プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
スタンドあると、便利ですよね?

オフ車用のは、高すぎて、セローに合うのはなかなか無いと思っていましたが、低いスタンドを見つけました。

値段もセローの車高並みです。


ヤフオクで、リフトアップスタンドを購入しました。

即決価格2980円、送料1000円の3980円でした。

「輸入品です…神経質な方は、ご入札されないで下さい。」と注意事項にあったのでどうでしょうか。




開けてみると、サークリップが付いています!だけどプライヤーがない。

説明書も何もないけど、このクリップを外して、台座に通してまたクリップで固定するようです。

外すだけならペンチでもできるので、とりあえず外して、組み立ててみます。




低い位置はこのくらい。実測29cmでした。




高くすると、このくらい。実測39cmです。




セローの前輪とアンダーフレームの間に置いて、




セローを前に進めます。




レバーを足で踏み、スタンドをアップします。

天板がフラットなので、位置合わせも簡単です。




後輪が持ち上がりました。

これで、チェーン調整も楽になります。




前輪も僅かながら浮いています。天板がフラットなので前後輪とも一度に浮き上がるようです。



以前使っていたスタンドはバランス型で、前輪を浮かせるにはリヤに荷重をかけなければいけませんでしたが、前後ホイールが一度に持ち上がるのは便利です。

この車両は社外製のアンダーガードを付けていますが、アンダーガードの形状によっては低い位置の29cmでは入りにくいかもしれません。

価格も求めやすく、足が安定しているので軽量車にはいいと思います。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ツーリング
二十曲峠を下りて、立ノ塚峠へ向かいます。


たまご牧場の看板を右に曲がって行きます。

しばらくは舗装路ですが、林の中に入る頃ダートが始まります。

道幅もあり、フラットなダートです。



すると、こんな看板が…

熊出没注意⁈


富士ビジターセンターで富士山の動植物の展示に熊がいましたが、138号線を隔てたこちら側にも熊がいるとは…


実は以前、熊を見た事があるんです。

滝沢林道のゲートの手前のお茶屋さんを、まっすぐ登って行ったときの事。

今は舗装路で上の方まで行かれますが、その頃は頭の大きさ位の石がゴロゴロしていて、雨水の通ったあとの深い溝が道を蛇行していました。

道の両側は深いクマザサで覆われていました。

何キロか走って、ほぼ直線の見通しのいい所で、何かがヤブの中から転がって来ました。

最初は岩かと思いました。黒い塊です。

岩は動いています。

大きな犬?

200m先に大きな犬です。

犬にしては足が短い、ずんぐりしてる?


小熊?

富士山に?


・・・小熊だったら、親熊は近くにいるはず!


熊かどうかもわからないまま、その場でUターン。

富士山にクマがいると後で知りました。



だいぶ話が逸れました。ここが立ノ塚峠です。

ダートは四輪が走れる道幅があり、多少急坂はありますが、山の稜線まで出れました。

ここの立ノ塚峠から、二十曲峠や北側の杓子山へは、登山道があります。

登山道へはセローで入れませんので、内野へと引き返します。


先ほどの熊の看板のあった分岐を新三ツ木橋方向に左折してみます。


残念ながらスマホのバッテリー不足です。


つきあたりを左に、また山の中へ入って行きましたが、植林用の作業路らしく抜けられそうもありませんでした。

再び左折した分岐まで戻り、今度は下り坂へ。多少ガレていますが、ゆっくり走れば大丈夫な道です。


ここから地上絵に向かいます。



地上絵は道でした。

忍草区の管理地で入山は禁止でした。

富士学園の登山道もありました。



この先に入らないと、景色は望めません。

入山禁止なのでここで引き返します。



もう一か所気になっていたのが、杓子山です。

立ノ塚峠から行かれないのなら、どこまで登れるか不動湯から上って行きました。

ここまででした。


これで山を下ります。


今回行きたかったもう一つ、県道717号線のトンネルを目指します。が、

スマホのバッテリーが不足でマップが使えないので、行きあたりばったりの行動で、明見の蓮池公園に立ち寄ってみました。

すいません、画像ありません。


県道717号線のトンネルも抜けて、再び忍野へ。つきあたりの道路標識が、右方向138号線、左方向小田原、山中湖になっていました。

忍野村をぐるっと回るの?


標識通りに左折し、山中湖花の都公園で遅い昼食。ほうとうを食べて、朝とは違う道志街道を通って、宮が瀬に抜けました。

積雪で通行止めだったヤビツ峠を越えて帰宅、おなかいっぱい、オンもオフも。

DATE: CATEGORY:ツーリング
太平山で富士山を見たあとは、鹿留林道で都留に抜ける予定です。


農道を走っていると、不自然な物が…

ヨットです。
富士山をバックに畑にヨットです。




広がる畑を奥に進むと、用水池もありました。
ヨットを浮かべるには小さすぎるようですね。



この奥にダートがありました。
入ってみます。

すいません、グローブが写り込みました。




ここが終点、向うから登ってきました。
小川を一回渡り、川沿いに登る道。
軽トラ一台分ほどの作業道は、約1kmで行き止まりでした。



先ほどの貯水池まで下りて、二十曲峠の案内を見ながら、舗装路を登って行きます。




二十曲峠で通行止めでした。
ここからの景色も素晴らしく、カメラを構えた人が、何人もいました。




通行止めは通年ではないようです。



ここも富士山の絶景ポイントで、駐車スペースもあります。




峠には山の神が祀られていました。




木製の看板には山の神様の由来が手書きの文字で記されています。




なぜかトイレが二つ、手前の昭和っぽいモノと、新しいのはログハウスっぽい。

新旧のトイレ。
新しく建ったトイレはバイオマス分解のトイレで、水を使わずに処理します。
茶色いオガクズが中に入っていて、使用後にスイッチを入れるとステンレスの鎌のようなものがゆっくりと回転して、撹拌と分解を助けるようです。
残念ながら、車いすでの使用はできません。



都留に抜けられないので、内野に戻り別のルートを行きます。
Googleマップで道の表記はありますが、航空写真と見比べると本当に通れるか気になっていた道です。


忍野中学の北にある地上絵のような所は一体何なのでしょう?

DATE: CATEGORY:ツーリング
「大平山」、何て読むか知っていますか?

「おおひら」と読めば、総理大臣みたいだし、「たいへい」と読めば、サブロー・シロー?

正解は、「おおひらやま」でした。



山中湖の北側にある太平山に行ってきました。

山中湖の向こうに富士山が見える、見晴らしのいい所です。

国道138号線の山中湖西交差点を県道717号線に入ります。

山中湖花の都公園を右手に、つきあたりのT字路を右折し、道なりに進みます。



忍野村民交流公園が左手にありました。




ここでちょっと一休み、杓子山が望めます。




ここからダートが始まります。
頂上までは1.7km、すぐですね。



なかなか走り応えがありましたが、稜線に出ました。




振り返ると、今登って来た道。




右の坂を登って行きます。
ここは東海自然歩道でした。




こんな道を登って行くと・・・




NTTの中継基地に出ました。

この先はハイキングコースなので、ここで引き返します。




ここからの富士山、山中湖。




先ほどの分岐まで戻り、忍野村方面へ少し下った所を右に曲がると、四輪用の道がありました。




左側の階段はハイキングコースです。




ハイキングコースとは別に、四輪用のルートもありました。

四輪用と言っても、ジムニーのように地上最低高が十分なクルマしか登って行けない道です。

ジャンピングスポットが何箇所もありました。

ここが、大平山の頂上で、あたりは広く、東屋もあります。




石割山が見えます、この先はハイキングコースなので、残念ながらセローでは行かれません。




富士山と山中湖。ここからの景色も素晴らしいです。

DATE: CATEGORY:お散歩
あなたの家の近くの山は、まだ雪に覆われているでしょうか?


足柄上郡山北町に大野山があります。先月の雪も解けたと思うので、久しぶりに頂上まで行ってみたいと思います。




国道246号線の樋口橋の交差点を右折し、県道76号線に入ります。
御殿場線の上を通り左折して、県道725線に入ります.



2km程走ると市間へ抜ける道があります。ここを左折すると大野山も近いのですが、今回は直進します。
Googleマップを見ると、地図上は道がないのですが、航空写真には舗装路が見える場所があります。
それがこの先、八丁です。
気になるので、行ってみます。



市間に抜ける道をのぞいてみます。
左折すると、こんな道、いきなり急こう配です。



Googleマップで気になっていた舗装路は林道で、通行止めでした。
ここは八丁で、この道の終点です。



はなじょろ道?何でしょう?
歩いて行ってみます。



登山道でした。
川沿いに歩いて、対岸に渡ります。



河原を歩きます。



ここが登山道の入り口です。



振り返ると、大きな石がごろごろしています。
やはりセローに戻ります。



セローです、だいぶ遠くに置いてきましたね。



県道725号線を3kmほど戻ります。
高杉の看板がある所です。



市間に向かう道はここから登り、一気に高度を上げます。



だいぶ、高い所まで登ってきました。
市間の十字路です。



先ほどの左折する道を登って来るとこの道になります。



共和連合自治会?そう言えば大野山の牛乳は共和牛乳でした。
直進して下り坂になります。



ここまでの道は、新しく舗装された道でした。
道幅も狭く、ガードレールもありません。



大野山に向かいます。
この先も狭い道が続きます。



道幅が狭いため、待避所が何カ所もありました。



大野山までの案内図がありました。
この先に牧場の売店もあります。
牧場のゲートは18:00で閉まります。



大野山は頂上付近が牧場になっているので、車両の規制された区域があります。
正面に見える丘は牧場地なので、車両は進入禁止です。



茶畑の間を登って行きます。



菜の花が満開、きれいですね。




途中の広くなったところで景色を見ます。
今日は双眼鏡を持ってきました。海まで見渡せます。
山の頂上を上から見下ろすってあまりないですよね。



登ってきました。
駐車場が近くにあります。
その先は、歩いて登ります。



ここが駐車場です。ほかにクルマはありません。セローはここまで。
さっきの案内図の右手を下りて行くと、丹沢湖の方へ行かれるようです。



先ほどの大きな案内図まで戻り、丹沢湖方面へ1,4kmほど下ってきました。
工事車両も走るフラットダートです。



林の中は登山道です。
立て札の先まで歩いて行くと、丹沢湖がすぐそこに見えました。



遠くまで道が続いているのが見えます。
残念ながら、道が崩落していました。
通行止めです。



以前何度か来た事がありましたが、これほど奥まで道が出来ているとは思いませんでした。
確か2kmくらいで道が消滅していたと思います。
このまま丹沢湖まで抜けられるならば本当に楽しみです。
工事期間は3月31日までと書かれていたので、今月末ごろ、また来てみたいと思います。
楽しみに考えながら、今日は引き返します。



大野山を下って行きます。
先ほどの大野山の案内図の三差路を直進して谷峨方面へ下ります。
国道246号線に出ますので、帰ります。

DATE: CATEGORY:書籍
新谷かおると言えば、「エリア88」?「ファントム無頼」?



1997年2月25日に初版が徳間書店から出ていました。

1988年に少年キャプテンコミックスとして刊行されたもので、主人公の乗るセローはまだセルが付いていません。

けど、表紙のセローは?



オートバイを題材にしたコミックは「ふたり鷹」以来でしょうか。

「ガッデム」というWRCを舞台にしたコミックもありました。

ダイハツ・シャレードにしか見えない、ミサワ・ラレードが登場しました。



DATE: CATEGORY:セロー250
デンソーとNGK,、どちらを選びますか?




8000kmほど走ったので、プラグを交換してみました。
イリジウムプラグを試してみたいと思いました。

以前、乗っていたTT250は、長い下り坂でアクセルを閉じたまま走行すると、すぐにカブッてしまったので、インジェクションではどうかと思い、近くの二輪館へ行きました。

イリジウムプラグは、デンソーです。NGKで高性能プラグは無いかと思い、適合表を確認しましたが、セロー250用はありませんでした。

デンソーのイリジウムプラグは...在庫切れ?
NGKの普通のプラグを買って来ました。


交換しました、普通です、ごめんなさい。

4気筒だと、この4倍の価格ですね。

デンソーかNGKか、どちらを選びますか?



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ