プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
11月18日にアップした記事で、ディスクブレーキ・セパレーターを紹介しましたが、リヤブレーキのパッドがいよいよ怪しいので、パッド交換をしました。

作業手順は、サービスマニュアルを見ながら進めて行きました。



初めて使用する、ディスクブレーキ・セパレーターです。
使い勝手はどうでしょうか?




同時に買った、ブレーキパッドとグリース類です。




パッド交換には、リヤホイールを外します。手が油だらけになりそうなので、使い捨てグローブを付けます。




左右共通です。外科医みたいでしょ?




ジャッキアップする前に、アクスルシャフトを緩めておきます。




4月に購入した、リフトアップスタンド2,980円をセットします。




実測39cm持ち上げます。




リヤホイールは完全に浮きました。これで作業が楽になります。




4mmのヘキサゴンドライバーで、キャリパーガードの取り付けボルトを外します。




アクスルシャフトを抜きとる前にやるべきでしたね。




続いて、5mmのヘキサゴンでブレーキパッド・サポートボルトを外します。




サビや変摩耗は見あたりませんでした。

このボルトを2本抜くと、ブレーキパッドが外れます。
ブレーキピストンは、ブレーキパッドが減った分、押し出されていますので、広げる必要があります。



ここで、ディスクブレーキ・セパレーターの登場です。

一番狭くした状態からネジを回すようにして、広げて行きます。
今まで、タイヤレバーでこじっていたりしたのが、うそのように楽に広がります。



新しいパッドを入れて、サポートボルトで固定します。

リヤホイールも元に戻し、アクスルシャフトも戻します。



新品のパッドと今まで使っていたパッドです。
残り1mmほどでした。




ブレーキオイルの量も確認します。ブレーキオイルに添加剤のアタックD2を入れてみます。




右側のタンデムステップを外して、ブレーキオイルを抜きとり、添加剤を足します。




ブレーキディスクにもマジカルストップを塗っておきます。




こんな風に線を引きます。



この後、フロントブレーキにも、添加剤を入れ、フロントディスクにもマジカルストップを塗りました。

あとは、試乗します。ディスクブレーキに熱を入れ、マジカルストップのコーティングを行います。


今回使った、ディスクブレーキ・セパレーターは、あるとなしとは大違い。使用頻度は少ないですが、安心して作業ができます。

次回は、フロントブレーキのパッド交換でしょうか。
スポンサーサイト
コメント

セパレーターって使った事が無いんですけど便利そうですねえ
ピストンを戻すときはいつも手で戻してます
手で戻せない時は分解整備してますよ (^^)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

今までタイヤレバーで、こじっていたんですけど、一点に力がかかるのが、心配でした。
面で押し戻すので、安心して使えました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ