プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
風間深志氏

自分の記憶では、月刊オートバイ誌の編集員で、日本人で初めてパリダカを完走した人。キリマンジャロをXL200で入山許可の限界地まで上った人、その時にオートバイ誌を去った人、そして風魔プラス1を立ち上げた人、ヤマハのセローとTWで南極点と北極点に行った人。
パリダカでクラッシュし、後遺症を患いながらも、地球元気村やフェイスブックでの情報発信を精力的に活動している人との認識です。

ブログで知り合った、ワクワクXRさんから、道の駅みとみで北極点到達のTWの展示がある事を、教えてもらいました。

朝は、ムコ殿さんたちの房総ツーのお見送りをして、自治会の会合のあとで、自分の時間が取れました。

雨でずっと籠りきりだったので、軽くヤビツをと思いながら宮が瀬に出た頃、風間さんのTWの事を思い出しました。



いい天気ですが、水蒸気が上がって来る時間になりました。
山も、かすんで見えますね。




秦野側からヤビツ峠に向かう途中の展望台です。
この時間では、バイクは少なかったです。




宮が瀬の鳥居原駐車場で休憩した後、道志街道に出て、県道76号線、517号線、35号線とつなぎ、秋山村から国道139号線へと出ます。バス停に青いセローが停まっていました。富士山ナンバーだったので、反対方向のようです。ヘルメットををとって近づいて行くと、立ち去って行きました。




道の駅みとみに着きました。
ここもバイクは沢山ですね。
雁坂トンネルが無料が効いているようで、熊谷ナンバーの車両が多かったようです。




食堂の中に、風間さんのTWが展示されていました。
TWは、XT200の4サイクルエンジンですが、北極点スペシャルは、TY250Rの空冷2サイクルエンジンでした。
北極点も南極点も、人間や犬そり、クルマやスノーモービルでの到達はありますが、オートバイでの到達はこの車両だけです。
この先、チャレンジする方は出てくると思いますが、世界で一番最初に北極点に到達したバイクが目の前にあります。

四国のライダーハウスで、南極点のセローを見た事がありますが、TWは初めてです。



テントはモンベル、極地用の特別製のようです。




アライのスペシャルカラーのヘルメットに、今では珍しく無くなった熱線入りのスワンのゴーグル。




極地用のブーツには驚きました。シフトチェンジは出来ません。でもこれ以外の選択枝はこの当時なかったのでしょうね。




ライディングウエアと言うよりは、防寒具ですね。
一日の大半をバイクを押すことに費やしていた。と語られています。
起伏もあるので、直線距離は800kmでしたが、実際には1250kmもの走行をされたようです。




次回は、エル・カミーノ・デル・レイ?(El Camino del Rey)



お気に入りの動画です。心臓の弱い方は、ご遠慮ください・・・
https://www.youtube.com/watch?NR=1&v=ZmDhRvvs5Xw&feature=endscreen
スポンサーサイト
コメント

私も行きました

今年の4/24、バイク弁当を食べに行った帰りに道の駅へ
寄った時のこと。なーんと風間深志さんが居るではありませんか!
なんでも道の駅みとみでのイベント打ち合わせでいらしている
とのこと。風間深志さんも柏秀樹さんもバイクを取り巻く環境や
ライダーのことを考え、行動してくれる素晴らしい大先輩。尊敬します。
最後の写真はどこでしょうか?気になります。

凄いなぁ~

凄いですねぇ~!
極めた人ですねぇ。
キリマンジャロ登頂、オートバイ誌に記事が出て、応援していました。
パリダカは凄かったですね、国内エンデューロにもゲスト参加されて盛り上がりました。
芸能人チームでオフバイク乗ってのテレビが有ったり当時は盛り上がっていましたね。
オフロード全盛期ですかね。

おはようございます!

もう何年前になるかな~(^^;)
二十数年前だと思うのですが、風間さんのお店「風魔」が馬車道通りのあたりにあって女房と入った記憶が!
風魔のTシャツ買ってサイン書いて貰ったのを覚えてますよ!
その時は何かを成し遂げた人って凄いオーラがあるというか、そんなことを感じながら帰ってきた覚えがあります!
展示車のタイヤどうでした?確か凄いスパイクのピンが付いていたような記憶がありますが・・・(^^;)

Re: 私も行きました

コメントありがとうございます。

風間さん本人とお会いできたんですね。
ラッキーデー、さすがヤスさん、持ってますね!

最後の写真は、ヤスサンもご存じの場所です。
スペインのマラガ地方にある・・・

Re: 凄いなぁ~

コメントありがとうございます。

そうですね、すごいですよね。

やはり業界の人は、スケールが違います。

でも、民間の、一般人の中にも、企業のバックアップもなしに、文字通り手弁当で、国内再厳冬地の冬の北海道を走破してしまう人も、いられますよね!
その中の一人の方が、私のブログを訪ねてきて下さるんですから、こんな名誉なことはないと思います。

凄いなぁ~

Re: おはようございます!

コメントありがとうございます。

横浜の日の出町の近くにも、お店がありましたね。
時々近くまで行っていました。

スパイクは、氷上レースで使うような、凶器は付いていませんでした。
国内での移動用に交換したかも知れませんね。

風間さんは、フェイスブックでも活動が見れます。友達申請するのもいいと思います。

みとみに行かれてたんですね。風間深志さんてこんなに凄い方なんですね。当日は会えなかったんですか?
そういえば、先日の長野の帰りに道の駅牧丘に寄った時の広告では、8/2にみとみでバイク祭りなるイベントが開催されるみたいですよ。
ビッグバイクのスタントショーもやるみたいです(^^)

こんにちは♪

風間サンはずっとYAMAHAですね~
RAIDにも乗られてたような記憶があります。

もうひとつ、今はあまり触れてはいけない話題かもしれませんが^^;、富士登山にもチャレンジされていたような…TWだったか?セローだったか?ですが。

風魔プラス1、新宿と世田谷の店にたまに行ってました。ラフ&ロードより近かったんですよね。
新宿店の店長小川サンだっけな…?TVチャンピオンのサバイバル王決定戦に出演されてました。4半世紀も前の話です。

次回お会い出来るの楽しみにしてます♪

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

風間さんのTWは、この日だけでなく長期間の展示のようです。
8月は、バイクのイベントも多いようですね。

Re: こんにちは♪

コメントありがとうございます。

富士山登頂は、私の記憶ではTYで、山頂までは行かれませんでした。500ccのモトクロッサーに乗った外国人が登頂に成功したと覚えています。
風間さんは、月刊オートバイでの企画でしたが、それより前にラフ&ロードの茅野(かやの)さんが、XL250で登頂したと思います。
その当時は、バイクで山頂を目指すなんて考える人も少なかったからか、入山規制もなかったようです。

ポチさんの記事も楽しみにしてます。

バイクでキャンプしながら北極点に行ったときの装備が展示してあるんですね~
キャンプ用具とか興味があるので面白そう

こんばんは〜♪

その昔高校生の頃、月刊オートバイと言う分厚い雑誌を買って
風魔プラス1の記事を目にしていました。
南極大陸の記事も見た様な気がしてます。

同じ頃、三好礼子さんと言う美人なオネーサンが
大型バイクに乗り、憧れの存在でした。

今は朝霧高原近くに住んでいて、私の知り合いの方とご近所付き合いをしているそうです。

それはそうと、
(ヘルメットををとって近づいて行くと、立ち去って行きました。)

ぷぷっ∵ゞ(≧ε≦● )
もしかして、怖かったんじゃあないですか〜?(笑)
失礼!

風間さんのTW!

僕も是非見に行きたいです!!

僕が風間さんの事を知ったのはここ数年の事なんですが、それから著書を探して北極に行った事を書いた本も読んで大ファンです。

来月頭の「最北端バイクミーティング」行きたいけど行けないので、先週末宗谷岬まで行ってきました。きっと沢山の方が参加するんでしょうね!

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

今の装備とは比べ物にならないかもしれません。
でも、風間さん用の一点物もあると思います。

Re: こんばんは〜♪

コメントありがとうございます。

月刊オートバイ誌は、広告の多さでも有名でしたね。
風間さんのお兄さんが、ヤマハの部品部に勤めていたようで、平塚の部品センターにもいたようです。
三好礼子さんは、朝霧高原から松本の方に転居されて、トレイルランで活躍されています。再婚されて上土井(じょうどい)さんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ