プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:あそびかた
今でも度々あります、急な坂を怖がって、登り切れなかった事。

急斜面の途中で止まっています。セルのおかげでエンジン始動はできますが、今はエンジンも止まったままです。

どーしましょー?

まず、止まった時にエンジンがかかっていたら、クラッチを切っていると思いますので、キルスイッチか、クラッチをゆっくりつなぐことで、エンジンを停止してみます。

ギアは多分1速でしょう。ニュートラルに入っていなければ、だいたい大丈夫です。

軸足を左足にしているならば、左側に降ります。
だめなら、右側に降ります。

クラッチを切らない限り、後輪はロックされていますから、車体は安定していると思います。

急な坂では下側になっているタイヤのブレーキしか利きません。
ここで、クラッチを切ると、一気にずれ落ちます。

まずは落ち着いて、ハンドルを自分の方に切り、フロントブレーキをかけながら、クラッチを少しづつ切って、バックしながら車体を90度動かします。
斜面に対して直角になるまで、ゆっくりと動かします。狭い所でしたら何度か切り返します。

坂に対して真横になれば、ひと安心です。

ここで乗ってもいいですが、斜面の谷側にひっくり返るかもしれないので、もう少し降りたまま動かします。
前輪を少しだけ下らせてみます。今度はフロントブレーキが大切です。
道幅を見て、切り返さずに下れそうならば、乗車します。

斜めからスタートしてもいいですし、不安ならまっすぐ下向きにしてから乗車してもいいと思います。
ここで初めてエンジンをかけます。
ギアは登って来たギア。エンジンブレーキを利かせて、ゆっくりと下ります。

怖かったです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ