FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


FC2アフィリエイト


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


Niviy コーヒードリップポット 細口 ステンレス ドリップポット


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
ベタなタイトルですいません。寝言は寝てから言え・・・ですよね。

めっきり寒くなって来たこの頃ですが、皆さんのブログを拝見すると「紅葉ツー」の記事がいっぱいです。

本格的な冬の前に、幸運にも四季の自然の豊かな国に住んでいるので、高揚、いえ紅葉を見に行ってきました。



まずは、こちらから・・・

・・・って、イルミネーションじゃねーか!

あ、季節を先取りしすぎましたね・・・

先取りじゃねーし!今だよやってるのは!

・・・すいません、先日、よみうりランドのイルミネーションを見に行って来たんですけど、夕方4時からの入園で駐車料金は1,500円と、一日料金と変わらないんです。

イルミネーションは、それはそれは素晴らしく、また来たいと思わせるものでしたが、駐車料金を考えるとリピートは考えてしまいます。

あ、話がそれましたね・・・






早朝の寒さにはめっぽう弱いので、9時ごろに自宅を出てきました。

山中湖へと続く国道138号線で、篭坂峠を上り、峠を過ぎた所を左折&右折して、別荘地の中を下って行きます。





夏の間茂っていた木々の葉もすっかり落ちて、初冬の景色です。





1時間ほどで富士散策公園に着きました。ここは自宅から50kmほどの距離なので、一回目の休憩によく使います。





ここから、東富士五湖道路に沿って、道は進みます。両側にはすっかり紅葉したモミジが・・・





落ちたばかりの、モミジの葉。





地面いっぱいに広がっています。サンゴ礁みたいですね。





富士散策公園は、無料駐車場とトイレがあります。道の駅と違い、人もクルマも少なく、正面には富士山も見えますのでお気に入りの場所です。ただ、この道路は国道138号線の裏道として使われますので、大型車の往来が多いようです。





富士吉田インター入り口の前を通り、道なりに東恋路の交差点に出て、県道707号線で河口湖大橋を渡りました。

御坂みちと呼ばれる国道137号線で国道20号線をパスして、県道314号線で笛吹川を渡ります。

県道314号線は小松十字路で県道208号線になり、北上して春日居小学校を左折します。

踏切を渡り、国道140号線を直進すると、西関東道路のインターになります。

この道は全線が開通していないためか、今の所無料で通行できます。トンネルを過ぎると出来ている道路は終わります。




国道140号線に入り、恵林寺から牧丘へ向かって走りました。この辺りで自宅から100kmです。





県道206号線と交差する牧丘フルーツセンター向かいの、JAガソリンスタンドで給油します。





101.9kmの走行で2.20ℓ、46.3km/ℓでした。





トンネルをぬけると、左手に「道の駅まきおか」があります。





ここは、あまり広くないので、立ち寄ることは少ないのですが、お腹が空いてきました・・・




何か軽い物を・・・





・・・と思い、天ぷらそば。





立ち食いソバのようなスタイルですが、さすが山梨、蕎麦が美味しいです。もう新そばですね。





食券機の横の「げんこつクッキー」が気になったので、買って帰りました。


自宅で食べた所・・・思いがけない美味しさです。胡桃の入ったクッキーは口の中でほろっっとくずれ、硬いマカロンのような食感でした。



紅葉を見に、笛吹川に沿って国道140号線をさらに北上します。

左手に広瀬湖が見えてきました。





雲ひとつない青空と、深い色を湛えた広瀬湖、いつもは通りすぎてしまう風景です。





ここまでの国道140号線は上り坂も多く、大型車にはきつい道ですが、登坂車線も用意されていますので、ペースを落とさずに上って来れました。





広瀬湖を過ぎると、「道の駅みとみ」があります。





ここは、クルマもバイクも多く停まる道の駅です。

食堂のスペースに、風間さんの極点バイクが展示してあります。





プロトタイプのセロー225や・・・





極寒地での宿泊に必要な、スペシャルなテント類・・・





ウエアもすべてスペシャルな一品モノでしょうね・・・





・・・紅葉は?

それから、どこに向かっているの?






・・・ここは、ちげーだろ!



よみうりランドのイルミネーションは、夕方4時から入れます。何と言っても小学生は無料なんです!

だから、大人1,000円で家族で行っても2,000円。駐車料金を500円にして欲しいです。



ディズニーリゾートもナイトパスでも駐車場は2,500円。高っ!

DATE: CATEGORY:セロー250
今年の夏は、いろいろな事がありました。

セロー30周年のイベントに、30周年を機会にまとめられた「SEROW ONLY」の発行。

その「SEROW ONLY」の企画として、セローのサスペンションのモデファイをお願いする機会にも恵まれました。

東京都世田谷にあるサスペンションプロショップのケンズパワーさんです。

レース車両に特化したお店なので、セロー250のモデファイは、初めてだそうです。

前後のバランスを考えながら、フロントフォークは2種類を試し、トレッキングよりもツーリングスピードに重点を置いた仕様にしてもらいました。

リヤサスも、一名乗車で路面の追従性が出る仕様ですが、今回はスプリングをオリジナルな物へと変更しました。



ケンズパワー http://www.kenspower.com/sus_xt250_trekking.html


ノーマルセローとの比較のため、撮影時には2台のセローで相模川のコースを周回しました。





ケンズパワーの鈴木さんと、カメラマンの宮崎さん。


8月のコトでしたねー。



今回替えたのは、スプリングです。





今までと同じレートですが、ノーマルのセローは、タル型のスプリングを使っています。

スプリングの両端が絞ってあり、横から見ると樽のようなカタチをしたものです。

ストレートタイプのスプリングに比べるとレートは落ちる傾向にありますので、必要とするレートを出すのが大変だったようです。



ふもとっぱらでのセローミーティングが行われた翌週に、セローを持ち込みその場で交換してもらいました。

リヤサスの交換は、リヤタイヤを外して、リンク周りもバラして行くものかと思いましたが、車体をリフトアップスタンドで支えるとサイドカバーを外し、下側のリンクを一か所外すと、リヤショックの上下のボルトを外すだけで、サスペンションユニットが取り出せました。

走行距離24200kmでの交換です。変化はあるでしょうか?



比較のために、いつも走っているルートを走りました。


「serowでお散歩」の曽我丘陵です。



ここは、六本松です。変則の五差路で、立体交差になっています。





トンネルの上の道を登って行きます。





足柄平野は、国府津から渋沢へと延びる丘陵があるため、東京や横浜からの電波が届きません。

そのため、この丘陵の稜線には、中継施設が何箇所かあります。


この丘陵は、地殻の変動で隆起して出来たようですね。



天気がいい時は、江ノ島も見えています。





小田原は、かまぼこと梅干しが有名ですが、みかん畑も多く、みかんのワインも美味しいです。


地元のスーパーにしか並ばない「みかんのワイン」は、発売と同時に売り切れるほどの人気商品です。



収穫にはまだ早そうですね・・・


ミカンの収穫時期には農家の方の邪魔になるので、なるべく山には入らないようにしています。

兼業農家が多いので、土日も軽トラが農道を行き来しています。訪れる方はご注意ください。


「林道100本松・竹・梅」でもおなじみの、「秘密のトレーニングコース」に来ました。


「林道100本松・竹・梅」の七本目の前半。(2015.1.19)、「秘密のトレーニングコース」(2014.9.13)で紹介しました。



入り口からコレです。一速での走行ですね。


トライアルタイヤではないので、止まってしまうと再スタートは出来ません。

さらに、勢いがなくなると急にアクセルを開けたりしがちですが、湿った赤土なので簡単にグリップを失います。



ここまで登れば大丈夫・・・





・・・って、この先も道・・・?


「林道100本松・竹・梅」の七本目の後半。(2015.1.19)に行きます。



蜘蛛の巣も、少なくなりました・・・





十字路へと出ました。


「リスに注意?」(2014.9.14)の看板がある十字路です。「林道100本松・竹・梅」の八本目。(2015.1.20)



稜線伝いに「いこいの村あしがら」へとぬけてきました。


リヤサスペンションの様子ですが、バネレートは同じ設定なので、変化は感じられませんでした。

「何か気が付いたコトがあったら、言って下さい。」とケンズパワーの鈴木さんに言われましたが、「初期が柔らかくなる・・・とか、中間から踏ん張る・・・」とか、全く分かりませんでした。悪く変わった所が無ければ、いいようです。



相変わらずの「お散歩」です。


速く走る訳でもなく、アタックする訳でもありません。



・・・ただ、この惑星の缶コーヒーは・・・


・・・って、缶コーヒーじゃないよ!ブルックス。ドリップコーヒーだって!


・・・という訳で、11月7日は「セローカフェミーティング・ブルックス」。


このセロー、乗ってみたい方もお気軽にいらして下さい。




DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
11月7日の土曜日に、ただ集まってお茶するだけという「セローカフェ・ミーティング」を東名高速大井松田インター近くの、ブルックスコーヒーで行います。

先日の記事にした通り、10:00~12:00位まで、無料のコーヒーや紅茶、さらにはココアでもホットでもアイスでも飲みながら、まったりとした時間を過ごすユルーイ集まりです。

「自分は初心者ですから・・・」って、お決まりのフレーズを使わなくてもOKな集まりですので、お時間のある方はお気軽にお越しください。



住所  神奈川県足柄上郡大井町山田300

ブルックス大井事業所(旧第一生命ビル)https://www.brooks.co.jp/oi/pg828.html






国道255号線の「坊村」交差点を東名高速方面からは左折、小田厚方面からは右折して、山を上って行きます。


「坊村」の交差点には、「BROOKS」の赤い看板が見えています。



「坊村」の交差点を曲がると、信号のある交差点があります。ここを直進します。





信号を過ぎると道は上り坂になり、右の90度、左の180度と続き、高度を上げて行きます。





晴れていれば、富士山を見ながらの走行になるでしょう。


景色が良いですから、ゆったりと走れますね。



道は大きく左にカーブしながら、トンネルへと向かって行きます。


トンネルの入り口が、もう一度左にカーブしています。お気をつけて。



トンネルを出た所を、左折します。


トンネル内で、ウインカーを点ける位です。



さらに坂を上ると、その先で一時停止が2回あります。


この先のT字路を右折して進みます。



見えてきました。旧第一生命ビル、現在ブルックスです。


あのビルの手前を右折します。



左手に「売店駐車場」の看板があります。


ここを右折します。



元々は第一生命ビルの正面玄関前になります。


「ウルトラセブン」でも国際病院として、二度ほど使われました。



右手に売店がありますが、駐車場はこの先です。


つきあたりが、左からの一方通行になっています。


右に曲がると、すぐに二輪車用の駐輪場が見えますが、狭いスペースなので、直進します。





道沿いの右手には、クルマの駐車スペースが続いています。


駐車スペースが終わった辺りに、右手に入る細い道が見えてきます。



二本ある、向う側の坂を上って行きます。


一方通行の入り口と、出口になっています。



クルマのすれ違いの出来ない道幅です。


上り切った所が、駐車場です。



セローを停めて、歩いて行きます。





裏口から入って行くような、雰囲気ですね。





左手が売店と喫茶室です。


元々は、第一生命の社員食堂でした。



正面に回り、入り口です。





2重のドアを通り、右手に進むと、喫茶室があります。


ここで、何時間でも何杯でも、コーヒーが飲めます。



ただし・・・持ち込みは禁止です。





食事も出来るようになりました。





天気が良ければ、午後からはこんな場所にも行ってみます?



全線舗装路で、全行程20km程度です。




オフ車のオフ会というと、集まってドコを走ろうか・・・って話になりますが、走るとなると、速いとか遅いとか、自分は上手じゃないとか、いろいろと思い悩むコトもあるかと思います。

また、初めてのオフ会に、見ず知らずの自分が行ってもどうなのか?・・・と躊躇されるコトもあるかと思います。

でも、安心して下さい。今回が1っ回目です。ブログを通してやり取りしている方もいられますが、「お茶会」は初めてです。


ブルックス開店の10時から2時間ほどお茶を飲んでいますので、「チェッチェッチェローってどんなヤツ?」って、様子を見に来るだけでもOKです。そのまま帰ってもOKです。



それから・・・ブルックスには広い駐車場もありますので、「SEROW ONLY」を見て「ケンズパワー」のサスペンションが気になった・・・という方、試乗もできます。お気軽に体感して見て下さい。


copyright © 2020 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ