プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
ヤマハのオフ車にお乗りでしょうか?いつごろからですか?

セロー250のホイールベースを調べていたら、DT1から始まる250ccに興味がわきました。

そこで、4サイクルのオフ車に限っての車種変革を見てみたいと思います。

1980年4月 XT250
   
 この当時はホンダXL250Sが多く走っていました。フロント23インチで、バハなどのサンドでの直進安定性を求め、国内では「23インチのワークブーツ」のコピーで人気がありました。
 カワサキは、2本サスのKL250、スズキは、2ストのハスラーTS250でした。

 XT250は、フロント21インチ・リヤ17インチで、オフでのサスペンションのストロークアップと足つき性の両立を狙ったものでした。
 エンジンはシングルカムの2バルブで、最高出力は21PS/8000rpm、一番の特徴はモノクロスサスペンションです。  モノクロスが市販車に導入されたのは、1977年のDT250からです。
 1978年にはDT125が発売され、この車種にも使われています。
 XT250の車重は114kgと、DT250の118kgよりも軽い仕上がりになっていました。
 この当時のメーターはスピードメーターとタコメーターが標準で、丸型でした。
 映画「ランボー」にも出ていました。逃亡中の“ランボー”が街中でXTを奪い、山の中へと逃げて行くシーンです。
 いつも通り?音は2サイクルの音でしたね。
 XT250の名前は、今はセロー250の名前にもなっています。

1983年4月 XT250T

  ”T”はツインカムエンジンを意味します。この車種はDOHC4バルブ、しかもYDISと言う「ヤマハデュアルインテークシステム」で、インテークマニホールドが2つあり、低速域では一つのキャブレターが働き、アクセル回度によって2つのキャブレターが作動するいいとこどりの装備でした。
 このころのヤマハは”YDIS" のようにYで始まるアルファベット4文字のシステムを搭載していました。
 27PS/9000rpmと、30馬力に近づきつつあります。
 エンジンもさることながら、リヤサスペンションがリンク式のモノクロスとなり、スイングアームもアルミ製になりました。
 車体は大きくなりましたが、乾燥重量は113kgとXT250よりも軽くなっています。
 メーターは、スピードメーターとタコメーターが角型二眼で配置されていました。
 マフラーは腐食に強いコーティングがされていました。
 輸出仕様にTT350もあり、同じ車体でTT250と350。セローベースのTT225と逆車ブームもありました。

1985年5月 XT250T

 マイナーチェンジでフロントディスクブレーキになります。
 前年の84年3月にDT200Rが発売され、市販車にもディスクブレーキが採用されます。
 XT600Zテネレが83年9月にディスクブレーキで出ていますので、ヤマハ国内オフ車のディスクブレーキ化はテネレからですが、これ以前は、すべてドラムブレーキでした。

 時期は前後しますが、1982年3月にXT125、同8月にXT200が発売されました。
 XT250Tによる車体の大型化の前に125ccをベースとした中間排気量車ができていたんですね。
 ホンダもXR200などあるように、輸出車両ともリンクした動きだったと思います。

1993年4月 TT250R

 XT250Tから10年。
 XT250T生産終了からは5年。
 この間に何があったのかと言えば、DT200Rとエンデューロブーム。

 1982年リンクなしモノクロス、前後ドラムブレーキのDT125(水冷)が発売。
 1984年3月にリンク式モノクロス、フロントディスクブレーキのDT200R(ウイークエンドモトクロッサー)。
 1988年6月にYZと同一スタイルで、前後ディスクブレーキにフルモデルチェンジしたDT200R。
 1991年1月に輸出車と同一のスペックかと思わせるDT200WRの登場。
 この”WR”とは、モトクロッサーYZをエンデューロレース用にディチューンし、ギア比の変更(ワイドレシオ化)したレーサーの呼称でした。

 そしてTT250R。”TT”もXTの輸出名で、今までの国内スペックを越えた性能を感じさせる名前でした。キャッチコピーは「オープンエンデューロ」。カタログにも「よく来たな、まあ転べ。」などと挑発的な印象が強いものでした。
 ホンダXLもXLXになって、XLR、XRとレース指向が強くなっていく時期でした。
 スズキハスラーはRH250、RMX250、カワサキはKDX、KLXと2スト車は水冷化され、到立フロントフォークを装備するなど、オフ車のレーサーレプリカ時代だったようです。

 さて、TT250Rですが、空冷DOHC4バルブ、30PS/8500。当時DT200Rで採用していたフロント到立サスペンションは、エンデューロ特性を活かすためにあえて採用せず、メーターはデジタルメーターを初めて装備しました。
 オフ車のセルつきは、89年のセロー225からですが、250で、しかもコンペティション指向の強い車種で採用したのはTT250Rからです。
 スピードセンサーを後輪の回転軸から取り出したり、小型で液漏れしないMFバッテリーの採用や、イグニッションスイッチを車体フレームに配置するなど、新しい事がいっぱいつまった素晴らしいバイクでした。

2007年11月 WR250R

 TT250Rから14年。
 一体何があったのでしょうか?
 一つにはYZ400Fの登場です。
 
 モトクロスのレギュレーションで2サイクル250ccのクラスがありました。
 排ガス規制の見地から、エンジンオイルを燃焼させない4サイクル化が社会的に起こり、レースの世界でも2サイクル250ccのクラスは4サイクル400ccの混走が認められるようになりました。
 以降450ccとなり、2サイクル125ccのクラスは4サイクル250ccへと移行していきました。
 
 ヤマハYZ250FもWR250Fとしてエンデューロレーサーがありましたが、次期TTRの資質を求められるのもこの性能だったと思います。
 高回転までストレスなく回り切るための軽量ピストンを、市販車レベルのメンテナンスで使用に耐えるようにするには、大変な苦労があったと思います。
 価格も消費税込みで70万円を超える設定に社内からの反対も多かったと思います。

 もうひとつは、エンデューロブームの衰退、バイク人口の激減だと思います。 
 1993年の軽2輪の販売台数1位を見ると、カワサキバリオスで、94年と95年はホンダマグナ、96年にマジェスティ250、97年から2000年までは、キムタク効果のTW200、2001年は、なぜかホンダFTRと続きますが、2002年以降はずっとスクーターになります。
 スクーター以外のバイクが売れない状態が続いている訳で、ここに新型車の投入は大きな決断の要る時期だったと思います。
 
 1997年1月にTT250Rはマイナーチェンジをし、同じ1月にDT230ランツァが登場します。2ストのセロー?などと呼ばれ、コンパクトな車体にトラクションコントロールを装備した魅力的なモデルでした。「すっげーたのしい!」がカタログコピーにありましたね。
 同97年4月にはセローをマイナーチェンジし、リヤチューブレスの225WEを出し、5月にはセロー225をベースとしたブロンコ、2000年と2003年にもセロー225をマイナーチェンジしますが、大きな動きは見られません。
 2004年3月、トリッカーXG250発売。新しいフレームに2バルブSOHCの250ccエンジン。これがセローになるのでしょうか?

 2005年4月にセロー250を発売し、3340台ほど販売されます。
前年の225が1027台ですから、新型車の需要は、やはりあったようです。これがWR250Rの販売時期の判断材料になったのではないでしょうか。
 WR250は、アルミフレームに到立サスペンション。ウェーブローターも標準で、排ガス基準によりインジェクションと価格に似合った作りと言えます。

2008年7月 セロー250Fi

 インジェクションになったことで、最高出力は18PS/7500rpm、車重は130kg。
 XT200から発展したエンジンですが、バルブの大きさは変わってないそうです。
 225とくらべると、安定志向と言うか、ロードでの性能が上がった気がします。
 ダートでは、フルサイズの250のように速くは走れません。
 ただ、ゆっくり走っている分だけ、景色を楽しんでいるかと思います。

 正常進化していくと、TT250Rの次は、WR250Rなんですけど、同じ250でもXT250に戻ってしまったようです。


参考文献

DT1誕生から40年ヤマハ・オフ・ワールドヤマハオフロードバイク40年の歩み
 八重洲出版
YAMAHAオフロードバイクコンプリートBOOK ヤマハのオフロードバイク全15車種を完全網羅!
 ZOKEISHA
別冊MOTORCYCRIST 2010 8 ヤマハ・セローの25年 ’10/8 No.392
 八重洲出版

スポンサーサイト
コメント

懐かしいです

こんにちは。

懐かしい車名が出て来て、思わずお邪魔してしまいました。
私が16歳で原付免許取って初めてのバイクがヤマハMR50という2サイクルトレールバイクでした。
それからはDT90,125,XT250,XT250Tと乗っていました。
家内はXT200で、このバイクはパワーが無いのに良く走るなぁ~という印象があります。
その後はIT175とか逆車も乗っていました。
その後はホンダやスズキにも浮気しましたが、
私、ヤマハのオフ車好きです(^^)/
でも、セローはまだ乗った事がないのです。。。
皆さんのブログを拝見すれば、素晴らしいバイクだと判ります。

突然お邪魔しました。
今の愛車はWR250R、お互いヤマハ党ですね、ヤマハスピリッツを満喫しましょうね(^_-)-☆

訪問ありがとうございます。

中性脂肪600さま
いつも訪問ありがとうございます。
懐かしく思っていただけてうれしく思います。
オフ車は、同じ道でも毎回違った経験ができるので、楽しいですね。MR50は2本サスだったのでしょうか?
XT200はアルミリムでしたね。

またのお越しをお待ちしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ