プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:装備品
ブログもフェイスブックも、ツイッターでさえ動画アップは当たり前になって来ました。

スマホからもアップできますから、リアルタイムで動画作成が出来ますね。



3年前から、こんなカメラを使っていました。





コンツアーのウエラブルカメラです。





GOPROのように、モニターはありませんが、大きめのスイッチで操作が簡単なのがお気に入りです。

IMG_1059[1]_convert_20170629213457

画質の点では、GOPROに叶わないと思いますが、明るい所での撮影には困らないようです。


プロの動画撮影でもGOPROは使われていますが、先日のカフェミーティングで、ディーさんから衝撃的な話を伺いました。

4Kのカメラが、1万円以下!

MUSON(ムソン) アクションカメラ

これまでは、中国製と言うと粗悪品のイメージがありましたが、半導体分野でも不良品は少なくなり、日本のメーカーにも採用されています。

撮影時のスイッチも、リモコンが付属されているので、使い勝手も良さそうです。




クルマの番組では、何台ものカメラを使い、ドライバーの表情や、タイヤの動きも編集していますが、この価格でしたら複数台のカメラを配置できそうです。

編集の事を考えると、実際に何台も設置するか分かりませんが、モニターもあり、スペアのバッテリーも付属品に含まれていますから、気になる製品です。

この価格で4K!物欲に陥りました。





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:装備品
あお・・・?

ヤマハブルー・・・?

あ”-!生産打ち切りになるWRを買ったのかー?



すいません、ちがうんです・・・。

今回の「あお」は、こちら・・・。

IMG_1060[1]_convert_20170629213229

リュックサック?

はい、近くの「お散歩」は、ウエストバッグで十分なんですけど、もう少しだけ容量が欲しいかなと・・・。



「アオ」は、こちら・・・。

IMG_1062[1]_convert_20170629212957

アタックは、やらないって言ってたじゃん!

ええ、でも去年は、暑くて乗らなかったかと思い、ポチッ!しました。



それから、「青」は、こちら。

IMG_1059[1]_convert_20170629213457

あれ?コンツアー持ってたじゃん?

意外な結末。で、お伝えした通り、短時間しか録画が出来なくなりました。



今使っているカメラでもアップしていますが、コンツァーを2014年から使っています。





スイッチが大きい事と、耐ショック性、録画時間の長さ、価格の安さで購入しましたが、内蔵バッテリーが交換できないため、バッテリーの寿命が、コンツアーの寿命になります。





リュックサックにウオーターパックを入れた場合、使える収納は、この部分になります。

IMG_1063[1]_convert_20170629212352

「お散歩」でしたら、十分ですね。




7月2日の「セローカフェミーティングに、持って行きます。

「お散歩」で、動画を撮りましょうか・・・。




DATE: CATEGORY:装備品
amazon・・・?

アマゾン・・・?


IMG_0951[1]_convert_20170518131517



なんだっけ・・・?

IMG_0952[1]_convert_20170518131436



開封動画でも、作るのか・・・?

IMG_0953[1]_convert_20170518125422



早く、開けなよ・・・。

IMG_0954[1]_convert_20170518125333



・・・ん?

IMG_0955[1]_convert_20170518125257



あ”~!エアビボ・・・!

IMG_0956[1]_convert_20170518125210



スポーツ・サングラス・・・!

IMG_0957[1]_convert_20170518125113



いろいろ入っていますね。

IMG_0958[1]_convert_20170518124822


Airbibo (エアビボ) スポーツサングラス



届きましたー!


Airbibo (エアビボ) スポーツサングラス 偏光 交換レンズ5枚 専用ケース付属 UVカット 軽量 耐衡撃性 ユニセックス 紫外線 ドライブ ゴルフ ランニング 自転車 登山用


在庫なし・・・?

「現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。 」

DATE: CATEGORY:装備品
先日、ご近所のブロ友の、旅好きライダーさん宅にお邪魔した時の事ですが・・・

「デイトナ製レーダー探知機の新旧交換!^^」


Airbibo (エアビボ) のスポーツサングラス を、見せてもらいました。

旅好きライダーさんのブログ、「武田神社へ「旅好きフェスティバル」終了のご報告!&airbibo社スポーツサングラスのご紹介!」で、知っていましたが、実物を見ると、この価格で、このセット?!

目を疑うほどのクオリティです。

参考価格  6999円は、納得できますが、今なら2799円。

さらに、旅好きライダーさんのページから、「割引クーポン」のコードを入れると、1000円引きで、1799円で購入できます。

期間は5月20日23時59分までですので、かなりのお買い得だと思います。


今使っているのは、富士山に登る時に買った、FILAのスポーツグラスです。

IMG_0793[1]_convert_20170503164035

IMG_0792[1]_convert_20170503164154



何も不満はありませんが、バイク用にレンズが5枚付いているのも、使い勝手が良さそうです。


旅好きさんの割引クーポンは、5月20日の23:59までですので、お早めにー!

DATE: CATEGORY:装備品
「もう、ツーリストで、いいんじゃないか?」って記事を11月19日にアップしました。

気が付けば自分の周りは、みなさんツーリス党。

「お散歩」にも、ツーリストは、いいようです。


宮城県名取市のトレックフィールドさんから、こんな情報をいただきました。

トレックフィールドの「ぎょうれん」http://blog.livedoor.jp/trekfield/archives/50897312.html



IRCのツーリストは、1994年12月に発売された、ヤマハTY250Zスコティッシュのためのタイヤだったんですね・・・。

1993年に競技車両として、TY250Zが出ましたが、公道走行可能なモデルとして、22PSから15PSにデチューンされ、保安部品を付けて登場しました。

このTY250Zは、1984年5月に発売された、空冷スチールフレームのTY250スコティッシュからのモデルチェンジでした。

さらに遡って見ると、1973年12月にTY250Jが公道走行可能なトライアル車でした。

この時期には、TY50(1975年2月)、TY125(1975年3月)、TY80(1975年6月)と、フルラインアップでした。


250ccのトライアル車を見てみると、1986年4月にホンダTLR250Rが、出ています。

1983年4月に発売された、TLR200からのモデルチェンジで、TL125をベースとした、モデルのようです。

この、TL125は、1983年4月には乾燥重量89kgまで落とされていますが、1981年4月に発売されたイーハトーブ(乾燥重量95kg)のモデルチェンジになっています。

イーハトーブと名前が付いていますから、イーハトーブトライアルのようにツーリングトライアルを目指したモデルのようですが、ルーツは、1972年のバイアルスTL125です。

1975年2月には、バイアルスTL50も発売され、原付免許でもトライアル車に乗れるようになりました。


ホンダと言えば4ストでしたが、1978年4月にMB50という2ストのロードスポーツが発売されます。

翌年には、MT50というオフロード車が投入され、エルシノア以来の2ストモデルが、登場しました。


1983年12月に、バイアルスTL50以来のトライアル車、TLM50が発売され、1985年3月にはTLM200Rが、登場します。

この時期は、4ストのTLRと2ストのTLMの2車種がありました。

200ccのTLRは、86年に250ccに移行しますが、2ストのTLMも88年3月にTLM220Rにモデルチェンジします。

エディ・ルジャーンが4ストのRTLでしたね。


トライアルライダーと言えば、現在ヤマハで活躍中の黒山選手のお父さんが、スズキのワークスライダーでした。

確か、現役の白バイ警官だったと思います。

RL250が、市販車でした。


話は大分それましたが、1975年ごろに、トライアルブームが一度来たようで、1980年からのイーハトーブトライアルにより、オフ車でのツートラから、勝てるトライアル車への移行が行われたようです。

バブルと円高の影響で、外国車の輸入も加速し、国産トライアル車の戦闘力アップも80年代には行われました。


ヤマハTY250Zスコティッシュは、1993年ですから、トライアルブームとは一致しない所での発売です。

この辺りが、オフロードに力を入れているヤマハの姿勢が、うかがえますね。


GASGASパンぺーラの登場は、衝撃的でした。今ではランドネもそうですが、トライアル車に強引に付けたハイシート、これなら林道もイケる。と思いました。

仮面ライダークウガでも、成田匠さんが扱っていましたね。



ツーリストの、話でしたね・・・。


TY250Zスコティッシュに開発したタイヤですから、やはりヤマハさんで使って欲しいです。

セローの派生モデルと、トリッカーのフルサイズモデル。

国産トライアル車がない状態ですから、トリッカーのフルサイズは、需要があると思います。



昔話に花が咲いてしまいました・・・。



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ