プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:猿が島
このFC2ブログが、メインのブログですが・・・

Yahooブログや、みんカラにも登録してあります。

ミクシイで、「セローカフェミーティング」の告知もしていますが、ミクシイの「神奈川オフロードネットワーク」のコミュにも、参加しています。



神奈川オフロードネットワーク」は、猿が島をメインに初心者から中級者を対象とした、フレンドリーなコミュです。

一昨年の年末に偶然お会いし、「猿ヶ島でコソ練。」

バーベキューに、無断で参加したり、「私を林道に連れてって!」で、西東京の林道群を案内してもらいました。


今回は、【女性・初心者向け】練習会に参加しました。



主催者は、セロー225に乗るbakeさん。

ベイクさんかと思っていたら、ばけさんでした。





フルサイズのトリッカーに・・・





タイヤを変えた、トリッカー。





私のセローで、ヤマハ祭・・・





・・・かと思ったら、のびさんはCRF。





今日の猿が島は、空いていて・・・





キッズも本コースも走れました。





先に離脱しましたが、GS-Aの方と、アフリカツインの方もコースを走っていました。





神奈川オフロードネットワークの管理人の、のびさんと・・・


CRF100Fを借りて、キッズコースを走りましたが、意外なくらいエンジンのツキがいいです。




今回の主催者のbakeさん。


bakeさんのセローには、タンデムのPWKキャブレターが付いています。走りやすいセローでした。



昼食も忘れ、走りまわっていましたが、そろそろ「マハトマ」に、行きましょうか・・・。と話していると、

テクニクスのステッカーを貼ったセローが、キッズコースから出て来ました。

テクニクスですか?


と、尋ねたところ、「そのステッカーって・・・チームダンガン・・・?」

・・・と、逆に聞かれてしまいました。





セローをユーメディアで購入したが、そのステッカーが貼ってあったとの事。


このセロー、ぱるさんのだ!

新しいオーナーの方は、日野インターの近くで、ラフロも近いとか・・・。

今度ご一緒して下さいねー。



と、あらためて、世の中狭いのか、オフ車乗りが少ないのか、と思い知らされた出来事でした。




りんさんにも、お会いしました。

世の中狭いのか・・・



オフ会の企画をして下さったbakeさん、ご一緒して下さったみなさん、ありがとうございましたー。


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:猿が島
猿が島と言えば・・・

モトクロスコース?

ラジコン飛行場?


今回は、トラ車でGO!でした。


実は地元の、体育祭で今回は参加できなかったんですが、朝の雨で順延となり、雨がやんだ午後からトラ車でGO!にやって来ました。

(*トラ車でGO!は、イメージです。)





フェンスの付いてしまった、堰堤下でフロントアップの練習からでした。





先生は、ドリーさんと、くぼてぃーさん。


フロントアップが、恐くて仕方ありませんでしたが、言われたとおりに、やって見ると、あっ!フワッと上がった!



高さや距離は全然ですけど、とにかく上がりました。


手前のセローが、ぱるさん。奥のBETAが、くぼてぃーさん。



それまでは、クラッチで上げてしまうと、グリップの悪い路面では使えないから、荷重移動をしっかりやりましょう。と、聞いていたので、思いのほか上がってしまったり、全然上がらなかったりと、なかなかうまく行きませんでした。


房総のアタックルートの下見をして下さる、ハックニー軍曹。



そう言えば、TT250Rに乗っていて、セロー225を持っていた時は、セローが小さいバイクに思えていたので、信号待ちでも、クラッチで、軽く上げていました。


ほぼ普段着で、走るつもりのなかった、サイト~さん。



ところが今では、セロー250にすっかり慣れてしまって、小さいバイクに思えなくなっていました。


トランポにトラ車、免許を取って一年未満の、くぼてぃーさん。

変わってしまったあなた。隠れナンバーワンですねー。



ドリーさんのお父様も来て下さり、トラ車の試乗も出来ました。





河原のコースですから、丸い石がいっぱいあります。





しかも、水はけが、かなり悪いんです。


奥のセローは、sasaさんです。


それでも、かなり広い場所に、モトクロスコースとトライアル練習エリア、ジムニーなどの四駆が走るエリアと、首都圏からでもアクセスのいい場所のようです。

予約も料金もかからず、トランポで来ても駐車スペースに不足もありません。

ハックニー軍曹が帰る頃、セローに乗るりんさんが来てくれました。



今回の「猿か島」での収穫は、半クラッチで車体をコントロールでした。

上手な方の走行は、見ているだけでも得るものは大きいです。

同じバイクでも、違う動きをするのが衝撃でした。



お付き合い下さった皆さま、ありがとうございました。


練習の積み重ねしか、上達の道は無いようですね。

練習しなくっちゃ!
DATE: CATEGORY:猿が島
金サム?「金曜日の猿が島」じゃなかったけ・・・?

寒かったから、「さむが島」?

おやじ、さむすぎー。


・・・失礼しました。

ツカミどころか、突っ込みもできませんよね・・・



朝の9時の集合のはずが、何だかバタバタして、小田厚と圏央道を使って到着。圏央道を降りてから左に曲がってしまったので、ぐるっと回ってしまいました。

座架依橋の下に着くと、なんとそこには、くぼてぃ-さん!

お子様が、インフルエンザで自宅待機との事でしたが、熱が下がって元気そうなので、クルマであいさつに来て下さいました。

インフルエンザが流行っていますが、良くなってよかったです。

日曜日のカフェミーティングにお越し下さった、よっしふみさんも既に到着されていました。


座架依橋の南側のトライアルエリアで少し遊び、橋の下のV字谷も往復してみました。

日曜日の「お散歩」では、先頭を走っているので、後ろの様子が良く分かりませんでしたが、よっしふみさん、とても達者な方です。

ブルックスで、コーヒーを飲みながらお話している時は、穏やかな方に見えましたが、トリッカーを扱う姿は本格的にトライアルをされているように見えます。

かなり、謙遜してお話されましたが、普通の林道よりも登山道に近い、人が歩けないような“道”を好んで行かれるようです。

横浜ナンバーです。近くに山がある訳でもないのに、非常に高いスキルを持ち合わせていられます。


お正月に立てた今年の目標に、「フロントアップが、自由自在。」って書きましたが、先生が来て下さった感じです。

トリッカーも乗らせてもらい、アイドリング付近の安定感や、エアを落としたツーリストのグリップ感も試させてもらえました。


これまで「お散歩」だから、エア調整はしない。・・・と思っていましたが、タイヤを弾かれて怖い思いをするよりも、路面に合ったセッティングをすることが大切だと気付かされました。






セロー250!





同じ年式ですが、私のでは、ありません・・・





DB'Sのチタンエキパイタクティカルマスターです。





ハンドル周りもトラ車ですね・・・





AJPのブレーキマスターに・・・




同じくAJPの油圧クラッチ。





ステップも、後方に引かれ、チェンジペダルも高い位置に・・・





ブレーキペダルも、短いものに交換されていました。





フロントフェンダーは、ダウンフェンダーに。


この日の同じ時間に練習に来られた方です。

去年のイーハトーブトライアルの観戦ツアーにも行かれたそうで、かなりトライアルに熟知している方でした。

よっしふみさんは、練習に余念がありません。「寒いから走る。」と言って、細かいターンや、フロントアップを繰り返していました。

私は、寒さもありますが、クラッチを握る手もパンパンで、普通に操作もできなくなりました。




よっしふみさんが、走っている時も、休憩していましたが・・・


スクーター・・・?



ここにスクーターって・・・?


あのV字谷を下って、登って来たんですかー?

なんと、ななよさんです。

「銀行に行くって出てきたから・・・」と、お仕事の途中で立ち寄って下さいました。

でも、スクーターで土手を下り、また土手を登って帰って行きました。

チームかっき~恐るべし・・・!



トライアルエリアで、遊んだ後は、よっしふみさんに案内してもらい、ディ―プなサルへ行ってきました。

夏の間は木々に覆われて見えないですが、あちこちにトライアルエリアがありました。

河原の石がゴロゴロした場所もありますし、丸太とキャンバーがメインの場所もあります。


上流に向かい、堰堤を下るとロックセクションがあるそうですが、堰堤を下るのが、出来ない。

そう、怖いんです。

半分の高さなら何でもないんですが、倍の高さは怖さが先に立ちます。

斜度は、大丈夫です。一度下ってしまえば、慣れてしまう事も分かります。・・・けどコワイ。

逃げたくないけど・・・怖い。

残念に思われましたが、今回は見送らせてもらい、先に進みます。


広くなった堰堤を下り、ジムニーなどが走りまわるエリアにも案内してもらいました。

この時は誰もいなかったので、起伏に富んだ地形は魅力的でした。

そろそろ、サイトーさんが、来る頃かと思い、座架依橋に戻ります・・・が、

先ほど下って来た堰堤を、登らなければいけません・・・

傾斜は、それほどじゃないんです。頭では分かってます。・・・けど、怖い。


眺めて降りて、また眺めて・・・結局、よっしふみさんに助けてもらいました。

はずかしー。けど、仕方がない。

乗れている日と、乗れていない日ってあります?

自分には乗れていない日に、思ってしまったんです。

これでは、なかなか、上手くならないですねー。



座架依橋に戻り、少し走っていると、ワンボックスから、スーツ姿の男性が・・・サイトーさんでした。

オフ用のウエアに着替えて、トランポからセローを降ろし、空気圧を確認して走りだします。

前後ツーリストですが、エアチェックは当たり前なんですね。





先ほどのトライアルエリアに向かい、丸太のステアケースを二人とも当たり前のように、こなします。

フロントアップは、当たり前。よっしふみさんは、前輪を上げたまま、後輪も丸太の上を通過します。

さんざん転んだから・・・と、笑って話してくれましたが、人一倍練習熱心ですね。


サイトーさんも、よっしふみさんを凄いと言いながら、同じように走っていました。

この二人、凄すぎます!


でも、いい先生です。ハッキンカイロを背中の肩甲骨の間にぶら下げると寒くならない。とか、無理ならやめましょー、でもちょっと行ってみない?とか、色々な事を指導してくれそうです。

トラ車とオフロードバイク、その中間のセロッカー。アタックの時はこんなに丁寧に操作していない・・・って、言いながら、ウイリ―やジャックナイフターンをキメる、よっしふみさんと、同じセクションで楽しんでいるサイトーさん。



転かしても、良いバイクが欲しくなりました・・・



地味トレしよーっと。



でも、安心して下さい。セローカフェミーティングは変わりませんよー。

基本は「お茶会」。「お散歩」は、農道などの舗装路メイン。ロードタイヤでも大丈夫な行程です。


カフェミーでお会いした人どうし、指向が合えば一緒にツーも出来るかと思います。

オフ車で一人で、どーしたらいーのー?って方、お気軽にお越しください。次回カフェミーは、3月6日です。




DATE: CATEGORY:猿が島
今年の乗り納めは・・・って、別に決めてはいないんですけど、ブロ友のななよさんが、30日に乗り納めで・・・さらにおーさんも、猿が島で・・・って、嬉しいお誘いをいただきました。

ところが前日の夜になっての事でしたので、 ブログでの「緊急告知」をアップするにも急すぎるので、猿が島に近いかっき~さんにだけ、お誘いのメールを送りました。

猿が島・・・噂では、トランポにモトクロッサーやナンバーなしのエンデューロレーサーを積んできて、IAクラスの人達が本気で練習に来る所らしいです・・・。

ナンバーつきの、保安部品のばっちりついたセローなんかで、出入りできる場所ではないようです。・・・なんて、ウソです。


初めて訪れる時は、不安もあると思いますが、走っている人にコースを聞くのが一番いいと思います。

と言うのも、コースには方向が示されていないので、逆方向に走ってしまうと危険です。


コースは、初心者向けのコースともっと小さいミニコース、アップダウンの激しいコースを走って来ました。

水はけが良くなく、水たまりもありましたが、2周もすればヘロヘロです。


もう少し、セローに合った場所に移動します。


・・・・?





















猿が島にはこんな場所もあります。

この日に、SNSのオフ会で猿が島に来ていた方達と、ご一緒しました。

初期型のXT250やGS、TL125にCRMと多彩な方々でした。


こちらからは、かっき~さんのセロー225、ななよさんのセロー250、





おーさんの、オフタイヤになったCRM250です。





駐車場から入って来ると、こんな広場に着きます。ここから色々なコースへと分かれて行きます。


SEROW ONLYの撮影もここで行われました。



広すぎる外周も走り、先ほどのセクションっぽい場所で遊びました。

林の中の大きな窪地に、岩や太い幹が転がっています。セロー30thミーティングで訪れたイーハトーブの森のようにキャンバーターンの練習が出来るような場所です。

地味な練習ですが、ボディブローのようにかなり効きます。


ヘルメットをとって話していると、先ほどのオフ会の方達がやって来ました。



スズキの200ccのエンジンです。ジェベル200と同じエンジンですが・・・





この水たまりにハマっていました。


一見、普通の水溜りのように見えますが、底にはドロ沼が待ち構えていて、タイヤの半分以上が沈んでしまいました。

タイヤが泥に埋まって、身動きが取れず、ロープで引き上げる以外に方法がないようでした。

が、何とか一人で引き上げました。文字通り力技です。ヒザまで泥に浸かりながらハンドルを持ち上げるようにして引っ張り上げてきました。



おかげで、背中もこんな状態です。


「ガストに入れない―!」と言われていましたね・・・



リヤフェンダーの上まで泥をかぶったこの車両、何だか分かります?





この角度なら・・・SL230じゃなさそうですね・・・





beta ALP200、保安部品のついた、トレッキングモデルのようです。


http://advrider.com/index.php?threads/beta-alp-200-the-dual-dual-sport.865485/

日本には6台くらいしか入っていないとか・・・



女性の方も一緒に楽しまれていました。


「渉さーん、これが普通なんですねー。」

「旅好きさ―ん、帰省している場合じゃないですよー。」



このグループのリーダー的な方でしょうか、物腰の穏やかな方は電動バイクに乗っていられました。


娘さんのなので、サスペンションも子供の体重に合わせてあるそうです。

全く音がしないので、不思議な乗り物に見えてしまいます。

次期セローも、こうなるのでしょうか?バイク全体がこうなるのかも知れませんね。



かっき~さんは、午前中だけ・・・と言いながらも、話は尽きません。


左のオレンジのバッグを背負っているのはおーさんです。

今回は、林道仕様でやって来ました。



木立に中の明るい広場です。





冒頭のCRMの方、実はbetaよりも先に沼の餌食になっていました。


2ストの扱いにくいCRMで、このセクションを練習されていました。

SNSの発達で、今まで知り合う事がなかった人達が、リアルに出会える用になりました。

同じ趣味でのつながりですから、楽しさも倍増ですね。



こんな場所でのオフ会もいいかも・・・と思える猿が島でした。




みなさん、良い年を。






copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ