プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:林道100本 松・竹・梅
久しぶりの「林道100本松・竹・梅」、23本目は、曽我丘陵の東側になります。

国府津から松田町まで、およそ稜線伝いに”林道”はありますが、麓へと下りる道が何本もあります。

西側に下りる道は、みかん畑の農道がほとんどですが、東側へは狩猟や集落への道が多いようです。


かつては、使われていたはずの道ですが、山を管理する機会が少なくなったのでしょうか、倒木で覆われていました。

稜線伝いの“林道”から、東斜面に進み、稜線に沿うように北上した後、再び稜線に戻る“林道”を紹介します。




入り口はココです。
広場のような三差路です。
右手の奥から出てきました。
メインの道は、ワダチが示す通り、右手前へと進む道です。




別の角度から見ると、右折して、入って行く道が見えます。




クルマのワダチもあります。
ここを入ってみます。




路面は、黒い土の上に枯葉が乗った状態です。




しばらく行くと、分岐になります。
右手は道なりの道で、緩やかに続いています。




左手は、鋭角に戻る感じです。
まずは、道なりに右へ行ってみます。




道幅は十分だったんですけど・・・




行き止まりになりました。
歩いて、通れるか見に行きました。
歩く道はありそうでしたが、立木の中を進むようで、セローでは入って行かれません。




先ほどの分岐まで戻り、左手の道へ入って行きます。




開けた所に貯水槽がありました。




ここも、分岐になっています。
直進する道と・・・




左にそれる道。




直進しました。
しばらく行くと道はみるみる狭くなります。




倒木がありました。
丸太越えなど出来ませんので、歩いて越えて行きます。




U字谷の底を下って行く道です。
少し歩いて下って見ましたが、倒木や藪で覆われていて、廃道になっていました。




少し明るい画像をオマケに。



稜線から入ってきた“林道”は、夏場は蜘蛛の巣に覆われて、とても入って来れません。

KS-Ⅱで最初に来た時は、この道を下って、古怒田へと下りて行けました。


この後は、再び稜線に出ます。

地図にない道です。道ではないかも?

スポンサーサイト
コメント

こういう廃道かなり興味あります(笑)
この辺りに林道あったんですね。いつも参考になります。
けど…蜘蛛が苦手で今みたいな季節限定ですが、こういう道を見つけるとついつい入りたくなってしまいます。

Re: タイトルなし

> こういう廃道かなり興味あります(笑)
> この辺りに林道あったんですね。いつも参考になります。
> けど…蜘蛛が苦手で今みたいな季節限定ですが、こういう道を見つけるとついつい入りたくなってしまいます。

コメントありがとうございます。

古怒田から上る道も、行ってみましたが、道が荒れていて、使われていないようでした。

かっき~さんの秘密のルートも期待しています。

こういう道は探索しがいがありますね。
曽我丘陵は走った事がないのですが、田島から上がる広域農道を通る時にいつもこの辺を探索してみたいなと思っていただけに、こういう情報があると大変嬉しいです。

秘密のルート…後日、ご期待下さい!

Re: タイトルなし

田島峠の頂上には、トンネルがありますよね。
あの上の道も走れます。
今度、一緒にいかがですか?

お誘い頂きありがとうございます!
僕もぜひご一緒出来ればと思っていたところです。

まさかあのトンネルの上も走れるなんて...。
あそこからの景色は江ノ島や横須賀方面が見渡せて綺麗ですよね。
あの辺の農道や廃道行ってみたいです。

Re: タイトルなし

曽我丘陵に興味を持っていただいて、うれしく思います。

こんな道を走っていて楽しいと思うのは自分だけか?と思っていた時もありましたから。

かっき~さんのご都合をお知らせください。非公開コメントで、連絡の取れるアドレスをいただければ、そちらに返信します。

雨の後でなければ、ロードタイヤでも走れる所なので、タイヤの心配は大丈夫です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ