プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
ネットでセロー250のスイングアームを落札したものを持っていました。
グリスニップルを付けようと思っていましたが、ベアリングを圧入している記事を読み、同じように加工してみました。

落札したスイングアームはリンクとシャフト、チェーンスライダー、チェーンガードも着いてました。
一度すべてバラバラにして、サビをとりました。

スイングアームのサビをとっていると、塗装面がだんだんはがれて行きます。
どーせなら、スペシャルパーツっぽく鏡面にしてクリアを吹こうかと思いましたが、飛び石でサビると思い、メタリック調のスプレーで塗装しました。



染めQのメッキ感覚シルバーで塗装しました。




作業内容は、参考に見た記事の通りで、ピポット部の樹脂製のカラーが外れなくて、反対側から12mmのTレンチで叩き出したり、ベアリングの挿入には、シャフトの両側にワッシャーとボルトを付けて圧入したり、とても参考になりました。

ニードルベアリングを4個注文し、ヤマハ純正部品も注文しました。
ブッシュ×2
90386-18099
551円×2
オイルシール×8
93109-17071
227円×8
(2014.7.19価格)

リンクのカラーの一本が、焼きつきを起こしていました。

あとは車体に取り付けるだけです。

どう変わるのでしょうか?
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ