プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:あそびかた
あ、ごめんなさい、これは私のコトです。

正しくは、「楽な路面を選ぶ」です。

モトクロッサーのように、ハイスピードでダートを駆け抜けるためだけに作られた車体ならば、どんな走行ラインでもトレースできる必要がありますが、私のはセローです。サスペンションのストロークも容量もありません。
ギャップにはめちゃくちゃ弱いです。WRやXRとは違います。速く駆け抜けるようにはできていません。

では、どうすればいいのでしょうか?

楽な路面を選んで通るんです。
これは、速く走るための方法ではなく、転ばないで走るための方法です。

林道でもキープレフトは大切ですが、道幅をフルに活用して一番楽なラインを選んで走ります。

楽なラインとは、平らな路面のことです。

水たまりは避けて通ります。
砂利道だったら、砂利の薄いところを通ります。
ぬかるみは、ぬかるみの外、草があれば草の上を通ります。
クルマの轍があれば、左側の轍、または中央の盛り上がった所を通ります。

雨水が通った跡で、道に蛇行した溝ができている場合もあります。
こんな時は、一度スピードを落として、遠くまで見ます。
目の前の溝の、右側か左側か、楽に走れる方を選択します。

溝を越えなければならない時も、一番浅いところを通ります。
ニーグリップをして上体を支え、ハンドルを持つ手の力をぬいて、トライアルチャンピオンが乗り移ったと思って、バイクをコントロールします。力はいりません。

無理!と思ったら、降りて押すのも一つの勇気です。
転ぶまでがんばる必要はないと思います。レースではなくツーリングですから。

ご存じのとおり、見ている方にバイクは進みます。
「あの大きな石をよけなきゃ!」・・・石を見れば石の方へと進みます。
「深い溝が近づいてくる!」・・・近づいて行っているのはあなたです。
「谷が、谷底が見える!!」・・・見に行かないで下さいね。

自分が行きたいラインを見て下さい。本当にゆっくりでいいんです。
転ばないで下さい、道から落ちないで下さい。
スピードはあとから付いてきます。

何といっても「転ばないのが一番早い」ですから。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ