プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
県道189号線の京塚橋から、林道横沢大間線を通って諸子沢峰線へと向かいます。

入り口には工事中の看板がありましたが、工事は無く、無事に通過できました。





ほどなく舗装路は終わり、林道諸子沢峰線へと出ました。
「本線・諸子沢方面」、「悪路・通行困難」とあります。
なぜか、嬉しくなってしまいますよね。




こちらも魅力的です。県道60号線へと下る道でしょうか?




教科書85ページを開いて下さい。MAPにこの辺りの写真も載っています。




道なりに進むと、林道八重枯線の看板があります。
この道で合っているのでしょうか?




ダートは終わり舗装路に出ました。正面奥の林の中から走って来ました。




さらに進むと、林道川久保線の終点を示す看板があります。




行く手には、林道川久保線の立派すぎる道標が。
この先が川久保線のようですね。
「この先、危険箇所が多くあります。通行には十分ご注意下さい。一般車両の通行はご遠慮下さい。」なんて親切なんでしょう。




危険箇所を期待しながら進んで行くと、高圧線の鉄塔が二本ありました。
一本目は谷に下り、向う側の山へと延びています。
もう一本も並行して、谷の底へと延びています。
鉄塔マニアでなくても、圧巻の景色でした。




林道諸子沢峰線の看板があります。
比較的フラットな、何でもない場所にありました。




隣には小さな看板があります。
良く見ると、「この先林道につき安全施設が不十分です 一般車両の進入を禁止します」とあります。
さらにその横には、小さな文字で、「進入後の事故に関して一切の責任を負いません」と書かれていました。
ほおー、こっちがホンネね。でも、静岡市森林組合の管轄のようですから、切実な話ですよね。




林道諸子沢峰線の起点に着きました。
ここまで、終点から○○kmと案内が続いていました。
自分が何キロ走ったか分かりますが、出口までが何キロかは、分かりませんね。

ここには民家があります。
何台ものオフ車が、エンジンをかけたまま景色を眺めていては、迷惑でしょうね。



段々畑の茶畑です。
遠くの山並みもきれいでした。
ヒグラシが、もの悲しい鳴き方で大合唱でした。
古典の授業で、「もの~」が付くと、「なんとなく~」と訳すと、教わりました。
「ものかなしい」は、「なんとなくかなしい」になりますね。
じゃあ、「ものすごい」は・・・?




諸子沢橋まで、下って来ました。
こういう看板があると、見入ってしまいます。
地図には載っていない道を発見できそうです。




県道60号線に出ました。
さすが、県道は2車線ですね。




起点から終点へ向かう走り方の時には、この看板が重要になりそうですね。




県道60号線を下り、JA大川支店の手前を左折しました。
次に向かうのは、林道樫ノ木峠線です。

・・・って、いきなり「通行止め」ですか~?

スポンサーサイト
コメント

諸子沢

諸子沢峰線の起点から見える段々畑がいい雰囲気ですね。ラオさんも来られてましたね。
こちら方面の林道も走ってみたいです。
「ものすごい」は…なんとなくすごい?いや、おかしいですね(^^;)この場合の「もの」は、「超」と訳したほうがいいのかもしれませんね(^^;)

Re: 諸子沢

「ものものしい」は、なんて訳すんだ?って授業でも話題になりました。

諸子沢線は、逆走した方がいい感じかもしれませんね。
支線もありましたよ。帰宅は深夜になりそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ