プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
ハンドガードが付いていると、なんとなく”やるな!”って感じしません?

タイヤはノーマルでも、マフラーは純正でも、ハンドガードだけで、「この人・・・やるな!」。そんな風に思ってしまうのは私だけでしょうか?


以前はバークバスターとかナックルガードとか呼ばれていたハンドガード。
アチャルビスの樹脂製のものが1万円前後で売られていました。

でも実際に転ぶと曲がってしまう物でした。
その後アルミ芯入りが13,000円位で出てきましたが、それも樹脂とアルミの部分がはがれるなど、実際どれを選んでも一長一短でした。

林道がメインのTT250Rには樹脂のものを、同時期に持っていたセロー225にはメイヤーのアルミのものを付けていました。
標準のTT250Rには、ヤマハ純正のオープンタイプのハンドガードが付いていました。
ヤブなどでは問題ないのですが、右に転ぶとアクセルの動きが悪くなってしまうので、交換しました。


今度のセローは・・・ネットで見ました、3,000円位でアルミの芯入り。
信じられないほど安くなりました。もちろんアチャルビス製ではありませんが、実用上は問題なさそうです。

丸いフォルムが気に入らないけど、山の中ではやっぱり安心です。
グリップの両端を良く切れるカッターナイフで切って、アクセルグリップも少しずつ切って、取り付けました。
これで、倒してもレバーが曲がったり、アクセルが戻らなくなったりする心配はなくなりました。


バックミラーの根元に見える金属製のレバーは、クラッチホルダーです。
ニュートラルに入れるほどじゃないけど、両手を使いたい時とか、交差点で止まって、左のミラーを調整したいときとか、クラッチを切ったまま保持できますので、とても便利です。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ