プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:イベント
タイトルに、「セロー30thミーティング その①」とか「その②」と書いていたら、「セロー30thミーティング その?」になってしまいました。

書き直してその1、その2にしました。今回はその3です。

実際にどんなセローが来ていたのか、オーナーに無断で撮って来ました。

あなたのセローは、あるでしょうか?


実物を見ると欲しくなりますね。フリーライドのような、セロー30thアニバーサリーモデルです。




自分は、2011年式の3C5M、このモデルに乗っています。




このセローは、mixiに載っている方のようです。




ロングツーリングを、されたのでしょうか?




同じ年式の色違いです。




どの年式でも、赤はあまり見ないですね。




一度に、三台見れました。




ラオさんと同じカラーリングのセローです。




2012年からこのカラーリングなので、一番台数は多そうです。




ツーリングセローの大型キャリアは、大きなパニアケースを積むのに適しているようですね。




プラナスのサイレンサーが、かっこいいですね。




色違いの赤、タンクも赤ですね、




かっき~さんと同じ年式の、通称「おんぶセロー」。足がながいですね。オーナーは・・・




リヤキャリアの付いていないセローは、珍しいですね。




このセローも、リヤチューブレスです。




人気の青です。清々しい青空のイメージでしょうか。




金のホイールリムなので、2006年ごろのセローです。




ブログで、拝見した事のあるセローです。オリジナルのカラーリングですね。




25thアニバーサリーモデルです。シュラウドやサイドカバー、フロントフェンダーのパーツは驚くほど高額です。




GO-PROを後ろ向きに付けているようです。走行動画も楽しみですね。




セローは、グリーンが圧倒的に多いようです。




黒もあるはずなんですが、あまり見かけませんね・・・




2007年のセロー250S。マフラープロテクターとエキゾーストパイプガードに、ベーキング処理をして質感を高めています。




日差しが強くなりました。




このカラーリングも珍しいんです。2008年型ですが、XT250Xとこのセローだけが、タンクの色が白です。
フレーム色がシルバーなのも、このモデルと25thアニバーサリーモデルだけです。




2005年に出た、20thアニバーサリーモデルです。
標準のセローよりも2万円高い設定で(消費税別)、マフラープロテクターには、20th Aniversaryのロゴが入っています。




ヤマハのスタッフの方。後ろ姿を撮ってみました。このセローは、リヤフェンダーをXT250Xのテールにしてありました。




ストロボラインの225。セルが付いた初代のモデルです。




225の最終型ですね、2005年まで販売されていました。




リヤタイヤがチューブレスになった最初のモデルです。
タンクの塗装が剥げていますね。かなりのツワものですね。

このモデルも持っていました。解体されそうな車体を安く譲ってもらい、直して乗ろうと考えていましたが、直す時間がもったいないと思い、セロー250を購入しました。
その後、友達の整備業者に修理を依頼して、近所の方が通勤に使っています。
このスプラッシュカラーが大好きで、軽トラに積まれたセローを見かけて、運転手に話しかけて譲り受けました。




リヤホイールは、チューブレス、スーパートラップのサイレンサーに、TT-Rのリヤフェンダーですね。




驚きました。”あの”ツノが付いている、正真正銘の初期型セローです。




生産期間はどのくらいだったのでしょうか?カタログも回収されたと聞いていますので、非常に貴重な一台です。




さらに、このステッカー。通勤に使われているそうです。




非常に良いコンディションのようです。これが30年前のセローですね。




これも、セルなしのセローです。確かYSPの限定車だったと思います。



ごめんなさい、まぶしくて良く分かりませんね・・・




セルつきです。セルなしのセローのタンデムステップは、スイングアームに付いていました。
XT250やXT250Tもスイングアームにタンデムステップが、ありましたね。




セルつきの最初の頃は、リヤブレーキはドラムでした。




フロントフェンダーは、TT250RとDT200WRやYZ系は、共通のようでしたが、セローだけはこの部品のままでした。




気合いの入ったセルなしセロー225です。
よく見ると、DT200Rのリヤフェンダーにリヤブレーキのロッドは上に回してあります。




さらには、TT225のサイレンサーでしょうか?
サスペンションもTT225に交換してあるかも知れませんね。




レアルエキップのTT-Rカウルセット。




リヤフェンダーもレアルエキップのTT-Rが、付いています。

セロー225に乗っていた時に、ヘッドライトをランツアに交換して、リヤフェンダーは、レアルエキップのTT-Rにしていました。




トリッカーのTYキットですね。




XTZ125です。このモデルも永いですね。

ヤマハの125ccの水冷エンジンを積んだオフ車が、ハスクバーナにありました。
TE125、50万円程なので、セローとあまり変わりません。
足回りは、エンデューロレーサーなので、セローとは、遊び方が異なりますが、気になる一台です。
ヤマハからもWR125が出ています。125ccとは思えない大柄な車体で、乗ってみたい車種ですが、リムがテツです。
どのような位置づけのバイクなのか、ちょっと躊躇します。




フルサイズのトリッカーです。




スイングアームは、アルミ製、改造費にトリッカー3台分をかけたそうです。




セロー以外の車種も来ていました。2ストのWR。




4ストのWR。




できるだけたくさんの、セローを撮りたいと思ったのですが・・・

間があまり空いていなかったり・・・



トレッキングで走行中だったりで・・・

たぶん、半分も撮れていなかったと思います。
撮り切れなかった方、ごめんなさい。それから、勝手に撮ってごめんなさい・・・



それでも、撮影OKしてくれて、ブログアップも快諾して下さった方がいました。

笑顔がきれいな素敵な方でした。名前は伺っていません。
関越方面からソロで来られて、これから高速を使って2時間ほどで帰るそうです。
取材を受けてましたから、どこかの雑誌に載るかと思います。



これは、かっき~さんのセローを。どこにいるかと言うと・・・




洗車場に並んでいました・・・




洗車場の水は、ミネラルウオーターを使っていました。




汚れを落とした後は、ブロアモーターで水分を飛ばします。




あーいい天気、富士山も顔をのぞかせています。



今回初めてセローミーティングに参加しましたが、セロー250の比率は高くなっているようです。
10年前にセロー250が出た時、丸いヘッドライトに違和感を持ち、「こんなのセローじゃない!」って思いましたが、時代を先取りする頭脳の集まったヤマハ開発部は、当時の自分のはるか先を行っていたようです。

開発部の方と直接お話しする機会もありましたので、スイングアームの話をしました。
やはり、アルミスイングアームの要望はかなり多いようです。
ネックになるのは、やはりコストか・・・?

次回「セローでお散歩」セロー30thミーティング④は、昼食風景を・・・
あれっ?すげー、はなしは・・・?
・・・写真がない?・・・どーすんだよ?・・・

ですから、昼食風景を・・・って、おい!
スポンサーサイト
コメント

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。
チェッチェッチェローさんと同色セローでお話しさせて
いただいた者です。私のセローの写真もUPしていただき
ありがとうございまーす。
 柏さんのライテクもためになったし、いろんなセロー
も見れたし、いい汗かいて有意義な一日でした。柏さん
に毎年セローミーティングやってくださいとお願いした
ら「ヤマハでやれなければ私がやります」と言ってくれ
ました。期待しましょう!

お腹いっぱい

編集もお疲れ様でした。
左を向いてもセロー。右を向いてもセロー。
あれだけのセロー達が一度に見れるなんてそれだけで幸せでした(^^)
さすがチェッチェッチェローさん。225も250も乗り継いできた人だからこそ知り得るポイントが満載でした。これだけで歴史深いセローの変遷が理解出来ますね。

自分も同じおんぶセローを一度にあんなに沢山見れるなんて夢のようでしたよ(^^)

30年

息が長いですねぇ!
愛され続けるって、凄い事ですね。
オーナーの改造も色々ですね、色々な事をしても違和感ないから愛され続けるのかもしれません。

ミネラルウォーターで洗車って(^^;
ヤマハの心意気ですかね!?
凄いなぁ~!


十人十色

とても、参考になりますね、自分はチェッチェッチェローさんが沢山撮っていたので楽しみにしてました。
赤とゴールドのオリジナル色の方は良くブログで出てましたね。
カッコいいですねぇってパレード終わってか声かけたら、ヘルメットも全てこの色でしたよ、2008年の赤、白タンクは知ってる人ですね。多分。

Re: おつかれさまでした。

ヤスさん、コメントありがとうございます。

柏さんのセローオーナーライディングスクールを、毎年やってくれるんですか。
嬉しいですね。
あのアニバーサリーモデルは、柏さんご自身の車両でしょうか、ハンドル周りが変わっていましたね。
セローに不満があって、いろいろパーツを変えてきましたが、ノーマルのセローでも乗りこなせていない事に気づかされました。
そろそろ、タイヤの交換時期ですが、ハイグリップのタイヤに頼らず、一度元のタイヤに戻してみようかと思います。
ヤスさんもdb’sのエキパイでしたよね、ヒートガードのショートタイプが、余っています。同じカラーリングのセローにお乗りなので、よろしかったら使って下さい。
コメント欄に非表示で、送付先を教えて頂ければ、郵便にてお送りします。
これからもよろしくお願いします。

色んなセローがあって面白いですね
しかし初期型のは始めて見ました
デザインも全く違う・・ セローは良いバイクですね

Re: お腹いっぱい

コメントありがとうございます。

おんぶセロー多かったですね。リヤディスクになったセローが、少なくなったように感じました。
チューブレスになって、カラーチェンジしたのが!おんぶセロー”ですが、それ以前のモデルをあまり見ませんでしたね。
セロー250に乗り替えたのでしょうか?

Re: 30年

コメントありがとうございます。

ヤマハってすごいと思います。
SRも長いですし、V-MAXもモデルチェンジしましたが、息の長いモデルです。
TDR250とかSDR200とかTZR250後方排気など、セールス的にはうまく行かなくても、魅力的な車種が一番あると思います。
ホンダは、マーケティングから入って、売れる車種を作る感じがしますが、ヤマハは、開発者が好きなバイクを作っているイメージがします。

ミネラルウオーターの、賞味期限を見るのを忘れました・・・

Re: 十人十色

コメントありがとうございます。

自分のセローの周りに人だかりが・・・と思っていましたが、そんなことはありませんでした。
帰り際に、自分のセローを写真に撮っている人がいたので、うれしくて声をかけましたら・・・
シュラウドのグラフィックを担当したデザイナーの方でした。

ラオさんのブログで、丸太のステアを乗り越えて来る人、黒山さんじゃないですよね・・・?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

初期型は、テールランプが大きくてリヤフェンダーもカクッとしています。シートレールの後端もフェンダーの上を通り、グラブバーの役目を果たしていたようです。
強制開閉キャブで、エンデューロも視野に入れた、一番とがったモデルだったんです。
昔の事はくわしいです・・・。

こんにちは~(^^)

セロー人気はやはり凄いですね~(^^)
こうして見るだけでも色んなカラーがあり見てるだけでも楽しめそうです!
セローと言えば写真にもあるカモシカのエンブレムが入ったタンクが一番印象に残ってますね!
昔のまたその昔・・彼女が乗ってましたよ!
ほんと昔の話ですが(^^;)

Re: こんにちは~(^^)

コメントありがとうございます。

セローのカラーリングは、年式によってフレームの色まで変化しています。
特に225は、リヤサスのリザーバータンクが、ついた車種もあり、ホント分かんないです。
昔の彼女ですかー?VTに乗っていた、みゆきちゃんでした。
会社のみんなは、CB750Fばかりの中、自分だけカタナに乗っていたので、“ヒデヨシ”と呼ばれていました。
早死にしたくないのに・・・。

セローの歴史!

おはようございます

セローってこんなに色々あったんですね!
チェッチェッチェローさんの詳しい解説のお陰で勉強になりました(笑)
250だけ北海道でレンタルのを乗った事がありますが大変気に入りました!
デザインも僕はかっこいいと思います。

Re: セローの歴史!

コメントありがとうございます。

セローは、リヤキャリア率が高そうです。
タイヤもロード寄りの装着を、良く見かけました。
MXブーツのライダーは少なかったですね。
オフ車の中では、敷居が低い感じかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ