FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


FC2アフィリエイト


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


Niviy コーヒードリップポット 細口 ステンレス ドリップポット


フリーエリア


DATE: CATEGORY:はじめての林道
自分の場合、実力以上の理論防衛していますから、走らない限り、ボロは出さないんです。

さらに、姑息なテクニックも兼ね備えていますから・・・って、ワルチェロ参上ですね。





信号で止まっていて発進する時に、どうしています?



左足を地面に着けて、クラッチミートして、車体が動き出してからステップに足を乗せていますよね。

1速で80km/hも出せる車種でしたら、左足を引きずったまま加速していくこともあるでしょう。


信号からスタートする時に、車体が動きだす前に、左足をステップに乗せます。

一瞬ですけど、スタンディングです。




これは意外と簡単で、ポイントは車体が垂直になっているか?だけなんです。

クラッチが繋がり始めた所で、足をステップに乗せますから、車体はすぐに動き出します。

それでも、隣にクルマがいる時には止めておきましょう。





もっと簡単なのが、両足を地面に着いてからのスタートです。

車体の垂直が、片足を着いている時よりも、分かりやすくなります。

両足を地面に着いた状態から、一度に両足をステップに乗せます。

荷重はシートにありますから、車体がふらつく事はありません。

両足をステップに乗せてから、クラッチミートして、発進します。

片足よりも、長時間のスタンディングが出来ますね。

これも、クルマが横にいる時には、止めましょう。




後ろにいるドライバーに、圧倒的な優位性を見せつけて、小排気量車でも邪魔にならないと認識させます。

「こいつが本気で走ったら、到底追いつけない。」と思わせれば、トラブルも回避できます。


今回は、ワルチェロですから、ナイショのネタです。


信号に引っかかる度に、イライラするようなコトがあったら、思いだして下さい。

実際には、車体を常に垂直にする練習になっています。





DATE: CATEGORY:はじめての林道
今回は林道に限らず、街中でも有効なテクニックですけど・・・。






狭い道から大通りへと、合流する事ってありますよね。

たとえば、左折しようと思って、右から来るクルマを見ているんですけど、なかなかクルマが途切れない。

歩道には人や自転車がいないので、すぐにでも出たい所ですが、クルマの切れ間がなかなか来ない。


こんな時には、落ち着きましょう。・・・って、落ち着いていますよね。





この場でこれ以上、何が出来るかと言えば、右手を離してしまう事です。


クルマのドライバーにも、「予知運転」をしている方はたくさんいられます。

左手に合流しそうなバイクがあれば、強引に入って来るかも?と、アクセルを緩めたりブレーキペダルの上に足を移動したりします。

こちらとしては、早く流れの切れ目が来て欲しい訳ですから、流れているクルマには、なるべく早く通過してもらった方がいいんですね。


そこで、アクセルグリップから手を離すんです。


二輪経験のあるドライバーなら、絶対に来ない。と、判断できますから、スピードを緩めることなく安心して通過してくれます。

行くのか行かないのか、確実に相手に伝える事が出来れば、交通の流れはスムースになります。


ウインカーもそうですよね。

直前になって左のウインカーを出され、ムカッときた経験もお持ちでしょう。

相手をけん制するために、わざとウインカーを遅く出す人もいますが、相手が譲るかどうかは、その時、その人の精神状態次第ですから、駆け引きの道具にしない方がいいと思います。


平日に仕事で運転している方には、「予知運転」をされている方が多いようです。

逆に休日だけ運転されている方の中には、教習所で教わった通り、道路交通法を自分なりに解釈した運転をされる方も居られるようです。


片側通行の、手信号で交通規制をしている方にも、止まれの時には、大きくうなずいて右手を離したりします。




走行中は危険ですので、おススメしませんが、確実に止まる事を伝えるために、後続車が無い時には行っています。


あ、林道では片手を離したりしませんから、「はじめての林道」では、ありませんでしたね。




しっかりカメラ目線。

DATE: CATEGORY:はじめての林道
林道で停まって、きれいな景色を眺めたり、写真を撮ったりしますよねー。




デジカメを首からぶら下げていますので、セローに跨ったまま写真を取るコトも多いんです。



そんな時には、ギアが入ったままでも両手が使える、クラッチホルダーが便利です。




クラッチを切ったまま保持できますので、ギアがローに入ったままでも、大丈夫です。


正式名称は、レバーロックなんですね。

「効果的だったアフターパーツ。」でも、紹介しています。


では、セローを停めて、降りて行く時はどうしています?

ブレーキを握って、左足でチェンジペダルをカチャカチャ・・・やっとニュートラルが出た。

サイドスタンドを出して、キーをオフにして、エンジンを止めたら、左側に降りて、ハンドルを切って、動かないか確認します。よね?


この一連の動作が、もっとシンプルになります。



それは、「ギアをローに入れたまま、サイドスタンドを出す。」です。


現行型のバイクは、サイドスタンド畳み忘れ防止のために、ギアが入った状態でサイドスタンドを降ろすと、エンジンが停止します。

ですから、ギアがローに入っていれば、そのままサイドスタンドを降ろすだけで、エンジンは停止し、降りる事が出来ます。

ギアはローですから、車体が勝手に動き出して転ぶ事もありませんし、なかなか出ないニュートラルにイライラする事もありません。


ただし、インジェクション車の場合は、コンピューターに誤った情報が流れますので、エンストで停止した場合や、キルスイッチでエンジンを停めた場合、サイドスタンドのセンサーでエンジンを停めた場合には、一度メインキーをオフにして、リセットする必要があります。





スタートする時には、ギアが入っていますので、サイドスタンドを上げてからでないと、セルモーターは回りません。

故障か?と、焦らないようにお気を付け下さいね。


DATE: CATEGORY:はじめての林道
オフ車に乗り始めて、さあ山だ!林道ツーリングだ!って準備を始めましたが、最初の頃は、こんなモノまで持って行きました。


まずは、雨具。

どんなに晴れていようが、全国的に快晴だろうが、ボーイスカウトの経験から「そなえよつねに」ですから、「山の天気は分からない。」、「水蒸気が上がってくれば、霧になる。」と、合羽は欠かせませんでした。

今のように、ゴアテックスの素材などは、まだまだ普及していなかったので、ビニール合羽で、蒸れていました。


それから、地図。

知っている所に行く時でも、全日本ロードマップを持って行きました。

あと、国土地理院の5万分の1の地形図。

今はネットで検索して、プリントアウトも出来ますが、その頃は大きな書店で1枚260円くらいで買っていました。

走った道を塗りつぶしては、悦に入っていました。


懐中電灯。

山の夕暮れは早いので、道に迷った時にも必要だと思い、半日の行程でも持って行きました。

中に入っている乾電池は、リュックの中でスイッチが入っても電池が消耗しないように、1本は逆向きに入れていました。

もちろん、防水仕様です。


非常食。

カロリーの高い、チョコレートやキャンディー、カンパンと水。カロリーメイトが出た時には、とびつきました。


エマージェンシーブランケット。

アルミの薄いシートで、体の熱を反射しますので、体温が奪われない素材です。


ビーパルなどのアウトドア雑誌も読んでいた時期なので、サバイバル技術にも興味を持っていました。


タイヤレバー3本。

短い物を2本と、長い物を1本でした。

ホームセンターで購入した安い物で、先端を削ってバリを取り、少し薄くしたりしていました。


パンク修理セット。

紙やすりと、ゴムのり、パッチの入ったセットです。虫ゴムのチューブも入っていました。


空気入れと、タイヤゲージ。

メイダイの折りたたみ式ポンプです。

エアゲージは、スケールが中から出て来る物。今でもありますね。


予備のバルブと、プラグ。

ヘッドライトと、ウインカーのバルブと、プラグも持って行きました。


長期のツーリングなら分かりますが、日帰りの時にも持ち歩いていました。

背中に背負ったリュックが、重くなると安心感がありましたね。


救急セット。

バンドエイドのほかに、滅菌ガーゼ、包帯、三角巾、マキロン、とげぬき、5円玉。


こうして見ると、ツーリングを楽しむよりは、危険回避の物ばかりのようですね。

荷物が多くなる事で、安心感を得ていたような気がします。

今でも必要だと思うのは、救急セットと水ですが、地図はスマホになったり、ウインドブレーカーに撥水機能があったりと、半日程度の「お散歩」では、必要なくなった物もありますね。

山の中で、何日も過ごす訳ではありませんので、荷物も軽くなりました。



DATE: CATEGORY:ひとりごと
セローに乗り始めの頃、情報を集めるためにネットでいろいろ検索をしていました。

まずは、ブログ。

何も知らなかったので、ヤフーで検索しましたから、YAHOOブログから見て行きました。

それから、ヤフーの知恵袋。


セローの困ったことなどを眺めて行くうちに、ミクシイにセローのコミュがあるコトを知りました。

セローの登録者、3991人!こんなに大きなコミュがあるなんて。

セロー250は、1920人。セローの約半数がこちらでも登録しているようです。


でも、ミクシイって、フェイスブックが出来てから衰退していない・・・?

もともとは紹介制で、知り合いが居ないと参加できなかったんですが、フェイスブックが出来てから会員の流出が多くなり、スタイルを変えたようです。


自分でブログを始めて、いろいろな方と知り合うようになり、ミクシイで連絡をとったり、ミクシイのコミュに参加したりと、ミクシイを活用するようになりました。


で、実際の所、どーなの?


「4月9日は、セローカフェミーティング。」で、参加しているコミュにイベントを立ち上げててみました。






セローのコミュでは、参加者1、気になる0、コメント1、いいね1でした。





セロー250では、参加者1、気になる3、コメント1、いいね0です。







去年から参加している神奈川オフロードネットワークでは、参加者1、気になる0、コメント2、いいね2。







関東の方が多そうな、林道 オフロード 初心者にもアップした所、参加者1、気になる3、コメント1、いいね4、と、ミクシイでのコメントのやり取りが多いコミュの方が、反応はよかったようです。







カフェミーティングは、申し込み不要なので、参加表明は無いと思いますが、実施後の記事に対して、いいね!が付く事は、興味を持たれた方が居られるので、これからも続けていこうと思います。







みんカラと、YAHOOブログウエビックにも記事をアップしていますが、動画をアップできるサイトと出来ないサイト、記事を作成しながら確認できるサイト、画像の大きさが規制されるサイトなど、それぞれに特徴がありますね。


SNSの発達で、見知らぬ人とのつながりが容易になりましたが、ネット上のつながりよりも実際に会ってみたい気持ちが、みなさんにもあるようですね。


ミクシイの活動しているコミュも地域差があるようで、地元に近い活発なコミュがあるといいですね。





今度の日曜日は、いよいよ旅好きフェスティバルが、開催されます。

既に締め切りが過ぎてしまいましたので、今回の参加者は決定しましたが、南足柄にあるアサヒビール園は、工場見学をしなくても、レストランを楽しめます。

ここでは、市場に流通する事がほとんどない、「足柄牛」を食べられます。

焼肉がその味わいを堪能できますが、ハンバーグランチもリーズナブルで、おススメです。


セローカフェミーティングの「お散歩」の時にも何度も訪れましたので、ご存じの方も多いと思います。

5月のカフェミーティングは、連休最終日の7日に予定しています。



IMG_0516[1]_convert_20170305193227

翌日から仕事の方も、午前中だけでもOKですので、お気軽にお越しください。



DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
4月9日って、今日でしょ?

アップ早いね~。もう帰って来たってコトは・・・

誰も来なかった?・・・



朝から雨は降っていましたが、

IMG_0644[1]_convert_20170409170436



ブルックスに着いたころには、雲の切れ間から青空も・・・

IMG_0643[1]_convert_20170409170521



それでも、雨は心配なので、セローは屋根の下へ・・・

IMG_0641[1]_convert_20170409170711



当然、誰も来ていません。

IMG_0642[1]_convert_20170409170624



ブルックスまでは自宅から15分程度なので、よほどの天気じゃない限り、主催者ですから行こうと思います。

IMG_0646[1]_convert_20170409164539



クルマで来る方も、いるかもしれませんし・・・

IMG_0645[1]_convert_20170409164633



午後から晴れるかも知れません。

IMG_0647[1]_convert_20170409164446



へ~、毎月20日はポイント2倍なんだ~、なんて思っていたら・・・

IMG_0648[1]_convert_20170409164342



関係者以外立ち入り禁止・・・?

IMG_0649[1]_convert_20170409164239
いつから、こうなったんでしょう?

何か問題でも起きたのでしょうか・・・?



入れないのは仕方ないので、普通のテーブルに行きます。

IMG_0651[1]_convert_20170409164149
午前9時は、ガラガラです。



一杯目は、癒しのバリ。

IMG_0653[1]_convert_20170409163730
今日は誰も来ないかなー、さすがに今回は厳しいでしょうねー・・・。



今日は自宅から計量カップを持って来ました。

IMG_0654[1]_convert_20170409174420
これで、きっちり140mlのお湯を注げます。

備え付けのポットと違い、お湯がゆっくりと注げますので、コーヒー豆を見ながら注いでいきます。

お味の方は・・・、ブルックスです。

本当はミルクを泡立たせるハンディクリーマーがあると、香りも引き立ちますが、さすがに持ち込めませんね。



誰も来なくてもいいように、読みかけの本を持って行きました。

相変わらず、外は曇り空です。

誰が来ても分かるように、入り口近くの席に座っていましたが・・・

入り口から、中の様子を見まわす人が・・・

足元を見ると、ガエルネのMXブーツ!



初めてお会いしました、tnk_sk_600さんです。

IMG_0657[1]_convert_20170409163434
なんとXT250T!

1983年のヤマハのトレール車です。

フロントドラムの前期型、私も乗っていました。

バイクの名前は記号が多い。

ヤマハの250オフ車

赤いフレームに、リンク式のモノクロスサスペンション、空冷4バルブのDOHCエンジンは27psと先代のXT250から大幅にアップしながらも、車重は113kgと、1kgの減量した当時のトップモデルです。



XT250Tの経緯や、どんな所を走っているのか、お話を伺いました。

IMG_0658[1]_convert_20170409163337



ご自分でレストアされたそうですが、これほどきれいな車体は珍しいですね。

IMG_0655[1]_convert_20170409163202
34年前のバイクですから。


いろいろと話をしているうちに、気が付けばもう12時。

今日は、霧が出ていそうなので、金時公園の上あたりが面白そうです。


ところが外に出てみると、再び雨。

山は避けて、渋沢方面に向かいます。


晴れていれば、こんな感じです。




いこいの村あしがらに上り、渋沢から栃窪、震生湖から白笹うどんへと行きました。

IMG_0662[1]_convert_20170409162550



雨の中の「お散歩」です。

IMG_0659[1]_convert_20170409162906



寒い時には暖かい物が、ウレシイです。

IMG_0665[1]_convert_20170409162156


天候には恵まれませんでしたが、懐かしいバイクにお会いできました。

広く手前に絞られた、鉄のハンドルバー。黒く塗装された、レバー類。スピードメーターの横にはタコメーターと、当時のままのXT250Tでした。



お足もとの優れない中、お越し下さったtnk_sk_600さん、ありがとうございます。

雨の中を、「お散歩」にお付き合いくださいました。


来週は、旅好きライダーさんの、第2回 旅好きフェスティバル!です。

参加表明は11日までですので、ご希望の方は旅好きライダーさんのブログに、書き込んで下さいねー。



晴れて欲しいです。




DATE: CATEGORY:ひとりごと
去年の年頭に、「フロントアップが、自由自在。」なんて、目標を立てましたが・・・。

「金サム?」


ありがたいことに先生には恵まれました。

じゃあ、出来るようになった?・・・。

いや、その、あの、・・・


練習してる?・・・。

いや、いろいろと・・・。あって、いや、なかなか機会がなくて・・・。


ダメじゃん!


ありがたいことに、家の近くは梅林ですから、舗装されたクルマの通りの少ない道が、何本もあるんです。

ところが、あまりにご近所すぎちゃって、農家の方や、犬の散歩の方とも、よくお目にかかっちゃうんです。


もう少し、人気のない所が、ないかな・・・?






少し山の方へ行ってみれば、静かな所もあるかと思い・・・





曽我丘陵へ登って行きます。





史跡もあるのに、いつもはスルー。





地元の人にとっては、あまり気にしていませんねー。





こんな景色も、通勤道路だったりしますから・・・。





歩くスピードじゃないと、なかなか気付きません。





フロントアップには、目標となる「何か」が、あるといいんです。





線を引いてもいいんですけど、動かない丸太なんかあるといいですよね。





それと、転んでも大丈夫なトコロ。





広場に、動かない丸太。あまり大きくない物。





これじゃなくて・・・





曽我山も放棄地再生活動されています。


農家の方が高齢化して、後継者がいないため、山の手入れが出来ないんですね。

山を見渡しても、道路の近くには畑が見えますが、谷になった部分は、人も入っていないような場所があります。

ならば開拓して、トライアルパークが、出来たらいいですねー。



六本松から稜線を進んで行くと、白い看板が見えて来ました。





「不動山入り口」?


だめだって、教えちゃー。

この日も自分以外のワダチが残っていました。

このルートでほかのバイクと出会った事は無いんですけど、人気のルートでしょうか。

不動山へは、この登りは、正直キツイです。

かなり地面を掘ってしまいますので、反対側からの方が、荒らさないと思います。



あったらいいなー、広場に丸太・・・





広場に、





丸太!



ありました。ここで練習できそうです。







日曜日は、天気が怪しいですねー。

晴れていれば、「お散歩」で、行ってみますか?


IMG_0516[1]_convert_20170305193227

4月9日は、セローカフェミーティング。


DATE: CATEGORY:ひとりごと
今日はあいにくの天候ですが、たくさんのセローが、集まってくれました。





IMG_0243[1]_convert_20170401135656
フォグランプを付けたセロー。


IMG_0240[1]_convert_20170401124227
乗り降りがしやすいセロー。


IMG_0303[1]_convert_20170401140833
こちらも、フォグランプとマッドガードを付けたセロー。


IMG_0285[1]_convert_20170401140437
やはりセローには、フォグランプですね。


IMG_0275[1]_convert_20170401140037
アメリカ仕様のセロー。


IMG_0292[1]_convert_20170401140605
YSP30thアニバーサリーモデルのセロー。


IMG_0271[1]_convert_20170401135943
ソフト・トップのセロー。


IMG_0291[1]_convert_20170401140520
補助灯をシュラウドに、ビルトインしたセロー。


IMG_0252[1]_convert_20170401135802
WRのフェンダーに交換したセロー。


IMG_0296[1]_convert_20170401140658
ジウジアローデザインのセロー。


IMG_0255[1]_convert_20170401135851
リヤエンジンのセロー。


IMG_0281[1]_convert_20170401140354
ナンバーなしのセロー。



本日限りの、セローカフェミーティング。

あなたのセローはありましたか?





copyright © 2020 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ