プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:イベント
1年ほど前に、ブログを通して知り合った、「ラオのブログ」の管理人ラオさんにお願いして、セロー30thミーティング「ふもとっぱら」に行ってきました。

この日のイベントで事前申し込みが必要だったのは、「セロートレッキング」と昼食の「カレーライス」でした。

ラオさんがセローを購入した平塚のYZAXさんを通して、申し込みをお願いしました。今回はその様子です。



このコピーも、ラオさんに教えてもらいました。





この日のイベントの内容です。





セロートレッキング13:30を申し込みました。





ふもとっぱらの周辺は山に囲まれています。どんな所を走るのでしょうか?





いい景色です、海まで見渡せます・・・って、ドコだ?ちげーだろ!


・・・失礼しました。11月7日の「セローカフェミーティング・ブルックス」で、天気が良ければ午後から行ってみようかと思った場所です。(前フリかよ・・・!)



昼食は、こちらでいただきました。





子供の頃に、学校行事のキャンプで来たことがあるような建物です。





ロープ結びのボードがありました。ボーイスカウトの時に教わりました。





本日の給食・・・いえ、昼食。カレーライス700円です。





午前の部が終わり、グループ毎に帰って来ました。





装具の貸し出しもあります。大きな荷物は、ここにあずけて行きました。





12:00から開発陣によるトークショーを聞き、昼食を摂り、13:00からの松下時子さんの講演に来ましたが、13:15にはトレッキングの集合時間になります。最後まで聞けませんでした。松下さんごめんなさい・・・。





ラオさん、ヤスさん、ツカさんも集合場所へと向かいます。あれ、かっき~さんは?





集合場所には、30台位のセローが集まっていました。

ここで、ゼッケンの色に関係なく、いくつかのグループに分けるようです。

「オフロード初めての方~?」

・・・何人かが、手を上げました。・・・

「初めてではないけど、初心者だと思う方~?」

・・・誰も反応しません・・・

「じゃ、初めての方は、木村さんの方へ・・・」

「えっ!?木村さん?!・・・」

向うを見ると、木村治男さん!

「あー、行きますー!・・・はい、初めてでー・・・」とワケの分からないコトを言いながら、初心者クラスに潜り込みました。



あまりご存じないかと思いますが、全日本トライアル選手権の初代チャンピオンなんです。

ヤマハの開発ライダーの「顔」もありますが、今活躍中の黒山選手のお父様が、現役で全日本を戦っていた頃からのトライアルライダーなんです。

ヤマハのトライアル車TYの産みの親でもあり、ヤマハワークスの監督として若手選手の育成にも携わって来た、本当にすごい人なんです。

そんな方が、インストラクター?もう、サッカー大好きな少年が、いきなりメッシやロナウドのコーチを受けるようなものです。



OSSAの魔法使い、ミック・アンドリュースが使ったTYの開発も手掛けていました。





第一回のトライアル選手権は、早戸川で行われました。





トレッキング・スクールでは、「アクセルは、ゆっくり開けて、・・・ゆっくり閉める・・・」、「ブレーキレバーは、人差し指一本で行う。クラッチレバーも、人差し指一本か、中指を添えての二本で行う。」、「車体の中心に座る。つま先が下向きにならないように、ステップにはつま先で乗る。」、「ターンは、ターンする側のステップに体重をかけて、V字バランスのように自分は外側に出て、頭は真っすぐにする。」・・・と、トライアルの基本を分かりやすく教えていただきました。



イーハトーブで生まれ育ったバイク、TY-S125F物語 http://www.sukaheru.net/~ihatove/ns_rule/ns_rule04.html



「イーハトーブの森」の柏さん、「浅間サーキット」の吉原さん、「ふもとっぱら」の木村さんと、さすがヤマハ発動機、選手の層が違いますね。





セローの開発の坂田さんにも自分のセローを試乗してもらいました。





快晴に恵まれ、暑くもなく寒くもない秋晴れの一日でした。




トレッキングスクールで、8の字の練習をしましたが、右廻りが上手く出来ません。一人一人を見て下さったインストラクターの方のひと言、「無意識のうちに、身体が反対の事をしている・・・」

思い当たります。左側に足をつく事が多かったので、右側に車体を傾けるのが怖かったんです。

「先にお尻を左にずらしてみたら・・・?」

あー、曲がる。左足をステップから離しても、大丈夫。エンストが怖くて、ゆっくりのターンが出来ませんでしたが、アクセルをアイドリング付近で素早く開閉しなければ、エンストの心配もなくなるんですね。

・・・「アクセルは、ゆっくり開けて、・・・ゆっくり閉める・・・。」納得です。



セロー30周年のイベントは今回で最後になりましたが、毎年行って欲しいです。

終了時間まで現地にいましたが、レンタルセローの積載や、スタッフ総動員での撤収作業が大変そうでした。

今回は、天候に恵まれましたが、これまでのミーティング全てが快晴ではなかったと思います。

荒れた天気の中を設営や撤収を行って来られたヤマハ関係者の方々、一年間ありがとうございました。



セローのミーティングを通して、たくさんの方と知り合えました。同じ趣味嗜好での集まりですから、すぐに打ち解けるのもセローミーティングの魅力だと思います。

ブログを通して知り会えた方、セローミーティングからこのブログを訪問して下さった方、これからもよろしくお願いします。



11月7日は、東名大井松田インターから10分ほどのブルックスで、「セローカフェミーティング・ブルックス」を行います。

走らずにお茶するだけですので、時間がある方はお気軽にお越しください。初めての試みですから、どなたでもレジェンドです。


スポンサーサイト
コメント

こんばんは~!

このセローミーティング勉強になるな~!
レンタルでセロー貸してくれるならもしかしてCRFでも行けちゃうんでしょうか?
でもチェッチェッチェローさんでも右回りが苦手って・・そんな事あるんですね~(^^;)
めっちゃ巧いので何でもこいや~かと思ってました(^^)
7日は仕事で参加できませんが、愉しい会になるといいですね(^^)

Re: こんばんは~!

セローミーティングは、セローオーナーじゃなくてもOKです。
クルマで来ている方もいられます。レンタルセローとヘルメットやプロテクターの貸し出しもありますから、手ぶらでのオフロード体験もできます。
それに何と言っても、講師がすごい。柏さんも、トモさんも、木村治男さんなんて、自分には絶対に直接教わる機会なんて、ないですからねー。松下時子さんも、セローミーティングでお会いして、フェイスブックで友達申請しました。
何年後かには、ロッシと話していたりして・・・

雲の上の人

どーも。

とてもいい一日でした。
バイク屋さんのおかげでもあります。

木村さんの教えはとてもわかりやすいですね。
難しいことも簡単に分かり易く教えてくれて、一人一人、的を射た、ずばりのご指摘は流石ですね。
私も精進しまっす!


Re: 雲の上の人

ラオさん、コメントありがとうございます。
今回はYZAXの店長さんは、参加されなかったんですね。

もう、木村さんの姿を見た時には、ホント驚きました。岩手県で行われたイーハトーブトライアルにXT250で参加され、トライアル車に混じって上位に入りましたから、それでXT250を購入した経緯もありました。
目の前で直接レクチャーして下さるんですから、柏さん、トモさん、松下さんと並ぶ特大満塁ホームランでした。

終わっちゃった

松下さんの話に始まり、全体撮影や個人撮影、昼食の後にトレッキングしたらもう終わっちゃったって感じでした。終わるころになってあの木村さん?って気づいたり。セロー250を開発された方とも話したかったのですが次回の楽しみにとっておきます。小イベントでも良いので来年もやってもらえるといいですね。

チェッチェッチェローさんこんばんはー(^_^)
ミーティングの内容充実してますよね。
日が違えたらいきたかったです。
僕も八の字を最近WRてで練習してますが
右まわりがやっぱり不安定です。
講義受けたかったです。(^_^)

Re: 終わっちゃった

ヤスさん、コメントありがとうございます。
あっという間の一日でしたね。
あの後の探索ツーは、いかがでしたか?
私は時間がなかったので、十里木経由で帰宅しました。
かっき~さんの記事アップが楽しみですね。

Re: タイトルなし

旅好きさん、コメントありがとうございます。
8の字なんて、地味すぎて練習したくないんです。でも、見ていてくれる人がいると少し楽しくなります。自分のフォームをビデオで撮って、確認できればぼっと楽しいでしょうね。
右廻りの苦手克服法も分かりました。・・・知りたい?
・・・へへへ。ワルチェロ参上!

レベルアップ

ワルチェロさんこんばんは〜(^-^;)
僕も右回り苦手なんで、教えてくださ〜い。(^-^;)
トライアルの基本を学べたなんて、羨ましいです。
またまたレベルアップしちゃいましたねー。

出たー!ワルチェロ(笑)

ワルチェロさん、とってもご無沙汰してます(^^;)
あの会場にそんな凄い方がいられたんですね。全然気付かなかったです。ホンット、そういうの疎いんですよね…(>_<)
自分のトレッキングで指導してくれたインストラクターの方もきっと凄い方だったんでしょうね。
あ〜なんかもったいない事しました(>_<)
7日のカフェですが、もしかしたら仕事が入りそうなので、また近くなったらご連絡しますね。

Re: レベルアップ

かもねぎさん、ワルチェロ参上です。
どこが、ワルチェロかと言いますと・・・
かもねぎさんは、モーターショーが終わるまで、WRに乗れませんね・・・
なのに右廻りの克服法を、ここでお話します。
誰もが、利き足ってあるそうです。軸足とも呼ばれるバイクで止まった時に自然に車体を支えている側の足です。
日本は、左側通行だから、教習所で左足を着くように言われますよね。
ところが、ほとんどのオートバイは、サイドスタンドが左側に付いているんです。
これは、左側から乗って、左足で車体を支えている人がほとんどになる訳です。
左周りは得意だけど、右廻りはニガテ・・・ターンの時に曲がる側の足に体重を移して行きますが、右足はあまり上手に荷重してくれないようです。すると、左足が出しゃばって、何か仕事をし始める・・・これで車体が起き上がろうとして、右方向に上手く曲がれないそうです。
車体のバンクには、上半身は使わずに、左右の足の荷重で車体を傾けて行くそうです。ハンドルに添えた手は、傾きすぎる車体を起こす方向に使うと、スムースな旋回が出来るそうです。
・・・やってみたくなりました?

Re: 出たー!ワルチェロ(笑)

かっき~さん、コメントありがとうございます。
そうなんです、皆さん気付かれなかったようで、その場で「初代チャンピオンが・・・」なんて話し始めたら木村さんがやりにくくなるかもしれないと思い、「後で話します・・・」と多くを語りませんでした。
木村さんとアシスタントの山本さんの個別レッスンは、本当に効果的でした。木村さんが「私は50年もやっていますから、皆さんはこの場ですぐに出来なくてもいいんです。・・・」と話していられましたが、曲がる側のステップに荷重して、腰を外側に出して支線はフェンダーの先の進む方向を見る・・・って教えられた通りにしたら、できた!できましたあー先生!50年分が5分でー!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ