プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
「林道100本松・竹・梅」の29本目は、曽我丘陵の菅原神社の案内板のある十字路から始まります。


下曽我側へ下って行きます。




左奥は、古怒田へ下る道です。




コンクリートの舗装路ですが、土砂で覆われて気が抜けません。




舗装路は、左へ伸びています。右に入って行く道が、今回の”林道”です。




反対側から見るとこんな感じです。
クルマのワダチがありますが、転回に使ったのか、ここまででした。ここを入って行きます。




これが、“林道”です。行ってみます。




歩いて入っていました・・・セローまで戻ります。




林の中を走ります。竹藪も抜けてきました。
道幅はなく、ケモノ道のようでした。




”林道”の出口まで来ました。




農道の終点に出てきました。
セローの奥は、道ではありませんね。




農道を下って行きます。
遠くまで見渡せます。




「梅まつり」が、始まると、バレンタインデー、ひな祭り、ホワイトデー、入学式・・・と春のイベントが始まります。
セローの季節ですね。


29本目の“林道”は、「梅まつり」始まりの“林道”でした。




スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:お散歩
神奈川県西部に位置する小田原は、梅干しの梅でも有名な所です。

曽我丘陵の西側にある下曽我地区は、梅の里として毎年2月が「梅まつり」になります。

この時期は、観光客であふれ、大変なにぎわいを見せます。

今回は、「梅まつり」のレポートをするのではなく、やはり”林道”を走って来ました。



曽我丘陵からの景色はいつ見ても最高です。
箱根連山と富士山。全部を並べたようです。




山の中腹の梅も、咲き始めていました。




大島と初島も見えます。
農道からの景色です。




梅の木は平地が多く、山にはみかんの木が多く植えられています。




山を上って、久しぶりに来てみました。




「林道100本・・・」の一本目です。




いつものように上って来ました。
振り返っても道路はありませんね。




セローに何かついています。




お土産をいただきました。
ブーツやガードは必要ですね。




まっすぐ六本松まで来ました。
ここから、「秘密のトレーニングコース」へ向かいます。




あっという間に上って来ました。
・・・と言うのも、雨の後で路面がヌタヌタだったので、途中で止まれませんでした。




全くグリップしません。引っかいてでも登るように、一気に登りました。




この先も、一気に通ります。




菅原神社の案内板がある、十字路です。




ここからが、はじめて紹介する「林道100本松・竹・梅」の29本目になる道のはじまりです。



29本目は「梅」、はい「梅まつり」でした。


DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
白銀林道の時も記事のアップをためらいましたが、鍵のあるゲート以外は通行しようと思います。

林道の通行規制は、事故に関する事のほかに不法投棄による規制があるようです。

農道は農家のクルマのための道だと思いますし、林道も林業に携わる人たちが優先されると思います。

ですから、“林道”を走る時には、まず転ばない、けがをしない、ほかの通行の邪魔をしないように心がけています。

オフ車の通行禁止にならないように、隠密行動でしょうか?ないしょです。




こんなに景色のいい所があります。




東名高速に伊豆大島、真鶴半島の横に小さな初島。




なのに、林業関係者以外は通行禁止です。

林道関係車にしてくれませんかね?



舗装路が終わり、ダートになります。

ターマックからグラベルとも言います?



再び舗装路になり、気になる分岐がありました。




下って行きます。どこに行くのでしょうか?

2014年11月9日にアップした「曇りは雨ぢゃない。」で、倒木のため登れなかった“林道”につながっていました。
セローは置いて、歩いて下って行きましたが、倒木がひどく、道として機能していませんでした。
Googleマップで確認すると、道になっています。
地図にない道を走り切るのは爽快ですが、地図にある道が通行不能なのは、負けた気がします。(子供だね。)




元の分岐まで引き返し、舗装された“林道”を進みます。
やがて、この“林道”の終点です。





この道は、国道246号線からチェックメイトカントリークラブへの道の途中に出ます。




こちらからも通行禁止です。




チェックメイトCCへの道の途中に、枝道がありました。

セローを停めて歩いてみましたが、人しか通れない道でした。




チェックメイトCCへの途中でコマツのテストコースが見えます。
ソーラーパネルが設置してありました。




雲が伸びているのかと思っていたら・・・
煙?




この道は、チェックメイトCCへの専用道みたいなんですけど、クラブハウス入り口を左に曲がると、素晴らしい展望が望めます。




こんな場所でプレー出来るのもいいですが、プレー中の人から「そのバイクを買おうと思っているが、何て車種か?」と聞かれました。

林道関係車です。

「林道100本松・竹・梅」の28本目は、「林道関係車以外は通行禁止。」の道でした。


DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
今回は、「林道100本松・竹・梅」です。

東名高速、北側側道の旅・・・いえお散歩は、側道をさらに山北方面へと進みます。


ここで、ちょっと思い出しました。

2014年11月10日の「曇りは雨ぢゃないし。」で、「山菜料理たかみ」の看板をアップしながら、「林道100本・・・」にしたい道があります・・・と書いていました。

この時は、通り抜けられるかも分からずに入って行ったものですから、画像はなく、「あーここに出るんだー。」でした。

今回は、全国一千万の訪問者様のご要望にお応えして、廃道寸前の「松」の”林道”をお届けします。(おーきくでたな?)



前回同様、入り口はココから。




東名の側道ですが、国道246号線からも入って来れる四差路の分岐になります。




「この先行き止まり」の文字が赤く。




しばらくは、舗装された普通の農道です。




どんどん山の中へ入って行きます。




やがて、舗装路は終わり、軽トラ一台分の道幅になりました。




右側のダートから来ました。
左側の出口だけ舗装された道も、かなり”おいしい”道です。




ここだけが、唯一展望が開ける場所です。




この時期は枯葉で覆われています。
枯葉の下は、黒い土で、湿っていると滑りやすい路面です。




ここは、気持ちよく走れる区間です。
3速まで入りますが、農家のクルマに注意します。




ゆるい上り坂が続きます。アクセルも開け気味です。




この辺りから、様子が一変します。




薬きょうが落ちていたり・・・




案内板も倒れたままだったり・・・




急すぎる部分にだけ舗装したようです。

ここからは、途中で止まれないので、画像はありません。
舗装を見るのは、ここが最後でした。




林道最明寺線に出ました。11月10日もここでの画像をアップしていますね。




ここだけなぜか広くなっています。
猟犬を連れた軽トラが止まっていました。




「物言い坂」を下って行きます。




林の中を走っていたので、景色が開けると嬉しくなります。




東名の側道まで、下って来ました。




下り坂は、全線舗装路ですが、農道ですから尋常じゃない傾斜が続きました。
カーブは逆バンクです。枯葉でブレーキもききません。対向車を気にしながらなので、ゆっくり走るしかありませんでした。



枯葉に覆われた27本目の“林道”は、「たかみ」から「最明寺線」でした。






DATE: CATEGORY:お散歩
東名高速の北側側道の旅は、続きます・・・

えッ?旅だった?

失礼しました、「お散歩」です。

えー、正直にお話します。

地元に住んでいながら、松田山ハーブガーデンと西平畑公園と松田自然館は、全く別の場所だと思っていました。

今回のお散歩で、やっと氷解、解決しました。



あぐりパークから東名側道まで下り、ハーブガーデンの入口まで来ました。




園内の案内図です。
西平畑公園の中に、ハーブ園やハーブガーデン、自然館があるようです。




ライトアップでも有名な桜の散策路や、大きなすべり台もあります。




下からも見えていた、ハーブ園の建物では、軽い食事も出来ます。




自然館まで200m?こんなに近くだった・・・




太陽のすべりだいを、見おろします。




うっすらと大島が見えます。第一生命ビルもあんな遠くに。




早咲きの河津桜が有名ですが、今は菜の花が見ごろのようです。




木彫りの天使です。はじめてお目にかかります。




東名の側道を走っていたんですが、かなり高い所まで来ましたね。




急こう配の坂を下って、側道まで戻ります。




2014年11月9日「曇りは雨ぢゃない。」で、倒木のため抜けられなかった“林道”は、ここにつながっていました。

セローの後ろにある下り坂です。

この道は、「ぬかよろこび」で行かなかった、坂の上のT字路の右手方向です。

…引き返していたの?

セローは、おひとりさまですから・・・

DATE: CATEGORY:お散歩
ピストン林道ってあまり好きじゃないんです。

確かに、行きの自分のラインが見れたり、途中の見逃した風景をもう一度見たり出来るんですが、通り抜けられてこそ道のように思ってしまいます。


・・・なのに・・・

こんな道や・・・



こんな所に迷い込んで・・・




元のもく亜美?

字がちげーだろ!




東名側道はまだ続きます。

この道は、松田から山北まで続いています。
静岡方面からの帰り道で、国道246号線が大渋滞の時に、人知れず使っている道ですが・・・

最初に通った時は、恐怖の連続でした。
とにかくアップダウンが激しい。道路の先が見えないんで、直線なのに対向車も分からない。
さらに、いつ階段が現れるか?チェーンなどのゲートが現れないか・・・
ドキドキしながら走っていました。




分かりやすい標識がありました。

最明寺史跡公園や西平畑公園の案内です。



道なりに進むと、谷戸農道の案内がありました。
以前、行かれなかった松田町自然館へは、行かれるのでしょうか?




急な坂道を上って来ました。これが農道と一般道の違いですね。
振り返ると、もう先は見えませんね。




こんな所に出ました。
何かの施設のようです。




内藤農園です。松田山ハーブガーデンの先から、ミニSLで山の中に入って来る山の駅です。




楽しそうなイベントが、たくさん組まれていますね。




あぐりパーク嵯峨山苑はかなり広そうです。
苑内には、モノレールも設置してあります。





この先は、どうなっているのでしょうか?




松田町自然館が、こんな所にあります。




さらに、最明寺史跡公園への案内板も・・・

園内には入れませんが、谷戸農道をこのまま上って行けば、最明寺史跡公園へ出れるのでしょうか?




農道を上り、あぐりパークまで来ました。




菜の花が見ごろのようです。




出たっ!

「見にいってみな!」の案内。




すぐ上に駐車場がありました。展望が開けます。




つづら折れの農道を上り、舗装が切れた所を右手のダートへと入りました。




一度スタックしてしまうと再スタートはできません。
歩いて先を確認します。

残念ながら、立ち木に覆われていて、自分には走行出来そうもありません。
ここから、引き返します。



松田山ハーブガーデンのすぐ隣でした。




一人で行動していると、どこにでも入ってしまうので、行き止まりの道になることがほとんどです。

歩いている時間も多いですね。

でも、地図上では行き止まりでも、実際にセローだったら抜けられた。そんな道を見つけられた時は、大喜びです。

釣りをしている人の感覚に近いかもしれません。

自分だけの秘密のルートを開拓中です。セローワンダーランド、非日常をあなたに。(←気に入ってる)



DATE: CATEGORY:お散歩
ぬかるみで喜ぶ人は、あまりいないと思うんですけど・・・

「ロウバイまつり」で、寄から下って来ました。

国道246号線の北側に見える道に入ってみます。

さらに、東名高速の北側の側道もすこし・・・



2014年11月9日にアップした「曇りは雨ぢゃない。」のスタート地点ですが、国道246号線の旧道になる松田町の交差点から上って行きます。
今回もこの「足柄上病院入り口」から入ります。




国道246号線の下をくぐります。




トンネルをぬけると、道は直角に右に曲がります。
あの上を左に曲がって行くんですけど・・・





直進してみました。
国道246号線と255号線の分岐の上に出ました。





山北方面から、秦野方面と小田原方面へと分かれる手前の道が、下に見えます。





まっすぐ走って行くと、歩道橋になりました。





歩道橋しかありません。
残念ながらここでUターンします。





先ほど直進した分岐を、山の方へと入って行きます。
東名高速の北側の側道に来ました。




前回は、一番奥まで進みましたが、今回は、一本目の道を左折します。





だいぶ高い所まで上って来ています。





林の中の、枯葉で路面の見えない舗装路を、走って来ました。
あれっ?前回来た道に出ましたね。





坂を上り切り、T字路まで来ました。





前回は、右の登り坂へ行きました。
今回は、左の下り坂へ行ってみます。





坂を下って行くと、何やら素晴らしい物が・・・


「軽自動車だけ進入できます」・・・?




・・・ってコトは、細い道?!




どこまで続いているのでしょうか?
ウレシすぎます!!




・・・ぬかよろこびでした・・・





遠くに大島が、見えます。現実は見えていません。





東名の側道まで下りてきました。
やっと、現実に引き戻されました。


ぬかるみ?いい天気でしたね。

DATE: CATEGORY:お散歩
「ろうばい」って聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、「狼狽」でしょうか?社会人の性ですね。

次に浮かぶのが、「老梅」。梅の里に住んでいるからでしょうか。

今回のろうばいは、「蠟梅」。ろうそくのような梅のような花です。

松田町寄(やどりき)で、2月28日まで、ロウバイまつりが、行われています。




国道246号線の「寄入り口」から、県道710号線へ入って行きます。




「この先路面凍結スリップ注意」です。




「この道路は連続雨量200ミリ時間雨量50ミリで通行止」陸の孤島になるかも?




寄入り口からしばらくは、住宅地を進みます。その後、カーブの多い山道になり、小田原ゴルフ倶楽部入り口を過ぎてから下り坂になります。
寄郵便局の先にある寄自然休暇村の駐車場が、ロウバイまつりの駐車場になります。




駐車料金は0円でした。




ロウバイ園は、入場料200円です。




上り坂を歩く事8分、松田町寄ロウバイ園に着きました。
民家の間を通って来ました。途中の民家には「撮影禁止」の張り紙がありました。




白いテントが受け付けです。入場料を払って入園しました。




園内マップ、入場券、絵はがきを受け取りました。




「ロウバイ」は、「老梅」だと思っていました。
古くなった木は、黄色い花を付けるのか・・・




梅の花と同じくらいの大きさです。




園内は広く、ゆっくりと上って行きます。




頂上付近で行き止まりになりました。
その先にベンチが・・・?




「ロウバイまつり」です。「蠟梅祀り」だったら誰も来ないでしょうね。




上って来た道を下って行きます。
セローで走りたいですよねー。




平成17年度の寄中学校卒業生の記念植樹によって、始まったそうです。




ロウバイもお土産として、売られていました。




帰り道は、川に沿った道を行きます。




川沿いに下って行き、つきあたりを左折し、県道710号線に戻ります。




DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
ゆる~く走ってきた「おおいゆめの里」でしたが、26本目の“林道”は、少しだけキビシイ“林道”です。

少しだけです。何もなければ、普通に通過できます。何もなければですけど・・・



この日は、天候に恵まれました。遠くに富士山も時々見え、1月にしては、過ごしやすい日でした。




ここは、第一生命ビルの裏手になります。この先を渋沢方面へ行きます。




トンネルの中で、信号待ちです。
直進すると、右手にガードレールが見えますね。あの坂を上って行きます。




右折しました。鋭角に戻るような道ですね。
ここは、道幅も十分あります。




やがて、切通しのようになって・・・




舗装路は、右方向です。どこにいくんだー?




またまたセローワールドです。
枯葉の上を走りますが、枯葉の下は湿った赤土で、すぐにスリップします。




今回は、コレです。
急な登りの途中に、道をふさぐほどの倒木ですね。
オープンフェイスにシールドを上げていたので、一時停止しました。




こーなると、もう登れません。
一度下って、仕切り直しです。 




助走出来る所まで、戻ります。
シールドを下げて、スタートします。




タイヤのドロも落ちました。




一気に登り切りました。
ここまで来れば、あとは楽勝です。




この“林道”の出口付近です。
やっぱり道じゃないですよね。




十字路の向う側、つき当たりの右手から出てきました。
もしかして、ここは・・・?

「お散歩」でラオさんと走ってきた富士見塚の休憩所ですよね?
(2015.1.17 富士見塚ハイキングコースを・・・)



この先を、コマツのテストコースの方に上ると・・・




一面のお花畑が・・・




きれいな菜の花。




富士山は雲の向こう。




坂を上って、コマツのテストコースの入り口まで来ました。
関係者以外立ち入り禁止です。




そのまま山を越えて、秦野のレッドバロンに・・・




セローのエア・エレメントを注文しました。




・・・ってコトは・・・
一日の走行で、一週間も記事をもたせた?
・・・はい。

今までは、スマホのバッテリーがもたなくて、写真を撮る機会がなかったんですが、デジカメ用にもう一台持っていったので、画像が多く撮れました。

セローワンダーランド、非日常をあなたに。えっ?

DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
全然走ってないじゃないかー!

はい、ゆるすぎましたね。

「林道100本松・竹・梅」の25本目でしたね。

やまゆり群生地は、この先のようです。



東側を眺めた後は、下り坂になります。




知らないうちに、カメラの撮影モードが切り替わっていました。

足柄平野と相模湾まで見えます。昭和の風景みたい?



本当は晴れてるんですけど、さびしい感じがしますね。




うらぶれた、旧街道みたいになりました。




色がないと、寒そうです。




舗装路の上に、枯葉が敷きつめられています。廃道寸前?




木枯らし紋次朗でも出てきそうです。




色が帰って来ました。




緩い下り坂が続きます。




この辺りには、植物園が何箇所かに分かれて設けられています。




左手に道を発見?また今度。




フクロウのお出迎えです。
冬の間は、静かですね。




ここから、急な下り坂になります。
ブラインドに逆バンク、枯葉の三重奏。うれしくないっ!




坂を下りると、カエルがお出迎え。でも工事中?

あれっ?やまゆり群生地は?
気がつきませんでした。



住宅地へと下りてきました。何の工事でしょうか?

土地改良工事とありましたので、宅地にするのでしょうか?



第一生命ビル、ブルックスコーヒーが見えます。




東名高速のトンネルを抜けると、県道77号線です。



全線を通して、ほとんどが舗装路でした。道幅は狭く、軽自動車のすれ違いも出来そうもありません。

枝道もありますが、植物園への道で、行き止まりばかりです。



次は「おおいゆめの里」から、すこしキビシイ“林道”へ向かいます。





copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ