プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:あそびかた
農道を走っていて、困ったことが多々あります。

それは、「動けなくなること」です。

動けなくなる・・・?

セローって足つきはいいし、ハンドルの切れ角はあるし、何よりも軽いから、そんなコトって無いでしょ・・・



農道を下って来た時の事です。急な下りの左がーブです。

バンクのついた道でしたから、道路の左側を走ると左側は、低くなっています。

対向車を考えながら下って行くと、坂の途中で止まってしまいました。

クラッチを握っての停止状態です。右足は着いていますが、ハンドルは直進で左側が低くなっているので再発進が出来ません。

スタートと同時にバランスが取れれば問題は無いのですが、下る方向に車体が向いていないので、立ちゴケ寸前の状態です。

困りましたね。


カッコ悪いですけど、右側に降りて車体を下り方向に向けて、再スタートしました。




登り坂でもありました。

鋭角に右に曲がる急な登り坂です。

ここでも一度停止してしまうと、足がつきにくいので、再スタートに失敗が出来ません。


冷静に、上半身の力をぬいて発進しました。




農家のクルマが、道を塞いでいる事もありました。

軽トラでしたら、横をすり抜ける事も出来そうですが、普通トラックでしたので横は通れません。おとなしく引き返します。




枝道に入り、急な登り坂を直登した時に、登り切れずに坂の途中で止まってしまいました。

エンストが怖くて、クラッチを握ったままフロントブレーキをかけていますが、車体はズルズルと下ってしまいます。

後輪のブレーキをかければいいのですが、右足をステップに乗せられません。

このまま行くと、車速は増してやがて足では支えきれなくなり、左右どちらかに転倒するでしょう・・・

困りました。


クラッチを繋ぎ、エンストさせました。

こうすることで、後輪にブレーキがかかり、坂の途中で車体は停まります。

左側が足を着きやすかったので、左側に降りて後方を確認します。

スイッチバックのように車体が切りかえせる場所を探し、ゆっくりと切りかえして、車体を下る方向に向けました。

セローに乗り、ゆっくりと下って行きました。



・・・恥ずかしいでしょ?
スポンサーサイト
コメント

こんばんは♪

今度のラージヒルジャンプ台で登りきれなかったら…やってみます(笑)
できるかな~(^_^;)

こんばんは〜

いえいえ!決して恥ずかしくなんかないですよ!
実に冷静な判断力をお持ちですね!
私だったら無理に足をつこうとして転んでます。(^-^;)
オフ車を停める場所に失敗して、降りられずに苦労する事がしばしば。
かっこ悪いでしょ?(^-^;)

Re: こんばんは♪

ムコ殿さん、コメントありがとうございます。
「怖かった事」(2014.5.11)にも同じような記事があります。「楽な道を選ぶ」(2014.5.11)、「転ぶ原因を考えてみました。」(2014.5.13)、「林道ではブレーキは効かない?」(2014.5.13)、「ニーグリップ」(2014.5.19)、「上り坂のニーグリップは?」(2014.5.19)と、自分の失敗談が載っています。恥ずかしー!

Re: こんばんは〜

かもねぎさん、コメントありがとうございます。
ダートでの停車場所、迷いますよねー。
TT250Rでは、バレリーナ状態で乗っていたので、路面の凹凸に敏感でした。
跨った状態で先にサイドスタンドを出して、ステップに立ったまま降りたりしていましたが、スタンドの付け根部分のフレームに負担がかかるそうです。同様にサイドスタンドを軸にして車体を反転させるのも、やめた方がいいそうです。トモさんに教わりました。カッコワルー!

瞬時の判断力

農道と言えども油断は出来ませんね。急勾配での失速は分かっていても、枯葉などで思わぬ失速を招く事もありますしね。そういった時にいかに瞬時の判断力が功を為すかですよね。
下り勾配でわざとエンストをさせるというのは出来るようでなかなか出来ません。視界の見えないバックだけでも怖いのに、頭の中ではブレーキ!ブレーキ!と焦ってしまいますね、自分なら。というか、実際ありましたしね(^^;)
かっこ悪いでしょ!?

チェッチェッチェローさんこんばんは~^^
後記のお話しは以前お散歩でご一緒させていただいた時に
聞かせてくださいましたね。
いざその時にその通りできるのか?
自分でも疑問です。
心得の書といい勉強になります。

農道とは言え、滑りやすかったり、極端に急になっていたりと場所によっては大変なところもありますよね。
とっさの判断で最善の方法で対処出来るには、こんな経験が有るからでしょうから、カッコ悪い事ではないですよね~。
そういった状況を色々と聞いておくのも、為になります(^_^)v

Re: 瞬時の判断力

実は、まだXT250に乗っていた20代の頃、寄の奥のシダンゴ山へ探索に行った時に、コンクリートの道でしたが、登り切れずにクラッチを切ってパニックに。フロントブレーキをずるずるやりながら、山側の土手に倒れ込みました。
幸いスピードが出ていなかったので、”びっくり”で済みましたが、再度挑戦するも、またもスタック。右足でリヤブレーキをかけていたら、今度は右足が外せない・・・農家のおじさん達に笑われながら、泣いていました。

Re: タイトルなし

旅好きさん、コメントありがとうございます。
当たり前ですが、エンストはなるべく避けますよね。
両足でバタバタやるとか、バイクから降りて押すとか、なんか負けた感じがして悔しいですよね。
でも、「オフでは積極的にそれを使いましょう。」が、柏さんのお話の中にありました。
「男の子は、出来ないコトに挑戦したがる。ほとんどのスポーツには大切な事だけど、バイクに限ってはリラックスした状態が一番パフォーマンスを発揮できる。」そうです。「簡単な事を完璧に出来るようにしましょう。」と言われ、やっぱり自分も「男の子」だと実感しました。はずかしー!

Re: タイトルなし

ラオさん、ラオさんとも最初に走ったのは、曽我丘陵でしたね。
秘密のトレーニングコースを一気に登って来られたのを覚えています。
あれは、農道ではなく、ケモノ道でしたっけ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ