FC2ブログ

プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


FC2アフィリエイト


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


Niviy コーヒードリップポット 細口 ステンレス ドリップポット


フリーエリア


DATE: CATEGORY:初めての林道、その前に。
セロ−250は、単気筒の空冷エンジンで、吸気・排気バルブも一つづつしか無い、シンプルなエンジンです。

馬力も18馬力程度ですし、サスペンションもあまり長くはなく、車体自体もCRFのように大きくありません。


セロー225から始まったセローですが、そのルーツはXT125にあります。

XT125のフレームに200ccのエンジンをのせたXT200が発売され、そのエンジンをベースに二輪二足をコンセプトにセロー225が開発されました。


大雑把にお話しすると、ダートでのハイスピードを求めるよりも、トライアルセクションに近い地形を走れるようなオフロードバイクになっています。

フロントアップがしやすいように、通常のオフ車よりもステップの位置が後退していて、ハンドルの切れ角も増やしてあります。

オフロードバイクとトライアルバイクの間に存在するバイクって感じです。


セロー250は225よりも排気量が増えましたが、オンロードの性能が上がった感じです。

6速あったミッションも5速となり、手前に絞られたハンドルも、オンロードを走るには最適かと思えます。



そんなセローに乗る時ですが・・・

オフロードを走りますから、ハンドルを持つ時にはグリップに小指から薬指、中指と握って行き、竹刀を持つ時のように握ります。

すると肘が外側に開き、ハンドルバーの衝撃を上半身に伝えないようになります。

ステップに土踏まず乗せてしまうと、ステップの位置が後退していますから、つま先が下がってしまいます。

これを防ぐために、ステップにはつま先を乗せてくるぶしで車体をホールドします。





こんな記事も書いていましたっけ・・・

林道デビュー5つのステップです。

林道デビュー5つのステップPage2





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ