プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:装備品
「もう、ツーリストで、いいんじゃないか?」って記事を11月19日にアップしました。

気が付けば自分の周りは、みなさんツーリス党。

「お散歩」にも、ツーリストは、いいようです。


宮城県名取市のトレックフィールドさんから、こんな情報をいただきました。

トレックフィールドの「ぎょうれん」http://blog.livedoor.jp/trekfield/archives/50897312.html



IRCのツーリストは、1994年12月に発売された、ヤマハTY250Zスコティッシュのためのタイヤだったんですね・・・。

1993年に競技車両として、TY250Zが出ましたが、公道走行可能なモデルとして、22PSから15PSにデチューンされ、保安部品を付けて登場しました。

このTY250Zは、1984年5月に発売された、空冷スチールフレームのTY250スコティッシュからのモデルチェンジでした。

さらに遡って見ると、1973年12月にTY250Jが公道走行可能なトライアル車でした。

この時期には、TY50(1975年2月)、TY125(1975年3月)、TY80(1975年6月)と、フルラインアップでした。


250ccのトライアル車を見てみると、1986年4月にホンダTLR250Rが、出ています。

1983年4月に発売された、TLR200からのモデルチェンジで、TL125をベースとした、モデルのようです。

この、TL125は、1983年4月には乾燥重量89kgまで落とされていますが、1981年4月に発売されたイーハトーブ(乾燥重量95kg)のモデルチェンジになっています。

イーハトーブと名前が付いていますから、イーハトーブトライアルのようにツーリングトライアルを目指したモデルのようですが、ルーツは、1972年のバイアルスTL125です。

1975年2月には、バイアルスTL50も発売され、原付免許でもトライアル車に乗れるようになりました。


ホンダと言えば4ストでしたが、1978年4月にMB50という2ストのロードスポーツが発売されます。

翌年には、MT50というオフロード車が投入され、エルシノア以来の2ストモデルが、登場しました。


1983年12月に、バイアルスTL50以来のトライアル車、TLM50が発売され、1985年3月にはTLM200Rが、登場します。

この時期は、4ストのTLRと2ストのTLMの2車種がありました。

200ccのTLRは、86年に250ccに移行しますが、2ストのTLMも88年3月にTLM220Rにモデルチェンジします。

エディ・ルジャーンが4ストのRTLでしたね。


トライアルライダーと言えば、現在ヤマハで活躍中の黒山選手のお父さんが、スズキのワークスライダーでした。

確か、現役の白バイ警官だったと思います。

RL250が、市販車でした。


話は大分それましたが、1975年ごろに、トライアルブームが一度来たようで、1980年からのイーハトーブトライアルにより、オフ車でのツートラから、勝てるトライアル車への移行が行われたようです。

バブルと円高の影響で、外国車の輸入も加速し、国産トライアル車の戦闘力アップも80年代には行われました。


ヤマハTY250Zスコティッシュは、1993年ですから、トライアルブームとは一致しない所での発売です。

この辺りが、オフロードに力を入れているヤマハの姿勢が、うかがえますね。


GASGASパンぺーラの登場は、衝撃的でした。今ではランドネもそうですが、トライアル車に強引に付けたハイシート、これなら林道もイケる。と思いました。

仮面ライダークウガでも、成田匠さんが扱っていましたね。



ツーリストの、話でしたね・・・。


TY250Zスコティッシュに開発したタイヤですから、やはりヤマハさんで使って欲しいです。

セローの派生モデルと、トリッカーのフルサイズモデル。

国産トライアル車がない状態ですから、トリッカーのフルサイズは、需要があると思います。



昔話に花が咲いてしまいました・・・。


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:装備品
暑い夏も終わり、キャンプのシーズンになりました。

キャンプに必要な物と言えば、テントにシュラフ。


自分が使っているテントは4人用で、量販店で買った一番安いものです。

4人用のいい所は、天井が高いので着替えがしやすい事と、設営した地面に多少凹凸があっても、どこか眠れる場所がある事。

荷物を乱雑に入れても、置き場に困らない事です。


逆に不満な点は、何と言ってもその大きさ。ツーリングバッグの中には入らないので、荷物をパッキングした後で、括り付けるようにしています。

・・・と、言っても、オフ車のハンドルバーは70cmほどありますので、それ以内に入っていれば問題なく走れます。

量販店での一番安いものですから、機能的にはそれなりです。

ゴアテックスではありませんから、雨の日はフライシートが必要ですし、コンパクトにパッキングも出来ません。

かさばるうえに重量もあります。


機能的に優れた1~2人用のテントにはかないませんが、自分のスタイルにはこれで十分のようです。


クルマを使ったファミリーキャンプの場合は、エアーマットを持って行く事も出来ますが、バイクでのキャンプの場合は極力荷物をコンパクトにしたいものです。

片面が銀シートになったマットをよく見かけますが、パッキングはしにくそうですね。


エアウィーヴと言えば、アスリートの遠征帰りで、よく目にしましたが、価格もびっくりでした。

そのエアウィーヴに18,360円のモデルがありました。

ポータブルエアウィーヴエアパッド016です。

http://airweave.jp/products/airweave_airpad16.php


収納時には43×51×11cmと、何とかなりそうな大きさです。


ポータブルエアウィーヴストレッチパッドですと、収納時には幅53×直径27cmと、銀マットと同じくらいの大きさになりそうです。

価格は、30,240円です。

http://airweave.jp/products/airweave_stretchpad.php


丸洗いも出来ますから、安心して使えそうです。

翌日の疲れ方が違うでしょうか?


DATE: CATEGORY:装備品
「チームダンガン」って、ご存知でしょうか?

過激なネーミングとは裏腹に、「無事カエル」をモットーにオンもオフも楽しむコミュです。


「思い立ったが吉日的なオヤジの日記Ⅱ」の管理人、ムコ殿さんを中心とするコミュですが、オリジナルのTシャツを作ろうか?と、話が持ち上がりました。


http://blog.livedoor.jp/enjoy_bikelife-enjoy_bikelife/


色もサイズも選べる中、白と黒をお願いしました。



出来上がったのが、こちら。


正面は、こんな感じで・・・



背中は、こんな感じ。





ウミネコのプロテクターの上に着ますので、サイズはLLです。





着せてみました。





背中にも余裕がありますね。







長袖のジャージの上に着た方が良さそうですね。

・・・だとしたら、今度は長袖のジャージも作っちゃうかな・・・?




企画したのは、「ムコ殿さん」。デザインは、あの「ぱるさん」。

昨日は100枚以上を仕分けして、みんなを迎えてくれました。




訪れたみんなで、昼食の後解散。

その後、白銀林道に向かい、旅好きライダーさんと走って来ました。




静岡ナンバーの方達が走っていられました。

セロー250、セロー225、WR250R、XR250、CRM250AR、ジェベル250、KLX250だったでしょうか。

横浜ナンバーの方が1台。箱根新道を下って行きましたが、大渋滞を避けて林道に向かいものの、台風の影響でゲート閉鎖。

大観山にいながら、御殿場経由で帰宅となりました。



旅好きライダーさんのブログでもアップされるかも・・・
http://blog.livedoor.jp/tabisukirider/


DATE: CATEGORY:装備品
いつも「serowでお散歩」に訪問下さり、ありがとうございます。

この1年で、ブログを通じてリアルに知り合った方も多くなりましたので、ブロ友さんにかかわる記事も多くなりました。


今回も、ブロ友さんの言動や行動から触発された私の行動です。(言ってる事がめんどくせ~!)



記事をアップする際に、画像は大切です。

(あたりまえだろ~!)


バイクでの記事ですから、主に外での撮影となります。

(わかってんよ!)


外での撮影と言う事は、天候にも影響されますね。

(バカにしてんのか!?)


雨が降ってきたらどうします?

(しらね~よ!)


カメラに防水機能が欲しくなりますよね。

(だから?)


ムコ殿さん、かもねぎさん、クマさんに共通する事とは、何ですか?

(ほら、内輪ネタじゃねーか!)


最近セローに乗り換えたでしょうか?

(最近は、細菌の間違えじゃね~のか?)


違います。ここで大切な共通項とは、オリンパスの防水カメラなんです。

(だから、みんな知らね~って!)


さらには、首から下げたストラップ。

(クマさんのは、ケプラーなんだろ!)


つまり、バイクツーリングの際にですね、天候に左右されなく、外での撮影が可能になった。と言う事なんです。

(もー、誰も読んでくれなくなるぞ!)



先日のカフェミーティングで、ムコ殿さんの防水カメラを見せてもらいました。


「ついに買っちゃいました・・・(^^)v」
http://blog.livedoor.jp/enjoy_bikelife-enjoy_bikelife/archives/1055244093.html


かもねぎさん、クマさんと同じモデルです。


オリンパスは、防水機能でも選ばれますが、立ち上げが早いのも選ばれる理由の一つです。

GPS機能も付いて、撮影場所を記録出来る機種もありますね。


自分も購入を考えましたが、防水で、耐ショック性・・・?


持ってるじゃん!これ。


GEのDV1、水中でも撮影可能なビデオカメラです。

「最初はこんなカメラ使っていたんです。」
http://serow250fi.blog.fc2.com/blog-entry-24.html



ビデオカメラですから、動画撮影用ですが、静止画も撮影できます。


これをカメラとして使えばいいじゃん!



問題は、スイッチ類の大きさ・・・


バイク用のグローブをつけたまま、操作できるでしょうか・・・?



落としても大丈夫ですが、スイッチは小さいかも・・・。





首から下げることは考えずに、リュックのショルダーベルトに固定しようと思い、コードを買って来ました。





ところが、あまりリュックを使わないので、やはり伸びるケーブルタイプがイイと思い、こんなのも買って来ました。





首から下げてみると、重い。


このくらいの重量は、仕方ないんですかねー?



長すぎるのも使いにくかったので、最初のコードを首に巻いて使う事にしました。





実際に使ってみると・・・





撮れてんじゃん!





・・・て、ドコ行ったの?




お・さ・ん・ぽ。




おっさんが、ポー!じゃないから。












「ついつい買っちゃいました。」って、ムコ殿さんの「ついに買っちゃいました・・・」の、パクリじゃないの?・・・


はい、「インスパイア」されました。


DATE: CATEGORY:装備品
あなたはどんなグローブを使っていますか?

スロットル操作と微妙なクラッチワーク、人差指一本でのブレーキングに対応できる薄手の物でしょうか?それともプロテクション重視のレーサータイプでしょうか?

今まで使っていたのは、メッシュのグローブです。

あ、いきなり止めちゃうんじゃなくて、寒い時用に買い足しました。



今回買い足したのは、ラフ&ロードのグローブです。・・・ってタイトルで分かってんじゃん!

実は、去年の12月に、防寒用のグローブを買ったんです。はい、”ポチッ”して・・・

試着もサイズ合わせもしないで”ポチッ”です。ユザーレビューを頼りに”ポチッ”でした。
「ウインターグローブ」(2014.12.8)

・・・ところが、これが温かくない!
「箱根峠は4℃」(2014.12.9)

防寒用のグローブは、厚手に出来ていて、グリップを握った感じが馴染めず、さらにウインカーなどのスイッチ類の操作性も悪くなり、手のひらや甲は冷たくならないけど指先は冷たい。と、なかなか満足のいく物は見つからないようです。



ところが、待てよ・・・いつもはメッシュだから、メッシュじゃなければいいじゃん・・・?

ウインターグローブじゃなくて、普通のグローブを使えば、今よりは良くなるんじゃない?

操作性は犠牲にしたくないけど、寒いのも困る。・・・そうだ、川に仕様・・・いえ革にしよう!

風を通さないように、樹脂製のプロテクターのついたもの・・・あったー。ラフロだー!



外側はカッコいいですね。でも良く見ると、指先はメッシュだー。



内側はパンチングされて、革が二重になっている所も・・・硬いですね。


レビューにも「馴染むまでは硬い」とありました。オールメッシュよりは寒くなさそうですね。



3連休の最終日に走ってみましたが、悪くないです。

防寒グローブのように操作性が変わったりしませんし、夏用のグローブよりも寒さを感じません。

手首が一部覆われない箇所がありますので、冬用のグローブとしておすすめは出来ませんが、自分には必要にして十分です。






ここで、お知らせ・・・



11月25日にブルックスコーヒーで、「お茶会」を行います。

いつもは、土曜日ですが、今回は平日もやってみようと思いました。

オフ車のオフ会というと、走る事が目的になりますが、走らずにコーヒーを飲みながらゆったりするだけです。

自分のバイクの話とか、気楽に話せる人が集まってくれると楽しそうですね。

10:00~12:00に、東名高速からも見えるブルックス大井事業所でやっていますので、この記事を読んでしまったあなた、時間があったらのぞいてみて下さい。

雨だと、やらないですー。

copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ