プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
あなたのオフ車には、ETCは付いていますか?

もし付いていなければ、支払いは現金ですか?



セローにETC・・・?

「serowでお散歩」だから、「遠くには行かない。」、「暗くなったら帰る。」、「危ない事はしない。」ですが、有料道路を通る時もあります。

支払いは現金よりもカードの方が、後ろのクルマに迷惑をかけないので、カードで通行しています。

クレジットカードでの支払いもできますが、ETCカードでの支払いもできます。



ETCカードで、料金所を通ると、「車載機付いていますか?」と、よく聞かれます。

付いていないので、「付いてないです。」と答えると、通常の料金が領収されます。



バイク用のETCユニットは、クルマに比べて高いので、まだまだ普及率が少ないようです。

ツーリングに使うオンロードモデルの装着率は高そうですが、転倒の心配のあるオフ車には、まだまだ未装着の車両が多そうですね。

今年は「お散歩」と言いながら、山梨や埼玉まで高速を使って来ましたので、高速料金もかなりかかったと思います。

バイク用が高ければ、クルマ用は・・・?オークションサイトを覗いてみました。

アンテナ一体型、分離型とありますが、分離型を810円で落札しました。

クルマ用は、バイク用に比べると、防塵・防水性、振動には弱いと思います。

ならば、常時取り付けにせずに、使う時だけ付けて行ってはどうでしょう?




ETC本体です。ケーブルを外して掃除しました。水には弱そうですね。







脱着が簡単なように、シュラウド内の工具入れカバーに装着します。

この傘立てみたいなホルダーは、スマホの電源を取るために、脱着可能なカプラーを固定するホルダーです。


シガーライターを付けました。(2014.5.30)



この位置に、こんな感じで付けてみます。


この樹脂カバーは、部品番号3C5-21741-00で、税別540円です。



ETC本体の裏に、ホームセンターで買ってきた金具を付けます。





もう一度、位置を調整します。





ここで、両面テープの登場です。





取り付け金具の裏に貼り、両面の接着を出来るようにします。





樹脂カバーに、合わせて行きます。





ETC本体を金具から外し、取り付け穴を確認します。





細いドリルで、3か所に穴を開けました。





タッピングスクリューで固定しますので、下穴を作ります。





両面テープをはがし、表面もきれいにしました。





取り付け金具を固定します。





ETC本体も到着できました。





セローに取り付けます。





この角度なら、カードも入りますね。





アンテナは、メーターパネルの上に固定出来そうです。

ACケーブルは、シガーライターと同じカプラーにして、ホーンから取った電源から分岐します。




スマホ電源用のシガーライターとの同時使用はできませんが、樹脂カバーを交換して使うので、割り切って使います。

電源は入りましたので、後は知り合いの自動車会社でセットアップしてもらいます。


雨の日は使いませんが、出先で降られるかも知れないので、何かカバーは必要ですね。



スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ツーリング
「takatan blog」のかっき~さんが、「第2回北富士演習場ツー」を企画して下さいました。

寒さも厳しくなってきましたが、北富士に10台以上のオフ車が集まり、演習場の中をそおっと走りました。

山中湖のコンビニに集まり、お昼御飯を買い出します。

どんなオフ車が、来たかと言うと・・・



セロー225、今回の主催者、かっき~さんです。





セロー225、演習場に詳しい、ツカさん。





セロー250、ふもとっぱらでお会いした、ベルさん。





セロー250、松下時子さんの林道ツーリングで、かっき~さんやヤスさん、渉さんとご一緒したにこさん。





セロー250、かっき~さんと下見ツーをして下さる、ヤスさん。





セロー250、お子さんのセローで来て下さいますが、WRが気になってしょーがない、ZX14Rにお乗りのぱるさん。





セロー250、チェッチェッチェロー、長い名前だ。





WR250R、厳冬の北海道を、単独で制した経験をお持ちの、クマさん。





WR250R、セロー250から乗り換え、BMWR1200GSにもお乗りの、かもねぎさん。





SL230、かっき~さんと、南足柄の人が入れそうな道ならどこまでも入ってしまう、ぺヤングさん。





SL230、前回の北富士にも参加して下さった、ユーモアたっぷりの渉さん。





BAJA250、来年にはモデルチェンジ?を予定している、ぽちさん。





CRF250L、ヤマハレイドから乗り換え、BMW R1200GSにもお乗りの、ムコ殿さん。





演習場の中に入り、空き地で思い思いに遊びます。

ここには長い登り坂があり、上り切る手前に大きな石の段差があります。そこを登ったり下ったり、急な坂に挑戦したり、乗り比べてみたり、午前中を過ごしました。





昼食場所に移動しました。ここの林の中には、トレッキングルートもありそうです。





昼食風景、カップラーメンが多かったですね。





風よけを工夫したり・・・





ご当地フードの、吉田のうどんにしてみたり・・・





左上のかっき~さんの手元には・・・





イスがあって、テーブルです。水も2ℓ、ジムニーの積載力ですね。





あれっ?かっき~さん、どーしたの・・・?





マルちゃん正麺、美味しいですね。





真っ白で分かりません、白米・・・?





冬限定のすき焼き風醤油ラーメン。





昼食も終わると、走りだす前に・・・





カメラを構えて・・・





記念撮影!





前回は、かっき~さんがK点越えの大ジャンプを見せてくれた場所ですが・・・





今回は、SL230を駆るぺヤングさんが、魅せてくれます。





なにごともなかったように、普通に降りて・・・


急傾斜を登って来ました。



その後は、こんな所まで登り切り・・・


横浜から来て下さったぺヤングさん、SL230には、トライアルの小川友幸選手のサイン入りです。




北富士に14台ものオフ車が集まりました(うち1台はジムニー)。

今回の企画をして下さった、かっき~さん、ありがとうございました。

演習場と言うと、中の道にも詳しいツカさんブロス、ありがとうございました。

さらに、今回参加され、楽しい時を共有して下さったみなさん、ありがとうございました。


今回お集まりの皆さんは、ブログページをお持ちの方も多いので、数々の“イベント”はそちらでご覧下さい。

かっき~さん、「takatan blog」
ベルさん、「NC700X de 行こう!」
ぱるさん、「Road To Nowhere ZX-14R&セロー250」
クマさん、「中性脂肪600のページ2」
かもねぎさん、「かもねぎ堂ブログへようこそ!」
渉さん、「渉(わたる)の足跡」
ぽちさん、「BAJAぽちのブログ、”ぽち・・・っとな”」、
ムコ殿さん、「思い立ったが吉日的なオヤジの日記Ⅱ」


かっき~さん、かもねぎさん、やらかしMVPは、誰の手に・・・?
DATE: CATEGORY:行き止まり
行き止まりの道です。行けそうですが、行き止まりでした。

本当は、どこまで続いているんでしょうね・・・?




こんな感じで、行き止まりました。





かなりの急傾斜で、1速に入れてサイドスタンドをかけています。





ここは、「林業用作業道につき立入禁止」になっていなかったので、勝手に入って来ましたが、明らかに林業用の作業道です。

直線ながら急角度の登り坂が続きますので、アクセルを戻してしまうと失速して登って行かれなくなります。



実は、倒木で道は塞がれていましたが、道と並行して登山道がありました。





登山道から支線があります・・・


クルマでも入って行かれそうな、道幅です。どこまで行かれるのでしょうか・・・?



ところが、手前のロープには、こんな文字が・・・


「立入禁止」です。じゃあ、座って入ればいいのか・・・?とコドモのよーなコトも言えず、残念ですが引き返します。



下りながら、右下に目をやると・・・


・・・ふ~ん、そーゆーコトか・・・



大きく回り込むようなカーブはありませんが、傾斜はキツイ道を下って行きます。





登って来る時は気付きませんでしたが、見晴らしのいい場所もありました。





高圧線のケーブルも見えていますので、地理に詳しい方にはこの場所も特定できそうですね。





道の横には、登山道が並行してあります。





やっぱり、気になりましたね・・・





これ以上は、引き返すのが難しそうなので、セローを置いて見に行きます。





何本か支線がありました。下り始めたら、もう引き返せないような道ばかりです。


階段があったりすると、道を痛めてしまうので、元の道の戻る事にします。



遠くに見えるのは・・・あの道ですね・・・





あーこれで、ネタばれですね。立入禁止は、行っていません。進入禁止にもなっていませんが、作業道のようなのでタイヤの跡は極力付けない方が良さそうです。





DATE: CATEGORY:行き止まり
「林道100本、松・竹・梅」と、自宅近くの「林道」を走りやすさの順にランク分けして、カテゴリーにアップしていますが、この林道は、竹よりも松に近そうな「竹の上」です。

でも、何で「林道100本・・・」に入れないかと言うと、「林業用作業道につき立入禁止」になっていました。

自分ばっかりズルイじゃん!

はい、行く時には気が付かなかったんで・・・

休日の午後だったからか、作業をしている様子もなく、誰とも会いませんでした。



行き止まりの「林道」です。

行き止まりの景色は、こんな場所です。





この先に道を作りそうな気配は、ありませんでした。





多少広くなっているので、Uターンは楽にできます。





路面は赤土のようですが、黒い火山灰のような所もあります。





終点近くは、道幅も十分ですし、踏み固められたダートのようですが、気をぬけません。





山の中へと入って行く作業道に入ってみました。





倒木で、行き止まりです。





その先が気になったので、セローを停めて歩いてみました。





セローで、元の道まで下り、次の支線を上ってみます。





メインの作業道からは、ずいぶん上りましたね。





着きました。倒木の反対側。





納得して引き返します。





こんな作業道がぐるぐる・・・





この辺りなら、「竹」レベルなんですけど・・・





重量のあるトラックも通行するようです。道には丸太が敷かれていました。





この道も、とても「竹に上」には見えませんね・・・





1速でしか登れないような急な坂道に、ガレた路面。一度止まってしまうと再発進が出来ない場所が続いた道なので、このような写真しか撮れませんでした。





道幅自体は十分にあるんですが、失速すると登れなくなるので、両足をバタバタ着きながら、何とか登って行きました。


場所の公開はできませんが、よく訪ねて下さる方には、分かってしまう場所ですね。




霧が晴れるとこんな感じ・・・です。
DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
「セローカフェミーティング」平日開催。

こんな触れ込みで、25日の水曜日にブルックスコーヒーでのお知らせをしましたが、当日は生憎の雨。

主催する側としては、開催するかどうかを決定して告知をするのが筋ですが、「雨ならやらないですー。」と、かなり曖昧な文言を入れておいたので、「雨で行きたくないなー・・・」と思われた方は、来ないでしょうね・・・。と思いながら、ブルックスに行ってきました。

ユルーい「お茶会」ですから、雨の日には誰も来ないでしょうね・・・



10時にカフェでコーヒーを飲みながら、ゆったりします。





外は雨です。小雨ですが、一日を通してこんな天気のようです。


読みかけの本があったので、今日の午前中はここで本を読んでいましょう・・・



コトッ・・・

ん?・・・

・・・ヘルメット・・・?


顔を上げると、そこにはカフェミーに来て下さった方が・・・!



チラさんです。


ちげーだろ!

怒られんぞー!



雨の中を、たぶん座架衣橋を渡って、手書きのナビを頼りに、下道で来て下さいました。


「CSとNXでPreciousな日々」のブログの管理人です。日帰りでとんでもない距離を走り切ってしまう、長距離マイスターです。



雨の中、誰も来ないだろうと思っていましたが、来て下さいました。ホントにうれしいです。


カフェミーティングですから、ブルックスのコーヒーを飲みながら、SRの話、CSで行った所、NXを買った話など伺いました。



楽しい話をお聞きしていると、外の雨は止んできました。

出ます?「お散歩」



ブルックスの東側には、おおいゆめの里があったり、少し足を延ばせば農道を繋いで「お散歩」出来るルートがあります。

雨は止みましたが、ダートは路面の状態が悪そうです。

舗装路をメインに30分ほどのルートに出かけました。





これって、「お散歩」?





落ち葉ですべるし・・・





でも、体育会系。きっちり登頂。





おおいゆめの里、ここからは富士山も見えます。晴れていれば・・・


チラさんの防水バッグ、スクエアな感じでカッコいいですね。



「おおいゆめの里をゆる~く。」(2015.1.24)で訪れた公園です。





晴れた日は気分もいいですが、こんな天気も幻想的で山の中ではいい感じです。




雲が動いて行きます。ここも雲と同じ高さですね。




見晴らしのいい場所は、傾斜も無い場所なんですが・・・


ここからの下りは、急な上に枯葉が路面を覆っていて、急ブレーキが掛けられません。

歩くようなスピードで、ゆっくりと下って行きます。



やっと平らな場所に降りてきました。





ブロガーのチラさん、撮影には余念がありません。


チラさんの向う側にも”道”があります。元祖倒木王ラオさんもアタックしたU字谷です。

ここを下ると、住宅地にでます。ブルックスの裏手になりますので、ブルックスに戻り、暖かい飲み物をいただきます。



時刻は2時過ぎ、昼食で記事が書けるほどの体験をお持ちのチラさんと、当たり外れのなさそうな丸亀製麺に行きます。

暖かいカッコをしていても、寒い日には温かいものを食べたくなります。

うどんと天ぷら、400円。





明太子のうどんと鯖寿司。好き嫌いのないチラさん。






今回は天候に恵まれませんでしたが、雨の中を来て下さったチラさんのおかげで、楽しく過ごすことができました。

セローカフェミーティング、次回は12月5日土曜日の予定です。

コーヒー飲みながら、ゆったり過ごすユルーイ「お茶会」です。

オフ車じゃなくてもお気軽にどうぞ。参加費無料、コーヒー代も無料ですから。




チラさん、雨の中をありがとうございました。



だから、怒られるって!
DATE: CATEGORY:お散歩
夢のような話です。ウソのようなハナシです。

「徒歩、自転車、バイクは通行できます。」

どこかの有料大橋ではありません。「林道」の話です。

クルマはダメだけど、バイクはOK!こんなハナシは初めてです。


「ドメスティックなお話」を始めて、ガレた林道を紹介してきましたが、今回はその完結編です。


前回はJR御殿場線の駿河小山駅まで来ていましたね。

今回のスタート地点はここからです。





看板自体は古くからあったようですが、情報は更新されています。





駅前ロータリーです。御殿場線は現在は単線ですが、丹那トンネルが開通するまでは、こちらが東海道本線でした。


御殿場線沿線には、地方のローカル線とは異なる趣の駅が多いのも、うなずけます。



駅前の道を松田方向へ進むと、東名高速のガードが見えてきます。


「遊女の滝」の看板があります。ここを右手に入って行きます。



「遊女の滝」です。遊女がいるのでしょうか?の看板方向へ進みます。





道が細くなってきました。古いコンクリート製の橋を渡ります。





上流を見ます。あれが遊女の滝でしょうか・・・?





滝の上には、東名高速上り線の高架橋です。高いですね。





山の中へと舗装路は延びていますが、何やら看板がありますね・・・





「この先、県道には抜けられません。」よくある”お知らせ”です。

(徒歩、自転車、バイクは通行できます。)えっ?走っていいの・・?





林道には車止めがあります。埼玉ルールも要りません。バイクはいいんです。





ダートに舗装路、登り坂が続いています。





いやー小山町、懐が深いわ・・・


・・・なんて感心しながら走っていますが・・・



「バイクは通行できます。」・・・って、オンロードモデルでも来れるのかー?


これは、通行出来るとは、思えませんが・・・



小山町はオフ車に優しいってコトで、林道大沢線です。


でも、考えてみれば、この林道、対向車が”ほとんどいない”ってコトですよね・・・



「遊女の滝」の看板が見えてきました。





「金太郎ゆかりの地」とあります。金太郎と遊女・・・?


金太郎の母親の八重桐が、金太郎を宿した時に金太郎の健康を祈願して、この滝に打たれていました。

その姿を見た里人が、この滝を「遊女の滝」と呼ぶようになったそうです。

遊女じゃないじゃん!



セローを停めて下を覗き込んでみました。滝の音は聞こえてきますが、滝は見えませんでした。





古くからの案内板です。県道の文字は消えかかっていました。





道は舗装されていますが、落ち葉に覆われて滑りやすいです。





舗装路は林道感が薄れがちですが、舗装の見えないこの道は今だけプレミアムですね。





走りながらバックミラーに目をやると、落ち葉が舞い上がっていました。





奥大澤入り口の案内です。ここから足柄峠へのハイキングルートもありますが、バイク、自転車は走行不可です。


「イメージチェンジ。」(2015.6.7)で、入ってしまいました・・・



県道365号線に出ます。ゲートはありますが、横を通り抜けます。





そのまま足柄峠方面へ上って行きます。誓いの丘に着きました。





道幅は軽トラ1台分の所もある、大沢線でした。






DATE: CATEGORY:あそびかた
「ドメスティックなお話ですが。」で、オフ車に乗り始めたら舗装路を走りましょうとか、農道を走りましょうとか、フラットダートは白銀林道がおすすめ・・・。と、極々地域限定な記事をアップしてしまいましたが、フラットダートの次は・・・?

ドコに行きましょう・・・?



はじめは、西湘バイパスで箱根に上がり、熱海峠までの道がおススメだったり、細かいターンの続く林道箱根線が慣れるのにいいです。と書いていましたね・・・





それから、ヤビツ峠を越えて、宮が瀬湖までのルートも良く走っていたと・・・





農道を走って、急な坂にも慣れましょう。とか・・・





フラットダートは、白銀林道が近いですねー・・・など。


・・・ここも、白銀林道・・・?



今回は、さらにレベルアップ。「ガレた林道」です。

静岡県に遠征です。・・・と言っても足柄峠を下って行けばそこはもう静岡県。

山北町の隣の小山町、金太郎の故郷です。金時公園の一部にある八重桐の池からスタートします。





「小山町に金時公園」(2014.5.9)でも紹介しました、八重桐の池です。





寒そうなので、スクリーンはそのまま着けてきました。





池が、干上がっていますね・・・





こんな景色を見ると、トライアルセクションを作ったら面白そう・・・と思ってしまいます。





赤い文字は注意の喚起ですが、白クマかウシのようです。





この公園のような八重桐の池の先から、林道が始まります。





最初はフラットダートです。





すぐにゲートが現れます。「安心して下さい、開いていますよ。」


このフレーズ、何回使ったんだ・・・?



大型トラックも走る林道なので、道幅は十分あります。





やがて分岐が現れます。


ここは、左手の上り坂に向かいます。



下ってしまうと1.8kmで金時公園になります。


・・・が、ハイキングルートですので、セローでは金時公園までは行かれませんでした。
「小山町北部の林道」(2014.5.9)



舗装路とダートをくり返しながら、しばらく走ると、左手に高圧線と鉄塔が見えます。





この辺りはかなりガレています。四輪には影響ないですが、道の真ん中を蛇行する雨水の溝は、セローには厄介な代物です。





かなり高い所まで上って来ました。右の方には雲に隠れた富士山が見えます。





さらに、ガレた路面が続きます。


川上牧丘線程ではありませんが、セローに乗り始めの時には、キツいガレ場です。



愛鷹山の裾野と東富士演習場ですね。忠ちゃん牧場もあのあたりです。





この林道の一番高いあたりまで上って来ました。左手に登って行く道もありますが、林業用の作業道のようなので、右手を直進します。





・・・ん?





あれ?・・・





崩落です。クルマでは厳しそうですね。





軽く上りながら、この先までフラットダートが続きます。フラットになると、道は大きく右手にターンして、下り坂になります。

道幅は十分ですが、雨水の跡が道に残って走りにくいです。





側溝が配置されていますが、水量が多いのでしょうか?





でも、所々フラットダートになりますねー。





ほぼ直線のような場所で、林道中島線の終点です。





反対側は、林道生土不忘山線の終点です。





しばらくは、フラットダートが続きますが、こちらも下って行くとガレてきます。





左手に上って行く道がありますが、右手の道を下って行きます。





ここも崩落しています。クルマに会わないワケですね・・・





高圧線と鉄塔です。ロードマップには記載されませんが、国土地理院の地図には記載があります。道路地図に載っていない道を走った時の確認にも使えます。


・・・と言っても、スマホのアプリで走行ルートの確認も出来ますね。



落ち葉とガレガレの石、見分けがつきません・・・





ガレた路面は、登りと下り、どっちが楽?


下りの方が楽に走れます。

・・・と言うのも、登りでは段差を見ながら走行します。走るラインも見極めが難しく、アクセルオフで停止しがちです。

ところが、下り坂では段差があまり気になりません。あっ!っと思った時には段差を降りています。

アクセルよりもブレーキに気をつけて、走行ラインを遠くまで見まわせます。

八重桐の池から入って来ましたが、反対ルートはきつそうです。



スモークのスクリーンが、しっくりきません・・・


見慣れれば、いいのかな・・・?



あ”~、ヤス・ファクトリーがー!


「ヤス・ファクトリー」(2015.8.10)

こうなるコトは予想していました。

ヤスさんのマッドフラップは、軟質の樹脂でしたが、このセローに着けたのは、100均で買った”したじき”ですから。

もっと早くダメになるかと思っていましたが、かなり頑張ってくれましたね。



この林道は、あまり距離はありませんが、路面が穏やかだったり、周囲に珍しい物があったりと、飽きないです。


名も無い小さな滝です。トラ車なら行ってみたくなるかも・・・



滝からの水が下流では、川になっていました。





さらに進むと、断層が・・・


伊豆半島は、小笠原から移動して来ました。ここの断層が、本州と伊豆半島の境になるそうです。

こんな山の中なのにねー。



・・・ドコ?


右端の縦に割れたのが、断層ですかね?



こちら側にはゲートがありました。


横には十分スペースがありますので、乗ったままでもぬけられます。



落ち葉や土砂に覆われた舗装路を下り、直線のダートを過ぎると民家があります。


集落に入る手前に、生土不忘山線の看板がありました。



上を見上げると国道246号線です。


御殿場方向から来ると、トンネルを貫けて2車線になり、最初の右ターンの下になります。



周囲にも民家がありますが、頭の上を24時間、何かしら走っていると思うと落ち着きませんね。


「林道中島線終点は、○○だった。」(2015.7.1)と同じルートでした。



道なりに下って来ると、国道246号線の旧道、県道394号線に出ます。

県道394号線を右折して、小山交番前の交差点を左折して、県道146号線を進むとJR御殿場線の駿河小山駅になります。





ガレたダートは、いかがだったでしょうか?

道幅も十分にありましたから、ドキドキしながらも走り切れたと思います。



次は・・・


へへへ・・・
DATE: CATEGORY:装備品
あなたはどんなグローブを使っていますか?

スロットル操作と微妙なクラッチワーク、人差指一本でのブレーキングに対応できる薄手の物でしょうか?それともプロテクション重視のレーサータイプでしょうか?

今まで使っていたのは、メッシュのグローブです。

あ、いきなり止めちゃうんじゃなくて、寒い時用に買い足しました。



今回買い足したのは、ラフ&ロードのグローブです。・・・ってタイトルで分かってんじゃん!

実は、去年の12月に、防寒用のグローブを買ったんです。はい、”ポチッ”して・・・

試着もサイズ合わせもしないで”ポチッ”です。ユザーレビューを頼りに”ポチッ”でした。
「ウインターグローブ」(2014.12.8)

・・・ところが、これが温かくない!
「箱根峠は4℃」(2014.12.9)

防寒用のグローブは、厚手に出来ていて、グリップを握った感じが馴染めず、さらにウインカーなどのスイッチ類の操作性も悪くなり、手のひらや甲は冷たくならないけど指先は冷たい。と、なかなか満足のいく物は見つからないようです。



ところが、待てよ・・・いつもはメッシュだから、メッシュじゃなければいいじゃん・・・?

ウインターグローブじゃなくて、普通のグローブを使えば、今よりは良くなるんじゃない?

操作性は犠牲にしたくないけど、寒いのも困る。・・・そうだ、川に仕様・・・いえ革にしよう!

風を通さないように、樹脂製のプロテクターのついたもの・・・あったー。ラフロだー!



外側はカッコいいですね。でも良く見ると、指先はメッシュだー。



内側はパンチングされて、革が二重になっている所も・・・硬いですね。


レビューにも「馴染むまでは硬い」とありました。オールメッシュよりは寒くなさそうですね。



3連休の最終日に走ってみましたが、悪くないです。

防寒グローブのように操作性が変わったりしませんし、夏用のグローブよりも寒さを感じません。

手首が一部覆われない箇所がありますので、冬用のグローブとしておすすめは出来ませんが、自分には必要にして十分です。






ここで、お知らせ・・・



11月25日にブルックスコーヒーで、「お茶会」を行います。

いつもは、土曜日ですが、今回は平日もやってみようと思いました。

オフ車のオフ会というと、走る事が目的になりますが、走らずにコーヒーを飲みながらゆったりするだけです。

自分のバイクの話とか、気楽に話せる人が集まってくれると楽しそうですね。

10:00~12:00に、東名高速からも見えるブルックス大井事業所でやっていますので、この記事を読んでしまったあなた、時間があったらのぞいてみて下さい。

雨だと、やらないですー。
DATE: CATEGORY:装備品
「ユニクロのベスト」と聞いて、あ~アレね・・・と思われた方、それです。

プロフィールにもある通り、「寒さに弱い」です。猛暑にも弱いですが、セローでお散歩をするとき夏は涼しい場所を求めて山に入りますが、寒いときにはさらに寒い山には足が遠のいてしまいます。

朝晩は寒くなりましたねー。なんて話をしていましたが、この所日中でも寒くなってきました。

雁坂トンネルの無料期間も今月いっぱいですし、中津川林道も12月は冬季閉鎖になります。


セローでの行き先は概ね山の方ですので、平地よりもさらに寒い場所になります。

「お散歩」ですから、「暗くなったら帰る。」です。冬場は3時頃には帰り始めて、5時前には自宅でのんびりしたいですね。

日中の日差しがある時は、そこそこ暖かいですが、山の陰や曇り空の日には何を着たら快適か?と迷ってしまいます。


そんな時、偶然ユニクロで見つけたダウンベストが重宝しました。

家族とユニクロを訪れた時に、CMで知っていたウルトラライトダウンを目にしました。

かなり暖かいとの触れ込みですが、実際に手に取ってみると、なんとも頼りない・・・

「ダウン」というと、モコモコした感じで、ミシュランタイヤのビバンダムくんみたいになりがちですが、このダウンは薄い。

ぺらぺら・・・これで大丈夫なの?

撥水加工が施されているので、アウターとしても着れそうですが、木の枝やドロ汚れを考えてインナーとしてベストを購入しました。








カラーバリエーションは、かなり豊富です。インナーなので白系の迷彩にしてみました。

あまり白には見えないですね・・・



3連休の最終日、あえて寒さに厳しい富士の裾野に行ってきました。

半そでのTシャツに長袖のトレーナー、いつもはその上にプロテクターを付けますが、代わりにこのウルトラライトダウンベスト。アウターはいつものグリーンのジャケットです。

4枚重ねですが、アウターを着て歩き始めると暑い。えっ?デブ?・・・はい、皮下脂肪には自信があります。

・・・そーじゃなくて、見た目のぺらぺら感とは裏腹に効いてる!って感じです。


実際に走ってみると、この日は外気温11℃の所でも「顔は寒いが首から下は大丈夫。」でした。

袖の無いベストですから、肩に圧迫感もなく腕の動きも損なわれません。

ジッパーを一番上まであげると、首回りもすっぽり隠れますので、ネックガードと同じように風の侵入もありません。


裏地に特殊なアルミプリントが施されているそうで、身体からの熱を反射して保温するそうです。

非常用に用意されるアルミの薄いシートと同じ効果ですね。

しかも、たたむと小さくなりますから、急に暑くなった時にもザックの中に収納できます。


冬場はセローに乗る機会が減りますが、曇り空でも出かけたくなるベストな選択でした。



ユニクロ|ウルトラライトダウン
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ultralightdown/men/
DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
ブルックスでの「お茶会」の、お知らせです。

「セローカフェミーティング・ブルックス」は、毎月第一土曜日にやって行こうと思いますが、平日ライダーの方もいられると思いますので、今回イレギュラーで11月25日(水)にやってみようと思います。

場所は、前回と同じです。東名高速大井松田インターから国道255号線に下り、小田原方向に走ると、4つ目の交差点が「坊所」です。グーグルマップで見ると、「第一生命入口」になっていますが、ココを左手に上って行きます。

曲がるとすぐに信号のある交差点がありますが、ここも直進して坂道の始まりです。

右にターンして、左に回り込み、もう一度右に回り込み、坂を上って行くと左にターンしてトンネルに入ります。

トンネルの出口を左折して、坂を上って行くと、一時停止が2回あります。一時停止を右折してしばらく走ると、ブルックスの入り口が右手に現れます。

右折して売店を過ぎ、つきあたりを右折して、クルマの駐車スペースが途切れた所を、右手に入って行くと駐車場です。

「セローカフェミーティングのお知らせ。」(2015.11.1)に画像付きでアップしました。



「お茶会」はイレギュラーですが、コーヒーはレギュラーです。





ブルックスの売店に併設された試飲コーナーで、お好みのコーヒーが何杯でも無料でお飲みいただけます。





元々は第一生命の大井本社ビルでした。社員食堂がブルックスの売店と試飲コーナーになっていますので、かなりの広さです。




12月5日(土)のカフェミーティングも行います。

土日の都合のつかない方、今回ぐーぜん水曜日が休みになった方、ユルーイ「お茶会」ですので、お気軽にどうぞ。

時間も同じです。開店時間の10:00から12:00まで、お茶飲んでます。


住所  神奈川県足柄上郡大井町山田300

ブルックス大井事業所(旧第一生命ビル)https://www.brooks.co.jp/oi/pg828.html

copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ