FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


FC2アフィリエイト


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


Niviy コーヒードリップポット 細口 ステンレス ドリップポット


フリーエリア


DATE: CATEGORY:装備品
雨が続くとセローに乗れません。

そんなに時は、ついついネットに・・・

買い物中毒ではありませんが、何か探してしまいます。



送料無料にやられてしまいました。




今回見つけたのが、コレです。
GIYO(ジーヨ)サスペンション・ポンプです。
アルミボディの本体に、圧力ゲージが付いています。
自転車ようなので、軽量で持ち運びも出来そうです。




圧力計は300psiまで計れます。
このポンプで、300psi ? 何回ポンピングすればいいのでしょうか・・・?




裏側には、リリーフ・バルブも付いています。




このポンプの素晴らしい所は、ココです。
ジョイントの内側にネジが切ってあり、エアバルブにねじ込んで行くと、内側のパッキンがバルブに密着します。
外す時にも、内側のパッキンがバルブ側に密着したまま外れて行きますので、ガソリンスタンドなどのコンプレッサーで空気を入れた時の、外す際に”プッシュ”って空気が漏れる事がありません。




ポンピングのハンドルにも注目です。
本体に干渉しないようにOリングが入っていました。
メイドイン台湾。やるじゃん!




ショック・ポンプ300psiになっています。
スポーツ用品から自転車で検索して行きました。




・・・もう一点、何か買っていますね・・・




圧力計ですね。最大1.0Mpa、これと交換するんですね。



セローのタイヤを標準に戻したはずなのに、空気圧を落とすんでしょうか?

それとも、「かっき~」さんや、「かもねぎ」さんのようにツーリストを考えているのでしょうか・・・

DATE: CATEGORY:ひとりごと
おはようございます。

全国一千万のガルル読者の方々、残念です。

天気予報の予報通り、梅雨前線が停滞し、雨の朝を迎えました。

埼玉側から林道をつなぎ、三国峠の”ガルル林道カフェへ行きましょー”ツーは、本日中止といたします。

この企画、また来年に持ち越しですかね?それとも近いうちにまた企画されるでしょうか?



雨の日は、散歩に行かれないウチの座敷犬たち。家の中で走りまわってます。

チワワとシーズーのミックス犬「なめちゃん」と、トイプードルとカニヘン・ダックスのミックス犬「プッキー」。



こんな日は、コメダコーヒーでも行って、U4でも眺めていようかな・・・




・・・なんて思いながら、フルーツでこんなの作ってみたり・・・

朝早く起きたんで、まだみんな寝てるし・・・



梅雨が明ければ、こんな毎日が待っているぜ!



本日、同行をお考え下さった皆さま、ありがとうございました。

また、「serowでお散歩」を見て、ちょっとでも”行ってみようかな・・・”と、頭をよぎらせて下さった方々、ありがとうございました。

今回は残念ですが、埼玉側から長野に抜ける林道を繋いだルートは、魅力的です。

また機会があれば、ゆったりと周りたいと思います。

またご同行頂ける時は、よろしくお願いします。

今回の雨や、週明けにやって来る台風で、土砂災害の無い事を願います。

DATE: CATEGORY:書籍
7月5日に中津川林道の三国峠で、ガルル林道カフェが開催されます。

ブログで知り合った方達と、ゆったりとしたペースで良ければ、ご一緒しましょうか・・・と、集合時間と場所を決めて、先週からワクワクしています。

でも、当日の朝、長野地方の天気予報が、降水確率60%以上だったら、どーすんの?

どーしましょー?


最近何かと話題の二冊を紹介します。
ガルル7月号とU4です。




ガルル7月号には、林道カフェの記事もありましたが・・・




当日走行しそうな、林道マップも載っていました。




川上村から南側ですので、甲府方面から三国峠へ向かうルートに追加出来そうです。






こちらも信州峠の南側の林道です。時間があれば帰りに寄ってみたいですね。






メインとなる中津川林道です。記事になっているので、初めての方でも安心ですね。






セロー30thミーティングも、記事になっていました。

赤いゼッケンをつけた人ばかりです。これは、午前中のトレッキングに参加した人達の集合写真ですね。
自分は、午後の参加でしたので、この時間帯はステーキ丼を食べていました。



もう一冊気になるバイク雑誌が、アンダー400cc、U4です。
こちらでは、名車特集でセローが取り上げられていました。




セロー30thミーティングの集合写真も、午前と午後の二枚が載っていました。




林道の特集も、三国峠周辺の林道です。







埼玉側から中津川林道を走ったルート設定ですね。
やはり最後は、川上牧丘林道で、峠を越えてくるようです。



7月5日ですが、当日の朝、雨が降っていなければ、圏央道の日の出までは行きます。

長野方面が雨だと分かっていれば、名栗湖周辺の林道だけで帰るかもしれませんし、中津川林道を使わずに、無料になった雁坂トンネルで塩山方面へ戻って来るかも知れません。

バスツアーと違って、バイクはすべて自分だけです。同行予定だった方も、ご自分の判断で集合場所に来て下さって結構です。

8:00AMにいられる方で、スタートしますので、欠場の連絡は不要です。

でも晴れるといいですね。

・・・こんな風に。



DATE: CATEGORY:お散歩
思わせぶりなタイトルで、すいません。

静岡県の小山町は、神奈川県の山北町に隣接しているので、家からでも30分程度の距離になります。

不忘山は山北町ですが、小山町から入り不忘山まで行かれないかと、支線を彷徨ってきました。

残念ながら、通り抜けは出来ずに、八重桐の池から続く林道中島線に戻って来ました。

再び、中島線を進みます。


左手の支線を戻ってきました。今度は、直進する中島線にターンします。




しばらく行くと、道は大きく右にカーブし、山肌に沿ってUターンしています。


外側に小さな沢がありました。
トラ車なら上って行く人もいるんでしょうね。




休日のせいか、作業車にもすれ違いません。時刻も3時を回っていたからか、誰とも会いませんでした。




またまた、足跡を発見。シカでしょうか?




ゆるい下り坂を走ります。中島線を下って来ると、道の傍らには道標があります。




「林道 中島線 終点 小山町」実に明確な表記です。




反対側には、「林道 生土不忘山線 終点 小山町」

・・・生土不忘山線?
確か国道246号線の下を入って行ったような・・・?
「イメージチェンジ。」(2015.6.7)で紹介した、ゲートがあって引き返した林道の名前です。
・・・あそこにつながっているのか・・・



この道も、かなりガレています。
雨の後もあまり補修をしていないようです。
車高の低い普通のクルマでは、入って来れそうにない林道ですね。




フラットに見えますが、石がごろごろバラ30個です。




小さな滝がありました。
丹沢山系ですから、水は豊かな山間です。




「神縄断層」(かんなわだんそう)、1500万年前は、伊豆半島は小笠原諸島のあたりに、あったそうです。
そして、100万年~50万年前に本州と衝突して、丹沢山地を隆起させたそうです。垂直に走る一本の断層線の左側が本州、右側が伊豆半島で、地質も異なるそうです。




本州側は凝灰岩で、伊豆半島はれき層です。




あ、見覚えのあるゲートが・・・




コンクリートの法面を、通りぬけました。




下の河原までは、高さがあります。落とすと厄介ですね。




曇り空の夕方です。もう一本は行かれませんね。




国道246号線の旧道に下って行きます。現在は県道394号線ですね。




酒匂川の支流に沿って、道は続きます。




「生土不忘山線」は、地図で確認していましたが、ゲートがあったので、前回は走らなかった林道です。

今回、「八重桐の池」公園側から入ったので、通行する事ができました。

短いダートでしたが、支線探索のできる面白いルートとなりました。

「林道中島線」の終点は、「林道生土不忘山線」の終点でした。


copyright © 2020 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ