プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
セロー250(3C5M)のサイドカバーと、リヤフェンダーが黒いのが気に入らないので、外装を250Xのパーツを使って変更してきましたが、一つだけ行わなかった仕様がありました。

XT250X顔のセローです。

セローは前からも引っ張ってもらえるように、ヘッドライト下にアシストバーがあります。
XT250X顔にすると、アシストバーが付かなくなるので、今までこの仕様は見送っていました。



お気に入りの外装になったセロー250Fiなんですけど・・・




XT250Xのライト周りにセローのグラフィックを貼ってみました。
ヘッドライトステーも変更します。




まずは、ヘッドライトの両側のヘキサゴンボルトを外します。




次に、メーターを固定している8mmのボルトを2本外します。




なぜか、左右対称に付いていません。




これで、ヘッドライトステーが外せます。
アシストバーと一体です。
初めて外すときはブレーキラインが邪魔になります。




ヘッドライトステーと、ライトカウル周りを取り付けます。
ボルト4本だけです。




こんな顔になりました。




なんか普通っぽい?




最初はこんなにして・・・




次はこんな顔・・・




カタログにないセロー?




今日からは、この顔。





軽量化には貢献できます。
また怪しい一台。

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:セロー250
ヤフオクで落札したセロー250のスイングアームに、ニードルローラーベアリングを組み、リンクも洗浄、グリスアップしたので、いよいよ組みつけてみます。

実際に走ってみて、乗り味は変わるのでしょうか?




染めQのメッキ感覚で塗装したので、コーションプレートを新たに貼りました。




スイングアームのピポットボルトと、リヤアクスルシャフトを緩めて、スタンドでリフトアップします。

スイングアームのボルトは17mmですが、初めて緩めたためか、とても硬かったです。



リヤホイールを外すのでスネルカムに印を付けます。




リヤホイールを外しました。




マッドフラップ、リヤブレーキライン、チェーンガードを外します。




リヤサスペンション下部取り付けボルト、車体取り付けボルト、スイングアームのシャフトを外して、スイングアームを取り外しました。
どの順番で外した方がいいのでしょうか?

サスペンションの取り付けシャフトは17mmでナットは14mm、車体の取り付け部はシャフト、ナットとも17mm、フラットなスパナがあると、作業がしやすいです。



リヤブレーキはタンデムステップでお休み。




組みつけは、両手とも汚れていたので、いきなり組みあがり。




スタンドから降ろして、トルクレンチで増し締めをします。




11,000km走行のスイングアーム。
これにも、ベアリングを組んでみようかな?




えーと、塗装、失敗でした。メッキにも見えず、下品な風合いになってしまいました。
元々は、クランクケースの落ち着いたシルバーと同色のスイングアームでしたが、下地をポリッシュしてクリアを吹いた方が良かったかも知れません。


走ってみました。
リヤサスは、工場出荷時のままなので、舗装路では走りやすいです。
ベアリングの感触は・・・
ごめんなさい、私にはよくわかりませんでした。
リヤサスを少しソフトに振って、ガレた路面を走れば、違いに気づくかもしれませんが、今日の所はスムースです。


元のスイングアームが、まだオイル切れなどを起こしてないからかもしれません。
外したスイングアームを、バラして、洗浄、グリスアップした後、またこの車体に組んでみようと思います。


メーカーがやっていないベアリングの組み込みは、楽しい作業でした。
記事をアップして下さった、バイク好きの皆さま、ありがとうございました。


DATE: CATEGORY:セロー250
ネットでセロー250のスイングアームを落札したものを持っていました。
グリスニップルを付けようと思っていましたが、ベアリングを圧入している記事を読み、同じように加工してみました。

落札したスイングアームはリンクとシャフト、チェーンスライダー、チェーンガードも着いてました。
一度すべてバラバラにして、サビをとりました。

スイングアームのサビをとっていると、塗装面がだんだんはがれて行きます。
どーせなら、スペシャルパーツっぽく鏡面にしてクリアを吹こうかと思いましたが、飛び石でサビると思い、メタリック調のスプレーで塗装しました。



染めQのメッキ感覚シルバーで塗装しました。




作業内容は、参考に見た記事の通りで、ピポット部の樹脂製のカラーが外れなくて、反対側から12mmのTレンチで叩き出したり、ベアリングの挿入には、シャフトの両側にワッシャーとボルトを付けて圧入したり、とても参考になりました。

ニードルベアリングを4個注文し、ヤマハ純正部品も注文しました。
ブッシュ×2
90386-18099
551円×2
オイルシール×8
93109-17071
227円×8
(2014.7.19価格)

リンクのカラーの一本が、焼きつきを起こしていました。

あとは車体に取り付けるだけです。

どう変わるのでしょうか?
DATE: CATEGORY:お散歩
作業道を上って来る時、他にも支線がありました。
私と煙は高い方が好きみたいです。
他の道へも行ってみます。








下り坂です。ゆっくり走ります。
今は止まってますね。




山沿いに左へ支線を行きます。
小さな川を渡り、ここまで来ましたが、行き止まりでした。




別の支線の終点です。
作業小屋がありました。




森林浴プラス、フラットダート、ワクワクします?




残念ながら、抜けられる道はありませんでした。
一度、山を下りてきます。正面の建物は青根中学校です。




「行き止まり」と書かれた舗装路を入って行くと、水道施設でした。
ゲートがありますが、鍵は付いていません。
歩いて向う側の看板を見に行きました。




やっと、神之川林道です。
全線舗装路です。




小さな滝がありました。
東屋もあるようです。




分かっていても、へこみます。
立派すぎるゲートです。




キャンプ場から、引き返します。
久しぶりに来ましたが、全く記憶がありません。
道路がよくなったからでしょうか?


再び道志街道に戻り、そのまま山中湖へ向かいました。
道の駅道志で、道の向う側の桃に目がとまり、一箱6個入りを買いました。
宅配便で頼んだので、配送料の方が高くなりました。

もうすぐ梅雨明け。

DATE: CATEGORY:お散歩
ヤビツ峠を通って、宮が瀬湖から道志街道にぬける道は、お気に入りのルートですが、山中湖まで行くしかないのが、不満です。
犬越路林道は通行止めなので、丹沢湖まで行かれません。
久しぶりに、神之川林道を行かれる所まで、行ってみます。



ヤビツ峠を通って、宮が瀬湖に来ました。
何度走っても、思い通りに走れません。




青根から県道76号線に入ります。




相模原市立青根中学校があります。
ここは相模原市なんですね。




相模原市役所緑区役所青根出張所です。




青根の散策ガイドです。
高校生の頃は、丹沢を日帰りで歩いていました。蛭ヶ岳までは足を延ばせなかったのですが、こちらからは近そうです。
蛭ヶ岳もヒルがいっぱいなんでしょうか?




イーハトーブのような風景です。




「行き止まり」を見ると、「行ってみな!」に見えてしまいます。




上り坂と、下り坂、人生上り坂!…えっ?




上り坂を行ったらこうなった。まだ舗装路なのに・・・




先ほどの分岐を右に、下り坂ではなかったです。
作業道を上って上って、着いた所がここでした。




「迷いやすく危険です。」魅力的なフレーズですね。行きませんけど。




作業道終点は、少し広くなっています。
青いアクティが、少し下の森の中に止まっていました。




登山道もありました。袖平山は1431m。




ここを上ってきました。
ガレてますが、楽しい道です。





こんな所にトレッキングルートでもあれば、楽しいでしょうね。


DATE: CATEGORY:お散歩
通勤用に乗っているセロー225の人から、ダートに行きたいとのお誘い。

タイヤがロード用なので、あまりハードな道は行かれないと思い、足柄峠の小山側へ行ってみました。

足柄峠を小山側に下り、県道78号線から川沿いに下るダートに入ります。(2014.2.24足柄峠に行ってきました。)

小山から御殿場に抜けて、北箱根林道に行こうと思います。天気はどうでしょうか。



この道を下りてきました。ここは、クルマでも行けそうですが、途中はシングルトラックになってます。




ランツァ顔、いいですね。
今回は奥宮に入ってみます。




鳥居?をくぐると、「縁結びの橋」があります。
橋を渡って、藤棚?をくぐり、左手に社務所を見ながら、一番奥まで来ました。




大きな岩が祀られています。




岩の横は、滝になっていて、涼しい所です。




滝までの歩道も整備されていて、鳥のさえずりも聞こえる静かな場所です。




JR御殿場線の足柄駅に出ます。
駅前ロータリーの向う側のコンビニはオートバイでいっぱいです。
足柄峠を越えてきた人達でした。



ここから、ゴルフ場へと向かいます。地図に載っていない秘密のルートです。
ゴルフ場の外周道の一本目を右に登って行きます。
舗装路ですが、ありえないような急勾配と、路面一面の苔。
舗装路が終わり、高圧線の鉄塔が見えたら、スペシャルルートの入り口です。

下って、上って、ターンして、木の根っこ・・・と変化に富んだ道が続きます。
本当に面白いのですが、1分ほどで終わります。
足柄峠から乙女道路へと抜ける林道にすぐ出ます。



出た所で、伊勢原から来たWRの人と会いました。
足柄峠方面は、倒木があって、道を塞いでいるとの事。
乙女道路方面も、チェーンがあって通行禁止になっているそうです。



とりあえず、行けるとこまで行ってみました。
ふさいでいます。




ならば、反対側は?・・・
ふさがれてます。

仕方がないので、県道78号線に戻り、「万葉うどん」を食べに行こうかと山を下ります。



すると、県道に出る所に数台のオフ車が。
TT225のような外装だけど、ジェベル200?
これから、すごい所へ行くけど、一緒にどう?と誘われて、OK!


ジェベル200はフロント到立、リヤトライアルタイヤ。
TT250Rが2台、WR250Rが1台、みんな速い!


分岐に着いて、何やら相談。
思った場所と違うらしい。
TT250Rは見たことが・・・「社長?」、「ん?」
「前にお世話になった・・・」、「あー!」
以前、GSXを下取りに、社長の愛車を譲ってもらったことがあった秦野のバイクショップの方でした。



すごい所は、有耶無耶に、再び山を下りて来ると、さっきすれ違ったXR250Rの人が。
秦野からの単独行で、このあたりの道にも詳しく、たくさんのルートを教えてもらいました。



この後、雨が降り始め、「万葉うどん」は、またの機会に。



大雄山最乗寺に行き、一休み。
雨は一段落したようなので、南足柄から小田原へ抜ける林道へと行きます。

最乗寺の下の分離二車線になっている所から入り、300mほど行くと、左に下る道があります。
クルマのワダチがあるので、通行できますが、道幅は狭いので、対向車には注意が必要です。
このダートが終わった所に、右に行くとまた山の中に入って行けそうな道があります。

実は、セローで二度ほど行きました。
木の根っでにハンドルをとられて、二度ともリタイヤでした。

ロードタイヤの225でまさか登れるはずもない。と思い、下で待っていました。
エンジン音が、止まらない・・・遠ざかっていく・・・
登りきってしまったようです。

こちらはピレリMT21です。
登れないはずがありません。
いつも引っかかっている木の根も、何とかかわし、上の道まで無事出られました。


林道をそのまま進みます。ここの支線は人気のようです。
途中、トライアル車が、とんでもない支線へと入って行きました。
朝はWR3台、みんなフルスーツです。


以前記事にした(2014.6.26やさしい橋?)の伐採道を登ってきました。




初めて来たときは驚きましたが、ロードタイヤでどこでも行ってしまう225の方にも驚きです。
通勤用なので、ロードタイヤにしていますが、オフ用にしようかと本気で考えていました。




展望はありません。ここも、秘密のルートです。
DATE: CATEGORY:お散歩
富士山も山開きをしました。
いよいよ夏本番ですね。梅雨明けもあと少しでしょうか?


富士山の交通規制を調べてみると、7月10日から始まります。

有料道路の「富士スバルライン」が7月10日(木)17:00~8月31日(日)17:00

「富士山スカイライン」(県道152号線)が7月10日(木)17:00~9月10日(水)17:00

ふじあざみライン(県道150号線)が7月11日(金)~7月27日(日)の金土日と、8月1日(金)~8月24日(日)、8月29日(金)~9月7日(日)の金土日。
規制開始と修了の時間は昼12:00です。


台風が近づく中、規制前にセロー250で、初めてスバルラインに行ってきました。

この日は、自宅からも、朝のうちは富士山が見えていましたが、出発する頃には箱根の山も見えなくなり、水蒸気が上空を覆っているようです。

早く着けば、雲の上に出られるかもしれません。

眼下に雲海は望めるでしょうか?


富士山有料道路(富士スバルライン)は、二輪車は軽自動車等になり、往復1640円でした。

原付(125cc以下)は200円です。


四合目を過ぎたあたりから、雲は下に見えるようになりました。

青空を、一人占めです。何も遮るものがありません。紫外線が強そうです。



いつもは素通りしてしまう奥庭自然公園に寄ってみました。




セローでも、入ってい行けそうな道を、歩いて下って行きます。




下った先には、食堂と売店、「山小屋」がありました。
遊歩道へ向かいますが、山小屋でこけももジュースをいただきました。(400円)




「天狗岩」が祀られています。天狗が天に昇る時、天から降りてくる時にこの岩に立ったそうです。




ここからの富士山は圧巻です。
近い!大きい!森林限界を超えています!




遊歩道は四角い石が敷いてあります。
火山灰は歩きにくいので、助かります。




もう少し先まで行ってみます。
緩やかな登り坂です。




展望台に着きました。
ここは、富士山も正面に見えますが、反対側の下の景色も望めます。
今回は、雲の上に出てしまっているので、雲海しか見えません。




五合目の手前の駐車場です。
富士山がよく見える場所です。
富士山は8回ほど登りました。
一度はネプチューンのホリケンと会いました。




山頂の雲が流れていました。
山頂まで見えないかと、しばらく待っていましたが、雲はかかったままです。




五合目の駐車場です。
駐車料金はかかりません。
この駐車場の1kmほど手前から、霧が濃くなって、この駐車場は、霧の中です。




眼下の景色どころか、富士山も望めません。
ガスが上がってきたのは、今しがたではなく、ここは霧の通り道のようです。
バイクも少ないですね。




19:00過ぎの五合目です。
夕焼けが雲の切れ間から見てとれます。
雲の中では、雷が鳴っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
DATE: CATEGORY:お散歩
ヤマハパワービームに記事が、いつの間にか「お散歩」になってしまいましたね。

吊り橋工事はどうなっているんだろう?と思い、入って行った北箱根林道の枝道。

広い道と狭い道、どっちを選ぶ?で、狭い道を来た結果、本当に狭い道になりました。

狭い道を下り、路面の見えない笹やぶのトンネルをぬけ、危うく道を外れそうになった所で止まりました。





階段こそありませんが、急な下りです。
残念ですが、ここで引き返します。



四輪の轍がある枝道がありましたが、笹で覆われて行かれませんでした。




吊り橋の支柱の下に出ました。
これほどの工事をしていたのですね。




谷を隔ててもう一方の支柱です。
あの支柱の向うは国道1号線です。




走りやすいダートを見つけてラッキー!と思っていました。




吊り橋が架かる谷へと下りてきました。
小川が流れています。
V字谷ですね。




この川沿いに、ダートは続きます。




ほどなくして、一般道へと出ました。
何やらゲートが・・・

ごめんなさい。立入禁止でした。

北箱根林道から下りてきた途中には、「ご迷惑をおかけして・・・」などの看板があったので、公道だと思っていました。
枝道にはオリエンテーリングのポストのようなものもあり、「工事現場近くはご注意ください」みたいな、表示もありました。
道は以前からあったようですが、工事中につき、立ち入りを制限しているようです。

かなり大きな工事です。国道1号線とつなげるのでしょうか?「箱根の里少年自然の家」の事業でしょうか?

北箱根林道は交通量の少ない全線舗装路です。舗装される前はとがった砂利のダートでした。
箱根側は通行禁止の枝道が多く、三島側はそのまま下までおりてしまう枝道が多いです。
赤土と大きめの石、小枝、枯れ枝、雨溝の印象です。
全線を走りきったことは一回しかありません。別称「箱根やまなみ林道」です。




DATE: CATEGORY:セロー250
相変わらずの曇り空ですが、走ってみたくて仕方ありません。

天気は、いま一つですが、本降りになるのは日が暮れてからでしょうか?

西湘バイバスから箱根新道、県道20号線で熱海峠、林道箱根山線で国道1号線に戻り、北箱根山林道に行ってみます。






またがってみて、感じの違いが分かります。「立ち」が強い感じです。
視覚から入ったせいでしょうか?


西湘バイパスの国府津パーキングです。

ここまで来る間に、違いがはっきりわかります。
RZ250のパイプフレームからTZR250のアルミフレームになったぐらいの感じです。
乗った感じは全く違うバイクです。



箱根峠から熱海峠に向かう途中の十国峠レストハウスです。

西湘バイパスで、高速走行をしましたが、まっすぐ走ります。
とても楽です。無駄な動きが出ないんです。

箱根新道は中速コーナー、県道20号線も中速コーナーが続きましたが、旋回がとても楽です。
気がつくと、いつもより速いペースで走っています。
ロードモデルに乗っているようです。



熱海峠から函南側に少し下り、林道箱根山線に入ります。
ここは、低速コーナーと枝道にダートが少しあります。

「熱海峠からの裏街道」で5月20日にアップした道です。



途中のダートに入ってみます。

かなりガレていました。



枝道を走ってきたので、函南ゴルフクラブの横に出ました。

林道箱根山線に戻ります。



原生の森です。

パワービーム本体に熱を持っていないか、触ってみましたが、エンジンからの熱しか感じられませんでした。



前回は山中城跡に出るために、直進しましたが、今回はここを下ります。
林道中尾線の起点はここでした。




低速コーナーでも、フレームの剛性感が強く、全く別のバイクです。




木立キャンプ場に来ました。国道1号線に向かいます。




ここが、林道箱根山線の終点です。




1号線に出て、少し上ったのち、北箱根林道に入ります。




北箱根林道に入ってしばらくすると、左に行く道があります。
入り口に通行止めの表示があり、「吊り橋を作っています」と書かれています。
工事専用道と思い、いつもは通り過ごし」ていましたが、今回はゲートもなく、通行禁止もありません。
入ってみました。大型ダンプが走れるように、何箇所か鉄板で道を補強してありました。
が、クルマ1台分の枝道を発見。
入ってみました。
一番奥がここです。
この下は完全に登山道でした。




自分のセローはサスペンションはノーマルです。
舗装路は走りやすいですが、ダートではリヤが落ち着きません。

ダートに合わせたセッティングをした車両にはどうか分かりませんが、ノーマルセローには、ヤマハパワービームは、「買い」です。
本当は、試しに付けてみて、だめだったら、ネットで転売するつもりでした。
アンダーフレームの取り付けがかっこ悪いとか、本当に必要なのか?と、考えていましたが、これはいいです。
普通のダートも楽でした。

ただ、値段が高いです。消費税込みで三万円は・・・一万円台で何とかしてほしいですね。


DATE: CATEGORY:セロー250
ヤマハパワービームを、セロー250に取り付けます。

欲しかったおもちゃを買ってもらった子供みたいで、早起きしてしまいました。

取り付け要領書を読んで、仮組してあるので車両に取り付けるだけです。




使用した工具は上から、4mmのヘキサゴン、10mmのスパナ、14mmのメガネ&スパナ、8mmのボックス、ラチェットレンチでした。



ところが、肝心のパワービーム本体を固定するボルトが大きなサイズのヘキサゴンで、セロー専用工具箱には、入っていないサイズでした。




説明書通りに、取り付けました。
アンダーフレーム側を仮止めした後、本体を取り付けます。
取り外しも簡単そうです。






岩場で左側に転倒した時など心配はありますが、アタック的なことはほとんどしないので、実際に走って様子を見ます。

パワービーム本体は熱を持つのでしょうか?


copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ