プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
SEROW ONLY Vol2が、発売されますね。

これまで幾度となく、雑誌の中では特集されて来ましたが、一冊の本となって現れるのが、やっと2号なんですね。

今回は、セローの誕生から、現在に至るまでを、自分の知っている限りお話しようと思います。

ですから、この記事だけで、日本のオフロード車の歴史の一端を知る事が出来ると思います。


セローと言うと、これまで「初心者向けのオフ車」のイメージが強かったと思います。

セロー225の時は、250ccクラスの格下のような扱いを受けていたり、フルサイズのオフ車を持て余す人達のバイクのようなイメージもあったと思います。

その反面、一部の方達からはアタックに特化したオフ車として、信頼を得ていましたし、通勤や通学の足としても重宝されていました。


現在のセロー250はどうでしょうか?

250ccに拡大した事で、以前フルサイズのオフ車に乗っていた「リターンライダー」が、ユーザーになっている場合もありますし、ツーリングを主体として使われているケースも多いようです。




事の起こりは、1985年。

その当時は、空前のエンデューロブームで、「ウイークエンド・モトクロッサー」のキャッチコピーのDT200Rや、DOHC4バルブ、クラス最長のサスペンションストロークを誇るXT250Tなどが全盛でした。

こんなレーサーレプリカ化が進んで行く中、ヤマハが放ったのが、「2輪2足」のセロー225でした。

発売当初、オフ車に乗る人達からは注目されましたが、じゃあ買う?って言うと、「・・・」でした。

3年後の1988年、これまでのオフ車の常識を覆す、セル付きモデルにマイナーチェンジされます。

軽さを求めて、バッテリーレスにした車種がある頃、あえてセルモーターを付けてのマイナーチェンジでした。

誰もが、???でしたが、これまでオフ車に乗っていなかった人達が、乗るきっかけになりました。


今でこそ、セル付きは当たり前ですが、国産オフロード車で最初にセルを付けたのは、セロー225でした。

こうして、新たなジャンルを作り、新たなユーザーも作って行きました。


そうなると、黙って見ていられないのが、ほかのメーカーです。


ホンダからは、SL230。カワサキからは、スーパーシェルパが発売されますが、ブランドを築いてしまったセローの前では、その牙城を崩す事は出来ませんでした。

SL230は、シックなカラーリングと落ち着いた雰囲気で、セローに無い魅力を持っていましたし、スーパーシェルパはDOHCの250ccで、高速道路での移動を得意としていました。


1983年にXT250TからフルモデルチェンjしたTT250Rが登場し、1996年には2ストセロー?とも言われたランツア230が登場しますが、250ccクラスのバイク全体としては、スクーターの全盛期で、1997年から2000年までは、キムタク効果のTW200が販売台数を伸ばし、オフ車の低迷期に入って行きます。


2005年にセロー250が登場し、3000台以上を販売します。

2007年にWR250Rが登場しますが、スペックの高さから万人受けするモデルではありませんでした。


オフロードに特化したWRと、ツーリングからアタックまで、用途を選ばずに使えるセローと、オフ車のラインアップを縮小しつつある今の流れに対し、ヤマハさんは頑張ってくれています。


セロー250は、セロー225よりもロードでの性能が良くなっていますので、林道までのアクセスが225よりも楽になりました。

TT250Rからのデジタルメーターも採用され、225からの差別化も行われました。

自分の場合は、消去法で選んだバイクでしたが、どこにも特化していないセローのキャラクターが、初心者からベテランライダーにまで、支持される結果となったと思います。


現在、国内版の国産メーカーでは、ヤマハが、セロー250とWR250R。

ホンダのCRF250L、カワサキのKLX250ファイナルエディションと、この4車種だけです。


レースに特化した性能は、求められなくなったのでしょうか?ダートでのスピードよりも、扱いやすさが重視される時代の流れに入って来たようです。

もう少し尖ったバイクが欲しい所ですが、置き場さえあればセローは取っておきたい所です。


1985年に登場した時の印象から大分変わって来ました。

セローも変わりましたが、取り巻く環境も、乗り手の意識も大きく変わったような気がします。

排ガスの基準値やABSの義務化など、バイクにまつわる規制も厳しくなりますが、セローはこのまま残って欲しいですね。




スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
秋の長雨と言うか、台風の影響でしょうか、今年の9月は雨続きですね。

夜明けに時間も遅くなり、日の入りも早くなりました。

長距離ツーでは、夜が明ける前に出発するようになりそうですね。


夜が明けてからでも、十分間に合いそうなのが、セローカフェミーティングです。

午前10時からお昼の12時まで、足柄上郡大井町のブルックスで「お茶会」をしています。


セローに乗り始めたけど、本格的なダートは不安・・・とか、みんなどんなトコ走っているの?こうした方が良いコトってある?

走らないお茶会ですから、ダート未経験の方でも大丈夫です。


「ブロンコ道行って来ました!」とか、いろいろと話が聞けるといですね。

ブルックスの大井事業所は売店もありますが、試飲スペースもあり、何杯でもお好きなコーヒーを飲む事が出来ます。

日本茶やハーブティー、ココアや紅茶もありますので、アイスでもホットでもお好きなものが飲めます。






天気が良ければ、午後からは「お散歩」に行くかもしれません。

来て下さった方のご希望に合わせる形での「お散歩」ですから、景色優先のお気楽ツーです。


お時間がある方、セローでなくても大丈夫です。お気軽にお越しくださいねー。





道順は、こちらからどうぞ。

「セローカフェミーティングのお知らせ」
http://serow250fi.blog.fc2.com/blog-entry-426.html

DATE: CATEGORY:あそびかた
9月25日の日曜日、SEROW ONLY vol2連動企画で、松下時子さんとのツーリングがあります。

この所、休日と言えば雨続きでしたが、今度の日曜日は晴れそうですね。

詳細はこちらでご確認ください。
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/27142


残念ながら、この日は地元のお祭りがあって、セローのイベントには参加できません。

誌面に登場できるかもしれませんね。

行かれる方は、お気をつけて!


DATE: CATEGORY:ひとりごと
セローを新車で買いました。

ナラシも済んで、普通に走れます。

リーンアウトも出来て、スタンディングで乗っていられます。


さて、どこに行きましょうか・・・?


身近なところで、県道や農道を探してみます。

山に向かって行く県道や、山の中に伸びている農道を走ってみます。


県道は、国道に近い立派な道もありますし、舗装林道のような細くて荒れた道もあります。

ここで大事な事は、滑りやすい路面に慣れる事です。

慣れると言っても、滑りやすい路面でコントロールするのではなく、道のパターンを知り、先を予測して減速出来るようにする事です。


アクセルを開けるとどんな動きをするのか、ブレーキはどこまで強くかけても大丈夫か、バイクをコントロール下に置く事を練習します。

ダート走行は常にリカバリーの連続です。ほとんどの事はセローがやってくれますが、スピードコントロールは乗り手に委ねられています。

対向車に出会っても、大丈夫なスピードで走って下さい。


農道の魅力は、目まぐるしく変わる路面状況、ありえないような急坂、驚きの景色。「こんな所で農作業だったら、気持ちいいだろーなー。」と思えるぐらい。「ここと、ここがつながっているのかー!」と言う発見。突然の行き止まり。

県道の魅力は、クルマが通る事を想定してある安心感。山の方ではプチ林道体験、アドベンチャー感ですねー。


農道と県道の中間に位置するのが、広域農道です。

張り巡らされた農道を、アクセス良くするために作られた、舗装路です。

走りやすいオンロードですが、支線の宝庫です。

セローなら、Uターンもし易いですから、支線に入って行くのも良いでしょうね。

何人かで行くと、Uターンの時にアクセルターンでカッコいい所を見せたくなりますが、路面にタイヤ痕を付けると思わぬ規制の引き金ともなりかねませんので、自重しましょう。


さあ、地図を広げましょう。

と言っても、地図など手元にありませんよね・・・。


実は、グーグルマップで調べています。
https://www.google.co.jp/maps/@35.2540174,139.1491326,12z

グーグルマップは、航空図と切り替えが出来ますので、地図上では繋がっていなくても、航空図では道が出来ていたりします。

ただし、通行可能かは分かりません。


国土地理院の地図もあります。
http://maps.gsi.go.jp/#14/35.297754/139.200854/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0

この地図は、以前は大きな書店で売られていました。

今はタダで入手できます。


必要な部分をプリントアウトして、持って行きます。

書き込みが出来ますから、実際に通れるか、道の状態はどうかなど、生きた情報を持ち帰れます。


スマホがあれば、走行履歴を取る事も出来ますし、ナビがあればもっと楽かもしれません。

ただ自分の場合は、転倒が付き物ですから、ハンドル周りは極力何も付けないようにしています。



ナビの場合も、地図の場合も、林道の名称は記載されていません。

そこで頼りになるのが、ブログの記事だったり、ユーチューブの動画だったりします。


全部を知ってしまって行くのも味気ないかもしれませんが、走って来た林道を確認するために見るのも、楽しいですね。


実際の「林道」は、舗装路の上に土砂が堆積していたり、落ち葉や枯れ枝で道が覆われていたり、林の木が道に覆いかぶさって来たりと、道幅の半分しか使えないような所もあります。


また、支線探索をしていると、作業道に出くわす事もありますが、作業道は私有地の場合もありますので、私有地ならば入らないようにして下さい。


ケガなく、無事に帰って来る事を、一番に考えて下さい。

出来るだけ、転倒は避けた方がいいと思います。


視線は遠くに、リラックスして走りましょう。




こんな感じかな・・・?
DATE: CATEGORY:ひとりごと
今まで取りためた動画を使って、ユーチューブにアップして来ました。

ユーチューブのいい所は、実際にどんな人がその動画を見に来ているのか、ちゃんと分かるようになっています。

「アナリティクス」です。その中の「ユーザー層」を見て、愕然としました。



50歳代の男性が、圧倒的に多いんです。



このブログから、動画へと行って下さる方が多いからだと思いますが、34歳以下の方は、5%ほどなんです。


カワサキが、KLXの生産を打ち切り、スズキも250ccのオフ車はなく、いよいよ少子高齢化が実感されてきたと思いました。

バイクも車も、国内での販売よりも輸出にシフトせざろう得ないのが、分かりますね。


最近では、オフ車でもKTMやハスクバーナなど、外車が珍しく無くなりましたが、国内メーカーが、新型車を出せないような規制が多くなってきたのも、一因かと思います。

日本のメーカーも海外に工場を移し、外車としてプレスト・コーポレーションが販売するようになってしまうのでしょうか?



実際、セローの次の候補は・・・?と聞かれると、答えに困ってしまいます。

ポルトガルのAJP辺りでしょうか・・・。


オフローダーの人口を多くする対策が、早急に必要かと思います。

ヤマハのオフ車と言えば、DT-1から始まりました。

それまでは、ロードモデルのマフラーを高くした、スクランブラーしかありませんでしたから、オフロードに特化したDT-1は、世界中で大ヒットしました。

今のセローと比べると、オフでの性能は雲泥の差ですが、当時はデュアルパーパスとして販売されていました。



そこで、DT-1の復活です。



いえいえ、DT-1の復刻モデルを作った所で、50代以上の人にしか反応は得られませんよね・・・。

オフ車のセローと、オンロードのスクーターを繋ぐ様なモデルの開発です。



本格的なオフロードまでは行かなくても、街乗りからフラットダートまでをカバーできるようなモデルです。

タイヤサイズは、足付きのいいF19、R18インチです。

ちょうどブロンコのサイズで、スクーターのようにギアチェンジはナシです。



ホンダのNCやアフリカツインのように、AT化が今後進んで来ると思います。

AT限定免許でも乗れるデュアルパーパス車として、「セロー」の名を付けるか、「ブロンコ」を復活させるかは分かりませんが、DT-1のようにエポックメイキングなモデルになるといいと思います。



ただし、これまでも同じような試みはされて来ました。

ホンダのAX-1。PS250 。カワサキ250TRとかありましたね。どちらも市場を席巻する事はありませんでしたが、デザインのヤマハなら、20代にも受け入れられるスタイルを出す事が出来るでしょう。



もしかしたら、もっと先の電動バイクが、もう発売間近だったりして・・・?マジか?





DATE: CATEGORY:ひとりごと
ベタなタイトルで、すいません。

もう、見出しでどんな記事か分かってしまいそうですよね・・・。


新車のセローを買って、ナラシも終わりました。

普通の道は、普通に走れるようになった所から、話を進めて行きます。





オフロード走行時に、良く使われるのが、「リーンアウト」です。


車体を傾けて、自分は車体の外側でバランスを取るような乗り方です。

滑りやすい路面でも、修正しやすい乗り方になります。


左右どちらでも、ハンドルをいっぱいに切って、最小回転半径で回る練習をします。


走りながら、徐々に半径を小さくして行っても良いですし、フルロックで停止状態から、クラッチ操作だけで発進しても良いでしょう。


ハンドルを左右どちらかに切って、アクセルは開けずにクラッチ操作だけで、発進します。

これが、かなり難しいです。

ハンドルを左に切っていると、クラッチ操作で動力を伝えた瞬間に、車体は右へと傾きます。


ここで、うなずいたあなた、経験ありますね。


ですから、両足を地面につけたまま、この操作を行ってみて下さい。

アクセルは全閉です。

インジェクションのノーマルセローの場合、クラッチ操作だけで、発進できます。

上手くいかない時には、ハンドルを直進状態に戻して、やってみて下さい。

クラッチミートの練習です。


クラッチが繋がった後も、アクセル操作はしません。

ハンドルをフルロックのまま、回れるか練習します。


傾斜のない、広い場所でやって下さいねー。

両足をバタバタやりながら回れたら、次はシートに座って回ります。

この時も、アクセルとクラッチは使いません。


難しくなってきたでしょ?


セローは、インジェクションですが、エンストを起こす事もあります。

アイドリング付近での急激なスロットルワークで、エンストします。

それを防ぐために、半クラを使いたくなりますが、リーンアウトのバランスの練習ですから、アクセルとクラッチは使わずに練習します。


ステップに立って、フルロックに近い状態で、回ります。

もう、車体を傾けないと、回って行きませんよね。

この時に、車体内側のステップに荷重して、自分の腰の位置は車体の外側に出してやります。

これが、リーンアウトです。


ハンドルを左いっぱいに切って、左足に荷重して、身体は車体の右側です。

車体が左に傾いていますので、右ひじが外側に張り出していると、頭の位置がフロントフォークの延長上に来ていると思います。

反対回りも練習します。


思うように曲がれないと思ったら、先に身体を外側に出してみて下さい。

地味でしょ?

一日では、完璧にはなりません。


実は、舗装路でも、カーブの時に曲がる方向のステップに荷重します。

上半身でターンの方向を決めているのだと思っていましたが、上半身は作業量が多いので、分業にした方が疲れないそうです。


だんだん、ややこしくなってきました・・・?

・・・私もです。





DATE: CATEGORY:ひとりごと
新車で乗り始めると、「ナラシ」をした方が良いよ。って、言われます。

セローの取扱説明書の5‐3にも、「ならし運転を行うと車の寿命を延ばします。」と、あります。



ナラシと言うと、エンジンだけの事を思い浮かべますが、実はタイヤにもナラシは必要です。

タイヤを交換した際には、タイヤとリムのマッチングのため、100km程は抑えて走ります。





慣らし運転は、急加速と急減速を避けて運転します。

タコメーターはありませんから、具体的なエンジン回転は分かりません。

出来る事なら、平地で交通量の少ない道路が良いですね。

信号の無い、自動車専用道路もいいと思います。

大型車を併有している方にとっては、ゆっくりとした加速は、耐えられないと思いますが、1000kmほどじっくり付き合ってあげて下さい。



1000km走った後は、1か月点検です。

エンジンオイルと、オイルフィルターを交換します。

私はレッドバロンで購入しましたので、オイルリザーブ会員に入りました。

エンジンオイル30リットルを先払いで購入して、使った分だけ差し引かれるシステムです。





セローの場合、エンジンオイルの交換は、1.3リットルですから、1ℓ缶を2本用意する必要があります。

700cc残りますが、次回のために取っておくようになりますね。

この手間が無いのが、オイルリザーブ会員です。

交換工賃はかかりますから、その都度お金が必要ですが、自分で廃油処理する事もなく、点検もしてくれますので、自分にとっては便利です。

ただし、アンダーガードが付いている場合、脱着工賃も請求されますので、オイル交換の時には、自分で外して持ち込んでいます。





エンジンの暖気運転も、人それぞれですね。

私の場合、大きな通りに出るまで、かなりの距離を走りますので、暖気運転はせずに走りだします。

エンジンをかけて、門を閉めるとすぐに走りだしますが、ゆっくりと走ります。

エンジンだけでなく、駆動系やサスペンションなどにも暖気運転をするためです。

走り始めて30分ほどは、人間の暖気運転もしています。

いきなり一番乗れていた時のイメージで走らない事です。

本当は乗る前にストレッチでもした方が良いですが、走り始めてから身体を動かしたりしています。




DATE: CATEGORY:ひとりごと
セローの納車も済み、いよいよ乗り出したい所です。

取扱説明書と実車を見比べて、だいたいの事は分かりました。

とりあえず、ガソリンを入れに行きましょうか?


・・・セローじゃないじゃん!



初めて乗る時は、期待でいっぱいです。

楽しくて嬉しくて仕方ありません。

でも、この時に確認して欲しいのが、ハンドルバーやブレーキレバー、クラッチレバーの位置です。


新車で送られた場合は、メーカーが推奨する当たり障りのない位置です。

中古車の場合は、前のオーナーの好みだったり、中間で整備した方のセットアップだったりします。


ノーマルセローのハンドルバーは、絞り込みが強く、大柄な方には窮屈に感じられるかも知れません。

そこで少しでも楽しく乗れるように、自分に合ったセットアップをします。


具体的には、ハンドルバーの角度調整と、ブレーキ・クラッチレバーの角度調整です。

それでも納得がいかない場合は、ハンドルバーの交換や、バーライズキットでのかさ上げもありますが、ここではノーマルに状態で、お話を進めて行きます。


普通に座った状態で、ハンドルバーの高さを調整します。

次にシートの先端に座って、様子を見ます。

さらに、ステップに立ちあがった状態で、ハンドルバーが低過ぎないか、確認します。

ハンドルバーの調整は、ステアリングポスト上の4本のボルトで行います。

4本を緩め、好みの角度になった所で、車体前方の2本を締めこみます。

その後、車体後方の2本を締め、固定します。


次に、ブレーキレバーとクラッチレバーも調整します。

工場出荷時には、ほぼ水平でセットされていますから、ステップに立った状態で、手首に負担がかからない位置で調整します。


さらに、シフトペダルも見てみます。

かなり低い位置で、出荷されています。

シフトペダルが低いと、岩などにヒットした場合、曲がる事もありますので、なるべく高い位置にしたい所です。

ところが、高くしようとすると、シフトペダルのリンク部が車体フレームにぶつかって、シフトアップが出来なくなります。

ですから、リンクの長さも調整して、ギリギリまで上げるようになります。





スニーカーなどで乗っている時は足首が自在に動きますが、MXブーツなどにした場合は、シフトペダルが低い位置ですと、シフトアップがしにくいです。

トライアル車などは、シフトアップは、かかとで行いますが、MXブーツでのシフトアップは、ステップから足を離してヒザを上げるように行います。

シフトペダルが水平よりも高い位置にあると、左足のつま先の位置が心配ですが、ステップには土踏まずではなく、つま先で乗るようにします。

こうすると、くるぶしでフレームをホールドできますから、舗装路も楽に走れると思います。


ハンドルバーを握る時は、小指、薬指、中指の順で握って行きます。

こうして、ひじが外側に出るようなポジションで乗っていると、上半身に余裕が出来ます。


いかがですか?ガソリンも満タンになりましたから、そろそろ走ってみます?





DATE: CATEGORY:ひとりごと
セローに限ったコトではありませんが、バイクを買って納車されました。一番最初に何します・・・?

ガソリンを入れる?・・・お清めしてもらう?・・・いきなり全開にする?

人それぞれだと思いますが、まずは取扱説明書を読みましょう。


は?当たり前すぎて、つまんない・・・?

1台めのバイクは、隅から隅までよ~く見てました。

でも、2台3台と乗り続けると、全部分かった気になっていたりします。

クルマも同じですねー。


普通に使う分には、何の支障もありませんが、ちょっと変わった事が起きると、初めて取扱説明書を出したりします。

ですから、最初に行う事は、やはり「トリセツ」を読む事です。

それから、書類を全部降ろします。

エッ!?車検証も・・・?


法律では、検査証と自賠責保険証を常に携帯していなければいけないので、降ろしたままですと、違法になります。

ところがバイクはクルマと違い、書類を保管するスペースに限りがあります。

しかも、取り出しにくい。

また、万が一の時、原本が車体と一緒の場合、回収に苦労する事もあるかと思います。





そこで、検査証と自賠責保険をコピーしたものをパウチして、車体に乗せておきます。

原本は、自分の身につけておいた方がいいと思います。


以前は、健康保険証もコピーして、車体に積んでいました。

今は、保険証がカードサイズになったので、車体に積む事は無くなりました。

健康保険証は、個人情報の宝庫ですから、コピーはしない方が良いですよね。






DATE: CATEGORY:ひとりごと
バイクを購入したり、名義変更の時に必要なのが、自賠責保険。いわゆる強制保険ですね。

車検がある251cc以上や、クルマの場合は、次の車検まで入るようになっていますが、原付から250ccまでは、1年から5年まで自分の選択で加入する事が出来ます。


以前は3年まででしたが、スクーターが普及した頃に、気付かずに自賠責保険が切れたまま乗ってしまうケースが多かったので、最長期間を5年にしました。

スクーターの代替えサイクルを考えて、5年にしたそうです。


もし切れたまま乗っていると、どうなるか知っています?

1年以下の懲役または50万円以下の罰金と、違反点数6点で一発免停になります。

また、任意保険に入っていて、自賠責を切らし人身事故を起こした場合、本来自賠責保険で賄われる金額が最高3,000万円ありますが、任意保険の対人賠償は、その金額を差し引いた額しか支払われません。

従って、加害者が3,000万円を負担する形となります。


250ccのバイクの場合、期間1年での加入料は、9,510円です。

これが2年になると、14,290円。

最長の5年加入ですと、28,060円と、年間5,612円になります。

長く加入するほどお得になりますから、いつも加入は5年です。


中古車を購入した場合、5年も乗るかどうか分からない・・・。なんて事もあるかと思いますが・・・。

自賠責保険は、次の車両に移行する事が出来ます。

さらに、全く乗らなくなってしまった場合、登録を抹消すれば(ナンバーを返す)、自賠責保険を月割りで返還する事も出来ます。

残り月数がそのまま還って来るほどではありませんが、まるまる損にはなりません。







自賠責保険は、対人保険ですので、相手の物には保険は出ません。

また、自分がケガをした場合も、自賠責保険は使えません。

相手のクルマや、ガードレール、自分のケガに対応できるのは、任意保険です。

ロードサービスが付帯している保険もありますが、「林道」は、ロードサービス適応外になる事が多いようです。

アタックルートを行く場合は、お気を付け下さい。





copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ