プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
宮が瀬に行くために、わざわざヤビツ峠を越えて行く人って・・・

そんなに峠が好きなのか?狭い道が好きなのか?山の中が好きなのか?聞いてみないと分かりませんが・・・

「普通が好きじゃない。」みたいです。


札掛橋から県道70号線で、県道64号線の宮が瀬北原まで行きました。

この区間は、ブラインドコーナーが多く、交通量は少ないものの、必ず対向車があります。

また、道幅も狭い所が多く、先行したクルマに追いついても、譲ってくれそうな所も少ないので、ゆっくりと走るしかない区間です。




神奈川県唯一の村、清川村。
相模原市との合併話もありましたが、清川村です。




宮が瀬湖と言うと、鳥居原駐車場ですね。
弟はクルマで、毎週のように来ています。
今は大人しくツーリングワゴンですが、10台以上乗り継いでいます。
みんカラで・・・アップしています。




DUKE200は、注目度高いです。




夏場と違い、水量は多いようです。




ここは、自宅から1時間30分ほどの距離にあります。
缶コーヒーを飲んで、一休みにちょうどいい場所です。




下界に比べると、少し温度は低いです。




今日はルーツ、JTのコーヒーです。
コンビニでも100円で、ドリップコーヒーやアイスコーヒーが飲めますよね。
缶コーヒーよりも安いんです。しかも、ブラックで飲んでもおいしい。

缶コーヒーのブラックって、あまり好きじゃなくて、ほとんど飲まないんです。
やはり、缶コーヒーには、甘さを求めてしまうんでしょうか?



一息ついたので、出発します。
行き先は・・・




これを見ただけで、どこだかわかる方もいるのではないでしょうか。


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ツーリング
タイヤを新しくしたというのに、今回もオンロードツーリングです。

ピレリのMT21が泣いています。
でも、このタイヤはオンがすごくいいんです。

ダートはもちろん良いんですけど、舗装路で倒しこんで行っても自分程度のペースでは滑らないんです。

ヤビツ峠は、秦野側から行くと蓑毛バス停までは、一般路ですが、そこからヤビツ峠まで上りのワインディングになります。
全線舗装路ですが、道幅は何箇所か狭くなる所もあり、路面も舗装がまちまちだったり、この時期は枯葉の吹きだまりもあったりと、のんびり走るしかないような道です。

今回は、家の向かいのお兄さんと一緒です。DUKE200、軽くて速いシングルです。

125ccの車体に200ccのエンジンを積んだKTMのストリートファイター、11,000rpmまでまわります。


R246の名古木から県道70号線に入り、ヤビツ展望台まで来ました。
この日は落ち葉が多く、道全面が落ち葉で覆われた所も何箇所もありました。
オフ車のタイヤには何の問題もありませんが、ほとんどグルービングのないハイグリップのオンタイヤには、アクセルを開ければ滑る、開けなければ上って行かない、という大変な状況でした。

この区間は、自転車も多く、朝の時間は路線バスも走っています。



ヤビツ展望台からは、相模湾が望めます。




箱根にも雲が上がってきました。
あの雲の中を走っている時は、霧中走行ですね。




ヤマハドラッグスターも来ていました。
秦野市内の方で、ゆったりとした時間をお持ちの方でした。


ここからも上りは続きます。
ヤビツ峠は、バスの転回所と登山者用の駐車場があります。
峠を過ぎると、下り坂になります。道幅は相変わらず、広くなったり狭くなったりを繰り返します。



秦野市から清川村に入ると札掛橋があります。
ここまで、林の中を走ってきましたが、急に開けた場所になります。




道路はほとんどが、ウエットでした。



楽のしいですよねー!




川に沿って上って行くと、国民宿舎丹沢ホームや森の家があります。




ここから、宮が瀬湖へと向かいます。



アクションカメラをヘルメットに付けて走っているので、帰って来てからライン取りを確認するのも楽しいです。
どんな心境でいたのかが手に取るように分かります。
時間も確認できます。ここまでの行程を三分割にして、セクター1、セクター2、セクター3と・・・ジョーダンです。

今日はどこまで行くのでしょうか?

DATE: CATEGORY:お散歩
全国一千万のセローオーナーの皆さま、基本は単独行ですか?

自分は、平日休みの仕事をしていたからか、人付き合いが下手なのか、おひとり様が多いようです。

テントを持って走っている時も、枝道があれば、入ってしまいますし、一日の半分を歩いていた事もありました。

登り坂は、その先が行き止まりでも、帰って来られますが、下り坂は通り抜けられない場合、その坂を上って来なければいけませんから、歩いて確認します。

ですから、単独行が多くなるのでしょうか?

今回は、単独行で見つけた“林道”を一緒に走ってくれる人が現れました。



2014年モデルのおんぶセローです。
2012年からこのカラーリングです。ゴールドのアルミリムが光っていますね。

よく見せてもらうと、不評だった工具入れカバーの取り付けボルトが変更されて、工具なしでも開けられるようになっていました。



今回のゲストライダー、「ラオのブログ」の管理人、ラオさんです。

セローで神奈川近辺を、あちこち走りまわっています。
ヤフーブログで検索できます。



「林道100本松・竹・梅」の一本目の急坂を登ってきました。

この“林道”は、どう見ても道ではないのですが、Googleマップには載っています。



続いて、七本目の「秘密のトレーニングコース」に行きました。

晴れていれば、あまり問題ありませんが、この日はあいにくの雨ですた。
赤土に近い路面は、滑りやすく、スロットルを戻すと登って行かれません。
ラオさんは、ここを難なくクリア。やはり、経験が違うようです。



セロー250が二台、林の中が似合いますね。




今年はイノシシの被害が多いようです。
罠を仕掛けてあるので、犬を放さないように注意書きがありました。




9月に来た時は、リスの注意だけでしたね。



いつもは一人なので、誰かいると心強いです。
走った後に感想を言い合えるのがいいですね。

上って、下って、ケモノ道のような所をはしって、大井町まで行きました。
天気が良ければ、まだまだ行きたかったのですが、雨の中では楽しさも半減します。
今回は、お昼ごろに解散しました。

次回は、ブルックスでコーヒーを飲みたいですね。


DATE: CATEGORY:お散歩
11月22~24日は、今シーズン最後の3連休でしたね。

天候にも概ね恵まれ、バイク日和だったのではないでしょうか?

久しぶりに、高校の同級生と舗装路だけを走ってきました。

行き先は、ヤビツ峠を越えて、宮が瀬湖です。





県道70号線の「ヤビツ展望台」に、来ました。
Googleストリートビューで見ると、運転席ドアの窓に足を乗せてお休み中の三菱の軽トラが写っています。




いい天気です。ここからは富士山は見えませんが、海まで見渡せます。




紅葉も始まりましたね。




いつもの宮が瀬湖です。
湖面の青と空の青が同じ色のようですね。




雲一つない青空。ありがたいです。




いつもお世話になってます。



お昼ごろまで、のんびりしていましたが、もう少し走れそうなので、さらに北を目指します。

国道413号線、道志街道に出て、亀見橋バカンス村の方へ入って行きます。

そのまま県道76号線に出て、牧野を通り、国道20号線の藤野へと出ます。

国道20号線に出てすぐに、県道522号線に入り、津久井警察佐野川駐在所の先を左に曲がり、県道521号線、522号線と通り、軍刀利神社へ向かいます。



着きました。
大雄山最乗寺ほどではありませんが、気合いを入れないと登れなさそうな階段です。




登って見ると、本殿に屋根が付いていました。




6月に訪れたときは、こんな様子でしたね。




11月23日は新嘗祭です。




歩いて奥の院まで、行ってきました。




この大きな木の右側に小川が流れています。
この辺りがパワースポットだそうです。




見上げると青空。



23~24は、お墓参りでした。
こちらはクルマで行きました。


毎年お世話になっている民宿です。




お米はコシヒカリです。
一人ひとり、釜飯で出てきました。




静かな日本海、朝は寒いですね。




シーサイドラインの間瀬にあります。
シーサイドラインは今は無料です。間瀬サーキットの近くの民宿でした。


DATE: CATEGORY:装備品
富士山もすそ野の方まで雪になりました。

寒くても、走りますか?

冬場は、3時までは何とかなりますが、日が暮れる前には、帰宅するようにしています。

・・・寒さに弱いもので・・・

防寒具を考えてみると、風を通さずに、体温を逃がさない。

それでいて、発汗は通して蒸れないようにする。

断熱効果のあるものとして、空気の層も有効ですね。

プロテクターって、空気の層になるかも・・・




ヤフオクで、即決で出品がありました。
ダイネーゼとはひとケタ違う金額でした。

スキーやスノボでも使えそうです。



までいんきな。

ファスナーに不安があります。一度、外れかけました。



TT250Rに乗っていた時は、ウエストベルトも使っていました。
でも、このプロテクターは、ウエストベルトも付いていますので、使わなくなりそうです。




風を通さないアウターは、ワークマンのウインドブレーカー。980円でした。



天気が良いので、ヤビツ峠を越えて、宮が瀬湖まで行ってきました。外気温は13℃でしたが、この装備で、寒さは感じませんでした。

・・・グローブは、メッシュのままでした。

D2

DATE: CATEGORY:セロー250
Dの食卓?ケーヨーD2?

いえいえ、これは、ブレーキオイルの添加剤です。

ブレーキオイルに添加剤?

入れたらどうなるの?


レッドバロンで24カ月点検の際に、ブレーキオイルも交換してもらったんですが、なんとなく、しっくりこなかったんです。

と、言うのも、点検前は、この添加剤を入れていたので、ブレーキレバーの入力に対して、ダイレクトな感じがしていましたが、今は、なんとなくスポンジーな感じになったからです。

おそらく、新車の状態に近いと思うので、これが標準状態ですが、一度使ってしまうと、使用をやめた時にその効果がはっきり体感できるようです。



エストレモD2、一番小さい50mlです。




箱から出してみると、プラボトルと説明書が入っています。




使用方法と添加量が、書いてあります。




リザーバータンクから、ブレーキオイルをスポイトで10mlほど抜いて、同量を添加します。




今回は、リヤブレーキのパッドを交換しますので、多すぎるブレーキオイルを抜いて、フロント、リヤともに添加してみようと思います。

バイク用のブレーキオイルは、DOT4なので、湿気の多い雨の日は避けて、天気のいい乾燥した日中にやってみたいと思います。

エストレモで検索できます。
DATE: CATEGORY:セロー250
レッドバロンで24カ月点検をした際に、「リヤのブレーキパッドがあと2mmです。」と言われました。

ブレーキオイルを交換してもらったので、パッドが減った状態で、ブレーキオイルの量はアッパーだと思います。

このまま、パッドだけを交換すると、ブレーキオイルは多すぎますので、下から抜く事になるんですが、ピストンを押し開くのに便利な工具があるようなので、”ポチッ”してしまいました。



前回と同じデイトナの赤パッドです。
ヤマハ純正部品よりも安く手に入りました。
キタコから出ているグリース類も、一緒に”ポチッ”しました。




これが、ディスクブレーキ・セパレーターです。
この状態が一番コンパクトになるので、こんな形でこの箱に入って送られてきました。




右側のネジをぐるぐる回し、一番狭くします。




これが、一番閉じた状態です。




精度は価格と比例します。
使えればOKとお考えでしたら、なんとかなりそうですね。




さらに、無理やり締め込んでみました。
ブレーキピストンの間に入ればいいので、こんなに締め込む必要はないんですけど・・・

強度的には大丈夫そうでした。

送料無料、税込みで2,000円しなかったので、タイヤレバーで格闘することを考えれば、安いかと思いました。



DATE: CATEGORY:お散歩
前回は、県道709号線の坂呂橋から旧道に入り、二宮側へと抜けましたが、この旧道にはもう一か所、山へ入れる道があります。

弘法大師堂を目指して行きますと、巨大ソーラーパネル施設へと行かれますが、途中に気になるモノがあります。

「直ちゃんのちっちゃなお店」です。「小さなお店」じゃなく「ちっちゃなお店」です。

何を売っているのでしょうか?気になるので行ってみます。



坂呂橋から入った旧道を進みます。
遠藤地蔵堂の横を上って行きます。
この辺りの地名は足柄上郡中井町遠藤になります。




民家が立ち並ぶ普通の道から、クルマのすれ違いに出来ない農道になり、広い道へ出る手前に、公園施設がありました。富士見台公園です。




細長い公園です。見晴らしもあまりよくありません。




東の丘に目をやると・・・巨大ソーラー施設です。
まだ、建設中のようで、大型車が行き来していました。

Googleの航空地図で見ると、巨大な整備された空き地です。
ダートコースが作れそうですね。



ソーラー施設の北側に位置するのが、今回の目的先「直ちゃんのちっちゃなお店」です。
閉まっていました。




すっかり秋の空になりましたね。



「直ちゃんのちっちゃなお店」は、農作物を販売しているお店のようでした。

ちょっと期待外れでしょうか?

・・・はい、期待はずれでした。

ソーラー発電所が目立つこの頃です。この辺りは、日照時間や年間平均気温から、設置に適した地域でしょうか?

DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
ずっと、”お散歩”ばかりしていました。

楽しい道も見つけましたので、少しづつアップしていこうと思います。

今回は、曽我丘陵の東側にある、中井町と二宮町の境の丘陵です。



小田原ー厚木バイパスの二宮ICから、西の県道709号線に向かいます。
新坂呂橋を右折して、次の坂呂橋を右折し、旧道に入ります。
道なりに進むと、こんな施設があります。

ガードレールの向う側を上って行きます。



小田原ガスのメーターステーションでした。




いきなりの急坂です。道幅は狭いので、いつでも止まれるように1速で登って行きます。




山の中腹からはみかん畑になりました。




曽我丘陵を東側から眺めます。
こちらからですと、富士山は望めないようですね。




みかんの収穫はもうすぐでしょうか?
収穫時期は農作業の邪魔になりますので、山へは入らないようにしています。




おいしそうですね。




みかんのトンネルを通り、東斜面に出ます。




丹沢山系が見えました。南東には、二宮町緑が丘。




ここからは舗装路なんですけど・・・




振り返ると、来た道のほかに下って行く道も・・・




下ってきました。




もう、ここからは、「お散歩」ですね。




海まで見渡せるところが何箇所かあり・・・




県道71号線のバイパスの上を行きます。

・・・が、街へしまうので、Uターンして、もう一度山の中へ。



小さな神社がありました。




八坂神社です。この名前もあちこちにありますね。




ひっそりとした佇まいでした。



DATE: CATEGORY:お散歩
あなたは、何気なく訪れた場所が、重要な意味を持っていた事を、後から気づかされた事ってありますか?

大磯に鷹取山と言う名前の山があります。ところが、横須賀にも同じ名前の鷹取山があります。

さらに、清川村役場の北東には高取山、伊勢原にも高取山があるようです。

相模湖の北、藤野の北東にも鷹取山があるそうです。

何気なく、大磯の鷹取山へ行きましたが、自宅に戻り、相模の鷹取山で検索すると、面白い事が分かりました。




小田原ー厚木バイパスの大磯インターから、県道63号線に入り、生沢駐在所の十字路を北側に入ります。




アクションカメラを左ミラーに付けてきました。自撮りではなく、進行方向です。




住宅地を抜け、農道のような舗装路へと変わります。




枝道に入ってみました。
荒れた急な上り坂です。
ぬかるんでいたので、歩いてみました。




まだ道は続いていましたが、半分ヤブになっていたので、引き返します。




こんな路面を下って行きます。




谷戸川に沿って走ること2kmほどで、他の道に出ました。




「落石のおそれ」や「土砂崩壊の恐れ」がある道でした。




レイクウッド・ゴルフクラブの南側です。
鷹取山へは、右に曲がって行きます。




突然、開けた所に来ました。ここは・・・?




水道施設でした。




ここを右に入って行きます。




ゴルフ場の横を通って行きます。




ほどなく、遊歩道入口まで来ました。




「湘南平・霧降り渓流のみち」と、あります。
遊歩道は行かれないので、道なりに進みます。




鷹取山まで、500mですね。
軽トラ一台分の道幅をアップダウンを繰り返しながら上って行きます。
横須賀の大楠山に似た感じです。




鷹取山を過ぎ、鷹取神社へ着きました。

境内はきれいに掃かれていました。



静かな神社です。
正面の階段下の参道は、人の往来がないのでしょうか、道が分からなくなっていました。




神奈川県指定天然記念物と、あります。




ここ2.3日で、空気が冷たくなりました。




テーブルとイスもありますので、ゆったりできます。




鳥の声も聞こえます。
鷹取山ですから、鷹がいる山かと思いましたが、地名の由来は違う所にあるようです。




きれいな境内でのんびりします。



Googleマップの航空地図を見ていると、山と平野が良く分かりますね。

地図上に道路の表記がなくても、航空図では道らしきものを見つける事もあります。

「お散歩」まだまだ、やめられません。

copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ