プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:行き止まり
行き止まりの道です。行けそうですが、行き止まりでした。

本当は、どこまで続いているんでしょうね・・・?




こんな感じで、行き止まりました。





かなりの急傾斜で、1速に入れてサイドスタンドをかけています。





ここは、「林業用作業道につき立入禁止」になっていなかったので、勝手に入って来ましたが、明らかに林業用の作業道です。

直線ながら急角度の登り坂が続きますので、アクセルを戻してしまうと失速して登って行かれなくなります。



実は、倒木で道は塞がれていましたが、道と並行して登山道がありました。





登山道から支線があります・・・


クルマでも入って行かれそうな、道幅です。どこまで行かれるのでしょうか・・・?



ところが、手前のロープには、こんな文字が・・・


「立入禁止」です。じゃあ、座って入ればいいのか・・・?とコドモのよーなコトも言えず、残念ですが引き返します。



下りながら、右下に目をやると・・・


・・・ふ~ん、そーゆーコトか・・・



大きく回り込むようなカーブはありませんが、傾斜はキツイ道を下って行きます。





登って来る時は気付きませんでしたが、見晴らしのいい場所もありました。





高圧線のケーブルも見えていますので、地理に詳しい方にはこの場所も特定できそうですね。





道の横には、登山道が並行してあります。





やっぱり、気になりましたね・・・





これ以上は、引き返すのが難しそうなので、セローを置いて見に行きます。





何本か支線がありました。下り始めたら、もう引き返せないような道ばかりです。


階段があったりすると、道を痛めてしまうので、元の道の戻る事にします。



遠くに見えるのは・・・あの道ですね・・・





あーこれで、ネタばれですね。立入禁止は、行っていません。進入禁止にもなっていませんが、作業道のようなのでタイヤの跡は極力付けない方が良さそうです。





スポンサーサイト
コメント

センセー、どこだか分かりませ〜ん

エ〜?どこだか分かりませんが、すごく楽しそうですねー。
新しい道を探索するのは、やっぱりセローがイイですねぇ。
どんなに急傾斜でも、粘りのあるエンジンが頼もしく思えます。
WRではゆっくりトコトコが苦手なので、羨ましいですよー。

Re: センセー、どこだか分かりませ〜ん

かもねぎさん、連連コメありがとうございます。
ネタばれですから、お話しますと、「次は、ドコ行く?の次は?」で、「林道生土不忘山線」を下って来た時に、左手に上って行く作業道があります。この記事では「左手に上って行く道がありますが、右手の道を下って行きます。」などと、白々しくのたまっておりますが、本当は入って来ました。大人ってウソつきですね。


なるほど

生土不老山林道の支線だったんですね(^^)林間コースも面白そうですね。しかし、何も書いてなかったのであれば、現状問題ないんでしょうかね。
この界隈の探索はまだまだこれからなので気になるところです。

達人になると高圧線で場所が特定出来ちゃうんですか~?(((゜д゜;)))

規則正しく並んだ植林が見事ですね~♪
スラロームやりたくなったり・・・・しないかっ!

Re: なるほど

ここは、下り斜面にも作業道があり、支線は豊富です。立入禁止の先は「昔の炭焼き道」になっていました。「岩田」さんの字でしょうか?

Re: タイトルなし

チラさん、コメントありがとうございます。
地図と言うと、グーグルマップで検索する事が多いんですが、国土地理院の「地理院地図」もネットで検索できます。
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.387983/138.999656

5万分の1の地図が基本になりますが、地図記号に、高圧線や鉄塔の位置が記されています。

植林の根っこで、ハンドル取られましたー。スラローム?ご勘弁をー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ