プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:お散歩
12月だというのに、暖かい。大晦日だというのに、Tシャツにトレーナー、薄手のジャケットで過ごせてしまう。

今年の2月から本格的に始めた「serowでお散歩」、年末になりました。

雪が残る山を見ながら始めましたが、過ごしやすい天気の中、今年を終えそうですね。

今回は、曽我丘陵でも秘境と呼ばれそうな、行き止まりの道、小田原ー厚木バイパス、通称「弁天山」トンネルの上の道へ行ってきました。

小田厚を通るたびに、周りの道を見まわして、通れないかと思っていました。残念ながら、行き止まりでしたが、気になっていた道が一つ解決出来ました。



今回も六本松からスタートです。




六本松は変則的な五差路です。一本松方面へ向かいます。




ここが一本松です。本当に松が一本だけです。




見晴らし台方面へと向かいます。




見晴らしの良い場所がありました。




さらに進むと、田島山のトンネルの上に来ました。
ここからは、二宮方面が望めます。




広域農道の東側の、区画整理された畑を下り、小田厚の下をくぐります。
小田厚に沿って、山に入ると、小田厚のトンネルの上に出ました。
長年の疑問が氷解です。




そのさらに上は、急こう配のダートでした。
セローで入って来れるのは、ここまでです。




ありがとうセローくん、来年もよろしく。




今回は、久しぶりにMXブーツで行ってみました。
いつもは、アルファのショートブーツですが、少し慣れようかと思い、MXブーツを出してきました。

だめでした。慣れません。1速から2速にシフトアップすると、ニュートラルに入ってしまいます。
下り坂で、リヤブレーキをかけると、簡単にロックしてしまいます。
山道を歩く時も、坂道でよく滑ります。

シッティングでステップにつま先を乗せていると、ひざの曲がりがきつくなります。
ひざにカップを入れてないので、風が冷たく感じます。

セローは、気楽に乗れるバイクと思っていたので、アルファのショートブーツの方が、合っているのでしょうか?

来年もセローでお散歩します。みなさん良いお年を!
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:お散歩
12月もあとわずか、月末どころか年末がやって来ますね。

12月は10日まで毎日更新していましたが、その後は休業中?寒くて、天気も良くなくて、セローの記事は書けませんでした。

もうひとつの要因が「TSU」。ツーと読んでしまいそうな「スー」にハマっていました。

フェイスブックのようなSNSですが、フレンドが最大5,000人まで持てます。

広告掲載スポンサーからの収益を、”TSU”が10%、残りの90%を記事をアップした人達で分け合うため、投稿に収益が発生する仕組みになっています。

始めたころは、フレンド5,000人を目標にフレンド申請とフォローをやみくもに行っていましたが、フレンドに海外の人も多くなり、記事を見ているのが、楽しくなりました。

時差があるので、夜に限らず記事はアップされますし、ジャスティン・ビーバーやミーガン・フォックスともフレンドになりました。

もし、興味があるようでしたら、登録は紹介制なので、https://www.tsu.co/pucky をご利用ください。




今回は、またお散歩です。

曽我丘陵の六本松を起点に、行動する事が多いですが、六本松から、小田厚の上を通り、新幹線のトンネルの上も通り、広域農道へと出てみました。

いつもは、再び山へ向かうため、東側へと進みますが、今回は、南斜面へ下って行きます。

西山農道整備記念碑がありました。


南斜面なので、日当たり良好ですね。




海からもそれほど離れていませんが、JR東海道線の国府津駅の北側なので、見晴らしは良いです。




石碑がありました。トイレとベンチも設置されています。
ここからは、”学問の神様”菅原神社へと下りて行けます。




木立の間から、真っ白な富士山も見えました。




さらに下って行くと、吾妻神社があります。
みかんの木の間をくぐるような、細い道が参道でした。




静かな神社です。日本武尊が房州へ渡る際に、荒れ狂う海を沈めるため、橘姫が身を投じたそうです。




東国を平定した日本武尊は、帰路、足柄峠から「あずまはや」と叫んだそうです。

「ああ、恋しい我が妻よ」の意で、東国の地を「あずま」と呼ぶ所以とも言われています。



この西山農道は、JR国府津駅の北側へ下ります。

東海道線の北側には、急斜面の間に何本かの小路が見えています。

長泉寺から入り、近江神社に下ってきたり、羽根尾史跡公園にも行ってみました。

DATE: CATEGORY:セロー250
11月18日にアップした記事で、ディスクブレーキ・セパレーターを紹介しましたが、リヤブレーキのパッドがいよいよ怪しいので、パッド交換をしました。

作業手順は、サービスマニュアルを見ながら進めて行きました。



初めて使用する、ディスクブレーキ・セパレーターです。
使い勝手はどうでしょうか?




同時に買った、ブレーキパッドとグリース類です。




パッド交換には、リヤホイールを外します。手が油だらけになりそうなので、使い捨てグローブを付けます。




左右共通です。外科医みたいでしょ?




ジャッキアップする前に、アクスルシャフトを緩めておきます。




4月に購入した、リフトアップスタンド2,980円をセットします。




実測39cm持ち上げます。




リヤホイールは完全に浮きました。これで作業が楽になります。




4mmのヘキサゴンドライバーで、キャリパーガードの取り付けボルトを外します。




アクスルシャフトを抜きとる前にやるべきでしたね。




続いて、5mmのヘキサゴンでブレーキパッド・サポートボルトを外します。




サビや変摩耗は見あたりませんでした。

このボルトを2本抜くと、ブレーキパッドが外れます。
ブレーキピストンは、ブレーキパッドが減った分、押し出されていますので、広げる必要があります。



ここで、ディスクブレーキ・セパレーターの登場です。

一番狭くした状態からネジを回すようにして、広げて行きます。
今まで、タイヤレバーでこじっていたりしたのが、うそのように楽に広がります。



新しいパッドを入れて、サポートボルトで固定します。

リヤホイールも元に戻し、アクスルシャフトも戻します。



新品のパッドと今まで使っていたパッドです。
残り1mmほどでした。




ブレーキオイルの量も確認します。ブレーキオイルに添加剤のアタックD2を入れてみます。




右側のタンデムステップを外して、ブレーキオイルを抜きとり、添加剤を足します。




ブレーキディスクにもマジカルストップを塗っておきます。




こんな風に線を引きます。



この後、フロントブレーキにも、添加剤を入れ、フロントディスクにもマジカルストップを塗りました。

あとは、試乗します。ディスクブレーキに熱を入れ、マジカルストップのコーティングを行います。


今回使った、ディスクブレーキ・セパレーターは、あるとなしとは大違い。使用頻度は少ないですが、安心して作業ができます。

次回は、フロントブレーキのパッド交換でしょうか。
DATE: CATEGORY:お散歩
寒さに弱いんです。暑さにも弱いし、計算にも、一般常識にも・・・

でも、今回はウインターグローブを購入したので、寒さにも大丈夫か、あえて箱根に行きました。

今回も火曜日の救世主、「ラオのブログ」の管理人、ラオさんと一緒です。

箱根新道を上って、箱根峠から、県道20号線で熱海峠へ向かいます。

朝早い時間は、凍結が心配です。午前9時に西湘バイパスの国府津パーキングエリアで待ち合わせました。




県道20号線から少し入った、秘密の場所です。

秘密と言っても、今年の5月と11月に記事にしています。



寒さに耐えられるように、プロテクターをジャケットの下に着込みました。




今回購入した、デイトナのグローブです。箱根の寒さに耐えられるでしょうか?




天気が良く、箱根新道の日蔭では4℃の表示でしたが、ここは8℃くらいありそうです。

ここは、アップダウンがある広場で、遊びまわるのにも楽しい場所です。



再び20号線に戻り、熱海峠に向かいました。
いつものように、姫ノ沢公園前にセローを止めて、歩いて十国峠へ向かいます。




正面に富士山。日差しがありがたいです。




歩く事10分ほどで、十国峠のケーブルカー駅に着きました。




ここからの展望は、いつ来ても素晴らしい眺めです。

980円の双眼鏡を持ってきました。これで、100円節約っと。



熱海峠を函南側に下りて行きます。
原生の森の案内板を右に曲がって行きます。




全線舗装路ですが、ブラインドコーナーと枯葉や枝で走りにくい道です。




途中に、地図にない“林道”があります。
出口の所に作業をしている人達がいたので、写真は撮らずに、原生の森まで来てしまいました。




冬の風景ですね。




新調したグローブですが、やはり馴染みませんでした。
一番、気に入らなかったのは、アクセルワークがギクシャクする事です。
箱根では仕方ないかもしれませんが、指先は冷たくなりました。

使い慣れたメッシュのグローブに、ハンドルカバーの組み合わせの方が良いかもしれませんね。

DATE: CATEGORY:装備品
寒くなると、バイクにはつらいですね。

通勤や通学にバイクを使っている人には、寒さ対策は切実な問題です。

そこで、レビューを見ながら、寒さに強そうなグローブを”ポチッ”しました。

デイトナRIDEMITTグローブTYPEーN BK/Lです。

31件のカスタマーレビューで、☆3.8でした。



手を入れてみました。サイズはLですが、指が短い感じでした。
バイク用の割には、立体裁断されていなのか、グリップを握ると、手の甲が突っ張る感じがしました。
やはり、グローブ自体は厚手になります。ウインカーの操作は違和感が出そうです。




セローに乗り始めてから、使っているグローブです。
一年中メッシュです。


冬場の寒さ対策に、グリップヒーターやハンドルカバーもありますが、寒さに強いグローブで乗り切ろうと思います。

DATE: CATEGORY:ひとりごと
今、話題のSNS”tsu”に登録しました。

以前から、友達に登録を勧められていましたが、Facebookがあるので、見合わせていました。
Facebookは利用しても、報酬は発生しませんが、tsuは、投稿するだけで特別にアフィリエイトしなくても報酬が発生します。
画面もFacebookと変わらず、使い方も変わらないので、登録してみました。
frendsの申請も多く、始めたその日のうちに98人とフレンドになりました。

登録は、招待制なので知り合いに”tsu”の利用者が必要です。

https://www.tsu.co/pucky

こちらから登録できますので、ご利用ください。

DATE: CATEGORY:セロー250
ツーリングには、カメラは持って行きますか?

普段は、カメラは持たずに、スマホで撮影をしていますが、バッテリーがもたないので、車体から電源を取り出せるように、シガーライターを付けました。

バイク用に求められる性能は防水性です。良いものは、高価ですし、自分の使用頻度から考えると、常時必要ではないので、使用時のみ簡単に脱着出来る物を探していました。


そこで、”ポチッ”したのが、これです。

USBアダプター付き。1,030円送料無料でした。



こんな風に加工して・・・

(2014.5.30 シガーライターを付けました。)



こんな位置に付けようかと思ったり・・・




とりあえず、こんな位置でいいか・・・と、使ってみたりしました。


ところが、何回か使ってみると、やはり固定した方が良さそうです。

かと言って、むき出しのユニットを、そのまま長時間さらすわけにもいきません。

何かいい物はないかと思っていたら・・・

・・・ありました。100円ショップの自転車コーナーです。




透明のプラスチックケースの中にライトを入れて、ハンドルなどにマウントするキットです。
ホルダーとクランプは、ボルト・ナットで固定しています。


シガーライターが、このプラスチックケースに収まれば、解決しそうです。


セローのシュラウド内側の工具入れのカバーに、ホルダーを取り付けます。




内側からボルトで固定しました。




プラスチックケースの底に穴を開け、ケースとシガーライターは、付属のスポンジパッキンで固定します。




セローにホルダーが付きました。
上から見ると、こんな感じです。




シュラウドの内側ですから、外からは目立ちません。




カプラーを付けて、ホルダーにセットすると、こんな感じです。


欲をいえば、ケースの底にもグロメットなどで、防水性を持たせたい所ですが、普段は外しているので、これで良しとします。

スマホやカーナビの電源を、車体から取り出すキットも数多く販売されていますね。

セローは、転倒を考えて、ハンドル周りはなるべくシンプルにしたいので、固定式の電源は考えなかったのですが、時間と経費を考えると、果たして安かったんでしょうか、高かったんでしょうか?

DATE: CATEGORY:お散歩
神奈川県は何県と接しているか、ご存知でしょうか?

東京都、山梨県、静岡県ですが、アクアラインを使えば、千葉県に行かれますので、道路上は千葉県に接しているとも言えますね。

ラオさんと秦野の白笹うどんを食べた後、南足柄の足柄峠に向かいます。

県道78号線、足柄街道を登って行くと、頂上付近に足柄万葉公園があります。ここが足柄峠かと思うと、道は一度下り、静岡県との県境があります。
ゆるいカーブの上りで足柄関所跡を過ぎ、橋をくぐると三差路になります。ここが足柄峠?
左の道は、金時山への登山道へと向かいます。足柄街道は、右の道です。
先ほどの万葉公園からは、南足柄の風景が、こちらの三差路からは、富士山や小山町の風景が望めます。
でも、どちらにも足柄峠の表記はありません。

Googleマップで確認すると、足柄峠は県道からは離れた場所にありました。現在の道路とは違う古道にその峠はあるようです。



静岡県側を下りて行きます。




セローは、やっぱり土の上?




2014.3.24にも記事にしています。




県道78号線を下って、“林道”の入り口まで来ました。




今回もここを入って行きます。(2014.7.14 秘密のルート)




ヘルメットに付けたコンツアーで撮影するので、ラオさんに先行してもらいました。




奥の院で一休み、途中からラオさんに追いつかず、後ろ姿も撮れませんでした。




JR足柄駅に出た後、再び山の中に入るため、ギャツビーカントリークラブに向かいます。


この辺りには、地図に載っていない道が多数存在します。

稲子湯から国道138号線に抜ける林道は、通行止めになっています。

禁断のダートを通ったあとは、南足柄に下り、広域農道で大雄山へと下りてきました。
DATE: CATEGORY:お散歩
「禁断の・・・」と言われると、気になりますよね。

ラオさんと訪れた曽我丘陵にも、禁断のダートエリアが存在します。

禁断のダートセクションですから、詳しくお話する事はできませんが、とんでもないフラットダートに通じる道があります。

一度、迷い込んだ事があります。

休日の夕方だ、ったので、難なく戻れました。






無言です。




ここも詳しくお話できません。




さらに、こんな所にまで・・・




人ひとり、見あたりません。




この先は、チェーンが掛かって入れません。




禁断のダートです。




クルマは入って来れません。




イノシシも出そうな所です。




やっと出てこられました。



「これじゃ、何だか分かんないよ!」

そうですね、曽我丘陵から渋沢丘陵に抜ける道を少しミステリアスにアップしてみました。

最初の「無言」のシーンは、採石場につながる道になります。

「ここも詳しくお話できません。」は、いこいの村あしがらのテニスコートの上の道です。
道幅が狭いので、道の横の土手に停めて、富士山をバックに撮りました。

それから、渋沢丘陵に向かいます。高尾から山に入り、東名高速を見おろせる場所にセローを止め、そのまま電波塔へ抜けました。(2014.10.21高尾の林道「竹」、10.24電波塔まで「竹」)

「禁断のダートです。」は、地図に載っていない道ですが、震生湖まで続きます。

この日は、平日でしたが、ハイキングのグループがいました。

下り坂だったので、エンジンを切って、ゆっくり横を抜けて行きましたが、元気なおばさま達のグループでした。

禁断のダートです。
DATE: CATEGORY:お散歩
12月に入りましたね。クリスマスムードいっぱいです。

でも、休みの日も林道を選んでしまう皆さま。

今回は山の中のみかんのツリーです。


ツリーと言えば、宮が瀬のツリーもすっかり有名になってしまいましたよね。

最近では、鳥居原にしか行かなくなってしまいました。

セローはおひとり様ですから・・・


今回も火曜日の救世主、「ラオのブログ」の管理人、ラオさんにお付き合いいただきました。

前回と同じ坂呂橋から中井に向かうセブンイレブンで待ち合わせです。


天気が良いので、ヘルメットにコンツアーを付けてきました。




ラオさんの左ミラーにも小型のカメラを付けてもらいました。



いつものように、六本松を目指します。
ところが、同じように曲がって行くクルマがあったので、ちょっと寄り道をしてみました。

雨上がりの赤土に近いダートです。
舗装路だったとしても、かなり角度のある上り坂でした。

久しぶりに、苦労しました。


ラオさんのリヤタイヤ。




私のリヤタイヤ。



ラオさんのフロントタイヤ。

スリックどころか、盛り土状態ですね。



道幅はこのくらいなんですけど、ヌタヌタの上り坂は、一度止まってしまうと再スタートは、大変です。




ラオさんは、身長181cm。うらやましいです。




上って下って、また上ります。
ここは、景色が良い場所なので、ひと休み。




そこで、見つけたのが、このみかんの木。
重くなったみかんを支えるために、ビニールひもで、吊ってありました。
クリスマスだからじゃありませんよね。




ここからは、相模湾まで見渡せます。今回は江ノ島まで見えました。



ラオさんは、免許取得後、初めてのバイクがセローだそうです。
体格的には、WRも十分いけると思いますが、バイク店の勧めもあって、セローにしたそうです。

でも、なんでオフ車に?ロードモデルは考えなかった?の答えに、「ブログを見ていて林道が面白そうだったから」 だそうです。
全国のオフ車好きのブロガーの皆さま、皆さんのおかげです。

今回は、自分の動画も楽しみです。

copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ