プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
ガルル9月号に載っていた「天空絶景地」に行ってみます。

バカほど高いトコが好き・・・



「林道カフェ」に載っているブロともさんを見るために買いましたが、思わぬ収穫がありましたね。





まずは、富士山を周遊するように走る国道139号線で、精進湖を目指しました。

・・・と言うのも、精進湖から中央高速の甲府南ICまで延びている国道358号線(精進ブルーライン)には、2本の長いトンネルがあります。

下って行くと2本目となるトンネルの上には、旧道らしい県道113号線の中道往還が、日蔭山の西側を走っています。

精進湖から一つ目のトンネルをぬけ、古関を過ぎた飯田地区集会所の分岐から県道113号線に入って、中道往還の10km弱のロングダートを走り、右左口へ下りてきました。

ここは、国道358号線と交差しますが、精進ブルーラインが有料道路だったため、今も合流できません。





精進ブルーラインの下をくぐり、右左口町へ下りて行きます。一つ目の交差点の下宿を左折して県道29号線に入ります。

県道29号線をそのまま進むと、中央市の表示を見かけるようになります。合併や統合によってできた新しい地名のようですが、なんとなく味気ない地名に思えます。

県道29号線をさらに進むと、国道140号線(笛吹ライン)が現れます。

国道140号線は交通量も多く、中央高速の甲府南ICと中部横断自動車道の増穂ICをつなぐように笛吹川に沿うように走っています。


国道140号線の豊穂橋南交差点を直進して、県道12号線に入ります。

笛吹川を渡り、乙黒のT字路を左折して、JR身延線の東花輪駅へ向かって走ります。

JR身延線は、JR東海道線の富士とJR中央線の甲府を結ぶ単線で、富士川や国道52号線と並行して走っています。

身延線を渡り、花輪の街中をぬけ釜無川を渡ります。浅原橋西の交差点の直進して甲西道路の国道52号線も直進しますが、街中を走る道路なのであまり近道にはなりません。

釜無川の上流側に県道12号線のバイパスがあります。笛吹川を渡って左折してきましたが、右折すると県道12号線のバイパスにつき当たります。中部横断自動車道の南アルプスICを目印に進むと快適かも知れません。

富士川街道の国道52号線も直進して、ひたすら県道12号線を進みます。この辺りは新しく出来たコンビニが多いです。




曲輪田新田の交差点を左折すると、こんなループ橋が見えます。山の中にループ橋です。





信号のない分岐を右折して、芦安・広河原方面へ行くと、ループのはじまりです。



上って行くと右に360度のカーブです。秩父街道や大黒のような大きなループではありません。

伊豆の天城峠のループ橋も、秩父街道のループ橋も、標高差を埋めるために、直線ではなくループ状にしています。

ここも、一気に標高が上がる感じのループです。

道なりに進むと、右手に展望が開けます。普段走っている国道20号線は一番低い場所、中央高速がやや高い場所にあり、その先にはくっきりと山肌が見えています。

ループ橋の先は、アップダウンを繰り返す広域農道のようです。こちらの高台からの風景は、初めて見る景色でした。

県道12号線の西側を走って来ましたが、県道20号線につき当たる塩沢入り口でこの広域農道は終わりです。

県道20号線は南アルプス街道と呼ばれ、左に上って行くと芦安温泉に至ります。

芦安と言えば、夜叉神峠に野呂川林道。左手に谷底を見ながら広河原まで走り、早川に沿って奈良田温泉、早川町から身延町なんてルートもありました。

回想に浸ってしまいました・・・今回は右折して再び県道12号線に出ます。

県道12号線は、国道52号線よりも北まで延びています。国道20号線の円野郵便局前に出ました。

ここから信号の少ない国道20号線を快適に進みます。山梨から長野に入り、大きな左カーブを上って行くと富士見町です。

富士見峠の交差点を左折して、富士見パノラマスキー場の方へ進みます。




入笠山の案内が出てきました。釜無山と入笠山の分岐になりますが、入笠山へ進みます。



この日は工事のため、青柳方面などの20号線に下るルートは通行止めでした。工事の人に千代田湖に行くと伝え通してもらいました。



久しぶりの牧場です。今日は牛の放牧は見られませんでした。


以前来た時に、この道を牛が歩いていました。

近くで見るとデカイです・・・200kg~300kgはあるでしょうか、こちらに気が付くと一斉に走り出しました。ぶつかると大事故です、コワかったです。



青柳へと下って行く分岐まで来ました。ここまで舗装路になっていました。





この先は金沢併用林道です。確かかなり急な下り坂だったと思います。

この道も国道20号線へ出る道なので進みません。





千代田湖の湖畔に出てきました。この分岐を右折すると、国道152号線の杖突峠まで出れますが、今日は直進します。





千代田湖を半周しました。対岸では家族連れでが湖の畔で遊んでいました。小さくて静かな湖です。





千代田湖から県道490号線で、国道152号線に下って行きます。



目的地は辰野町が起点の林道です。もうひと山越えて行きますね。

雨は大丈夫かな・・・?
スポンサーサイト
コメント

入笠山周辺

入笠山周辺にも沢山、林道があるんですね。
10年ほど前だと、皆走れたみたいですが、入れるところを調べて行くのも楽しいですよね。ダートだと尚更ですね。
行き当たりばったりで、いい林道を見つけた時も嬉しいですが。

この後はどこでしょう。

懐かしい

おはようございます。
入笠山!懐かしくもあり、若いころの苦い思い出の地でもあり、近寄りにくい場所でもありますが、いいところですよね。
周辺にはまだ林道が沢山あるようですね。
旅のページを早くめくってみたいです。(^^♪

下道ツー

私の家から諏訪方面へ行こうとすると富士五湖経由で行くと遠回りになってしまうので避けてきました。でもチェッチェッチェローさんのルートなら甲府の街を避けられるので魅力に思えます。
4ストシングルの音を感じながらのセロー下道ツーは好きです。
もう来年の下道ツーを考え始めてレポ読ませていただいてます。

Re: 入笠山周辺

コメントありがとうございます。

日帰り出来る範囲なので、入笠山は大好きでした。
山のほぼ頂上付近に牧場があり、周辺にはあちこちに延びるダート、テントを張った事もあります。
今は、自転車のメッカ。周囲の道も舗装化されましたが、東と西を見渡せる景色にはいつ来ても圧倒されます。

Re: 懐かしい

コメントありがとうございます。


> 入笠山!懐かしくもあり、若いころの苦い思い出の地でもあり、近寄りにくい場所でもありますが、いいところですよね。
えっ?一体何があったんですか?
入笠山と言えば、黒河内林道。小黒川沿いに下って来る3ケタの直線でふっとんだとか・・・?
下のバス停の待合所でおやきを買おうとしたら、最後の一つを登山客のおばさんに買われてしまったとか・・・ですか?

Re: 下道ツー

コメントありがとうございます。

昨日はありがとうございました。

普通に長野方面へ向かう時は、山中湖、河口湖を通り、R137でR20まで出ていました。
今は中央高速の一宮御坂ICの前を通る道がR139になりましたが、直進して長塚の立体交差点からR20に入っています。
甲府バイパスは、片側2車線なので、なんとなく進んでくれます。

来年の下道ツー、天気が良いといいですね。って鬼が笑うかも・・・

こんばんは♪

辰野町が起点ということは…きっと、へそ?!のあるあの林道ですね。

芦安という地名を見ると南アルプスを思い出します。知った時にはもう通行止めでしたが…。ループ橋の存在は知りませんでした。

下道で

そこまで行きますか!
ってどこだかまだ判りませんが、私だったら下道で行くならここら辺が限度かな?
帰りが高速ならもう少し行くかも(^^;

Re: こんばんは♪

コメントありがとうございます。

そうです、あの林道です。ガルル9月号を見て行きましたから。

ぽちさん、動画をDVDにしましたので、非公開にて送付先をお知らせください。あのシーンも撮れてますよ。

Re: 下道で

コメントありがとうございます。

下道でもほとんど舗装路ですね。ダートもフラットダートです。はい、フラットダート・・・です。

高い所

こんにちは〜♪
ワタクシも高い所がだ〜い好きです。(笑)
やっぱり出掛けちゃったんですねー?「天空絶景地」
ズイブンと遠くまでお散歩ですね! ∵ゞ(≧ε≦● )ププッ

Re: 高い所

お忙しい中、コメントありがとうございます。

この日の走行距離は445.8kmでした。
近場だけのつもりでセローにしましたが、長距離となるとフルサイズの250ccが欲しくなります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ