FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
今だから申し上げますが・・・


実は、昨年のセロー生産中のアナウンスを受けて、ワイズギアから出ているホイールASSYを購入しました。

セローが生産中止、新型開発・・・用品も一新されたら、もう手に入らないカモ?

…小心者の心理状況です。


そろそろTW(トレールウイング)も交換時期だし、2セット続けてTWだったから、またMT21にと思いました。





ノーマルのホイールはどーすんの・・・?

・・・聞かないでー!T.薫さんから、50Tのスプロケットも頂いちゃったし・・・。


有効に使うんだろうな・・・!

…前向きに、検討してみます。


このピレリのMT21は、一番好きなタイヤです。

ダートは、標準の空気圧でも、そこそこグリップしてくれますし、エンデューロタイヤにしては、舗装路が安定して走れます。

標準タイヤのサイズがありませんから、一番近いサイズにしています。それでもワンサイズ大きいようで、軽快感は失われています。


タイヤを新しくした時に、必ず行うのが「ナラシ」ですね。

タイヤとリムのマッチングが良くなるように、100kmほどタイヤに負担をかけずに走ります。

具体的には、急加速、急ブレーキ、急回転をしないように走ります。





・・・で、ドコ行ったの?



コーヒー・・・?





RZが置いてある・・・?





店内撮影OK?



ブログに載せても、いいですか?と、お伺いしたところ・・・



二つ返事で快諾してくださった、二宮町のcado-cafeさん。



ライダースカフェとして話しやすいオーナーさんがいられますが、コーヒーの種類も多く、普通のコーヒーショップでは、まず目にしない、貴重な豆も何種類もあり、プレミアムタイプでも600円と、全種類を味わってみたくなるお店です。



以前から気になっていました。



単車俱楽部の9月号に・・・



ライダーズカフェの記事が特集されていて・・・





神奈川エリアの、3軒目に出てきます。



「Who is King of Riders Cafe」関東全域33か所の店舗を回るスタンプラリーです。2018.8.1~2019.5.31ですので、まだ始まったばかり。



木曜日が定休日ですから、お気をつけて。



セローの歩き方」でも目にした方は、多いでしょうか。



単車俱楽部の9月号は、信州の特集で・・・





先日走った町道高嶺線も、松下時子さんの記事がありました。





驚いたのが、SEROWミーティング始動!?



セローミーティング2018



9月29、30日にイーハトーブの森で開催されます。



行ってみます?



りかさんも、載ってました。





タイヤの「ナラシ」は・・・?




あ”~!まだ50km・・・!



セローミーティング2018に、「2日間の走行付き」で申し込みました。

定員が150名ですので、気付いた方はお早めがいいかもしれませんね。



タイトル変えた方がいいかも?



9月2日は、「いこいの村あしがら」で、セローカフェミーティングです。

10時から12時ですが、早く来て駐車場で話し込んでいたりします。

お気をつけてお越しください。










スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:セローカフェミーティング
9月2日は、セローカフェミーティングです。



毎月第一日曜日と、定例化して来ました。

場所は、東名高速大井松田インターから15分ほどの「いこいの村あしがら」で行なっています。





オフ車に乗り始めたけど、周りにオフ車乗りがいない・・・。

林道に行ってみたいけど、一人では不安・・・。

・・・自分がセローに乗り始めた頃の壁でした。

知らないコミュに参加して、レベルが違いすぎたら迷惑かけてしまう・・・。

・・・こんな心配もありました。





ならば、走らないお茶会をすれば・・・?

セローでも、オフ車でも、ロードモデルだって、クルマだって、「走らないお茶会」なら、気楽に参加できるかも・・・?

オフ車に乗っていなくても、オフの話を聞いてみたいとか、人と会うのが苦手でも、黙ってコーヒー飲んでてもいいし、他のセローのパーツの話を聞いたり、行ったことのある「林道」の話を聞いたりと、情報を共有できたり、一緒に走る予定を組んだりできれば、楽しいかな?・・・と、そんな集まりの「お茶会」です。





参加費無料、事前申し込みも不要ですので、10時から12時の間に来てくだされば大丈夫です。

あ、コーヒー代は、自分持ちです。




天気が良ければ、午後から「お散歩」に行きます。

行き先は、お天気次第と参加者次第。

景色優先で、近くの里山を散策します。





スピードは、ゆっくりで、移動中の景色も楽しめるようなルートです。

ブーツをお持ちの方は、ブーツの方がいいです。

膝とスネのプロテクターは、飛び石や落ちている枝などからガードできるので、あった方がいいでしょう。

「お散歩」も自由参加ですので、途中離脱もOKですし、午前中だけのご参加も大歓迎です。



いつもどんなことやってんの・・・?

実は、私もわかりません。


毎回来てくださる方も、何ヶ月ぶりにお会いする方も、誰もが初参加のコミュにしたいと思っています。

知らないコミュに参加するのは勇気のいることですが、目一杯敷居の低いオフ会を目指していますので、ブログを眺めながら、どーしよーかなー・・・とお考えの方も、お気軽にお越しください。







DATE: CATEGORY:ツーリング
「伊豆の林道、午後のメインダート。」って、「伊豆行くの?の、午後のメインダート。」の焼き直し?

・・・ゴールデンルートですから。


同じルートを何度も走れば、「ゴールデンルート」か?

・・・一緒に行ってくれる人は、違ったりするわけで・・・


そーいえば、オラッチェとか行かなくなったよな。

・・・箱根がガスっちゃうと、景色が良くないんで・・・


景色優先だっけ?

・・・林道以上、トライアル未満。


何かまとめた?

・・・伊豆ツーのまとめです。



伊豆と言えば、韮山の反射炉にモビリティパーク。

そんな印象の林道ツーですが、支線も楽しみました。





修善寺駅で鯵の寿司を買い、梅ジュースとお茶とともに頂きました。





修善寺駅からは、修善寺温泉街を抜け、湯船川に沿って奥の院方面へ向かいました。





奥の院まで行ってしまうと、その先の達磨山林道に出れますが・・・





ツーリングマップルの言う通りに・・・





「全舗装で快適なツーリングコース」を鵜呑みにして走ると・・・





ロードモデルでは、大変なコトになります。





取材したのは20年以上前のことでしょうか・・・?





今では廃道寸前。路面の凹凸もあり、土砂や落ち葉、木の枝が道を覆っているところもあります。





ブラインドコーナーも多く、常に対向車の有無を確認しながらの走行になります。





スポーツバルトYOUも、なくなりましたね。





ツーリングマップルの林道情報は、要注意です。





このルートも載っていません。



お気に入りの場所です。



軽トラ1台分ほどの荒れた路面を登ってきました。





フラットダートでもなく、急な上り下りがあって・・・



林道以上、トライアル未満です。



一度話し始めると、なかなか止まらないんですが・・・





それもマスツーの、楽しいところ。



写真を撮ったり・・・



景色を眺めたりと・・・。



富士山も、きれいに見えていました。



そろそろ行きますよー!





達磨山線を北上して、県道18号線を西に向かった先が、こちらです。





なんかごちゃごちゃ・・・



休日はこんな感じですねー。だるま山高原レストハウスです。



ここからの景色も、最高です。





ロードモデルで、何度も来たでしょうか。



木陰を探しては、バイク談義。



カラッとした陽気でしたが、日差しは強かったですね。





ここからが、本日のメインディッシュ!





沈下橋も、支線散策も、富士山の絶景も、前菜のようなもの・・・?



はい。カフェミーの「お散歩」ではありませんから、弱ワルチェロです。



弱ワルチェロって・・・?



…自分が大丈夫なら、大丈夫!って、他の人のことを考えずに走ってしまうことです。

「待たない。」、「助けない。」、「自分のペースで好き勝手に走る。」、です。



知ってました?



・・・でも「助けてもらう。」です。


「ショートルートとロングルート、どっちにします?」

赤土の滑りやすい路面ですが、今回は水を含んでいません。

なので、ロングルートを下ってきました。


タイヤのエアも、そのままです。





富士山をバックに並びました。



ヤス軍曹が見たら、ハンドルの修正されるでしょうね・・・。



ここから海岸線を走り、県道130号線で伊豆中央道に入り、いちごプラザに向かいます。





海水客も、多かったですねー。




伊豆は楽しいところですが、帰り道の渋滞がいつも悩みの種です。





止む無く、すり抜けをして行きますので、ここで解散にしました。





帰りのルートは、伊豆縦貫道で国道1号線に出て、箱根峠から箱根新道を下って行くのが、時間的にも得策です。



熱海峠に上り、熱海から国道138号線も使えますが、海水浴シーズンと台風の被害状況次第では、かなりの混雑が予想されます。

また、伊豆縦貫道をそのまま走り、長泉から国道246号線を使うルートも考えられますが、首都圏からの帰りの車が一番多く使うルートとなるでしょう。

やまなみ林道で湖尻峠に出て、宮の下から久野に下るルートもありますが、距離がかかってしまいます。



いちごプラザは、いちご大福発祥の地。


いちごプラザからは、伊豆中央道を走り、料金所の手前の交差点を右折しました。

正面の信号を左折して県道129号線に入ります。


狩野川に沿って進み、山神社の先の信号を右折します。

道なりに進むと正面のT字路が、伊豆縦貫道になりますが、ここの交差点からは右折で入れません。


T字路の左手にガソリンスタンドがあり、朝の給油か100kmほどの走行になっています。

給油すると、2.5リッターでした。


このスタンドを使うと、スタンド出口からは伊豆縦貫道に右折で入れます

朝のルートの、逆コースです。


箱根新道を下れば、小田厚で厚木方面に行かれますし、東名高速の渋滞を避けるのでしたら、西湘バイパスで藤沢方面まで抜けてしまうのもいいかも知れません。

私は、西湘バイパスの国府津で降りて、交差点で止まっていました。




・・・よっしふみさん。

前を通って行った・・・。



直前のお誘いにも関わらず、たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

何よりも「無事カエル」で過ごせた事に、感謝です。

誰もが最初は初心者で、同じ道なら2度目の方が楽に走れて、スピードは後から付いてくるから、怪我しないのが一番大切。

こんなレベルで走っています。

時々思いつきで「直前の告知ツー」をしますが、面識のない方でも大歓迎ですので、お気軽のお越しください。



9月2日は、セローカフェミーティングです。

いこいの村あしがらで、10時から12時ころまで「お茶会」してます。

こちらも、お気軽にどうぞ。





DATE: CATEGORY:ツーリング
「伊豆の林道、年川線。」って、ずいぶん直球なタイトルじゃん。

・・・はい。「伊豆」とか「林道」とか「年川線」とかあると・・・


もーいいから、始めなよ。

・・・検索の上位に・・・


しつけーよ!

・・・しーません。始めます。始めさせていただきます。



モビリティパークで合流したのは、ヒロキさん。



今回は、柏から自走でお越しでした。

厚木まで圏央道が出来たとは言え、常磐道と東北道の間は、かなり距離があり、都内を走った方がまだまだ近いです。

いつも遠い所をありがとうございます。



セローの歩き方」のセロ美さんにも関心を持ってもらえた、モビリティパークの風景。





年川線は、コンクリートの沈下橋がある林道で、7月8日にも行ってましたね。「伊豆行くの?・・・からの~。」

ここまで、えのっぴさんのディグリーと交換して走って来ました。

ディグリーは、ホンダがセローに対抗するために出したオフ車です。


足つき性向上のため、シート高を低くし、高速道路での快適性を狙って、AX-1のDOHC水冷エンジンを搭載したコンパクトな250ccです。

乗った感じは、驚くほどセロー250に似ています。セロー225に比べると重い印象を受けがちでしたが、乾燥重量は119kgと、セロー250とほぼ同じです。「セローは、30周年。



年川線の沈下橋を3本渡った先の広場ですが、手前に支線があります。



支線に行ってみたい方は、どーぞー。



・・・って、残ったのは私たちだけ・・・。



ブイハチさんが戻って来て・・・





さらに左手の支線に入って行きました。



ブイハチさんて、こんなキャラでしたっけ?



しんさんも・・・



しんさんは、都内からお越し下さいました。伊豆は一人では遠いかも?



naradoumaさん、奥さんのトリッカーとか。





アグレッシブな開けっぷり!テネレに乗っていたので、このサイズはおてのもの。





AJさんは、何となくこっちへ来ましたが・・・





支線があると分かると・・・



やっぱり行く!



大型バイクの経験がある人って、このサイズのバイクは自由自在なんですよね。



「オフは、初めてです。」なんて言っても、バイクの経験は長いですから、すぐに「ヤベ〜おもしれ〜」です。



この方も、色々なバイクの経験者。





バイクが好きでたまらない!って感じの、よっしふみさん。



支線のレベルが違いそう・・・。



年川線を出たところで、ひと休みしました。



実は、ここまでヒロキさんのセローと交換して来ました。

「乗ってみます?」でしたが、しっかりと山のあるツーリストは、走りやすかったです。



ぽるるさんは、ここからお目当の林道へ向かいます。

下調べをして、気になっている所を走るそうです。お付き合い下さり、ありがとうございました。



昼食は、とりあえず修善寺駅へ向かいました。



どこかでお弁当を買って、山の中で食べれば、いいかな?



ところが、売り切れ必至の「あじ寿司」が、12人分買えました。



さらに向かいの「駅弁カフェたけし」も全員が入れて・・・



ちゃんと座って、昼食になりました。



武士のあじ寿司は、写真で見るよりずっと小さいです。

これが消費税別で1100円ですから、一人では躊躇します。



でも、食べてみると、肉厚な鯵の切り身に、何層にも味付けされた酢飯が絶品です。



松崎の桜葉、天城の山葵、修善寺の醤油、伊豆近海の地鯵と、ここでしか食べられない食材でした。





駅弁カフェでは、お茶と梅ジュースがサービスされました。



ここの奥様の旦那さんもバイクに乗るそうで、オフ車には乗りませんけど・・・と話していました。



食事の後は、修善寺から達磨山へ向かいます。



7月8日に下って来た支線を今度は上って行きます。

入口を覚えていますが、自信がありません。はたして迷わずに行かれるでしょうか?




・・・って、ちゃんと行ってんじゃん!













DATE: CATEGORY:ツーリング
おいおい「伊豆の林道2。」って、「ツー」とでも読ませる気か?

伊豆林道ツーの2だから、ツーと2をかけて・・・って、いーかげん寒みーぞ!




この日は暑過ぎず、カラッとした陽気でした。





8月19日で、バイクの日。





絶好のツーリング日和でしたね。





伊豆といえば、ぽるるさん。



伊豆は、何度も訪れているとか。もう庭のようなもの。



一本目の林道入り口に、到着しました。





12台の大所帯ですから、50mくらい入って来ないと全員が入れません。





ここはフラットダートですが、地元の農家の方が軽トラで走っています。



本当に林業関係の林道ですので、対向車にはお気を付けください。



途中のT字路まで、ぽるるさんに先導してもらいました。





この日もトラ車を積んだトランポが、何台も来ていました。



ドコを走っているのか・・・?よっしふみさん、興味津々・・・。



先行して、カメラを構えて待っていますから、少し間を空けて来てくださいねー。





おっ、しんさん。





キープレフトで、お手本のような走り。





セローを日陰に、移動しました。





ぽるるさん。





銀ちゃん。





AJさん。





ブイハチさん。





・・・の後ろ姿。





カリマーさん。





・・・の後ろ姿。



車高アップしてますね。



えのっぴさん。





・・・の斜め後ろ姿。





naradouna@さん。





・・・の後ろ姿。



かなり開けてますね。



T.薫さん。





・・・の後ろ姿。





よっしふみさん。





普通に走ってると思ったら・・・





急に降りた・・・?





???



どーしたのー?



銀さん。



「こんな所で、待ってたの?」と、カメラ目線。



完全に「お散歩」だと思ってた。





程なく林道の出口に、着きました。





2本目の「林道」を目指して、舗装路を走って来ました。



ぽるるさんが、先導します。



林道前に、ひと休み。



モビリティパークにオフ車が12台入って来ました。



少しザワつきましたね。



ここでヒロキさんとも合流して、全部で13台になりました。



目指すは、あの山の向こう。





ここから年川林道を走ります。



・・・って、セローじゃないじゃん!



ホンダXLディグリー。

水冷DOHCのオフ車です。



あ”〜、えのっぴさん?

「乗ってみます?」発動?




ひっぱるねー。
DATE: CATEGORY:ツーリング
ずいぶんと直球なタイトルじゃん。

・・・はい、「伊豆行くの・・・?」は、いいかげん飽きられてると思うし、検索するときには、「伊豆」とか「林道」の方が上位になりやすいかなー?って・・・。


不純な動機だな。

・・・人気ブロガーになりたくって・・・。


マジ?

・・・思い付き。




そろそろ冬支度?」から始まった、伊豆方面の林道ですが、2016年の10月の記事でした。

素直に伊豆の林道と。

山の中の赤い鳥居。


今回のルートを走り始めたのは、「伊豆行くの?今でしょう!」の2017年8月のこと。去年の夏から何度も訪れていますね。

暑くなかった、伊豆の林道。

あつくなかった、伊豆の林道 2。

伊豆行くの・・・?今でしょう!

台風一過、まあいっか!

伊豆行くの?今すぐでしょう!だった。

伊豆行くの?今日だった。

伊豆行くの?今日だった。に現れたセロー!

伊豆行くの?・・・行ってきた?!

伊豆行くの?・・・また行って来た?!

伊豆行くの?・・・からの~。

伊豆行くの?の、午後のメインダート。



今回の伊豆ツーは、8月5日の、セローカフェミーティング。で、計画しました。

ブイハチさんが、伊豆のルートを推測して、「それならば行きましょう。」ってハナシから立ち上がった企画でした。




西湘バイパスの国府津パーキングに午前8時に集合です。どんな方が来てくれたでしょうか・・・。



8月は、夏真っ盛り。のはずですが、18日の土曜日から気候が一転し、すっかり秋の空気になりました。



うだるような暑さも、まとわり付くような湿度もありません。絶好のツーリング日和です。あ、バイクの日?



ブイハチさんと「19日が予定がつきそう・・・。」って話していたのが、カリマーさん。



新型セロー?のテール周り。のフェンダーレス。



伊豆は行きたい所があるから、午前中だけ。と、ぽるるさん。



いつものトリッカーで、探索するとか。



トリッカーといえば、よっしふみさん。



タイヤを標準に戻しました。本来のトリッカー?



ブログを見て、来て下さいました。



インジェクションのトリッカー。



お会いするのは、久しぶり?銀ちゃん。



お仕事、繁忙期のようです。



先週は、南信州でキャンプをしていた、AJさん。



とってもオシャレな方。



今回は、ディグリー。えのっぴさん。



自走ですね。



やはり自走の、T.薫さん。



ここに8時は、大変でした。



怪我が完治していませんが、XRで来てくれた、銀さん。



完全に「お散歩」だと思っていたとか・・・。



5月の小山町以来でしょうか、しんさん。旅好きフェス以来?



あまりの寒さに、ジャケットを取りに戻ったとか・・・。



あれー?ブイハチさんはー?



・・・と、現れたブイハチさん。



と、私のセロー。



テール周りは、250Xに戻しました。



西湘バイパスの集合場所には、間に合いませんでしたが、途中で合流してくれた、ヒロキさん。



モビリティパークに来てくれました。探偵です。



軽い思いつきで企画した伊豆ツーですが、思いがけずたくさんの方が来てくれました。





西湘バイパスから箱根新道を上がって、箱根峠を下った先のスタンドで給油します。



波も穏やかな相模湾。



すっかり秋の景色です。



晴れ男が、多いんですねー。きっと。





西湘バイパスは、制限速度70km/hです。



道路公団のクルマが、先行していました。



箱根新道は、国道1号線になりました。



もう無料です。でも原付は走れません。



グリーンの標識は、自動車専用道路ですね。





登り坂の急な箇所は、登坂車線がありますが、ほとんどが追い越し禁止です。



正確には、はみ出し追い越し禁止区間。通称「はみ禁」です。



箱根峠から先は、国道1号線を下って行きます。



山中城址の辺りが、バイパス道になりました。



三嶋市街が、目に入ります。





スタンドで給油して、伊豆縦貫道で韮山方面に向かいました。




この辺りの稲は、青々としています。


参加してくださった皆様、ありがとうございました。

まずは、お礼と紹介まで。

次回は、ダートに入ります。



この台数で・・・



秋晴れの下。





フラットダートを走り・・・





アイスクリームを食べに行きました。



・・・は?


また今度。



DATE: CATEGORY:セロー250
新型セローは8月31日に発売されますが・・・

外観の大きな変化といえば、テール周りの変更ですね。

新型セロー


ヤマハセローは、1985年の発売以来、レーサーレプリカ化したオフロード車とは一線を画したリヤフェンダーでしたが、今回はXT250Xのリヤ周りを装着しての登場です。

このカスタマイズは、かなり多くの方がすでに取り入れていて、跳ね上がったリヤフェンダーを目にした方も多いと思います。

リヤフェンダーを交換した際に、フェンダーレス化した車両も多いですが、そもそもXT250Xのテール周りって、簡単に交換できるの?って思われたと思います。


結論から言いますと、そっくりそのままには着きません。

セロー250とXT250Xのフレームは、シートレール部も違っていますので、XT250Xのブラケットライセンスを固定する穴がありません。



自分の車両は、強引に着けてしまいましたが「XT250Xのテールに変更を詳しく」、やはり固定していません。

新型のセローはテール周りの変更に伴い、フレームが変わったのでしょうか?

それとも、ブラケットライセンスの形状が変わったのでしょうか?


推測ですが、ブラケットライセンスの形状を変更したと思います。と言うのも、XT250Xのブラケットライセンスには、リヤウインカーの穴が付いているからです。



合わせて、シートレールにもブラケットライセンスの取り付け穴が、追加されたと思います。


実際に交換する時は、どんな手順でしょうか・・・?



最初は、シートを外します。



シート裏の8mmのボルトを2本外し、シートを後方に引きながら持ち上げます。



続いて、サイドカバーをはずします。



左右のヘキサゴンボルトを、外します。



車載工具のL型レンチでも外せますが、ドライバータイプの工具があると作業が楽になります。





先端がボール状になっていますので、角度が付いていても回すことができます。





左右のボルトを外したら、サイドカバーの前方から外していきます。





続いて、後方をはずします。



サイドカバーは、ヘキサゴンボルトと2か所のクリップで、固定されています。



リヤフェンダーを外すために、ナンバープレートを外します。



プラスのドライバーと、裏面は10mmのレンチで外せます。



ナンバープレートを外すと、こんなボルトが現れます。





8mmのレンチで、外します。





リヤフェンダーは、シート後端の下のボルトでも固定してあります。





ここも、8mmのレンチで外します。



これで、リヤフェンダーを固定しているボルトは、外れました。



リヤフェンダーを外す前に、配線を外しておきます。



車体フレームに固定しているタイラップを外して・・・



テールランプのカプラーを、外します。





リヤキャリアが付いているようでしたら、取り付けボルトを外しておきます。





12mmのレンチで、4本とも外します。





リヤフェンダーを外すと、こんな状態になります。



・・・ドロだらけですね。



ちょっとだけ、掃除してみました。





シートレールの後端に、硬質ゴムのクッションが付いていますが・・・





上下逆さまにして、取り付けます。



リヤフェンダーを支えていますが、XT250Xのリヤフェンダーを装着する時には、低くします。



これは、シートレールから延びている、リヤフェンダーのステーですが・・・





ここに、XT250X用のステーを追加します。





追加したのは、こんな部品です。



PC版パーツカタログから、検索できます。



ステイリヤフェンダ(5C1-22576-00)を取り付けたら、ブラケットライセンス(5C1-21685-00)を取り付けます。



このブラケットライセンスは、メーカー価格2,257円(税込2018/8/16)です。(テールライト、ライセンスライト、リヤリフレクタは、別)

2018年モデルのセロー250は、パーツカタログにアップされていませんでした。



シートレールに、上から被せます。





丸いレールに沿うように、被せていきます。



XTとセローでは、ウインカーの取り付け位置が違いますね。



上から見ると、丸い穴が2つ見えます。



XT250Xのフレームには、この穴の固定箇所があります。



先ほど追加したリヤフェンダーのステイに、ボルト止めします。





ここも8mmのレンチで、固定します。



上側はボルト止めできませんが、下側だけボルト止め出来ました。



配線をつなぎ、動作の確認ををします。





メインキーオンで、テールランプとライセンスランプが点灯します。



ブレーキレバーとペダルを作動して、ストップランプの確認もしました。



元々は3極のカプラーでしたから、ライセンスランプの分を分岐して追加しました。





リヤフェンダーを、取り付けます。



XT250Xの部品では、デカールも付いた状態ですので、かなり高額でした。



テールランプに合わせて、装着します。





リヤフェンダーの取り付け穴は、セローとまったく同じです。





ここも8mmのレンチで、固定します。





グラブバー、サイドカバー、シートを付ければ完成です。





ナンバープレートも忘れずに。





オークションサイトでも、XT250Xのリヤフェンダー周りは、出品されていますね。

新型セローのパーツサイトが開設されたとしても、そのまま装着するのは難しいかと思います。

リヤフェンダー自体は、白も黒も新品が購入できると思いますし、テールランプはテネレ用が社外品であったと思います。

配線の追加や、細かい作業を厭わない方でしたら、半日ほどで出来るかと思います。







DATE: CATEGORY:ツーリング
なーにが「入笠山ラビリンス」だ、結局迷って、わかんなくなっただけだろー!

・・・えーと、自分の記憶と現実が一致しなくて、出た所を右に行ったらあそこだ。って思っていたのが、違っていたりして・・・。


ユースホステルへの道順も記憶違いか?

・・・新しい道が出来ていたり、道幅も広くなっていたりで、もー黒岩五郎状態。

浦島太郎だろ。痛すぎるボケは、だーれもツッコまねーぞ。

・・・とにかく同じ所をぐるぐると・・・。

徘徊してたわけだ。




蓼科のユースホステルを出て、茅野市内で給油し、国道20号線の青柳から山へと入って行きます。





時刻は午前9時。たっぷりと走れそうです。





支線に入ってみますが、すぐに行き止まり・・・。





もっと驚いたのが、こちらの行き止まり。



「有害鳥獣駆除にて捕獲したニホンジカを埋設する場所です。」とありました。

食用には出来ないのでしょうね。



昨日下って来た、T字路に来ました。



入笠山は左方向ですので、右手に入ってみます。



林道猿ヶ入り線、1キロほどのダートでした。





舗装路に出てみると、そこは・・・





林道千代田湖枯木線。舗装林道です。



左折して、千代田湖と反対方向へ向かいます。



ほどなく大きなカーブに来ました。ここには分岐があります。



写真の左手から、走って来ました。



左へ進むと、入笠山。もうどっちが北だか、分からなくなりました。





南方向に向かうには、この道です。



町道高嶺線。



7月の八ヶ岳ツーでも、走っていました。





この道は「林道」じゃなくて、「町道」なんですね。





しばらく走ると、左手の支線から出て来たセロー・・・





と、セロー。



野田ナンバーと柏ナンバーの二人組み。

千代田湖から登って来たそうです。

・・・?千代田湖って、こっち側なのか?どっちが北か分からない。



ここは高嶺線なのは、間違い無いですから、そのまま進めばトンネルの横に出るはず。





景色も見えたり見えなかったりで、どこの山かも分からない状況でした。





分からないのに、横道に外れちゃうもんだから・・・





余計に分からないことに・・・。





妙な達成感だけがあるのが、曲者ですね。





高嶺線を右に逸れて、山の中を進みます。





林道鍛治村線に出ました。



新たな発見です。



なのに、グーグルマップで探しても分からない。



林道鍛治村線
    ↑
こちらで、やっと分かりました。



このまま下れば、国道152号線です。





杖突街道(152号線)に出ました。





どこに居るのか分かりませんでしたが、右へ進んでみました。





正法寺の案内が見えましたので、右手に上っていきます。



「天空の池」でも訪れていますので、ここまで来れば安心領域です。



トンネルを抜けて、県道211号線を上って行きます。





途中に五色の滝の看板があり、右手の橋を渡って行きました。





入笠山へ戻れるルートがあれば大金星ですが、やはり見つかりません。





再び県道211号線に戻り、北上しました。





石灰山・・・?



地図に載っていませんが、入ってみます。

道なりに進むと、高嶺線に出ました。そのまま戻れば入笠山ですが、再び南下します。



高嶺線の途中を左手に下って来ると、「竹の上」に出ました。



相変わらずの迷走っぷりです。



それでも支線を見つけると、入ってしまいます。





絶対に抜けられないのは分かっていても、終点まで行ってしまいます。





集落を見下ろして、ひといき。





午後からは、崩れるのかなー?





県道と支線を行ったり来たりしながら、結局県道で上っていきます。



こんなコト、ソロツーでしか出来ませんよね。



普通に走れば1時間もかからないのに、たっぷりと林道三昧でした。



県道211号線で芝平峠に出て、千代田湖の方へ向かいます。



千代田湖の手前には、金沢峠の入り口があります。





確か、大きな石がゴロゴロした急坂がある所です。



登る時には気になりませんが、下り坂はかなりの恐怖です。



行ってみます。





初めのうちは、いいんですけど・・・





林の中の、気持ちのいい林道なんです。





下界は、暑いのかなぁー?



なんて、考えて・・・。



でもここは、無理!





ほぼ真っ直ぐの下り坂。直下降ですよー。



おまけに、コブシ大の石がゴロゴロしてます。



ちゃんとしたタイヤで、行きましょうね!





振り返れば、あっという間の出来事でした。






こうして再び国道20号線に降り、あとは家路を目指すだけとなりました。

行きは、下道で走ってきましたが、帰りは渋滞を避けて、高速に乗ります。

高速でしたら80km/hで走り続けられますので、下道を飛ばして帰るよりも効率的です。

中央高速を使うと、甲府のあたりが南に大きく湾曲していますので、一宮御坂まで行くと20号線よりも走る距離が長くなります。そこで甲府南ICで降りて、精進湖に上るルートを使っていました。

でも最近は、笛吹八代スマートが新設されましたので、国道137号線の渋滞に遭わずに河口湖まで上っていかれます。

東富士五湖道路を通れば、籠坂峠のノロノロも回避できますし、国道138号線に出てすぐの「須走南」の交差点を左折すれば、渋滞にも巻き込まれずに国道246号線まで出られます。



久しぶりの探索ツーでしたが、もっと走りたいところが増えた感じです。

国道152号線の西側には、走っていないダートがありそうです。


そう言えば、天空の池も、もう2年前のことになりますねー。


一泊二日のショートツーを、4回にわたって引き延ばしてきました。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


8月19日は、伊豆方面に行きます。

あのタイヤで、空気圧も標準状態で走りきれるようなルートです。

ご一緒できる方は、午前8時に西湘バイパスの国府津PAにお越しください。

このブログを見てきましたー!も大歓迎です。



今年の夏は、長いかも・・・。

いい一日を。




DATE: CATEGORY:ツーリング
早朝お散歩って・・・

入笠山に行ってきた話だろ・・・?

だいたい、入笠山の話から始まってんだから、「入笠山に行って来た。2」とか、タイトルに付けんじゃねーの?

読む方には、なんのことだかわかんねーよ!


・・・は、はい。仰る通りですね。

かいつまんでお話しすると、お昼頃に自宅をスタートして、入笠山へ行ってみたんですね。それで久しぶりにユースホステルを利用して、食事のおもてなしに感激してきたわけです。

小学生か!?

・・・夏休みの読書感想文、苦手でした。


ワルチェロとの小芝居は、この辺にして・・・



御射鹿池(みしゃかいけ)に行って来ました。



御射鹿池は、国道299号線の湖東あたりから分岐する、県道191号線沿いにあります。

蓼科クライネユースホステルに宿泊したのも、御射鹿池の夕方と早朝を見たかったからでした。



御射鹿池には、道路の左右に駐車場があります。



大型バスも入れます。



あ、タイヤ・・・




いーかげん、交換しましょうねー。




フロントもね・・・。





駐車場からは、歩いて行きます。





すぐそこの池までは降りれそうですが、残念ながら立ち入り禁止です。





この日も早朝から、カメラを構えている人たちも多かったです。





狙っていたのは、この景色・・・?





望遠で、捉えていたようです。





見事に水面に転写していますね。





御射鹿池は農業用のため池ですので、水路があります。





それでも興味津々・・・





残念ながら、すぐに行き止まりでした。





駐車場まで、歩いて帰ります。





この先は、奥蓼科温泉郷なので・・・





行き止まりなのは分かっていますが、行ってみます。





カーブミラーの所から、先ほどの御射鹿池を、見下ろしてみました。





4kmほどで渋御殿湯・奥蓼科温泉郷の終点です。





ここからは、登山道が始まります。





ここは、八ヶ岳への入り口です。





でも、ここからアプローチする人は、少なくなったんでしょうか・・・。





それとも、建て替えたのでしょうか?





帰りは、渋・辰野館の先を右折して、国道299号線に出てみました。





早起きは、三文の徳・・・?



シカ6頭!



さらに「お散歩」します。





柏木博物館から入って行くと、遊歩道がありました。





セローを置いて、歩いて行きます。





ここからは、茅野市街が見えるようですが・・・





あいにくの曇り空で、遠くも見えません。





雲の切れ間から、青空も見えますが・・・





重たい感じの雲です。



午後からは、崩れるとか・・・



国道299号線は、メルヘン街道とも呼ばれる高原道路で、冬には閉鎖されます。



走るんだったら、今ですよー。



7時に戻って、7:30から朝食に着きました。




朝食前の、「お散歩」でした。「あさめしまえ」?






入笠山は?



ご存知、青柳駅の近くの風景。

今日もここから上って行きます。










DATE: CATEGORY:ツーリング
久しぶりに、入笠山へ行ったんだっけ・・・?

・・・いや、入笠山へは7月にも行って来たよ。


じゃあ、何が久しぶり・・・?



・・・?



ユースホステル・・・?



・・・そう。学生の頃から、長距離ツーではお世話になってた。



若い人だけしか、利用できないんでしょ・・・?



・・・以前は、年齢制限があったり、会員にならないと利用できなかったりしたけど、今は会員じゃなくても利用できるし、家族なら同じ部屋を利用できたり、荷物を少なくしたいときにもいいかもねー。


今回お世話になったのは、こちら。
        ↓
蓼科クライネユースホステル

一人で行くと、男女別の相部屋になりますが、バイクで来ている人がいることも多いので、情報の交換や共通の話題ですぐに打ち解けたりします。



・・・ねっ!


この日は、岐阜からお越しのご家族の方に・・・



岐阜に1年ほど住んでいたご夫婦と・・・



就職が岐阜に決まった都内の大学院生と一緒になりました。



ユースホステルって言うと、ミーティングがあったり、食後のお皿洗いがあったり、窮屈なことが多いイメージがあるかもしれませんが、今のユースは殆どないです。

ここのユースは、オーナーの方がオシャレな方で、華美ではないけれど心づくしの料理でもてなしてくれます。

夕食の写真を撮り忘れましたが、一つのプレートに乗せられた食材の中にスパゲッティがあったんです。

スパゲッティというと、量のかさ上げに使ったり、油を吸い取るために入れたりしますが、何の気なしに一口食べたら、nnn・・・?

バジル・・・?じゃないよなー。何かもう一つ別の味がする・・・。カレー?だけじゃない・・・わかんない。美味しいけど、知っているはずだけど、何の味?って、もー驚きです。

アボガドのディップも、知っているはずの味なのに、塩だけじゃない何の味だか分かんない・・・。

とにかく、驚きの連続でした。



朝食は、撮りました。



スクランブルエッグに、2種類のハムとスライスチーズ、トマトのサラダにオレンジと、デザートはかぼちゃと小豆のケーキでした。

このスクランブルエッグの味も分かりませんでした。スモークの風味がありますが、訊きそびれました。



パンも用意されていますが、ジャムが自家製です。



バナナ、あんず、桃とバジルのジャムでした。


久しぶりに訪れたユースホステルでしたが、一人の時には、ありがたいですねー。

えっと、入笠山でしたっけ・・・。

その前に・・・






・・・だから、ドコだってゆーの?



















・・・え?



copyright © 2018 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ