プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
4月16日に「第2回 旅好きフェスティバル」が、行われました。

開催時刻は13:30からなので、午前中はお山に入って行きました。



当初予定していた所とは違う所に行くようです。



着いた所がこんなトコ。

IMG_0730[1]_convert_20170416181209

長い事、オフ車に乗っていますが、ここは知りませんでした。



さっそく空気圧を落として、林道に備えます。





かもねぎさんは、リヤ55T。どんな走りになるのでしょうか?





こんな所、知りませんでしたー。





いい感じの道が続いています。





木の枝がぶつかって来たり・・・





道と思っていた所が溝だったり・・・





クマさんは余裕ですね。





ここで、トラブル発生!

私のセローが、バッテリー上がり?

キーをオンにしても、メーターのインジゲーターすら点かない。

先日、アイドリングが利かないと思っていたら、エンジンが停止して、そのままウンともスンとも言わない。

バッテリーを直結したら、すぐに直ったので、バッテリーを交換しようと思っていました。

ところが、その後は症状が全く出ない。

新車から1度も交換していないので、もう5年も使っていますが、やっぱり交換しようかな?リチウムがいいかな・・・?

と、思っていた矢先の出来事。


さすがにブースターを持って来ている人はいない。

押しがけも、ここでは大変。


とりあえず、サイドカバーを外して、バッテリーとヒューズを見てみます。

プラスの端子とマイナスの端子を確認すると・・・


プラスの端子が、緩んでいました。

ドライバーで締め直した所、完全復活。お騒がせしましたー。





ここからは、緩いけど登り坂になります。





倒木もありますから、フロントアップが必要ですね。





よっしふみさんは、かなりの上級者ですから、同じラインは走れません。





そろそろ会場へ、向かいましょうか・・・。





少しだけ寄り道してから・・・。





・・・のはずが、あれ?こっちじゃない・・・。





こっちも違う・・・。





こんな所に出てしまいました。





この先に、林道があるようです。





川を何度か渡り、普通の林道に出て来ました。





ところが、林道の出口には、屈強なゲートが!


(画像は、イメージです。)



本当は、ゲートが閉じていましたが、そこは問題ありませんでした。

問題はその先の、獣除けの高圧電線。

ハンドルが付いていて、人が触っても大丈夫な部分があるはずです。


・・・ない。

取っ手もハンドルも、無いっ。


高圧線は、畑の周囲に張り巡らされ、川の方まで延びています。

山に入っても、迂回ルートはありません。


山側に林道を進んで行きます。支線からほかの道に下るルートがあればOKですが・・・



実は、今回は近くのエリアのアタックルートの予定だったので、ガソリンは満タンにしないで参加したんです。

余計に走る余裕はありませんし、高めのギアで走りたかったので、先頭を走りました。


山のルートも無理そうなので、もう一度、獣除けの高圧線を見に行きます。



何とか出られましたので、足柄峠を通ってアサヒビールの会場に向かいます。

小山町から、足柄峠に上るルートは、3本あります。


一番西側には、県道365号線があり、東名富士カントリークラブの間を通る、クルマでも走れるルートです。

2本目は、JR駿河小山駅のすぐ南側から川沿いに上って行くルートになります。

この道は、全線舗装路ですが、道幅は狭く枯れ枝や土砂が道を覆っていて、対向車に注意しながら滑りやすい路面を走って行くことになります。


今回通ったのは、一番東側のルートで、「遊女の滝」の看板を目印に上って行きます。

徒歩、自転車、バイクは通行できます。」でも紹介しましたが、クルマの往来はありませんから、対向車をそれほど気にせずに、上って行かれます。


足柄峠に上り、ノンストップで県道78号線を下って行きます。

ここで、問題が発生。タイヤの空気圧を落としたままでした。

フロント、リヤとも、0.6です。

下り坂でブレーキをかけると、フロントの剛性が足りません。


ペースを落として下って行きます。

目標は13:00にアサヒビールですので、間に合いそうです。


前田橋から広域農道に入り、農道を通ってアサヒビールの裏手から入って行きました。


IMG_0765[1]_convert_20170417075309

時間に追われて、写真がありませんでしたねー。

みなさん、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ツーリング
メルヘンの里が、崩壊していましたが・・・。











崩壊したのはメルヘンの里だけじゃなくて・・・





ま、コーヒーでも飲みながら・・・


3月5日は、セローカフェミーティング。って、そこかい!



みなさん、見上げていますけど・・・?





ここは「迷いの森」。


林の中の直登ルートのプチアタックです。



林の中の立ち木にヒット!シュラウドが外れましたので、当然ハンドルも振られました。


無難に引き返して、その場で補修。



「迷いの森」からは、「原生の森」に向かい、国道1号線に出る予定です。

原生の森から、山中城址までは5分ほどです。


みなさん、ガソリンは大丈夫でしょうか?



燃料に余裕がありそうなので、さらにもう1本。


木立キャンプ場の手前から、庚申松城山線に入ります。


国道1号線に出て、シオヤさんの案内でガソリンスタンドに立ち寄り、沼津インターからの東名組と、箱根新道経由の小田厚組とに分かれ、解散しました。



箱根峠は寒かったですねー。



白銀林道から、オラチェ、箱根山線の周辺ルートでしたが、お付き合い下さりありがとうございました。

本格的なダートは、白銀林道だけでしたので、消化不良だったかも知れませんね・・・。



「オフ車のオフ会だけど、走らないお茶会。」、「セローカフェミーティング」が、3月5日です。





9時から12時まで、ブルックスの大井事業所にいますので、お気軽にお越しください。




3月5日は、セローカフェミーティング。

DATE: CATEGORY:ツーリング
いつかはこんな日が来ると思っていました・・・。

思い出いっぱいの「メルヘンの里」・・・


県道11号線から、少し入った所。





十国峠からも見える直線にあります。












B級スポット?で、最初に訪れ・・・





スクーターのミラーで走ってみました、でも来ています。





朗報かも?でもなぜか訪れ、








ドメスティックなお客様?では、ぱるさんお逆鱗に触れた場所。







オラッチェは、入場無料です。で、くぼてぃーさんも茫然自失・・・。



IMG_8332_convert_20160302215331.jpg


IMG_8333_convert_20160302215731.jpg

セロー、登る!でも、ムコ殿さんが壊れていました・・・。



そんな「メルヘンの里」が・・・





あ”~壊れてるー!





けど、スルー。




直す人がいるのでしょうか・・・?



それはさておき・・・



プチヒルに来てましたっけ・・・。



かもねぎさんが、登り・・・



takanezawaさんも・・・





登る!





銀ちゃんだって・・・





初めてでしょうか?



楽勝です!



その銀ちゃんに魔の手が・・・




次回、迷いの森。

一体何が起こったのかー!?


DATE: CATEGORY:ツーリング
「ガレガレ」とか聞くと反応します?

過去最高のガレノガレ」とか聞くと、気になりますよねー。



今回のルートには、下り坂の廃道もありました。



よく上りと下り、どっちが楽?って聞かれますが、自分にとっては下りの方が楽に感じられます。

スピードを出して、コントロールするのであれば下りは難しくなりますが、「転ばないで走る」レベルの自分にとっては、「登りきれない心配のある上り」よりも、「知らずに越えて来た下り」の方が、楽なんです。


ですから、このルート、逆走すれば難易度が上がりますが、「お気楽ツー」をモットーにしている「チェローワンダーランド」ですから、ガレた道は、下ります。






去年来た時は、恐る恐るニュートラルに入れたまま下って行きましたが、タイヤが新しく、空気圧も落としてきたので、アクセルを開けながら下って行きました。



とにかく楽です。フロントフォークに0.3加圧したケンズパワーのサスペンションは、ガレた下りでもブレーキをかけられます。

ガレた所も真っすぐに入って行けば、何の不安もなく通過できますので、アクセルを開けてる時間も長くなりました。




下って来ました、よっしふみさんです。





ノーマルタイヤの、のびさん。オールラウンダーですねー。





この日、一番新しいかな?takanezawaさんとオレンジセロー。





猿が島がホームの銀ちゃん。





沈着冷静なかもねぎさん。





走り慣れた地元と思えるシオヤさん。




このルートは道幅もあり、ガードレールも付いていますが、ほぼ廃道なんです。

ガレガレ周回路。

雨水が流れたクレバスが道を横切り、何度もクレバスを通過しなければいけません。

路面も固い所やふかふかの所、赤土に黒土、砂利に、こぶし大の石ころなど変化に富んでいます。



下りきると、県道に出ますので、再び山の中に入り、プチクライムです。



かもねぎさん、余裕ですね。


DATE: CATEGORY:ツーリング
白銀林道で、「さつきの郷」まで行き、湯河原町から椿ラインで、大観山、箱根峠へと上って来ました。


箱根峠で左折して、県道20号線に入ります。





県道20号線は、中速コーナーが続き、前半は箱根側、その先は三島側の景色が見えて、好きなルートです。

熱海峠まで続き、伊豆スカイラインの入り口にもなりますから、休日には観光客も多い道路です。



途中で立ち寄りたい所が・・・





ムコ殿さんが、セローの購入を決めるきっかけとなった場所です。





直角のステアがあったり、オーバーハングもありますねー。





ここは初めての、のびさん、助走をつけて・・・。





跳ぶっ!





かもねぎさんも・・・





跳ぶっ!!





去年の流行語大賞「乗ってみます?」





気持ちのいい場所です。





残念ながら、ムコ殿さんは、地元の野球チームの監督業があるのでこの手前で離脱しました。





でも、しっかり勝利を収めましたとさ。





鉄塔ルートも、少しだけのぞきに行って・・・。





熱海峠から笹尻に下り、県道11号線を走ります。





この道は、以前は熱函道路(ねっかんどうろ)と呼ばれ、有料道でした。





伊豆スカイラインの下を通り、丹那トンネルの上を走ります。





晴れていれば、遠くに富士山が見え、眼下には楽農王国オラッチェのある、丹那盆地が良く見えます。





熱海峠からは、同じ11号線が軽井沢を経て、こちらに下って来ますが、林の中の細い道なので、この道の方が気持ちいいです。





楽農王国オラッチェに着きました。





ここで、軽い食事にしますが・・・





あれ?メニューってこれだけだっけ・・・?


券売機で買えるのは、ソフトクリームと、ミルクとコーヒー、フランクフルトにスペアリブ・・・。

パンも売っているので、パンを買いましたが、これでは物足りません。

去年は、出店があったので、メニューが多い気がしていましたね・・・。

オラッチェで、お腹いっぱい?



納得のいかない昼食の後は、ヤギと戯れたり・・・。





でも、そろそろ行きましょうか~。





次はどこですか・・・?



ガレガレ周回路・・・?


去年と同じじゃねーか。

はい、「ゴールデンルート」ですから。






copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ