プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:猿が島
今年の乗り納めは・・・って、別に決めてはいないんですけど、ブロ友のななよさんが、30日に乗り納めで・・・さらにおーさんも、猿が島で・・・って、嬉しいお誘いをいただきました。

ところが前日の夜になっての事でしたので、 ブログでの「緊急告知」をアップするにも急すぎるので、猿が島に近いかっき~さんにだけ、お誘いのメールを送りました。

猿が島・・・噂では、トランポにモトクロッサーやナンバーなしのエンデューロレーサーを積んできて、IAクラスの人達が本気で練習に来る所らしいです・・・。

ナンバーつきの、保安部品のばっちりついたセローなんかで、出入りできる場所ではないようです。・・・なんて、ウソです。


初めて訪れる時は、不安もあると思いますが、走っている人にコースを聞くのが一番いいと思います。

と言うのも、コースには方向が示されていないので、逆方向に走ってしまうと危険です。


コースは、初心者向けのコースともっと小さいミニコース、アップダウンの激しいコースを走って来ました。

水はけが良くなく、水たまりもありましたが、2周もすればヘロヘロです。


もう少し、セローに合った場所に移動します。


・・・・?





















猿が島にはこんな場所もあります。

この日に、SNSのオフ会で猿が島に来ていた方達と、ご一緒しました。

初期型のXT250やGS、TL125にCRMと多彩な方々でした。


こちらからは、かっき~さんのセロー225、ななよさんのセロー250、





おーさんの、オフタイヤになったCRM250です。





駐車場から入って来ると、こんな広場に着きます。ここから色々なコースへと分かれて行きます。


SEROW ONLYの撮影もここで行われました。



広すぎる外周も走り、先ほどのセクションっぽい場所で遊びました。

林の中の大きな窪地に、岩や太い幹が転がっています。セロー30thミーティングで訪れたイーハトーブの森のようにキャンバーターンの練習が出来るような場所です。

地味な練習ですが、ボディブローのようにかなり効きます。


ヘルメットをとって話していると、先ほどのオフ会の方達がやって来ました。



スズキの200ccのエンジンです。ジェベル200と同じエンジンですが・・・





この水たまりにハマっていました。


一見、普通の水溜りのように見えますが、底にはドロ沼が待ち構えていて、タイヤの半分以上が沈んでしまいました。

タイヤが泥に埋まって、身動きが取れず、ロープで引き上げる以外に方法がないようでした。

が、何とか一人で引き上げました。文字通り力技です。ヒザまで泥に浸かりながらハンドルを持ち上げるようにして引っ張り上げてきました。



おかげで、背中もこんな状態です。


「ガストに入れない―!」と言われていましたね・・・



リヤフェンダーの上まで泥をかぶったこの車両、何だか分かります?





この角度なら・・・SL230じゃなさそうですね・・・





beta ALP200、保安部品のついた、トレッキングモデルのようです。


http://advrider.com/index.php?threads/beta-alp-200-the-dual-dual-sport.865485/

日本には6台くらいしか入っていないとか・・・



女性の方も一緒に楽しまれていました。


「渉さーん、これが普通なんですねー。」

「旅好きさ―ん、帰省している場合じゃないですよー。」



このグループのリーダー的な方でしょうか、物腰の穏やかな方は電動バイクに乗っていられました。


娘さんのなので、サスペンションも子供の体重に合わせてあるそうです。

全く音がしないので、不思議な乗り物に見えてしまいます。

次期セローも、こうなるのでしょうか?バイク全体がこうなるのかも知れませんね。



かっき~さんは、午前中だけ・・・と言いながらも、話は尽きません。


左のオレンジのバッグを背負っているのはおーさんです。

今回は、林道仕様でやって来ました。



木立に中の明るい広場です。





冒頭のCRMの方、実はbetaよりも先に沼の餌食になっていました。


2ストの扱いにくいCRMで、このセクションを練習されていました。

SNSの発達で、今まで知り合う事がなかった人達が、リアルに出会える用になりました。

同じ趣味でのつながりですから、楽しさも倍増ですね。



こんな場所でのオフ会もいいかも・・・と思える猿が島でした。




みなさん、良い年を。





スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ツーリング
細野高原は、とても素晴らしい所でした。

その奥の林道は通行止めでしたが、先に進むと別荘地になりました。



その先にはこんなモノがありましたが、どこに何故あったのでしょう?





天城ハイランド別荘郷から、もう一度林道を目指します。





シラヌタの池の看板を見印に、ここを入って行きます。





すかさず、支線を発見!





「一の沢歩道」・・・歩道ですか?





すぐに行き止まりになりました。





目の前にはワサビ田。ここは静岡、天城と言えば、ワサビが有名ですね。





グリーンのネットが張られていますが、高圧電流も設置され、イノシシなどの動物から守っているようです。


今はあまり見なくなった公衆電話のようなこの機械は、獣除けの高圧電流のコントローラーでした。



元の道に戻り、舗装された道を進みます。

きれいに植林された林を進むと、作業用のモノレールがありました。このレールに沿って走って行きたいですが、土地の所有者がいるので、勝手に立ち入れませんね。





「林班界標」、林の境界の札ですが、「東京営林局」となっています。


静岡県なのに、関東ではないのに、東京営林局が、管轄なんですね。南足柄が平塚営林所が管轄だったり、林業関係は複雑です。



フラットダートと言いたい所ですが、こんな舗装路を進みます。





シラヌタの池に着きました。


シラヌタは、「不知沼」と書きます。「親不知」みたいですね。



シラヌタの池はモリアオガエルの生息地で、5月から7月が産卵期で、1週間程で孵化したオタマジャクシが、見れるそうです。


モリアオガエルと言えば、木の枝に白い泡のような卵の塊を産卵し、孵化すると下の池に落ちて行きますね。
産卵の時期に来るのも面白いでしょう。



ここから歩いて入って行きますが、15分ほどかかるようです。今回はパスします。





舗装された林道をさらに進みます。道の横には、ワサビ田があります。


小さな川に沿ってワサビ田が、何箇所かありました。



シラヌタの大杉への入り口もありましたが、ここも今回はパスします。





シラヌタ大杉の入り口を過ぎると、ダートになりました。広場のような場所になりましたが、ダートが始まった途端に通行止めです。





歩いては、行かれるんですよねー。





こんな林道なんですけど・・・


この道を上に上って行くと、細野高原の奥の林道に繋がっているはずです。



残念ですが、下って行きます。





別荘地から、今度は別のルートを下ります。





工事中の看板がありましたが、山肌が削られていますね。





何が出来るんでしょう?新しく植林するのでしょうか?





天気はいいんですよねー。





谷合いの道を下って行くと、向うの山の上には、通信施設がありました。





やがて、民家が見え始め・・・





広い道へと出てきました。





白田温泉の上の、白田川の近くに出てきました。





ここからは135号線が近いので、135号線で帰宅しました。

林道はありましたが、残念ながら通行止めで走れませんでした。

でも、このルートは、ロードモデルと一緒に走っても大丈夫なツーリングコースですね。

帰りは、伊東マリンタウンで祇園のいなり寿司を買って帰るのもいいかもしれません。このいなり寿司は、皇室御用達です。
DATE: CATEGORY:ツーリング
細野高原にやって来たのは、高原の景色ともう一つ、高原の奥に延びている林道が目的でした。

グーグルマップで確認すると、天城山の南側に東西に走る林道が見てとれます。

細野高原からも入って行けそうです。



初めての場所に行く時は、地図をコピーした物を持って行きます。


ツーリングマップルよりも軽く、好きに書き込みができます。



細野高原から、天城方面へと進んで行きます。





ほどなく、分岐がありました。

セローは向う側に停まっていますが、こちらから見た通りの分岐です。





林道振越線(終点)とあります。終点?どこからの終点でしょう?


セローを停めた、左手の道を進んで行きます。



道幅は十分ですが、荒れた箇所も多く走りにくいです。





この林道は、全く使われてなさそうな道で、木の枝が覆っている場所も数多くありました。

路面はほぼフラットですが、落ち葉に覆われた下にはドロ沼もあったり、角のついた石が散乱していたりと、走りにくいです。

路肩も雨水の浸食で崩れかけた所も多く、廃道寸前の様子でした。



路面も安定してきた頃に、突然分岐が現れました。





「一般車の通行を固く禁じます。」とあります。


左手の方向に限ってと考えて、右手の道を進んで行きます。



暗い感じの林道ですが、開けたところもありました。





こんな感じで進みます・・・が、なんとなく空気が重い・・・





あー、行き止まりでしょうか?まだ行かれそうですが、ターン出来そうもないので、歩いて確認します。





この道しかなければ、走りますけど・・・





・・・?


何?あの赤いの・・・?



クルマでしょ・・・。

落ちてるし・・・。

中に人とか入ったままだったら・・・。

やべー、引き寄せられたかも・・・。

白骨とかあったらどーしよー・・・。

供養しないといけないし・・・。

見過ごす訳にもいかないねー・・・。



幅2m位の大きな溝があって・・・





赤いクルマにビビりながらも、セローで通過できるか、ラインを探したりして・・・


・・・やっぱ、ムリ!潔く諦めて、安心したりして・・・



スターレット、KP61でした。


中に人はいませんでした。

ホッとすると同時に、このクルマ、どっちから来たんだろう?

向うからなら、この先は繋がっているだろうし・・・

それとも捨てに来たのか・・・?



真相は分からぬまま、セローへと引き返します。





抜けられれば、大発見でしたが、元の道まで戻ります。・・・って、分岐がありましたね。「固くお断りします。」って。

あの道は、すぐに行き止まりになりそうですが、ダメもとで、入ってみましょう。



・・・ダメでした。


先に進めそうでしたが、木の枝がひどく、道を塞いでいました。



相変わらず、空気は重いです。湿った地面のせいでしょうか、一人なので深追いは禁物です。

あたまの上には、風力発電の風車が回っているのが見えています。

仮に抜けられたとしても、発電施設のどこかに出そうなので、やはり引き返すことにしました。



先ほどの分岐です。片道2kmほどのダートでした。





今度は、右手の道を下って行きます。稲取ゴルフクラブのずっと上を走る道のようです。





この道は全線舗装路でした。林の中を下って来ると、左手に分岐がありましたが・・・





固く通行止めです。





林道ありますねー。通行できないのが残念です。





振り返ると、こんな看板があります。「林道 振越線 (起点)」、ここが起点で、先ほどの分岐が終点でした。繋がりましたね。





下って行くと、川に沿った道になりました。





対向車もなく、人の姿もありません。本当に日曜日?





午後になったので、西斜面に太陽が当たります。





堰堤ですが、二方向からの流れを整流しているようで、複雑な造りをしていました。





川は左手に変わり、堰堤も現れました。





白田川ですね。





十字路の向うから下って来ました。

けど、ここは見覚えがあります。


旅好きライダーさんと来た時に、大川温泉から山の中に入り、細野高原を目指していた時に走った道に出てしまいました。

川沿いに下って行くと、熱川温泉ですので、違うルートに行ってみます。





橋を渡って上って行くと、先ほど細野高原から見えていた別荘地になるようです。





橋を渡って、進みます。





急な坂道を上って行くと、別荘地になりました。ここは、道一本でしょうか?積雪時には辛そうですね。


林の中に、何か・・・



アップしてみます。


シカ?・・・シカがいました。

この別荘地の、普通の道路に野生のシカが四頭いました。

道路を横切って下って行った二頭と、下の草藪にもう一頭、道の上から見おろしているこの一頭が確認できました。

野生の王国?


天城ハイランド別荘郷の管理センターです。





管理センターの目の前には、運動場のような広場がありました。


下界とは別世界のようです。ここはこの区域だけのコミュニティが出来ているんでしょうね。

病院と商店街があれば、ここだけでも暮らせそうです。

学校や幼稚園は見ませんでした。リタイヤした方が多いのでしょうか?




林道はどーした?



次回、完結編。山の中にこんなモノがありました。何だか分かります?

公衆電話ではなさそうですね。

天城の山中に現れたものとは・・・?

ロングダートは、ほかにも入り口があるのか・・・?

DATE: CATEGORY:ツーリング
今年、やり残したこと・・・「serowでお散歩」の中では、「ラストチャンス?」(2015.10.11)で訪れた細野高原に行かれなかった事でした。



気になっていた事がもう一つありました。

それは駆動系のメンテナンスです。25,000km走行し、交換時期となったチェーンも何とかしなければいけない時期になっていました。

標準のチェーンよりもワングレード上のチェーンをスプロケットと共に交換しました。


走りも軽くなったセローで、細野高原を目指します。



前回、細野高原を訪れた時は、10月7日から始まったススキ祭りで、中には入れず(入場料を払えば入れました。)・・・





今月になって、再度挑戦したものの、旅好きさんと、バイクの話で盛り上がりすぎて、時間オーバーになったり・・・


なかなか辿りつけませんでした。



今回は気合いを入れて、見違えるように軽く走るようになったセローで、細野高原にやって来ました。





第一駐車場から舗装路を上って行きます。





途中に支線もありましたが、全体像をつかむために、メインの道を上って行きます。

稜線伝いに風力発電のプロペラが見えていますが、道は大きく迂回するように進み、なかなか先へと進まない感じです。



それでも桃野湿原に到着です。

ここからは、東方向に湿原が広がっている様子が良く見てとれます。


湿原へと延びているダートもありますが、すぐに行き止まりのようです。支線探索は後にして、先へ進みます。



ここには、かなり前に作られたトイレがありました。


これほど観光に力を入れているのに、あまり知られていないのはなぜでしょうね?



遠くに別荘地も見えます。かなり高台に建てられていますね、景色は良さそうです。





道なりに進むと、天城方面と細野高原への分岐に来ました。


高原の駐車場へは、ここを左手に上って行きます。



クルマがすれ違えないような細い道を上って行きます。

180度の逆バンクで、ブラインドコーナーが続きます。

オフ車には問題ありませんが、大型車には大変かと思いました。

細野高原駐車場に着きました。ここにもトイレがあり、クルマも上って来ます。





ここからは、別方向への下って行く道もあります。


ここからの景色もいいですね。



セローで来れるのは、ここまでです。あとは歩いて登ります。





いい天気です、もう少し早く家を出ていた方が良かったかも・・・?





遠くに伊豆大島が、見えました。





大島の手前は、稲取ゴルフクラブ。





ここからは、遊歩道になります。


頂上まで500m、15分ほどの行程で、途中にビュースポットもあるようです。



セローで登れるかなー?・・・こんなことを考えながら登って行きます。

階段になっていますが、横の坂を使えば登れそうです・・・けど、やっちゃダメですね。

頂上の手前に、こんな看板がありました。


行ってみます・・・



丘を上り・・・





さらに進むと・・・





わー!





すっげー!!





ここ、一度は行ってみて下さい。


初日の出なんて、感動モノですね。



さらに頂上まで行ってみます。





こんな階段を上りながら進みます。


ホント、セローで登れそう・・・



あと少し・・・


ここも楽勝ー!



ほんの少しで頂上だー!


トコトコ登れそうです・・・



・・・着きました。三筋山山頂です。





小さな展望台もありました。





稜線に沿って、風車が並んでいます。ここは風が強いのでしょうね。





パノラマガイドを見ていると・・・向うに舗装路が・・・?





これほどの設備を山頂に設置したのですから、ちゃんとした自動車道路があるはずですね。


この舗装路は、発電会社の専用道で、一般車両の立入はできませんでした。



天城高原には古くから遊歩道があるようですが、古道の名残かも知れません。





八丁池の方へも行かれますが、3時間ほどかかるようです。





大池高原へも1時間ほどかかります。





稜線に沿って並んでいますね、舗装道路も見えています。





歩いてきたのは、こちらの方向からです。





大島が霞んで見えました。





下って行きます。先ほどの絶景ポイントが、下に見えます。





駐車場からセローで下り、天城方面との分岐まで戻って来ました。



ここから、奥へと進んで行きます。

地図で見たロングダートはこの先にあるのでしょうか?


DATE: CATEGORY:ツーリング
今年も、あとわずかとなりました。

やり残しリストとか、チェックされたでしょうか?

今年のやり残したコトと言えば・・・






ブロ友の旅好きライダーさんと、一緒に行った、細野高原・・・

・・・て、辿りつかなかったんですよね。




今日は天気もいいので、行ってみることに・・・


いつものように、西湘バイパスからスタートです。

寒さに弱いので、早朝からのツーリングなんて一人ではできません。

この日も、9時を回ってから家を出ました。



国道135号線で、真鶴、湯河原、熱海を通り、伊東から伊豆高原グランパルの手前の「旅の駅」に着きました。


「道の駅」だとばかり思っていましたが、良く見ると「旅の駅」になっていました。



スタートから1時間半ほど走ったので、休憩します。





旅好きライダーさんと来たときに、ここでも話し込んでしまいましたね。





ここからさらに南下して、熱川の先の伊豆稲取から、上って行きます。





国道135号線から、この看板を目印に右折します。


向うに見えるのが、国道135号線です。初めての時は目印を見つけるのに不安でしたが、アニマルキングダムの先になりますので、分かりやすいと思います。



ここからは、民家の間を走るような、細い道を上って行きます。





ここでメーターを見ると、ちょうど26,000kmでした。スタートから2時間ですね。





クルマがすれ違えないような細い生活道を、上って行きます。





本当にこの道でいいのか・・・?

不安にもなりますが、所々に看板が見えますので、安心できます。





上の方は、舗装された林道のようです。





ススキ祭りの時は、ここで止められました。ここからは入場料が必要で、シャトルバスの運行もされていました。

今日は誰もいませんね。





この駐車場の隣には、簡易トイレが設置されています。





簡易トイレと思ったら、ちゃんとしたトイレでした。





新しく設置されたようで、とてもキレイなトイレです。





この先の見取り図です。どうなっているのでしょう?


三筋山の麓にも駐車場があります。そこまでは、クルマでも行かれそうです。



初めて足を踏み入れました。細野高原の入り口です。





細野高原第一駐車場に着きました。ここにも、トイレがありました。


先ほどの下の駐車場は、第二駐車場で、この先には湿原があります。



「入山協力金にご協力下さい」とあります。細野高原は、山焼きなどを行う事で保全されているので、協力金のお願いが記されています。協力金は20円でしたが、細かいのがなかったので100円玉を入れてきました。


「作業道以外に自動車などで入らないで下さい。」とありました。知らずに、ここまで枯れ地の中を走って来てしまいました。


ここからは、道路を走りますねー。





風力発電の風車が山の上に見えています。どんな景色が、待っているのでしょうか?





道が何本も見えます。どこまで登れるのでしょうね・・・






次回、「上から見ると、こんなトコロでした。」



セローで上って、見えた景色をアップします。




今年やり残したコトって・・・これ?




DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
メリークリスマス!今日がクリスマスです。

それから、今日は満月でもあります。時間は20:11、このブログをアップした1分ほど前です。

ダイレクトマーケティングの世界では、DM、メールなどの告知をした場合、一番反応率がいいのは、新月の時、次が満月の時だそうです。

今回はその時間を狙って、記事をアップしてみました。反応率は変わるのでしょうか・・・?



・・・で、何を告知するのかと言うと・・・


パーティー・・・?



やっぱり、ホームパーティー・・・?





実は昨日が子供の誕生日で、今日は友達を呼んで、パーティーをするとの事・・・





何人ぐらい呼んだの・・・?


20人!



えっ?20人・・・?


ホントに来るの・・・?



料理なんて作らねー!

人数も分からないし、何が好きで何がキライかも分からない・・・

そーだ、勝手にやってもらおー!



・・・と言う事で、バケットを4本、あとはハムやチーズ、ホイップクリームにフルーツ、20人分のお皿なんてあるわけないから、ぜーんぶお弁当のアルミカップ。足りなくなったら、追加して、スパゲティや、冷凍ピラフでお腹を満たせば、20人くらい何とかなるでしょ!



100均で買ってきた、デカンターにフルーツをカットした物を入れて、スーパーで買ってきた紙パックの100%ジュースを注ぎました。





美味しそうに見えたりして・・・





ここからが本題です。

来年の1月10日(日曜日)に、セロー・カフェミーティングをブルックスにて行ないます。




10:00~12:00にブルックスで、「お茶会」をしています。走らないミーティングですので、お気軽にお越しください。


DATE: CATEGORY:セロー250
セロー250の標準スプロケットの重量は、1074gです。


「・・・これじゃあ記事じゃないじゃん!」

「もー少し、記事らしく書けよ!」




はい、チェーンの交換と一緒に、前後のスプロケットも交換したんですよね?

「・・・よね?じゃなくて、交換したんだろ。自分のコトじゃねーか!」


はい、交換しました。それで軽くなって・・・


見栄えも良くなって、自己満足度が上がって・・・

「満足度が上がってって、そりゃクマさんだよ。走りが良くなったんだろ!」



ええ、走りが見違えるほど良くなって・・・ところが、外したチェーンの重量はどうか?って、摩耗分軽くなったんじゃないかって・・・

でも、メンテ不足でチェーンの寿命が、来てしまった訳だから・・・そのーいまさら掃除なんて、ね、めんどーじゃないですかー。

「で?どーした?」

スプロケなら、まだ掃除が楽かなー?なんて思って・・・


「ピカピカにしてどーすんだっ?!」

いや、きれーかなー?って・・・



閑話休題(それはさておき)



25,800km走った状態がこんな感じです。





裏側も掃除してみました。





ジュラルミンのスプロケの重量は・・・


431gでしたね。



標準のスプロケットは、1,074gです。


・・・って、もう言ったじゃん。



じゃーん!チェーンとスプロケ!


向う側でしたね・・・



外した、標準のスプロケですが、ご希望の方に、お譲りします。送料をご負担頂ける方で、ご希望の方は、コメントにてお知らせください。先着1名様かな?



DATE: CATEGORY:セロー250
セローで、初めてチェーン交換をしました。

セロー250に付いている標準のチェーンは、DID428VS3 128LEです。

428は、チェーンのコマの大きさ、VSは、メーカー純正のベーシックグレード、128は、コマの数、LEはスチールカラーです。

今回交換したのは、428VX 128Lです。標準のVSが、Oリングを使っているのに対し、VXは、Xリングでシーリングをしています。これによって、フリクションロスは1/2、耐久性も1.5倍になっています。

TT250Rに乗っていた時は520サイズのチェーンでした。チェーンが小さくなると格下のようにも感じますが、大きなパワーには、大きなチェーン、小さなパワーには、抵抗が少なくパワーロスの少ないチェーンが必要です。意外なコトですが、TT250Rと同じエンジンのRAID(レイド)は、428サイズでした。

昨日、散々ドタバタしながら交換しましたが、走りはどうでしょう?軽くなったでしょうか、ワクワクします。



スプロケ、チェーンの3点セットとかけまして、名探偵コナンと解きます。その心は・・・


・・・どちらも駆動系(工藤家)のハナシです。



スプロケットの色が純正とは違いますね。


色は重そうなダークカラーですが、半分以下の重量です。走りは大きく変わるでしょうね。



いつもの裏山にやって来ました。





富士山は、雲に隠れて見えませんが、菜の花が見頃です。


菜の花って、今頃でしたっけ・・・?



午前中はよく晴れていましたが、お昼過ぎからは雲がかかって来ました。





平地の舗装路、急な坂、とんでもない下り坂、フラットダートと、色々な条件の道を走っています。





で、どーなの?実際に走った感じは・・・?





家から出て、すぐに違いが分かりました。

とにかく車体が軽い!エンジンも調子よくなった感じ。音も静かになったように思えます。

先日のカフェミーで、ブロ友のぱるさんのセローに乗せてもらいましたが、その時に感じたのは、「自分のセローよりも軽い!」でした。

重量的に重い軽いではなく、走りが軽く感じられたのです。自分のセローのチェーンのことは承知していましたので、いよいよ交換が必要だと思わされる試乗となりました。



走りが軽いと、ついつい足を延ばしてしまいます。





こんな気分です。きっとセローも、同じ気持ちでしょうね。





チェーンの寿命で、走りにマイナスの部分があったので、チェーンを変えれば、プラマイゼロ。スプロケットの分だけプラスされるかと思っていましたが、チェーンの効果も大きいようです。





きっと燃費も良くなるはず・・・





おおいゆめの里に来ましたので・・・





ブルックスに寄ってみました。





AX-1が停まっていました。県外ナンバーの方です。





1987年に発売された水冷DOHCのエンジンを積んでいます。ホンダのオフ車は、シングルカムが多いですが、異色のエンジンですね。





一見すると、ラリーレイドっぽくも見えますが、フロントタイヤは19インチと街乗りを狙った車種のようでした。


このエンジンは、後にディグリーに搭載されます。セロー225のライバルとしてコンパクトな車体が売りのモデルでしたが、水冷DOHCが逆に重さを感じさせ、マイナーチェンジで、リヤディスクとポップなカラーリングになりましたが、SL230へと引き継がれてしまいます。



ひと回り走って来たので、交換したパーツの確認と、増し締めを行います。


緩みはありませんでした。



サイドスタンドが重く感じられたので、昨日潤滑スプレーをかけておきました。


見事に軽くなっていました。たまには、やった方がいいですね。



駆動系のバージョンアップは、かなりの効果が期待できます。

元々、抵抗が大きかった事もありますので、走りも大きく変わりました。

とにかく、走っていて楽しいです。エンジンの負担が軽くなったように思えます。

車体も軽くなったように感じられ、先へ先へと行きたくなりました。江戸川コナンは、工藤新一。




DATE: CATEGORY:セロー250
細野高原から帰って来ると、セローのリヤスプロケっトが届いていました。

リヤスプロケの後は、DIDのチェーンが届き、注文してあったフロントのスプロケットも届きました。

ととのいました。スプロケ、チェーンの3点セットとかけまして、名探偵コナンと解きます。その心は・・・



リヤスプロケをホイールハブに固定する際、ネジロックが必要だと思い、買って来ました。


・・・が、サービスマニュアルでは、必要ないようでした。



アルミ製のスプロケットです。重量を量ってみます・・・





431g、軽いですね。





同じようにドライブチェーンも、量りに乗せてみました・・・





1650g、1.65kgでした。


こんな使い方は内緒です。



3年半で25,000kmを走ったチェーンです。





シールチェーンですが、中のグリスは、もう切れたでしょうね。


こうなってしまっては、交換です。



本当は、交換作業を撮りながら進めて行こうと思っていました。

ところが・・・

フロントスプロケットのナットを外そうとしたら、30mmのボックスがない!

あー、確かTT250Rの時に交換したから、あるはず・・・

と、探してみますが、見あたりません。

会社で人の工具を使って交換したのかも・・・?


幸いにして近所にカインズホームがあるので、買い出しに行きました。

これで、写真を撮りながら・・・は放棄しました。


セローのチェーンは、クリップのないカシメタイプが装着されています。

チェーンカッターも自宅のどこかにあるはずですが、これも見あたりません。

チェーンのコマをサンダーで削り、外しました。

新品のチェーンを装着しますが、圧入しないと入りません。

小型のクランプがあったはずですが、こちらも旅に出てしまったようです。

また、カインズホームに行ってきます。


小型のクランプで、コマを押しこみ、クリップ留めしてやっと完成です。

リヤホイールを固定して、チェーンカバー、Fスプロケットカバーも装着します。

遅くなってしまったので、試乗は明日ですね。




DATE: CATEGORY:お散歩
12月にしては、暖かな陽気になりました。

冬の間は、南房総や伊豆の方に足が向いてしまいます。

伊豆・・・?そう言えば、ススキ祭りで入れなかった細野高原に、まだ行ってなかった・・・


ツーリングマップルで見ていたけれど、一度も行ったことがありません。

もうススキは枯れているのでしょうか?



CB1300?・・・だれ?


ホンダXRからヤマハWRに乗り換えた「旅好きライダー」さんです。

平日の不定期休みですが、今回は休みが合いました。

この所、WRばっかり乗っていたので、CBのバッテリーが心配になって来たそうです。

「旅好きライダー」さんも細野高原は初めてだと言う事で、お付き合いいただきました。




JR早川駅に10時に待ち合わせ、細野高原には伊豆稲取の先から入って行きます。





ところが、ここで、まったりお話。先日の房総ツーの話で盛り上がり、カフェミーでもないのに走らないでダンラン・・・


「チームダンラン」・・・って、ダメじゃん!



天気もいいので、たまには・・・


熱海ビーチラインを走りました。

風が強い時は、走りにくいですが、国道135号線は、熱海に近い所で街中を走る道が狭く、この日はクルマも多かったので、楽な道を選びました。



走り始めて1時間ほど、そろそろお昼の時間です。

コンビニでも行きましょうか・・・と話していましたが、道の駅があったので、立ち寄ることにしました。


カフェミー?



ソフトクリームが有名なお店のようです。


大きめのホットドッグや、ソフトクリーム、揚げパンソフトが美味しそうです。



・・・で、選んだのが、揚げパンソフト。


温かい揚げパンにソフトクリームが、ホットドッグのように挟んであります。

熱くて冷たい、不思議な食感です。

クリーミーな泡のコーヒーと一緒に頂きました。



この時点で12:50。時間は大丈夫・・・?





「旅好きライダー」さんは、4時には戻らなくてはいけないとの事。残念ですが、大川温泉から引き返します。

私は、大川温泉から山の中へ入って行こうと思います。


ところが、事前に地図で確認していた道が、分かりません。

山の中を何度か行き止まりになりながら、結局は熱川温泉に下って来てしまいました。



時間も押してきたので、今回はこれで帰ります。

かなり、まったりとしていたので、「@チームダンラン」になってしまいました。

でも、「旅好きライダー」さんが、ホーネット250からCB400、現在のCB1300SFに乗り継いできた話や、XRのタイヤにサイドカーのタイヤを装着した裏話など、面白いお話が沢山聞けました。

全国制覇には、CBが必要・・・じゃあ、全国制覇した後は・・・?

WRとセロー、どっちが合ってる?など、ハナシは尽きません・・・

けど、ツーリングの途中でしょ?



ま、いいっか。



自宅に帰ると、「ポチッ」した物が届いていました。



開けちゃいます!



へへへ・・・スプロケ!





セローのノーマルサイズです。48T。





このスプロケのいい所は・・・





ダンパーが入っているんです。

しかも、アルミ製だから、軽い!



25,000kmを越えて、チェーンのメンテナンスがいーかげんだったので、延び代は大丈夫ですが、変な癖がついてしまいました。

シールチェーンなので、CRCなどの溶剤は使えません。地道にブラシで掃除していましたが、そろそろ気力が続かなくなりました。

チェーンの交換と一緒に、前後のスプロケも交換します。

チェーンは、注文済みで、フロントスプロケは、これからの注文です。

全部交換したら・・・



行こうぜ細野高原!




そんなに気合いが必要でしょうか・・・?

copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ