FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
探索のはずが、引き込まれたかも・・・?」って、最後にコーヒー飲んでない?

一人カフェミー?

・・・帰りが早かったんで、二宮にあるcado-cafeさんに寄って来ました。



店内にもバイクがあり、ライダースカフェとしても有名ですが、普通のお客さんも多く、気軽に立ち寄れるお店です。





バイクの駐車スペースは、お店の正面と側面にあり、裏手には駐車場もあります。





県道71号線の西友二宮店の南方向にありますから、目にした方も多いでしょうか。





ファミレスが増えてから、喫茶店がなくなっちゃったよねー。





コーヒーを飲みに行こうと思うと、スタバ?





・・・いや、スタバの美味しいのは、ミルクやクリームの味。





知らねーよ、炎上しても。





・・・いや、そんなに多くの人は、見てないって。





一番好きなコーヒーは、ドルチェグストのレギュラーブレンドじゃなかったっけ?





・・・そう。でも、ミルクは入れちゃう。



cado-cafeさんでも、ミルク入れてる?


・・・マスターだけが知っている。

なんだそれ?

・・・独り言ですから。




バイク関係の書籍もあります。

ボ〜ッとしたい時にも、どうぞ。



土日、祝日は、朝7時から営業してますから、ツーの前に軽く朝食にも良さそうですね。




ほら、西湘バイパスの国府津に朝8時集合とか、あるじゃん。

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ひとりごと
ついに新型セローの発表がありましたね。


セロー250

お待たせしました。セロー復活!!

ヤマハ2018新型セロー250が2psアップ、LEDテールランプ採用で復活!


モデルチェンジではなく、排ガス規制に合わせた仕様変更のようです。



去年の5月には、こんな記事をアップしてましたっけ・・・

え”~!セローが生産終了?!

ABSは、見送られたようです。


インジェクションのセローは、JBKーDG17Jでしたが、今回の仕様変更で2BKーDG31Jになりました。

このJBKとか2BKが、排ガス規制を表す記号になります。



これまでのモデルと大きく変わったのが、テール周りですが・・・

XT250Xのテールまわりに変更


何だか古いセローを無理やり新しく見せてるようになったかも・・・。







圧縮比アップと言えば、こんな記事も・・・

セロー250の初期化&チューニング その22~シリンダーヘッドを面研して圧縮アップを試みる

GS1000と日々の日記」です。




DATE: CATEGORY:ひとりごと
だんだんと暖かくなって、日の出も早くなりました。

午前4時には、もう明るくなっています。

遠くまで足を延ばすなら、この時間帯に一気に距離を稼ぎたいところです。


・・・ところが、

高速道路は、トラックが多い。

3車線全部に大型トラック!

しかも、遅い!!


なんでこんなことに・・・?

あまり知られていませんが、大型車は最高速度は95kmほどしか出ません。

しかも、会社によっては80km制限を厳守しているところもあり、走行記録がデジタコで管理されますので、1km/h超過で、1分間ごとに減額されるところもあるとか・・・。

一番左の車線を79km/hのトラックが走り、真ん中の車線を85km/h位のトラックが走り、追い越し車線を95km/hで追い越しをかけていますから、何だか大渋滞・・・。


道交法の改正により、大型車は10トンを超える積載が可能になりました。外から見ると車軸が3本以上ある車両です。

以前は普通免許でも乗れた4トン車は、車軸が2本で、スピード制御装置は付いていません。

100km/h以上での走行も可能ですので、タコグラフで厳密に管理されていない場合は、追い越し車線を使い続ける車両を見るかもしれません。


横風に弱いと思われがちな大型車ですが、10トンクラスは車重だけで10トンありますから、あまり影響はありません。逆に2トン、3トンクラスは、車重が軽くパネルに風の影響を受けやすくなります。

本当に危ないのは、真横からの強風よりも、斜め前方からの強風です。

自分の車速が風速にプラスされますから、スピードを落とす以外に対策はありません。

圏央道の方側一車線などでは、こうしてペースが落ちるようです。


あ、早朝のハナシでしたね・・・。

急な話ではありますが、明日の日曜日に、伊豆の気になっている所に行ってみたいと思います。

探索しながらですので、案内ではありませんが、もしご一緒できるようでしたら、午前8時に西湘バイパスの下りPAにお越しください。

はい、いつもの国府津PAです。

またまた「ありえないほど近い・・・」ですね。


雨でしたら、ビオトピアでギネスに挑戦かな?


DATE: CATEGORY:ひとりごと
右と左、得意不得意ってあります?



私は、右カーブが、上手く行かないんです。




左カーブは、対向車線もありますから、道幅が十分に思えますけど、右カーブは、対向車線に入らないように走ると、曲がり切れなくなってしまいそうで、上手く走れません。





こんな経験お持ちでしょうか?

ライディングの本を読むと、「見た方に曲がる。」とか「おへそを向けた方向に行く。」と書かれていますね。

右カーブが曲がりにくい理由は、二つあると思います。




一つは、着座位置です。

停まっているときは、左足でバイクを支えているため、乗った時に着座位置が左にずれている場合があります。

この状態ですと、左には曲がりやすいですが、右方向にはリーンアウト姿勢じゃないと曲がりにくくなります。




もう一つは、見る方向です。

右カーブの場合、対向車線も見えてしまいますから、見た方向に進むと対向車線に入ってしまいます。


着座位置がずれている場合は、停まった状態で両足を均等に降ろし、シートの中央に座るようにしてからスタートするか、ステップの上に立ち、そのまま腰を降ろすかで改善できると思います。




もう一つの見る方向に行ってしまう場合は、少し大変ですが、自分の車線に進む方向のラインを考え出します。

アウト・イン・アウトではなく、自分の車線の中央に頭の中で線を引き、そのラインをトレースするように曲がって行きます。

これは、練習が必要ですが、カーブの多い箇所で遅いクルマに付いて行く時など、イライラせずに練習できます。




それまでは、スピードを出せる事が上手い事と思っていましたが、頭の中で描いた1本のライン上を修正を重ねながら慎重にトレースするのも、楽しい事になりました。





地味な記事でしたね。



DATE: CATEGORY:ひとりごと
事の始まりは、2年前のこと・・・

ガルル林道カフェで、編集部の方とお会いしました。

冬場でも走れる林道があったら、紹介して下さい。なんて話をされ、房総か伊豆ですよねー。なんて話していました。

ガルル林道カフェに、行って来ました。


次にお会いしたのが、その1年後・・・

9月30日の、ガルル林道カフェに行って来ました。

ハチに刺されて、大変お世話になりました。


その時も、伊豆の方に・・・。って、同じような会話をしていました。


それが、今年になってメールで何度かやり取りをして、詳しい資料を送り、掲載できるかどうか判断してもらった後、実走となりました。


待ち合わせ場所は、「道の駅ふじおやま」でした。




ご一緒したのは、GARRRの「BunBUn!林道Touring」の高橋克也さん。

高橋さんは、ガルルの編集部の方だと思っていましたが、本職はイラストレーターの方。

【高橋克也イラストレーションファイル】

NHKの仕事に携わっていたり、子供向けの絵本の出版など、多忙な方でした。



その一方で、OUTRIDERの取材や、モトクロス、カートなど多趣味な方です。

Katz-MotorDrive

この日もトランポで前日入りして、朝の8時に待ち合わせました。



少しばかり早く着いてしまったので・・・





ごはんを買って朝食・・・。



思いのほか手が冷たくなって、メッシュグローブはまだ早かったなーと、後悔しました。



8時になり、高橋さんがトランポから降ろしてきたのは、CRM80でした。



これで取材に向かいます。



高橋さんの背中のリュックの中には、案内人にアクシデントが起きた場合でも対処できるよう、水や食料を入れ・・・





前に付けたウエストバッグには、一眼レフとバッテリーなど。



身動きとれないような状態なんです。



ウエストバッグと言うよりも、カメラバッグを前につけた感じ・・・。





取材の方法ですが、林道の入り口までガイドの私が先行して、林道に入ってからは高橋さんがカメラアングルを探します。





この日行った先には、まだ桜が残っていました。





林道の名前や距離など、細かく記載していきます。





ご自分のバイクは入らないように、停める位置にも気を使っています。





いいアングルを探すためには、歩いて土手を登ることも・・・。





MXブーツよりも登山靴の方が、楽でしょ・・・?





でも、ダートを走りますから、やっぱりオフロードブーツで。とのことでした。





走行シーンは、指定された場所を走ります。





基本はキープレフトです。





もう一回お願いしますー!とか・・・





もっと左寄りに走ってくださいー!とか、指定されます。



気分は、プロライダー。



この日、同じルートを走って入られた方。



横浜ナンバーのXR250。国内版じゃなくて、逆車でした。



写真は、たくさん撮っていました。



この中から選択して、原稿に載せます。



80ccと250ccですから、セローの方が速いんですけど・・・





実際には、高橋さんの方が速い。





モトクロスコースで走っているそうです。





元々は、峠を攻めていたそうで、スキルアップのためにオフ車に乗り始め、車でもドリ系にハマり、カートも乗られるそうです。




初めての取材同行でしたが、高橋さんが終始盛り上げて下さり、楽しい1日でした。

今度は、カフェミーティングにも来てくださいねー。



取材の様子は、こちらでも・・・

BunBun!林道@GARRRR[静岡県・足柄]


copyright © 2018 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ