プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
レイドモデルと聞いて、どんな車種を思い浮かべますか?

アフリカツイン?KTMアドベンチャー?トライアンフ・タイガーですか?

現在はラインアップから外れていますが、レイドモデルと呼ばれる車種が一時期ありました。

セロー250の前はTT250Rに乗っていました。

1994年に購入しましたが、その年は、TT250Raidが発売された年でもありました。
パリダカでビッグタンクのTT250Rが完走し、レイドモデルの人気は高まって行きますが、レイドモデルが登場したのは一体いつごろからでしょうか?

1994年の車種構成を見ますと・・・

ホンダがXLR BAJA、35W×2灯をハンドルマウントしてステアリング下には小型のオイルクーラーが標準装備でした。
燃料タンクは9ℓとベースとなったXLR250Rと同じで、車重は116kgでした。

スズキはDJEDEL250、アルミ丸パイプ+150mmの大型丸型ヘッドライト、リヤキャリア、正立フロントフォーク、セルフスターターが標準でした。
燃料タンクは9ℓとベース車と同一で、車重は128kgでした。

カワサキは、レイドモデルではありませんが、レースに特化したSRのほかに正立フロントフォークとセルを装備したKLX250ESがありました。
セルなしのSR109kgに比べて10kgアップの119kgでした。

話はそれますが、この当時のカワサキ車は、かなり豊富な車種構成です。
4ストにKLX250SRとES、2ストにKDX250SRとKDX200からモデルチェンジしたKDX220SR。
トルク型だったKDX250SRに対し、天井知らずのKLX250SR、そこに2ストらしいKDX220SRが加わりました。

KLX250SRとESは、1998年にセルつきで到立フロントフォークのKLX250に統合されます。車重は116kgでした。



さて、レイドモデルですが、ジェベルが出たのはいつだったでしょうか?

1992年11月でした。
ジェベルという名前が付いたのはこの年です。カタカナ表記されていないと「デジェベル?」と聞かれていました。
1990年1月に登場したDR250Sをベースに1995年まで続きました。
1993年3月にSX200をベースにしたジェベル200が出ました。SX200は1985年4月に出ていますので、息の長いモデルです。

ジェベル250のベースとなったDR250Sは1995年にDR250Rとフルモデルチェンジをします。
翌年1996年2月にDJEBEL250XCが17ℓの燃料タンクと200mmヘッドライト、デジタルメーターを装備して登場します。車重は116kgでした。
大型ヘッドライト+ビッグタンクというレイドモデルの図式はこの車種からです。

1998年にはGPSを装備したDJEBEL250GPSver.も追加されました。


ホンダはどうでしょう?

ホンダにはパリダカがあります。
XL250Rパリ・ダカールです。
1982年7月にXL250Rをベースに21ℓの燃料タンクとタンクバッグ、リヤキャリアとフロントオーバーフェンダーが標準装備でした。車種は125kgとベースとなったXL250Rよりも3kgアップでした。
1983年3月にXL125Rパリ・ダカールが出ました。

1987年12月XLRバハが出ます。「BAJA」と書いて「バハ」です。「バジャ」と読み違えもされていました。
ベースとなったXLR250Rと同じく、1995年2月にフルモデルチェンジされます。

1995年に新登場したバハは、150mm×2灯を車体フレームにマウントしています。
燃料タンクは9.7ℓとベース車両と同一です。車重は117kgと2kgの増加ですが、ベースのXR250に二眼ライトを付けただけの”走り”を重視したモデルでした。
1997年に燃料タンクが14ℓになります。前年にジェベルのモデルチェンジの影響でしょうか、ホンダユーザーからの要望も多かったと思います。
TTRaidが16ℓ、ジェベルが17ℓと見た目にも大きなタンクと分かるサイズでしたが、XRはバハ1000をイメージしていますのでスポーティなスタイルでした。
その後、リヤサスのセッティングによりシート高を10mm下げることでツアラー化していきます。


レイドモデルの元祖と言えば、1982年のパリダカが始まりだと思います。
燃料タンクの大型化でレイドモデルの先駆けとなったホンダがハイスピードレースのバハをイメージしたことにより、大型タンクの中では一番小さな容量を選択したのは、興味深い結果でした。


セローにレイドモデル?
ツーリングセローかな?


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ