プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:書籍
梅雨は明けたのでしょうか?

「serowでお散歩」なのに、全然「お散歩」出来ていません。

今回は、こんなモノが気になりました。

SAN-EI MOOKのRACERS(レーサーズ)です。

CB750Fと言うと、バリバリ伝説のグンですが、(そっちか!)衝撃的だったのはファースト・フレディことフレディ・スペンサーでした。

そのスペンサーが使用していたCB750Fが、一冊の本になって書店に並んでいました。



素晴らしいイラストの表紙です。市販車とは全く違うレーシングマシンは、どのように作られたのでしょう?




ゼッケン19はスペンサーですが、モリワキのZ1000はワイン・ガードナー、緑のカワサキのマシンはエディ・ローソン、スズキのGS1000はウエス・クーリー。




同じように見えていたCB750Fですが、何台も異なる仕様の車両がありました。




同じゼッケンを付けていても、違う車両があるんですね。




エンジンのパーツまでカラー写真で載っています。
この冊子、オールカラーで広告が入っていません。




ちょっと、こんなトコまで公開していいの?と言いたくなるような記事がいっぱいです。
ライダーにはメーカーの守秘義務がありますから、おそらくホンダ本社の判断で公開に踏み切ったものかと思われます。
ホンダすごい!




最新ではないにせよ、企業秘密を公開して一冊の本を作り上げた出版社がこちらです。
しかも、926円+税とは。
保存版ですね。




33号とありましたが、バックナンバーには何があるのでしょう?

創刊号が’83 NS500でした。Vol17にはホンダのワークス・モトクロッサーRC250MA、Vol26にはカワサキKXぺりメタフレームと気になる特集もありますね。
バックナンバーもまだ入手出来るようです。



裏表紙もCBのイラスト。




書店に並んでいたほかの号も買って来ました。

バックナンバーにもハマりそうです。





スポンサーサイト
コメント

スペンサー大好きです。
スペンサーが好き過ぎて、ヘルメットから革ツナギから
バイクまで、ぜ〜んぶスペンサーレプリカやっておりました。
( ̄▽ ̄;)アハハ…

ロスマンズやマルボロの時代が懐かしいですね〜。

Re: タイトルなし

ですよねー。
ブログの最初のページですものねー。

ははは、食いつきましたね。

バリバリ伝説!

こんばんは~(^^)
私もバリ伝にハマってKATANA1100とCB750FCを同時所有してた時がありましたね(^^;)
ビデオを擦り切れるほど見て、セリフもまる覚えしたくらいでしたからww
このCB・・ノーマルで乗ってましたが今でもいいバイクだと思ってます!
同じ形で出してくれたらぜったい買ってますね(^^)
レースにはあまり興味はなかったですが、スペンサーやガードナーと言ったレーサーには興味をひかれたものです(^^)
若き頃をを思い出させるいい記事ありがとうございます!

Re: バリバリ伝説!

食いつきましたねー。
私もこの表紙にこの記事、やられちゃいました。

営業職をしていた頃、なぜか周りにはCB750F乗りが多くて、たまたま縁あってガソリンスタンドの兄ちゃんからカタナを譲りうけたんで、「ヒデヨシ」と呼ばれていました。早死にしたくないのに・・・

ヒデヨシのカタナに火を点けるグンのシーン、思い出すだけでジ~ンときますね。

CB-F, GS, Z1000J・・・

CB-F, GS, Z1000J・・・う~んたまりませんな。
CB750Fや750SⅡ刀に乗っていたもので!
ヨシムラのウエスクーリーの豪快な走りが好きでした。
なーんだチェッチェッチェローさんもかもねぎさんも
ムコ殿さんも同世代ですね。

ななはん

凄いですね!皆さん沢山乗られていて。

バリバリ伝説も懐かしいですね。

バイクレースは一度だけスピードウェイだったかな、車のレースを見に行ったときに、やってましたけど、耳がちぎれるかと思いましたよ、GT-Rの音なんかよりも、強烈だったなぁ。

ちなみに自分が小学生の頃、親戚の兄さんはナナハンライダーよく見てましたが、あの内容は、後から見てびっくりしてしまいましたが。

Re: CB-F, GS, Z1000J・・・

コメントありがとうございます。

はい、バリバリ伝説や、あいつとララバイ、ふたり鷹にも反応してしまいます。
月刊オートバイ誌で、「ウエス・クーリー、金クーリー」と書かれていました。
昨夜のごはんは忘れてしまうのに、昔のコトは良く覚えている。そんな世代です。

Re: ななはん

コメントありがとうございます。

ナナハンライダーは、狂走赤軍とのバトルや、順平が光のCBに乗ったりと、最初は面白そうな展開が期待されましたが、暴走族が社会問題となり、作風の変更を余儀なくされたかと思います。

汚れた英雄も映画化されましたね。
箱根の旧道は、休日の10:00~15:00は126cc~400ccが通行規制されました。
15:00が近づくとフロントブレーキをかけたままフォークを上下する、スタートの姿勢のバイクが多く集まり、七曲がりはサーキットのようでした、

スゴイ!

CBはロングセラーですよね。
当時を謳歌されてたんですね。自分ももう少し早くバイクに興味を抱いていたら…と思うと、残念でなりません(>_<)

今でも、オンロードとオフロードと二台持ちできたらな〜なんて思ってます。
2輪のレースはそんなに興味はなかったのですが、ラオさんと同じく、富士スピードウェイに行った時に四輪と二輪のレースをみました。音もそうですが、四輪とは迫力が違いましたね。

Re: スゴイ!

コメントありがとうございます。

セローは、30周年ですが、CBは1959年からですから、もう56年にもなりますね。
自分ではCBは、乗った事がないんです。ホンダのバイクは所有した事がないんです。あ、ナンバーなしのTLR200ありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ