それともLEDユニットはそのままで、リヤフェンダーを固定しようか・・・


・・・・で、リヤフェンダーとインナーに穴を開けてプレートをボルト止め・・・

・・・待てよ、ワイヤーでもイケそうじゃん!



こうして補修は完了しました。



サイドカバーとリヤフェンダーの繋ぎ目が気になっていました。

リヤフェンダーが外れやすくなっていた頃から、LEDユニットは破断していたと思います。



なんとなく直してしまったので、画像がありませんでした。


DATE: CATEGORY:セロー250
2012年から乗り始めたセローですが、2014年2月には、AIキャンセルをしています。



シリンダーヘッドの左側にある、エアインダクションパイプを取り外し、メクラ蓋をします。





エアインダクションシステムを取り外しますので、インテークマニホールドからのパイプや、シリンダーヘッドからのパイプも外します。






シリンダーヘッドから、エアクリーナーボックスへのパイプには、ワンウエイバルブを着けました。



これは日産のチェックバルブです。

樹脂製なので、軽いですし安いです。

ところがこの部品、手軽だけあって、耐久性は未知数なんです。

装着から1年後、外して点検してみました。

片側から息を吹き込んで、一方行だけ空気が流れるかを確認するんです。

問題ありませんでした。

翌年は・・・忘れていました。

その後は・・・ずっとノーマーク・・・記憶から消されていました・・・。



なんとなく気になっていたと言えば・・・



排気ガスが、濃い・・・?

高速走行が多かったから、オイル消費も多いかな・・・?くらいに、思っていました。


異変に気が付いたのは、林道にパトカー!?の時のコト。排気ガスが尋常じゃなかったんです。

走行距離は3万キロを超えていますが、オイル管理や添加剤も使っていますので、ピストンやバルブクリアランスに問題が出るとは思えません。

バルブクリアランスを確認してみましたが、規定値通り。



ところが、この時、シリンダーヘッドからのパイプを取り付け損ねてしまいました。


付け忘れです・・・。

このおかげで、白煙は無くなりましたが、走っていてどうも騒がしい。

エンジンから異音がする。

よく見ると、パイプが外れたまま・・・。


取り付けて、エンジンをかけると問題なし。気になっていた白煙も出ないので、ま、いっか。

よくねーよ!


白煙がすごいってコトは、オイルが燃焼しているハズだから、オイルを足すか交換しないといけないですよね。

いつもは秦野のレッドバロンでオイル交換するんですが、今回は出先の茅ケ崎でオイル交換をしてもらいました。





不具合のコトは話さずに、オイル交換を依頼しましたが、ワンウエイバルブの詰まりを指摘されました。

よく気が付きましたねー。とお話すると、「クランクケース内の圧が高かったので、異常がある。」と探ってくれたそうです。

社外品のパーツにも関わらず、原因を特定できるなんて、任せて安心だと思いました。


このチェックバルブ、使用頻度にもよりますが、1年から2年で交換。排気が濃いと感じられたら即交換のようですね。


プラグ見なくちゃー!


copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ