プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ツーリング
ガルル9月号を読んで、諏訪湖の西側にある林道王城・枝垂栗線にやって来ました。



セロー30thアニバーサリーモデルで、こんな風に過ごしてみたいですねー。

どうなったでしょうか?





辰野病院前の交差点を上って来ると、すぐに十字路があり、直進すると林道が始まります。





初めの8.5kmは舗装路です。林の中を走りますが、道幅は広くないので対向車に注意します。





4kmほど走ると、右手にこんな看板が見えました。





入って行くと、こんな絶景が待っているはずです・・・





1kmほどでT字路になりました。右に曲がると大城山の展望台です。





キター!天下獲ったり!の風景です。



辰野の町と天竜川に沿って続く街並み、周辺の山々が一望できました。




あっ、ぽつっ?って、ぽつっ・・・

雨?

雨じゃん・・・

家に電話してみると、自宅の方はもう雨だと・・・

7時半頃には帰らなければならないのですが、今の時刻は3時過ぎ・・・





再び戻って、今度は日本中心のゼロポイントに進みます。





ゼロポイントへの道はセローで入ってしまいましたが、どうやら遊歩道のようです。

午後3時を過ぎるとハイカーもいなくなりますが、誰にも会わなかったのは幸いです。





ここは入り口からの中間地点で、あと570mでゼロポイントだそうです。

残念ですが、時間が無い事と雨のためここで引き返します。





1kmほど来た道を戻り、王城・枝垂栗線に戻ります。

雨は本降りではなく、ポツポツ程度でシールドに付く位です。

ここであまり引っ張ると、去年のアラゴンのようにチームどうしでピットのタイミングを図れずに自滅する事もあるので、サインボードでのピットからの絶対命令みたいのを決めておきたかったですよね、ヤマハさん。

・・・失礼しました。先日のモトGPでロッシが表彰台を逃したのが残念で、雨の記事を書いていたら房総・・・いえ暴走してしまいました。





続いてこんな所にも立ち寄りました。


手すりに水滴がついていますね。今日も雨具は用意していないんです。ワイルドだろ~



ガルル9月号によると、こんな風景が待っているはずなんです・・・











見えねー・・・





・・・こっちも・・・





はたまた、こっちも・・・





下から見上げるとこんな感じ・・・上にいる時は怖さはありませんが、一本の支柱だけですね。科学特捜隊本部みたいです。


この展望台は、本線から200mほど入った所にあります。

天気のいい日にお弁当でも広げて、ゆっくりとしたい場所ですね。



本線に戻り、ゆるい下り坂を進むと、道はフタ手に分かれます。

下り坂と上り坂です。バカほど高いトコが好き・・・上り坂を選択するとこんな広場に出ました。





ここにも展望台がありました。

残念ながら雨が強くなってきたので、下から見上げるだけでスルーします。





ここは、三又の分岐になっていました。来た道を引き返して下り坂を行くか、ここから延びる草ぼーぼーの下り坂を行くか、クルマのワダチの付いた小石の道を行くかです。

周囲を探索する時間もなかったので、クルマのワダチの道を進みました。



すると、こんな所に出てきました。


県道でもない「しだれ栗森林公園キャンプ場」の東側でした。

「枝垂栗線」は、「しだれくりせん」と読むのでしょうね。







この看板は、一体ドコ?・・・忘れてたー!



展望台から一般道に出て、右手に上ると県道254号線に出ました。

右折して鳥居平やまびこ公園に沿って進み、国道20号線に出ます。

時間が無かったので、岡谷ICから中央高速に入り、甲府南ICで降りました。

甲府南からは国道358号線で精進湖に上り、国道139号線でスバルライン入り口まで走り、県道707号線で富士吉田ICに向かい、東富士五湖道路を使って須走りまで戻って来ました。

須走りからは県道151号線で、国道246号線に出ます。

帰宅時間は7時を回りましたが、予定時刻には間に合いました。走行距離は445.8kmでした。




スポンサーサイト
コメント

あえて持たずの

合羽無しでロングツーですか!
男らしいですねぇ~!
ワイルドだぁ~!
秋空での絶景はダメでしたか、ちょっと残念でしたね。

こんばんは♪

ワイルドです~
雨具は持ってると降らなくて、持ってないと降ったりするんですよね…私も先日のツーで久方ぶりに雨具持って出かけましたが(前週かなり雨のようでしたので)やっぱり降りませんでした😅。

結局⁉終点の標識の写真は撮れず~😣ですか?お疲れさまでございました。
大城枝垂栗林道は逆ルートで一度だけ走ったことがあります。あの時は前日王滝村の林道で派手に前転一回転😣。ワイルドだろ~😁、失礼いたしましたm(__)m。

いつか行こう

いつか行こうかなとずっと思っていて、結局行けていない枝垂栗線。
ダートもまだあるんですね。
ツーリングマップルを見ると気になる道がいっぱいあります。
ダートじゃなくてもいーんです。
これは来年テント持っていくしかないかな。また来年の話ですが。

ガルルゥ~

せっかくの絶景地が、残念でしたね。
ガルルゥ関連はいつも天気に恵まれませんね。
もう、お天道さまに吠えちゃってください。
ってウソです。

でも、行ってみたいですね。

案内板、起点ワイルド過ぎます。
でも、実は。とかですか。

起点でも問題なさそうですが。



チェッチェッチェローさんこんばんは~^^
お疲れさまでした。
445.kmですか!よく走られましたよね~。
ガルルが出す課題面白いですね。
まだ雑誌を買った事ないのですが
一度読んでみたくなりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます(^^)

写真の場所はそこでしたか!
雑誌の表紙に絶景ポイントが載ると思わず行ってみたくなるんですよね!
我が家からだと片道250kmくらいか~・・・ケツが壊れるな~(^^;)

Re: あえて持たずの

クマさん、コメントありがとうございます。

「集落の謎5(最終)」読み応え有りました。知らない場所を探索しますが、そこに生活している方達の事まで気にした事はありませんでした。林道を走り切った達成感と、きれいな風景だけを求めていましたが、こんなツーもいいですね。

雨具は持たなかったんですが、ジャケットがそこそこはっ水性があるもんで、実際にはそれほどワイルドでは、なかったりして・・・

Re: こんばんは♪

コメントありがとうございます。

雨具を持つと降らなくて・・・パンク修理セットを持つと、パンクして・・・なんて先日、話していましたが・・・
北富士の帰り道、パンクしました。いえ、パンクに気がつきました。
三国峠から下って行く途中で、つかさんに空気入れをお借り出来たので、帰宅まで大丈夫でしたが、翌日レッドバロンで修理してもらうと、木が刺さっていたそうです。

終点はどこなんでしょうね・・・

Re: いつか行こう

ヤスさん、コメントありがとうございます。

誌誰栗線・・・こんな風に変換されました。
ここは林道もいいですが、日本中心の標があるように景色が良かったり展望台があったりと、観光スポットとしても魅力的でした。
水場とトイレがありませんが・・・

Re: ガルルゥ~

コメントありがとうございます。

ちょっと遠いですが、いい所です。朝早い時間に出て行けば、日帰りも楽に出来そうですね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

CBで行きたくなるような距離ですね。でもオフ車じゃないと大変そうな場所にあります。
寒くなる前にまた行きたいです。どうですか?

Re: 西富士ツー

先日は、ありがとうございました。
家に帰って見てみると、空気が多少少なくなっていました。でも流石チューブレス!ちゃんと帰って来れました。
翌日、秦野のレッドバロンに持ち込んでパンク修理をしてもらいましたが、木の破片が奥に刺さっていたそうです。
ツーリストいいですね。またよろしくお願いします。

Re: おはようございます(^^)

ガルルを見て、行ってみたいのと、載ってみたい、の両方の動機からトンデモ距離をほかのダートまで走りながら行ってしまいました。
ここだけを目的に高速を使えば、もっと楽に行かれると思います。あ、GSでも行かれますよね。

忘れてたー!

終点の標識の写真、お待ちしておりましたのにー。
コレでガルル掲載お預けですね、残念。( ̄▽ ̄;)
しかし、セローでお散歩も、日に日に距離が伸びて行きますね!
次はどこまで行くのでしょうか?
445.8kmなんて、もぅGS-Adventureの距離ですよー。(笑)

Re: 忘れてたー!

コメントありがとうございます。

天気が良ければ、いい所です。GSでならオンもオフも快適ですね。360度のパノラマは必見です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ