プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:お散歩
パワースポットガイドシリーズ、富士箱根を読んで、箱根に行こうと思ったんです。

行き先には、箱根神社も外せません。

国道1号線に出たので、箱根神社へと向かいます。



箱根神社に着きました。

箱根神社の境内に曽我神社がありました。下曽我の曽我神社です。



まず、手と口を清めます。

お参りをして、おみくじを引いてきました。



駐車場奥のお茶屋さんで、お餅をいただきます。
注文すると、番号札を渡されました。110番、警察と縁がありそうです。




5色もち、500円です。
左からあんこ、きなこ、黒ごま、海苔、おろしです。




時間があったので、大観山に来てみました。
霧の中は、シールドに水滴がつきます。
TシャツにMXジャージで来たので、少し寒いですね。




ターンパイクは8月1日からMAZDAターンパイクになりました。
「MAZDA」は、日本人には「マツダ」ですが、英語圏の人たちには、マズダです。NECは「ネック」なんです。




箱根新道を下りてきました。
新道終点までの距離が、道路わきに表示されていますが、残り1.4kmのあたりから暑くなってきました。

お風呂に入って行く感じです。霧の中で湿っていたジャージもすっかり乾き、熱い空気がまとわりつく感じです。

いつもは、箱根新道から西湘バイパスにそのまま入って行くのですが、湯本の先の山崎で1号線に下りて、一夜城へ行ってみます。

早川を渡る橋の上は、涼しい風が吹いてきます。




一夜城跡から、早川へと下りて行きます。早川港や海も見えます。




箱根新道から下りてきた道が、厚木バイパスへ分かれ、西湘バイパスの上り線と下り線に分かれて行く様がわかります。
かなりの急坂を下りて行きますので、景色を楽しみながらゆっくりと走ります。

西湘バイパスに早川からのって、帰りましたが、暑い!箱根峠は21℃でした。
あれっ?


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:お散歩
酪農王国オラッチェをあとにします。
向かう先は、田代メルヘンの里です。
地図にも載っていません。どんなところでしょうか?



県道11号線熱海街道を熱海峠の方へ上って行く途中に案内板があります。




手作り感いっぱいです。




ほどなく、着いたようです。




展望台がありました。登ってみます。




直線の道、田植えを終えた田んぼ、稲穂が実る頃には、金色の平原になるのでしょうか。




畦道に停まったセロー。メルヘンの里って、一体なに?

よく見ると、この一区画だけがコスモスなどの花が植えてあるようです。
走り出して気が付きましたが、ベンチとテーブルもありました。



またまた原生の森です。小排気量車ならではのツーリングルートです。




近くには月光天文台もあります。プラネタリウムの観賞もできますので、暑い日中は涼みに行くのもいいでしょう。




原生の森です。どう見てもキャンプサイトにしか見えませんが・・・

キャンプは禁止です。



このまま、国道1号線の山中城跡へと向かいます。




国道1号線に出ました。
ここは、史跡箱根旧街道の石畳があります。

歩道橋の下、思いがけない所に出ます。

DATE: CATEGORY:お散歩
ブックオフで買った108円の本を読んだら、箱根に行きたくなりました。
きっと、上は涼しいだろうなあ・・・


西湘バイパスに乗って国府津パーキングで休憩。


夏の空。朝からいい天気です。



セローっぽくないセロー250。開発した人が見たらがっかりするかも?




西湘バイパスから、無料の箱根新道に入り、箱根峠を通って熱海峠へ。

実は、箱根峠辺りから霧が出て、十国峠は霧の中、いつもは素晴らしい景色の中をゆっくり流すはずの県道20号線は、濃霧のため景色ゼロでした。



ここを左折して、熱海街道を下って行きます。

笹尻の交差点を直進のような右折をして、熱函道路へ行きます。



伊豆スカイラインの下を通り、丹那断層の案内を目印に県道135号線に下りて行きます。

盆地のような所です。



さっき走っていたのはあのあたりでしょうか?霧の中は、雲の中でした。




「オラッチェ」に来ました。ふざけた名前ですが、「酪農王国オラッチェ」です。




9:00から開いています。レストランは11:00からです。




道をはさんで、丹那牛乳があります。
ビン牛乳は1本103円(税込)でした。




ここには、ドッグランがあったり、巨大迷路もあります。
あまり知られていないので、軽く走る時にもいい所です。



名前の通り、東海道線の丹那トンネルの上にあります。周りを山に囲まれた静かな所です。

DATE: CATEGORY:書籍
今年の夏も暑い日が続きますね。
お盆休みは、道路が混むので、遠出はしませんでした。

どこへ行ったかと言うと、ブックオフ。
108円のコーナーで、面白そうな本を見つけました。

「富士箱根のパワーの秘密」「行くだけでパワーがつく!」
うさんくさいタイトルに惹かれました。
箱根に住んでいる人は、パワフルなのか?

ところが、読んでみると、神様の話が多く、「富士山の頂には木花開耶姫(このはなさくやひめ)がいらっしゃる。」とか、「箱根神社の箱根権現は氷川神社の氷川様の3.5倍の霊力がある。」など、知らない事が書かれていました。




「箱根は富士神界から出た働きが存する箱の根」エデンの園のように書かれています。
言われてみれば、四季折々美しい所ですね。




最近、引き寄せた物に、「おとひめカード」があります。
50音の一音一音に意味があり、そのイメージを絵にしたカードです。
ちょうど言霊で、「あ・た・み」は、天・高い・実らせる。とあり、箱根と共に熱海も重要な地だそうです。



観光地としてのイメージが強かった箱根ですが、重要な会議は箱根で行われたり、避暑地としてもパワースポットとしても、多くの人が訪れる理由がわかりました。



DATE: CATEGORY:書籍
ネットでいろいろなブログを見ていた時、「AJPは乗りやすい。」って記事を読みました。

AJP?

聞いたことない・・・

調べてみると、ポルトガルのメーカーで、ガソリンタンクはシートの下に、ホイールも21インチと19インチから選べたり、エンジンは125ccと240ccから選ぶなど、自分のオーダー通りのバイクを注文できるようです。

オフ車も性能を上げて行くと、よりレーサーに近いものになって、限られた人、限られた場所でしか楽しめないようになりがちですが、このAJPは車体の軽さや、足つき性の良さ、マイルドなエンジン性能で、速さよりもコントロール下に置ける楽しさを乗り味にしているようです。

コンセプトはセローと同じ?
とても気になるバイクです。



フロント19インチ、リヤ16インチの車体も125ccと240ccのエンジンを選べます。




オーダーの方法も書いてあります。




トライアルタイヤを標準にした、トライアルスペシャルや、マルゾッキのフロントフォークの付いた、スモールホイールのPR3リミテッド。小さな車体に大きなエンジン、気になります。



意外なことですが、ポルトガルの平均身長よりも、日本人の平均身長の方が高いそうです。
ダートを誰よりも速く駆け抜けたいならば、ほかの選択肢があると思いますが、身長160cmの私が180cmの人が操るかのようにバイクを扱えるとすれば、試してみたいですね。


DATE: CATEGORY:装備品
二輪館から連絡がありました。
メーカークレームで交換になったアルファのブーツが入荷したとのこと。

メーカークレームをとりつけたと連絡があったのが10日、入荷の連絡はわずか2日後の12日でした。
納品は、お盆明けと思っていましたので、助かりました。



お気に入りのフォルム。足首の上までしっかりとガードしてくれます。




靴底は登山靴のようです。野山を歩く時にも困りません。
単独行が多いので、行かれるかどうか分からない時は、とりあえず歩いて行きます。
特に、下り坂では帰って来れなくなるので、一日の半分を歩いて過ごした事もあります。
MXブーツと比べると、歩きやすいのは助かります。




あらためてタグを見てみます。
ALFA INDUSTRIES INC GoodyearWeltProcess(グッドイヤーウェルト製法)ですね。




裏面は・・・奈良で作っている?
スキーブーツや学生服も奈良の製品が多いですよね。




二輪館に寄ったついでに買ってみました。


お盆休みはMXブーツで過ごそうかと思っていました。
思いがけず、アルファのブーツが届いたのはありがたいです。

スイングアームは、まだ希望者はいません。
送料のみご負担いただければ、お送りいたします。

先着順かな?一名様。

DATE: CATEGORY:セロー250
セローのスイングアームを交換しました。
元々この車体に付いていたものに、ローラーベアリングを組み込んで、取り付けました。

ネットオークションで落札したスイングアームは、リンクも込みで余っています。
周りにセローに乗っている人もいないので、セロー250をお持ちの方で、自分でもローラーベアリングを組んでみたいと思っている方、試しに使ってみたいと思っている方に、着払いで譲りたいと思います。





ノーマルカラーのスイングアームに戻しました。




取り外した、スイングアームです。
チェーンスライダー、チェーンケース、チェーンガイドも付いています。




早くもサビました。




コーションプレートも取り付け時にやっちゃいました。



趣味で加工した部品です。装着後の不具合やトラブルには応じられません。

ありがとうございます。めでたく使ってくれるセローオーナーの許に行きました。
DATE: CATEGORY:装備品
のっけから物騒なタイトルですいません。

今年の3月に買ったライディングシューズのサイドファスナーが壊れてしまって、購入した二輪館に相談に行ったんです。

応対してくれた方は、その場でメーカーに連絡を入れ、破損状況を画像でやり取りした後、メーカーからの回答があり次第、こちらに連絡してくれるとの事でした。

連絡があったのは、その日の夜の事でした。

「初期トラブルには対応できるが、半年近く経ってからでは有償修理になるとのこと。」

「アルファは海外製ですが、修理は国内で対応できます。修理の経費については、新品購入に近い金額になることもあるかもしれない。」とのことでした。

5,000円以内で修理ができるならば、そのまま修理をお願いし、それ以上かかる場合は連絡をもらえるよう、応対していただいた方に伝えました。

二輪館で対応に当たってくれた方は、とても誠実な方で、「もし、同じ商品を再度購入の際には、価格の相談にも応じる。」と、そこまで準備してからの連絡でした。(「 」内の文は、内容のみで、文面通りの言葉ではありません。)



普通に歩くのにも困らないので、気に入っていました。




カタチも気に入っています。普通は見えませんけど。




修理見積もりの連絡を待っていました。
昨日、連絡がありました。

「無償にて交換。」だそうです。

きっと、応対してくれた二輪館の方が、粘り強く交渉して下さった結果だと思います。

お盆休みがあるので、納品時期は未定ですが、とてもありがたく思います。

次にヘルメットを買うときは、きっとここだな。

DATE: CATEGORY:お散歩
宮が瀬から道志街道で山中湖まで抜けるコースをよく走りますが、道志の林道は今まで走ったことがありませんでした。

林道越路線に初めて行ってみます。荒れた山の中でしょうか?的様って?何?

出かけようとすると、ブーツが!内側のファスナーが!はずれた!

縁起悪い?いえいえ、こーゆーときは、このタイミングで出ない方がいいサインなんだと思います。

靴をELFのライディングシューズに履き替えて、ゆっくりと出発します。



ヤビツ峠を越えて宮が瀬湖へ向かいます。
R246の名古木(ながぬき)から県道70号線に入ります。




ヤビツ峠を越えてくるのは好きなルートです。
何度走っても思うように走れません。
道幅は狭く、ブラインドコーナーの連続、たくさんの自転車と展望のきかない景色。
修行の場ですね。

宮が瀬湖に着きました。
湖を渡って来る風は心地いいですが、山の中と違い、日なたは暑いです。



宮が瀬湖から県道64号線で道志街道に抜けますが、ほんのちょっとだけの裏道があります。
諏訪神社の前を通る道です。
いつもは素通りしてますが、お祭りのようなので、立ち寄ってみます。




境内には舞台もありました。




相模原市指定有形文化財です。




道志街道に出て、道志の湯を目指します。
観光バスの後を走っていたら、バスも左折、道志の湯までだろうと思っていたら、その先のキャンプ場まで。
やっと来ました、的様。で、的様って何?




川に下りていける道があります。
夏は水辺はうれしいですね。




石や岩が白いんです。
水は普通の川の水、特別に冷たくはありませんでした。




小さな滝も見えます。
涼しい木陰です。




的様の由来がありました。
頼朝公が武道練成のために標的を作り、矢を射った地で、里人が鎮守を祀り、水の神的様を尊常しているそうです。




いきなり林道越路線の入り口です。
ここに来るまでのダートで、キャンプ場へ向かう乗用車の後ろを走っていたので、撮影なしでした。




入り口はキャンプ場の駐車場にもなっています。
なぜかトライアルセクションみたいなものがあります。




行ってみます?また今度。




越路線はガレてて走りにくいです。
転びたくないので、ゆっくり行きます。




アルトの放置車両に来ました。入り口から2分30秒ほどです。




路面は変化に富んで、面白いです。
道から落ちないように、ゆっくり進みます。




なぜか東屋です。入り口から5分30秒ほどでした。




東屋の先の川渡り。




道なりに下って来ると大量のがれきが・・・




山を削って、何かを作るのでしょうか?




重機も見えます。




林道越路線も終わりです。
ここまで20分ほどでした。




「あけたらしめる」、はい、閉めました。




道志街道に出たので、道の駅道志に来ました。
いい天気です。




道の駅の反対側には、桃の直売所があります。
きれいなお姉さんが、お店にいます。桃一箱1,000円、宅配も頼めます。




道の駅から道志街道に出ないで、山の中を走って行くと、「野鳥ふれあい広場」がありました。




ローラーベアリングを付けたスイングアームですが、違いがよく分かりませんでした。



道志街道に戻り、山中湖から三国峠を通り、小山町からR246にのりました。
山北まで来ると、急に熱気が。道志街道は涼しかったんだと感じました。

出かけるときに、壊れてしまったブーツですが、購入した二輪館に持ち込み、メーカーのクレームで対応できるか、問い合わせてもらいました。
今年の3月に購入し、何回か履いていますが、通常の使用で半年以内の不具合はおかしいと思います。

メーカーの回答は・・・

次回に続きます。

DATE: CATEGORY:セロー250
自分のスイングアームを外して、掃除してニードルベアリングを組み込みます。



スラストカバーを外すと見えるブッシュを外すのに、12mmのTレンチを使います。
首を振らないタイプなので、ハンマーでたたきます。




こうしてハンマーで叩き出します。




少しづつ出てきます。




ほぼ、無傷で取り出せました。




Tレンチはグリスだらけです。




キタナイ画面ですいません。
グリスでいっぱいです。




反対側も叩き出します。




Tレンチの先端です。グリスでいっぱいです。




ありがたいことに、グリスがいっぱいに詰まっていました。




掃除しました。




ベアリングの圧入に使う、SST?平ワッシャ2枚と17mmのナットを付けたシャフトです。
片側はダブルナットにしておきます。




ベアリング2個の高さはこのくらい。
ブッシュをカットする位置を決めます。




万力で固定して、金ノコでカットします。




100番のペーパーで必要な高さまで合わせます。




ベアリングを圧入します。




スイングアームの内径に合いそうなコマを使います。




片側に2個づつベアリングを圧入します。




ビスタックをローラーに塗り込みました。




反対側からモリブテングリスを入れ、ベアリングを圧入します。
その後、カラーも圧入します。

これは、高さがありすぎますね。再度削ります。



組みあがりました。

このスイングアームを元の車体に取り付けます。


スイングアームのグリスアップを考えていた事から始めたベアリングの取り付けですが、これで一段落です。

グリス切れを心配していましたが、この車体は大丈夫でした。





copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ