プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:お散歩
箱根連山の西斜面側、県道20号線と並行して山の中を走る「林道箱根線」を、三台のセローで行きます。

ここまでは、ゆったりとした「お散歩」でしたが、次の林道には、何が待ち受けているのでしょうか?

「セローワンダーランド・イン・KANNNAMI」、函南編です。




県道11号線から、北上する箱根線の入り口です。




箱根線を走り始めて間もなく、高圧線の鉄塔への支線を見つけました。
とりあえず歩いて行ってみると、鉄塔を下った先には、箱根線の舗装路がありました。
送電線伝いにダートがあれば、面白いと思って見に行きましたが、下れるかどうか分かりません。
そこで、セローまで戻って、下から見上げる事にします。




かっき~さんは、鉄塔までセローで来ていたので、下の道に出られるか、上から確認します。




伐採された材木や、藪のようになった足元が走行ラインを阻んでいました。




ここは、みんなで普通の道を走って来ました。”みんなで”です。
しかし、このかっき~さんの行動が、あとで大きな事件を引き起こすことに・・・




「林道箱根線」は、路面はアスファルトですが、道幅は狭く、枯れ枝や土砂で滑りやすい道が続きます。
通り抜けられる支線も多くありますが、「メルヘンの里」に下る道がほとんどです。




支線を下って、函南ゴルフクラブの前に出てきました。




「林道箱根線」は、ここより山側になります。
左手の舗装路を上って、再び「箱根線」に戻ります。




「箱根線」に戻った所は、「原生の森」でした。
林道入り口から6km、湖と言うよりは、大きな池がある静かな散策地です。




池の周りを散策できます。セローを下から見上げてみます。




道なりに走り、国道1号線まで出ました。




ここは、箱根旧街道の石畳の道です。




ラオさんもかっき~さんもヘルメットは、アライのツアークロスです。シールドタイプなので、ツーリングにもいいですね。




石畳の周囲は、杉林です。花粉症の人には禁断のルートですね。




国道一号線の山中城址に、出てきました。
一号線を、三島側に少し下ると、「北箱根林道」の入り口があります。
「北箱根林道」は、全線舗装路の林道ですが、支線が数多くあります。
作業道が多く、進入禁止の表示も多いです。
それでも、たのしい“林道”は、ありそうです。



次回予告

この橋は、一体どこへ続いているのか・・・?



さらに、かっき~さんの行動が引き金となった事件とは・・・?

次回、セローワンダーランド・イン・KITAHAKONE

スポンサーサイト
コメント

鉄塔ルート

あそこの鉄塔ルートは行けたら面白かったでしょうね。
帰宅して、この周辺の鉄塔ルートを調べてみましたが、この辺りは難しそうですね。オラッチェ周辺のルートならスカイラインへ抜けられそうな感じがしました。

僕が引き金になった事件…。うん、いい響きですね!インKITAHAKONEも楽しみです。

北箱根

原生の森はいつ行っても、落ち着くところですね!
前回のように草木が青々としているのもなかなかいいです。

かっき~さんが引き金?
って、まさかあれをかっき~さんのせいに。
あ、いや、何でもないです。
ん~、何だろう。。。

Re: 鉄塔ルート

> 帰宅して、この周辺の鉄塔ルートを調べてみましたが、この辺りは難しそうですね。オラッチェ周辺のルートならスカイラインへ抜けられそうな感じがしました。

さすが、廃道マニアのかっき~さんですね。(勝手に決め付けた)
実は、丹那小学校の奥の林道を探索しました。伊豆スカイラインに出る道は、行かれませんでしたが、軽井沢に出る道を通って来ました。


> 僕が引き金になった事件…。うん、いい響きですね!インKITAHAKONEも楽しみです。

ははは、かっき~さんにセローの走破性を見せつけられたら、下って行ってしまうのかも・・・。

Re: 北箱根

コメントありがとうございます。

> かっき~さんが引き金?
> って、まさかあれをかっき~さんのせいに。
> あ、いや、何でもないです。
> ん~、何だろう。。。

・・・たぶん”それ”です・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ