プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:お散歩
「看板」をテーマに「北箱根山線」を走って来ましたが、本当の目的は別にあります。

ゴールデンウイークは、どこも混雑しますが、「北箱根山線」は別です。

誰ともすれ違いません。オフ車どころかクルマにも会いません。

希少車と不人気車の違いのようなものでしょうか?


国道1号線から、「北箱根山線」に入って来ました。




支線の誘惑にも負けずに、ここまでは「看板」をテーマに走って来ましたが・・・




こんな支線の誘惑には勝てません。なぜって・・・




こんな景色が広がる場所に出られるからです。




駿河湾が見渡せます。
海の手前は沼津市、向う側には三保の松原。

この支線は、通り抜けられないので、牧草地の手前で引き返します。




再び「北箱根山線」です。三島市から裾野市に入ります。




この川が、市の境になっているようです。




林道ですが、比較的広い道路です。
林業関係のトラックも通るのでしょう。




「やまあいはし」、山間の橋なんですね。




さらに進むと、・・・?




イ二の文字が、・・・仁だろっ!
仁義の仁ですよね、以前もありましたが、時々書き直しているようです。
詳細は不明です。




「北箱根山線」をさらに進みます。全線舗装路ですが、山からの土砂で舗装路が覆われていました。




ここも支線のようですが、完全に作業道です。
連休中なので、作業はないと思いますが、その先にゲートがあったので入りませんでした。




鉄パイプのゲートが見えますね。
路面の様子からも、頻繁にトラックが行き来しているようです。




「北箱根山線」は、林の中を進むので、あまり開けた所はありません。
右手の山に入る支線は、林業用の作業道が多く、左手の下る道は、三島や裾野の市街地へと通じる道が多いようです。
それにしてもこのコンクリートの支線は、不自然です。

上らずには、いられません。



2kmほど上った所で、終点です。




よく分からないので、引いてみます。




さらに引いてみます。
コンクリートの壁の向うは、雨水が流れそうな地形でした。
道路上に土砂が流れ込むのを防ぐために、カベを作っているようです。




右側には、小川が流れ、登山道も見あたりませんでした。




行き止まりの舗装路を下って行きます。




またまた、支線を発見!切り出し用の作業道のようですね。




およそ600mほどで、行き止まりでした。




トラックも入れる道幅があり、比較的フラットな路面なので走り易かったです。




先ほどの支線の入り口近くに、もう一本作業道があったので、入ってみました。

こちらも800mほどで、行き止まりでした。



入ってすぐに急こう配になり、路面には丸太が敷きつめられていました。

先ほどの作業道と並行して走っています。上段と中段みたいでした。



作業道を楽しんだので、「北箱根山線」に戻って来ました。



「本当の目的」って、なに?
・・・また今度!

・・おいっ!
スポンサーサイト
コメント

支線

前回は気付かなかった支線があったんですね。しかも、切り出し用の作業道とはいえ、支線のまた支線まであったとは楽しいもんですね。
こういった支線は、探索心に駆られますね。

で、本当の目的って…アレですね。ぐちょぐちょのアレ(^^;)
次回が楽しみです。

Re: 支線

コメントありがとうございます。

支線の探索は、面白いですが、行き止まりになると少々へこみます。
かっき~さんは、その先まで行きそうですよね。

コンクリート舗装

コンクリート舗装の支線は大きめのトラックであそこまで行って、丸太を積むっていうことなんでしょうかね。

本当の目的?作業道制覇?
巨大な橋の進捗状況かな?

Re: コンクリート舗装

コメントありがとうございます。

道幅も十分にありました。
本当の目的は、カテゴリー「バイク 酷道・険道」で、上位にランクインする事です・・・うそ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ