プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:はじめての林道
バイク同士で、すれ違いが出来ない場所って、あまりないと思いますが・・・。


林道を走っていたら、シングルトラックになってしまったとか、向うからハイカーが歩いて来たとか、狭い所で行き違いがしにくかったコトってありますよね。

農道を走っていても、軽トラ1台分の道幅で、向うからホントに軽トラが走ってきたら、どうします?


なるべく広い場所を見つけて、出来れば山側の端に寄せて、停まります。


農道は、農家のための仕事用の道路ですから、なるべく邪魔にならないように走ります。

自分では、クルマに乗っている時も、狭い場所でのすれ違いは、端に寄せて停まっています。


最悪な状況と言えば、双方のクルマが、行かれるかどうか分からないまま、ゆっくりと進む事です。


両方が動いていますから、結局は時間がかかり、接触した場合でも双方に過失が発生します。

自分が完全に停止していれば、相手のクルマは動きやすいですし、仮に接触したとしても、こちらは動いていませんから、100%相手側の過失となります。


気ばかり焦っている時は、もう一度冷静になって、クルマを動かさない事です。

停まった方が結局は早いのですから、その事に気付いている上手な方が譲ると思って、間違いないでしょう。


動けば過失が発生します。


ゴールデンウイークで、たくさんの方が外出されていると思います。

街中でも有効なテクニックですから、不用意なストレスなく過ごせるかと思います。

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:はじめての林道
ゴールデンウイークも始まり、もうどこかへ出掛けた方も多いのではないでしょうか?

「はじめての林道」ですが、市街地でのお話です。





休日しか運転しないドライバーが多い時期ですから、なるべくトラブルは避けたいですね。

そこで、ズバリ、「後ろのクルマをコントロールする方法」です。


誰もが事故を起こしたくないし、早く目的地に行きたいと思っています。

それなのに気が付くと、自分の後ろにぴったりとクルマが・・・。

こんな経験は、1度や2度はあると思います。


結論から言っていしまうと、そんなクルマは先に行かせた方がいいです。

でも、今回はマスツーで、自分が最後尾。

後ろのクルマを前に行かせては、ほかの人達にも迷惑がかかる・・・かも?




前方がガラガラなら、前に行かせますが、クルマの列は途切れることなく、一台くらい前に出た所で全く先にも行けないとしたら?

後ろのクルマをコントロールします。


具体的にどうするかと言うと、「減速は早め」にします。

信号などで、停止する事が分かっている時に、停止位置よりも、もっと手前で止まれるような減速をして、停止位置まではゆっくりと流します。

後ろのクルマも赤信号は目に入っていますから、さほどイライラすることなく、車間距離を空けて来ます。




前にクルマが詰まっている場合、「加速も穏やか」に行います。

急加速してしまうと、後ろのクルマもその加速感に慣れてしまうので、自分との車間距離が保てなくなってしまいます。


なんとなくイライラして、よく考えずに前のクルマとの車間距離を詰めてしまうドライバーと、本当に速く走りたくて、自制心を失っているドライバーがいます。

どちらのタイプも、先に行かせるのが得策ですが、行かせられない場合は、道路の左端に寄って走らないようにしましょう。

自分の車線の中央を走り、一台分として認識させることが、不用意なトラブルを避ける対策になります。




自分がギリギリで停止した場合、後続車に追突される危険性が増します。

合流時などは、手前で十分に減速して、後続車をコントロールしましょう。




DATE: CATEGORY:はじめての林道
林道を走っていて、支線を見つけました。

でも入り口付近に倒木があり、道を塞いでいます。

あなたなら、乗り越えます・・・?


台風や強風の影響で、自然にできた物でしたらそのまま進んでも問題ないでしょう。




でも、人為的に作られたものだとしたら、ちょっと厄介です。



1 不法投棄防止のため。




クルマが入って行かれる道幅ですと、不法投棄された事があり、その対策のためにクルマが乗り越えられないような倒木を設置する事があります。



2 自転車、バイク進入禁止のため。




植林地に多いのがこの理由です。

本来人が歩く道に、タイヤ痕やタイヤで掘じくり返したような溝が出来ると、倒木で道を塞ぎます。

タイヤで出来た溝が、雨水で浸食されて深くなり、やがて道が歩けなくなってしまうからです。




もしかしたら、私有地の可能性もありそうですね。



周囲の林には、ビニールテープなどで目印が付いていたら、こんな理由かもしれません。



3 それ以外の理由。

はっきりと申し上げる事は出来ませんが、倒木を乗り越えて道の奥に入ろうとしたら、後ろから止められたことがありました。

その方はかなり強く感じられたそうです。




目に見えませんが、地元の方にとっては、当たり前の「結界」になっている事もあるようです。



人為的なものでしょうか?

川や沼など、水辺が近い場所には、お気を付け下さい。





陽が暮れないうちに、山を降りましょうねー。








DATE: CATEGORY:はじめての林道
これまでも、「オフロードブーツを履かない理由。」や、「いつも持ち歩いているもの。」のように、軽装での「お散歩」を紹介して来ました。

ご存じの通り、自宅から5分ほどで山の中に入れますし、雨が降って来ても30分で帰宅できるエリアです。

実際に「お散歩」しているのは半日程度ですし、山を降りればコンビニでも自販機でもありますから、軽い装備で走っています。


ヘルメットはジェット型。

シールドもクリアを使っています。



バイクに乗らない人に会ったとしても、威圧感の無いヘルメットです。



グローブは、メッシュタイプ。



軽くて、涼しいです。



夏は、Tシャツにメッシュのジャージ。



ウインドブレーカーも使うかも。



あまり使わない、プロテクターとメッシュのTシャツ



この格好で現れたら、ドン引きされますよね。



吸水性のあるTシャツと、組み合わせています。



「お散歩」の時は、プロテクターは着けませんが、必ず長袖で行きます。



蛍光グリーンに近い色合いの、メッシュの長袖Tも今年から使いそうです。



ウエストベルトも持っていますが、プロテクターにも付いているので、すっかり使わなくなりました。

スキーやスノボでも使えるので、持っています。

ライディングパンツは、持っていません。

ジーンズは、汗をかくと動きにくくなるので、デニム素材は避けた方がいいです。



「お散歩」では、枯葉や枯れ枝の路面も走りますので、スネに石や小枝がぶつかります。



そこで、ワークパンツの下には、プロテクターを付けています。



ふくらはぎのベルトを2か所留め、ヒザの上はフリーにしています。



ブーツも、MXブーツではなく、こんなライディングブーツを使っています。



「お散歩」では、歩く事も多いので、歩きやすいブーツにしました。



ワークパンツの下は、こんな感じです。




「お散歩」の時は、スピードも出しませんし、アタックもしません。

歩いて先を確認したり、地元の人と会ったとしても、不快に思われないよう、気を付けています。

同じルートを続けて走らないようにも、しています。


一人で走るコトが多いので、どこにでも入って行きます。

ほとんどが行き止まりですが、抜けられるルートを見つけると、ウレシイですね。



もうすぐゴールデンウイーク。ドコ行きます?


DATE: CATEGORY:はじめての林道
ゴールデンウイークも近づいて来ました。

どこへ行こう?長距離ツーもいいかな?

何泊出来る?予約してないからテントを持って行こう・・・。

いろいろと楽しい計画が出来そうですね。


ところが、キャンプと林道ツーは、両立しません。


オイオイ、また炎上ネタかよ・・・。


ダートに限らず、速く走ろうと思ったら軽量化を考えますよね・・・

タンデムステップを外したり、チェーンカバーを外したりと、少しでも軽くした方がいいと思ったりします。

誰もやらない軽量化」なんて、バカなことしてますねー。


ところが、キャンプとなると、荷物が多くなります。

テントにシュラフ、炊事用具にランプやランタン。

快適に過ごそうとするほど荷物は増えて、セローの重心から遠く離れたリヤキャリアの高~い位置へと積まれる事になります。


目的地があって、そこに滞在型のキャンプでしたら、設営をして身軽になったところで走りに行く事も出来ますが、ツーリングを「旅」と捉える方には、滞在型よりは放浪型の方がしっくり来るでしょうか・・・。


トランポにバイクを積んで、キャンプ道具も一式持って行くのも快適なキャンプですが、「ツーリング」の要素は薄くなってしまいます。


荷物を少なくして、お湯を沸かせる程度、食事は自炊しないで、寝るだけのキャンプ。

そんなのも味気なくて、イヤですよね・・・。


遠くの林道を走りに来たけど、荷物満載でスローペース。

それも納得いかない・・・。


林道ツーとキャンプは、両立が難しい所です。

でも、こんな動画を見てしまうと、セローに正解なんて無いと思えます。






自然の中で薪を囲みながら過ごす時間や、山の頂上付近にテントを張った時の、朝の感動的な景色は、何物にも代えがたいです。

崩れた道を進む時に、一度荷物を降ろしてから斜面を駆け上がったり、砂利道をいいペースで走っていたら、荷物がずれ落ちたりと、色んな事がありますが、時間に縛られないキャンツーは魅力ですね。

1泊でも7泊でも、荷物の大きさは、あまり変わらないです。


キャンプでしか出会えない人もいますし、そこで会った人と温泉に行くのも楽しいですね。

テント泊では、なかなか疲れは取れません。

やはり、林道ではペースを落として走るのが、安全でしょうか。





お気をつけて。


copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ