プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:お散歩
TANNA・・・?
・・・丹那ね、丹那トンネルの上ですね。

前回の「セローワンダーランド・イン・HAKONE」は、タイトルが良すぎちゃったようで、「オフロード」の注目記事にもランクアップされてしまいました。

森の中を走れるコースが箱根にも出来たのかと思って記事を開いてしまった方々、期待と違っていたらごめんなさい。

今回も観光地巡りは続きます・・・。


十国峠に歩いて登って・・・




熱海峠から熱海側に下り、熱函トンネルをぬけて、こんな所にやって来ました。




隣は、丹那牛乳の加工工場です。




入場無料、駐車料金も無料の酪農王国オラッチェに来ました。



酪農王国オラッチェは、周囲を山に囲まれた盆地にあります。
ここに来るまでの県道11号線は、山に沿って走っているので、この盆地をぐるっと回っています。
信号もなく、遠くに富士山も見える景色も雄大で、ロードモデルでも楽しめる場所です。


ここでは、山羊やヒツジ、ロバにエサを与えたり(有料)、体験学習のイベントも用意されています。


レストランも併設され、ステーキなどの食事もとる事が出来ます。
今回は、お昼御飯にはまだ早いので、オーガニックコーヒー350円とチョコパイ150円をいただきました。




駐車場のサクラ、そろそろ散り始めたようです。




はぐれセローです。ご主人も、はぐれ者です。




観光地巡りに終始しそうですが、セローワンダーランド主催、スペシャルコーディネーターとしては、やはり“林道”は、外せません。(・・・いつから、そんな代表みたいになった?・・・)

失礼しました。妄想が暴走しました。・・・韻をふんでいますね・・・

とっ散らかる記事は、さておいて、オラッチェから県道11号線旧道で、熱海峠へと上って行きます。
熱海峠から下って来たのは、昔は有料道路だった「熱函道路」で、こちらはバイパス道でした。
オラッチェの北側を走る道路も11号線で、こちらが今は旧道になっているかと思います。


この、旧道を上って行くと、「軽井沢」の先に山の中へと入って行く道がありました。
小さな川を二回ほど渡り、県道から2kmほどで終点となります。




ここは、プチ・クライム。ヒル・クライムの小さなトコです。

ほとんど助走もなしに、奥の丘を登って来ました。
実は、この時は、かっき~さんのセローと乗り換えていたので、登り切れるか心配でした。
かっき~さんのセロー225は、ハンドル周りも軽く、グリップのいいトライアルタイヤでしたので、登り始めると不安なくどんどん進んでくれました。
やはりセローは、軽さと低速での扱いやすさですね。



もちろん三台ともプチ・クライム登頂成功です。




セローワンダーランド・プチ・クライムを楽しんだ後は、林道箱根線に入ります。




県道11号線の城山のあたりから、国道1号線の山中城址まで延びている、全線舗装路の林道を行きます。




ラオさんとかっき~さんが、何やら相談です。




このあと、とんでもない事に・・・
斜面を歩く二つの人影・・・いったい何が起こったのか・・・?


セローワンダーランド、非日常をあなたに。
スポンサーサイト
コメント

桜ひらひら…

オラッチェのあの桜は既にもう散りかけていたんですね。神奈川の感覚と同期してしまって、これから満開を迎えるのかと勘違いしてました。

チェッチェッチェローさんのセローは瞬発力があって安心してあの丘を登る事が出来ましたよ。登り切った時はその先の半端ない角度のヒルクライムにビックリしましたけど…。

オラッチェ

オラッチェの意味は俺んちって事かと思いましたが、

Organic(有機農業の素晴らしさにふれてください)
Refresh(心身の疲れを癒し、元気になってください)
Agriculture(農業の大切さを知って下さい)
Tanna(酪農の里「丹那」を第二の故郷にしてください)
Comfortable(澄んだ森の空気と緑を楽しんでください)
Healthy(自分、家族、みんなの健康について考えてください)
Ecology(地球環境について考えてください)

の頭文字で作られた言葉らしいです。
奥深い。。。

Re: 桜ひらひら…

> オラッチェのあの桜は既にもう散りかけていたんですね。神奈川の感覚と同期してしまって、これから満開を迎えるのかと勘違いしてました。

早咲きの桜のようでしたね。

> チェッチェッチェローさんのセローは瞬発力があって安心してあの丘を登る事が出来ましたよ。登り切った時はその先の半端ない角度のヒルクライムにビックリしましたけど…。

道具はいいんですけど、走りは・・・あんなもんです・・・。

Re: オラッチェ

さすが、ラオさん。しっかり調べていますね。
自分にはマネできない緻密さです。
オラッチェを「ふざけた名前」と紹介していましたから・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ