プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
「食事のあとは、コーヒー?」(2015.2.25)で、スペシャルな「竹」は、またの機会に・・・と書いていました。

忘れないうちに、ゆるい上りの「竹」を、紹介したいと思います。



「林道足柄線」(2014.2.21)の記事で入って行った、“林道”はここでしたが・・・




前回は、広域農道のこんな所を、入って行きましたが・・・




今回は、スペシャルな「竹」です。
県道78号線から広域農道を1kmほど走った所に、入り口はあります。




入り口は舗装路です。




ゆるく上りながら、道はダートへと変わります。




軽トラ一台分の道幅です。




林の中を、少しづつ上って行きます。




700mほどで、分岐になりました。
ダブル・トラックの左手とシングル・トラックの右手になります。
左方向は、小屋までの道で、行き止まりになっていました。




シングル・トラックの右方向へと進みます。




岩などのガレた路面はありません。




枯れ枝と、落ち葉に覆われた道ですが、林の中の気持ちいい“林道”です。




前回は、コンツアーをヘルメットに取り付けていたので、一気に走り切ってしまいました。




・・・ん・・・・?




また・・・?




一本目の太い枝は、左端を乗り越えて、二本目の倒木は、道を迂回してやり過ごしました。
所どころ、急な坂も待ち構えています。

坂を登り切りました。




明神林道まで、あとどれくらいでしょうか?




“小屋”からの“林道”に合流し、舗装路の先が、明神林道です。




明神林道に出ました。
ここまでが、スペシャルな「竹」です。




現在地が分かりません。



1.6kmほどの短い“林道”ですが、アクセルを開けぎみで走れるので、楽しめると思います。

「林道100本 松・竹・梅」も、36本目になりました。

本当に100本まで行くかも?
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:行き止まり
足柄上郡松田町寄(やどりき)に、宮地山(512m)とシダンゴ山(758m)があります。

県道710号線の西側で、高松山の北東に位置しますが、Googleマップには載っていません。

以前から気になっていたエリアでした。何度か登頂を試みましたが、急な坂の終わりにゲートがあり、引き返した事があります。

今回は、違うルートで登って見ようと思います。



聖心丹沢学園の裏手から登って行くと、ハイキングコースの入り口に来ました。




これは、本当にハイキングコースです。セローでは上がってはいけませんね。




お、直進すると、林道です。




「私設林道につき・・・通行できません。」




ポールがありましたが、チェーンは掛かっていません。
でも、「私設林道」と書かれていては、引き返します。




もう一本、山に入って行く道がありましたが、鳥獣よけのゲートがあり、その前で引き返しました。



大寺観音堂の先を、山の中へ入って行きます。




南北が逆に描かれた案内図です。休憩所にありました。




スバル360ですね。ドアヒンジが後ろ側にあります。




かなり急な坂を登って来ました。等高線を見ると、直登です。




スキマから見えるのは、木製の階段です。




ここも、鳥獣よけのゲートがあり、これ以上の走行は出来ませんでした。




実は、ロウバイまつりの時に行ってきました。
まだ、冬の空ですね。




道の所どころにも、薄く氷がありました。

大寺観音堂へと下って行きますが、左に細い舗装路を見つけたので、行ってみます。



この道も「私設林道」でした。

この道は、地図に載っていませんが、航空地図には、舗装路が写っていました。



県道710号線に戻り、三廻部線に行ってみました。




何年も前に通った事がありますが、全線舗装路の林道でした。
今回は、ゲートが閉まっています。


引き返します。

登頂出来る山ってなかなか無いですね。

DATE: CATEGORY:セロー250
バイクから離れていたので、ウオーミング・アップ用に買ったセローですが、大きさにも慣れてしまい、ゆっくり走るなかでの楽しさも知るようになりました。

どこにでも入って行かれそうな気にさせるセローですが・・・






ある時は、こんな道を・・・




またある時は、こんな所も・・・




そして、こんな中を走ったり・・・




この中を突っ切って行ったりと・・・




で、帰って来て下を見ると・・・




パワービームじゃなくて・・・




エンジンの底、アンダーガードの上。




ここには、ドロや落ち葉が入りやすいんです。

アンダーガードを外して、中をお掃除します。



ついでにシートも外して、泥ハネしているシートの裏も掃除します。

シートは、蝶ネジで固定しているので、工具を使わなくても外せます。



リヤ周りのドロも落として、サイレンサーも磨きました。




吸気周りも、きれいにしました。

MVSパワー・シートを貼っています。パワ・ーブロックを付けられない場所にはこれです。



きれいにすると、気分もいいですね。
枯葉とドロで、100g?
軽量化ではなく、標準状態に戻っただけでしたね。

(画像は、イメージです。)


DATE: CATEGORY:お散歩
足柄峠の向う側を走って来ました。

残雪の林道は、苦手です。もう少し暖かくなってからまた行きたいですね。

あったかいんだから~、あ、言っちゃった。万葉うどんの湯うどんを食べて、南足柄に下って来ました。

今回は、足柄平野の西側にある山沿いをまだまだ走ります。



万葉うどんを後にします。
けど、湯うどんは、たしか350円でしたよね・・・
いつの間にか500円になっていました。




空気は冷たいけど、空は青空です。外気温も5℃になっていました。




県道78号線を下り、広域農道を入って来ました。「林道足柄線」(2015.2.21)で紹介した、小屋のある入り口から明神林道に入ろうとしましたが、「かっき~」さんは、その道は知っているとのこと。
さすが、「廃道マニア」って、どこでも行ってますね。

ならば、スペシャルな「竹」をプレゼントしましょう。

このスペシャルな「竹」は、又の機会に紹介します。


・・・で、前回、予告していた画像がこちら!


・・・どこ?
進入禁止ではないんです。
クルマでも入って行かれる道幅です。



クルマのワダチのついた道を進みます。白い砂利が撒かれた急な坂です。
一番奥は、こんなに広い所でした。
植林用に開墾された場所のようです。




わずかな林の間から、曽我丘陵が望めます。
第一生命ビルのブルックスコーヒーも見えていました。




広い場所ですが、ここは行き止まりです。
少し戻り、信じられないような「竹」を行きます。




この“林道”は、かなり面白いです。
落ち葉が敷きつめられたU字谷を下って行きますが、渓谷沿いに走ったり、急な下りになったりと、変化に富んだ道でした。




藪の中からぬけだしたようです。
舗装路に出ました。




舗装路を下って行くと、ロープがありました。
対向車が、一台もなかったわけです。




さらに林の中を進みます。




ほどなく、広域農道に出ました。




「かっき~」さんの自撮り。
後ろに映ってたりして・・・





“林道”のあとは、コーヒータイム。
大井町のブルックス・コーヒーにやって来ました。




一杯目は、「癒しのバリ」。ミルクを入れていただきます。




二杯目は、「へーゼルナッツ・クリーム」。フレーバーコーヒーなので、そのままいただきました。


普段自宅で飲んでいるのは、50袋で1,000円程度のドリップバッグですので、違う味を楽しむのにも、ここはありがたい場所です。

コーヒーを飲みながら、動画を見たり、行程を確認しながら過ごしました。

「かっき~」さんのブログ「takatan blog」にも、今回の“林道”がアップされると思います。

自分に不足している情報や、違う視点での画像がたくさん詰まっていると思います。

雪道での悪戦苦闘や、走るのが楽しすぎて、画像を撮らずにスルーしてしまった“林道”がアップされているかも知れません。

食事の後は、コーヒーでしたね。




DATE: CATEGORY:お散歩
足柄峠を静岡側に下り、再び金時山の方へと入って来ました。

この辺りには、地図に載っていない林道がたくさんあります。

樹木を積載したトラックが走る道、作業用の軽トラ一台分の道、登山道のような細い道、一日中走ってもまわり切れないかもしれません。



ここからが、秘密のトレーニング・コースです。
シングル・トラックの上りと下り、立ち木の間を抜けたり、短いストレートの後に木の根で荒れた上りがあったりと、変化に富んだルートです。




尾根伝いに延びた“林道”です。
誰でも楽しめる「梅」になりますね。




林道金時線から出てきました。
いきなりです。
途中がありません。
なぜって・・・




この辺りには、積雪はありませんが、県道78号線の手前を登って来た道は、一面の積雪が何箇所もありました。
「かっき~」さんは、上りでもアクセルを一定にして、スタンディングのままセローを上手に走らせていましたが、雪路の苦手な自分には、悪戦苦闘の連続で、写真を撮っている余裕などありませんでした。




それでも、金時山の登山道入り口まで、行ってみました。




金太郎のお出迎えです。




案内板には、英語のほかに中国語とハングル文字があります。
稜線の東側を走っていたので、展望のきく所はありませんでしたが、この道沿いは、南足柄や箱根が望める開けた場所が、何箇所もありました。




登山道入り口から引き返し、県道78号線に戻って来ました。




ここはまだ静岡県です。




道の向う側には、足柄城址。




そろそろ、お腹が空きました。
県道78号線を南足柄側へと下って行きます。




県道78号線は、よく整備され、集落を通らないバイパスができました。
旧道でしか行かれない地蔵堂に「万葉うどん」はあります。




おすすめは、「湯うどん」です。
お店で打ったうどんを、その場でゆで上げます。
温かいうどんにレモンの入った付け汁、ごま、しょうが、ネギの薬味と共にいただきます。
コシのあるうどんは、一本がとても長く、はしで取りにくいです。
一人前では、物足りない量なので、替え玉もできます。




注文して待っている間に、つまんでしまうのが、おでん。
一本130円で、セルフサービスです。
会計の時に何本食べたか、自己申告制ですので、串はお皿に残しておきます。




替え玉は100円ですが、こんなサービスもありました。
ゆうどんは、500円でしたので、おでんを二本食べたこの日は760円でした。




次回予告。



「不法投棄禁止」・・・?


この先には、一体どんな光景が待っているのか・・・?

近日公開。

うざい。

DATE: CATEGORY:お散歩
足柄峠からJR足柄駅へと下って来ました。




JR御殿場線に沿って進み、円通寺からギャツビイ・ゴルフクラブに来ました。




ここから、“秘密のトレーニングコース”へ行きますが、金時山への登山道もあります。
何年も前に来た時には、小川を渡ると斜面をジグザグに登る登山道になっていたので、それ以上は進めませんでした。
今回は、「廃道」も「行き止まり」OKの「かっき~」さんと一緒です。
「行き止まりだと思いますけど・・・」と話し始めたら、「ぜひ!」と二つ返事で、行くことになりました。




入り口は、クルマのワダチもありましたが、やがてシングル・トラックになり高度を上げて行きます。




やがて、道は二又になりました。
フラットな右、ガレガレの左。どっちに行きます?




左が金時山ハイキングコース、この先は金時川ダムでした。




右手の道をまっすぐに上がって来ました。
かなり大きな堰堤のようですが、金時川ダムです。
地図に載っていませんが、航空地図では、確認できます。




金時山まで、2.5km。セローだとすぐの距離に思えてしまいます。




すぐに停車でした。
この先は、ターンができそうにないので、歩いて確認してみます。




ここまでは、大丈夫。




このくらいなら、なんとか行けそう。




このあたりは、きついけど、稜線に出そうです。




稜線が見えました。




・・・ん?見覚えが・・・




すぐそこは、林道金時線。
秘密のトレーニング・コースの途中に出ていました。



大収穫です。歩いて登ってしまいましたが、この道は通じていました。




セローまで戻り、秘密のトレーニングコースに向かいます。
先ほどの二又は、左側のガレたルートを下って来ました。




高圧線の鉄塔から、ジェットコースターのような秘密のトレーニングコースのはじまりです。


次回予告!

・・・あ、しましたね・・・。
DATE: CATEGORY:お散歩
足柄峠を県道沿いに下って行くと、川沿いに下って行く“林道”があります。

地図を見ても載っていないので、初めて見つけた時は、大喜びでした。

今回は、「takatan blog」の管理人、セローに乗る「かっき~」さんと足柄峠の向う側へ行ってみました。




今回は、南足柄方面なので、開成町のマクドナルドで待ち合わせました。




「かっき~」さんは、セロー225にトライアルタイヤを履かせてきました。
昨晩仕上がったそうで、今回が初めてのオフ走行となります。




IRCのツーリストを前後に装着しました。
Fフェンダーにセロー250のダウン・フェンダーを追加していますが、クリアランスも問題なさそうです。




今回の秘密兵器です。MVSのパワーブロック(大)をフロント・フォークの上部に付けました。




強力な磁性体で、フロント・フォークの作動を良くするようです。
はたして、効果のほどは、どうでしょうか?




県道78号線を走り、足柄峠を目指します。途中の気温計では+2℃でした。




足柄峠の関所前です。今日は冷えますね。




足柄峠の城跡に上ってみます。




ここからの富士山も素晴らしいですね。




だんだんと、ガスが上がって来ます。




足柄峠を過ぎ、県道を下って行きます。




道路には雪はありませんが、この先はどうでしょう?




“林道”戦ヶ入り線に来ました。
ここも雪は、大丈夫でしたね。




林道の正式名称が分かりませんので、「戦ヶ入り線」と呼ぶ事にします。




ここで、「かっき~」さんが、なにやら・・・




昨夜仕上がったタイヤは、リムと馴染ませるため、空気圧を高めにしてきました。
ここからダートに入るので、空気圧を落とします。




いよいよ、戦ヶ入り線に入ります。
「かっき~」さんは、通った事があるので、先行してもらいます。




「戦ヶ入り線」を下り、右手にある一本目の枝道を上って来ました。




ここから先では、Uターンは出来そうもありません。
廃道マニアの「かっき~」さんと、少し歩いてみましたが、人しか歩けない作業道のようなので、引き返します。




走りがきれいな「かっき~」さん。ツーリストはお気に入りのようです。




本線に戻り、下って行くと、ゆるい滝がありました。




銚子ヶ淵トあります。千葉県の銚子と関係あるのでしょうか?




銚子を懐に抱いて身投げした、悲しい物語でした。




石畳の堰堤の先は、氷が張った下り坂でした。
道はありましたが、本線へ戻ります。




「かっき~」さんは、スマホにGPSアプリをインストールしているので、ナビがなくても現在位置を確認できます。




道幅は、軽トラ一台分ほど。この日は、ジムニーとすれ違いました。




奥の院まで下りてきました。




“林道”の脇には、小川が流れています。
銚子ヶ淵の下流になります。




この日の奥の院には、地元ナンバーの乗用車が二台止まっていました。




川に沿って、陽の当らない林の中を走って来ました。
見上げると青空です。




JR御殿場線の「足柄駅」に来ました。
ここには、トイレと自販機があります。




「戦ヶ入り線」は、地図に載っていない道ですが、駅前の観光案内図には、載っていました。




駅前の金太郎です。
自分の「金太郎」のイメージとちょっと違うような・・・




南足柄で案内表示板に見る「金太郎」です。
平成生まれですかね・・・


ツーリストを履いたセロー225は、車高が高くなり、ノーマルのサイド・スタンドでは、車体の傾きが大きいようです。

フロント・フォークに付けたMVSパワー・ブロックは、ハンドリングに軽快感が出た気がするようです。






DATE: CATEGORY:お散歩
林道足柄線は、明神林道や明星林道の山側にあります。

ほぼ全線が舗装化されていますが、一般車両は、進入できません。

ところが、走っていると、林道足柄線の表記がありました。

足柄線は、走れるのでしょうか?




明神林道を下り、広域農道を南下してきました。
行き止まりの“林道”を一本走った後は、明神林道を目指します。




広域農道の途中から、右に入って行きます。
一枚目の小屋は、ここを入った右手にありました。




この道も林道でした。




1kmほどで、明神林道に戻りました。




明神林道に出た所には、「保安林区域図」がありました。




現在位置が分かりませんが、苅野林道にいるようです。




苅野林道になるのでしょうか、舗装された林道です。




300mほど走ると、右手に支線を発見しました。




この先が足柄林道でしょうか?
入ってみます。




300mで林道足柄線でした。総延長は11.59kmあります。




枝道もありましたが、「これより先の進入はご遠慮ください。」とありました。




2kmで、分岐に来ました。ゲートがありましたが、開いていました。




林道足柄線を走っています。走れるんですね。




まっすぐ進むと、暗闇沢橋があります。




「くらやみさわ」と思っていたら、「くらみさわ」でした。




橋を過ぎると、林道にゲートが・・・




車両通行禁止の大きな看板。




分岐まで戻り、一の沢林道を下って行きます。




再び、明神林道です。




このまま進めば、南足柄市郷土資料館へと出ます。




明神林道の終点に来ました。




通行禁止になっていました。




郷土資料館の先には、丸太の森もあるようです。




林道明神線は、19.216kmあるそうです。


林道足柄線は、一部だけ走行出来ました。

林道明神線は、ゲートも閉まってなく、全線通行できるようでした。

林業に携わっている人のための林道ですので、ゲートが開いている時は、作業中かと思います。

支線も数多くありますが、山側の道は、行き止まりの道が多いようです。






DATE: CATEGORY:行き止まり
明神林道を下って、広域農道に出ました。

南下して、再び明神林道に入ろうと思いましたが、入口らしい支線を見つけました。

入口こそトリッキーなダートですが、急なガレ場を過ぎると、整備されたフラットダートです。

ラッキー、いい道じゃん!






1kmで行き止まりでした。




道から下りての、ローアングル。
あしながセローです。


引き返します。



次回予告!

この小屋はいったい・・・?
はたして、明神林道に戻るルートは、この先に存在するのか・・・?


近日公開!

うるさい。
DATE: CATEGORY:お散歩
明神林道の起点らしき所まで、やって来ました。

明神林道を全線走ろうと思います。

でも、支線の魅力には勝てません。

たぶん、とっ散らかりながらの、記事になるかと思います。

いつも通りの迷走になるかも?



林道黒白線の手前からスタートします。




黒白線から3km走って来ました。
右手に枝道がありそうです。




石柱の門があり、チェーンが掛かっています。
何かの施設でしょうか?




チェーン付きは進入禁止ですね。
明神林道をさらに進みます。




石門から400mで、道路わきに何かが・・・?




「林愛」とありました。石碑の左側には、石板が埋め込まれていましたが、古いものらしく、読めませんでした。




さらに1kmほど進むと、左手に枝線を発見。




下り坂なので、山を下りそうです。
ゲートがありますが、開いています。
そのゲートに看板が・・・




「小熊らしい動物二頭を目撃した・・・」前田林道ってどこ?




明神林道は、全線舗装路のようです。
この支線を下ってみます。




支線の通行量は、明神林道よりも少ないようです。
こんな道を下って来ました。




2kmほどで、林道の終点です。右側に浄水場がありました。




支線は、舗装された下り坂でした。林の中を下って来ましたが、展望のきく所はなく、直線もほとんどありませんでした。




下ってきたのは、狩川をはさんだ反対側でした。
向う側に、県道78号線が見えました。


この辺にもクマはいるんでしょうね。

金太郎は、クマと相撲をとっていたくらいですから・・・。

「クマにまたがり、お馬の稽古」でしたっけ?










copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ