プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:ひとりごと
SEROW ONLY Vol2が、発売されますね。

これまで幾度となく、雑誌の中では特集されて来ましたが、一冊の本となって現れるのが、やっと2号なんですね。

今回は、セローの誕生から、現在に至るまでを、自分の知っている限りお話しようと思います。

ですから、この記事だけで、日本のオフロード車の歴史の一端を知る事が出来ると思います。


セローと言うと、これまで「初心者向けのオフ車」のイメージが強かったと思います。

セロー225の時は、250ccクラスの格下のような扱いを受けていたり、フルサイズのオフ車を持て余す人達のバイクのようなイメージもあったと思います。

その反面、一部の方達からはアタックに特化したオフ車として、信頼を得ていましたし、通勤や通学の足としても重宝されていました。


現在のセロー250はどうでしょうか?

250ccに拡大した事で、以前フルサイズのオフ車に乗っていた「リターンライダー」が、ユーザーになっている場合もありますし、ツーリングを主体として使われているケースも多いようです。




事の起こりは、1985年。

その当時は、空前のエンデューロブームで、「ウイークエンド・モトクロッサー」のキャッチコピーのDT200Rや、DOHC4バルブ、クラス最長のサスペンションストロークを誇るXT250Tなどが全盛でした。

こんなレーサーレプリカ化が進んで行く中、ヤマハが放ったのが、「2輪2足」のセロー225でした。

発売当初、オフ車に乗る人達からは注目されましたが、じゃあ買う?って言うと、「・・・」でした。

3年後の1988年、これまでのオフ車の常識を覆す、セル付きモデルにマイナーチェンジされます。

軽さを求めて、バッテリーレスにした車種がある頃、あえてセルモーターを付けてのマイナーチェンジでした。

誰もが、???でしたが、これまでオフ車に乗っていなかった人達が、乗るきっかけになりました。


今でこそ、セル付きは当たり前ですが、国産オフロード車で最初にセルを付けたのは、セロー225でした。

こうして、新たなジャンルを作り、新たなユーザーも作って行きました。


そうなると、黙って見ていられないのが、ほかのメーカーです。


ホンダからは、SL230。カワサキからは、スーパーシェルパが発売されますが、ブランドを築いてしまったセローの前では、その牙城を崩す事は出来ませんでした。

SL230は、シックなカラーリングと落ち着いた雰囲気で、セローに無い魅力を持っていましたし、スーパーシェルパはDOHCの250ccで、高速道路での移動を得意としていました。


1983年にXT250TからフルモデルチェンjしたTT250Rが登場し、1996年には2ストセロー?とも言われたランツア230が登場しますが、250ccクラスのバイク全体としては、スクーターの全盛期で、1997年から2000年までは、キムタク効果のTW200が販売台数を伸ばし、オフ車の低迷期に入って行きます。


2005年にセロー250が登場し、3000台以上を販売します。

2007年にWR250Rが登場しますが、スペックの高さから万人受けするモデルではありませんでした。


オフロードに特化したWRと、ツーリングからアタックまで、用途を選ばずに使えるセローと、オフ車のラインアップを縮小しつつある今の流れに対し、ヤマハさんは頑張ってくれています。


セロー250は、セロー225よりもロードでの性能が良くなっていますので、林道までのアクセスが225よりも楽になりました。

TT250Rからのデジタルメーターも採用され、225からの差別化も行われました。

自分の場合は、消去法で選んだバイクでしたが、どこにも特化していないセローのキャラクターが、初心者からベテランライダーにまで、支持される結果となったと思います。


現在、国内版の国産メーカーでは、ヤマハが、セロー250とWR250R。

ホンダのCRF250L、カワサキのKLX250ファイナルエディションと、この4車種だけです。


レースに特化した性能は、求められなくなったのでしょうか?ダートでのスピードよりも、扱いやすさが重視される時代の流れに入って来たようです。

もう少し尖ったバイクが欲しい所ですが、置き場さえあればセローは取っておきたい所です。


1985年に登場した時の印象から大分変わって来ました。

セローも変わりましたが、取り巻く環境も、乗り手の意識も大きく変わったような気がします。

排ガスの基準値やABSの義務化など、バイクにまつわる規制も厳しくなりますが、セローはこのまま残って欲しいですね。




スポンサーサイト
コメント

セローの魅力

こんばんはチェローさん。
オフロード歴延べ1年にもならない私が3年前に、ホンダのバイク屋をやっている学生時代から友達に何もわからずオフロード車持ってきてと頼んできたのがCRFでした。足はツンツンそれでも今までにない楽しさでオフを楽しんでました。それからです皆さんと出会いセローに出会ったのは。乗ってみてわかりましたセローの魅力が!!スピードも出ない、ブレーキも効かないセローになぜこんなにオフロードバイクとして愛されているかが。みんなが病気になったように購入するのが(笑
いつかセローに乗るのを楽しみに、もう少しCRFで上手に走れるよう頑張ってみます。

Re: セローの魅力

ちょっとFatBoyさん、おはようございます。
学生時代からのお友達からのCRFだったんですね。
その方が、ヤマハの販売店だったら、セローに乗っていたのでしょうか・・・。
ブログを拝見していましたので、GSにお乗りの方ですから、オフの経験も豊富な方だと思っていました。
ムコ殿さんにふじさん、かもねぎさんと、250ccのオフ車は、GSとの併有されている方は多いですね。スズキさんもですね。
小柄な車体は、50ccみたいで、楽ですよ~!



おはようございます。
セロー誕生から30年の経緯を楽しく読まさせてもらいました
水冷に変わるのか、ABSが着いて電子化されて行くのか
今後どうなっていくんでしょうか、楽しみですね

私は44年間バイクに乗っていて初めて買ったオフ車が
セローでした、それまではロードバイクばかりです
セローを買って良かった事、やはりオフロードを走れる事
これは当たり前の事ですね
今まで知らなかった山の中を景色を堪能しながらノンビリと
走れるのは最高です、とばす必要も無いですし
一番の収穫はセローを通じて沢山の方と知り合えた事
これが何ってったて最高の出来事です。

いよいよ秋のツーリングシーズン到来です
ガンガン走りましょうね。

まさしくセローオンリーワンです!

Re: タイトルなし

有さん、こんにちは〜!
セローに乗るまで、ずっとオン一筋だったんですねー。
私は逆に、原付でオンロードモデルでしたが、中型からはずっとオフ車でした。
大排気量車に乗って、長距離を走るのも魅力でしたが、行った先でのダートや支線を見ると、オフ車で来たいと思ってばかりでした。
セローは、尖った所がありませんから、乗っている人も尖っていないのかも知れませんね。
乗り手次第で、どんな使い方も出来るセロー、長く乗って行きたいです。

おはようございます

セロー誕生から30年ですか。
さすがバイクに詳しいチェローさん、
楽しく拝見させていただきました。
私は途中ブランクはありますが、バイク歴35年です。
事故で怪我をして10年間乗りませんでしたから25年ですね!
まだまだセローに届いてませんでした。(^^;)
50台以上乗り継いで、初めてのオフ車がセロー250でした。
初めは何て遅くて頼りないバイクだろう?って思いました。
カタログスペックで選ぶと、SOHCよりもDOHC
空冷よりも水冷!の方が優れていると思っておりました。
答えはNo! 同じ排気量ながら全然違う性格!
全てにおいて優しいセロー、人気が続く訳です。
これからも大切に乗って行きたいと思います。
長文失礼しました。(^^;)

Re: おはようございます

かもねぎさん、おはようございます。
長文ありがとうございます。バイクに対する想いが良く分かるお話でした。
自分でもセローがこれほどイイとは乗ってみるまで、思いもよらない事でした。
セロー225の頃は、セローに乗っている人って、変な人が多いと思っていました。
一人で殻に閉じこもっているような感じです。炎上しそうなコメですね。

最高です

自分もR1とかハスクとか尖ったバイクに乗ってきました。確かに速くて楽しくて負け知らずでした。でも何かが足りない?と思ってました。それは、その走りには自分が介入してないというところでした。自分がバイクに合わせるというか、邪魔をしてはいけないというか・・・。

それがセローにしたらどうでしょう!自由が得られたのです!バイクに合わせなくていいからやりたいことができる喜びを得られたのです。もちろんそれについてきてくれる性能がないとダメですが、そこがドンピシャです。
(あ、自分の場合はトリッカーですが、同類ということでお願いします^^;)
セローは最高のバイクです!

Re: 最高です

よっしふみさん、おはようございます。
ですよね~!速さはバイクの性能から来る部分も多いですかが、「速く走れて、当たり前だろっ!」って、思われるのもイヤです。
性能を引き出す事が、バイクの動きを妨げないライディングなら、乗せられている感が強くなるのでしょうね。
セローやトリッカーは、常にリカバーの連続です。コブ斜面を下るスキーのようですね。それが楽しいんだから、仕方ない?あ、楽しいんですよね。

こんばんはー

記事を楽しく読ませて頂きました!

セローは、ユニークなコンセプトの下で造られたバイクですね。興味深いです。
「2輪2足」、足を着きながらでも走ってみようとか、転んだ時のことも考えて設計されている、トコトコ運転で運転を楽しむ、軽快に走るため軽量化など、遊び心が溢れています。
バイク免許取得とセロー購入は、今までの自分を変えるためにもチャレンジしました。ツーリング目的で買いましたが、きっかけになった友達に、感謝感激雨霰です(笑笑

Re: タイトルなし

クマクマさん、おはようございます。
セローに乗っているからと言って、必ずしもダートを走らなければいけない訳ではないですよね。
自分が一番最初に買ったのは、XT250でした。
クマクマさんと同じように、ツーリングに使うためでした。
普通の道から、わき道に入って行くのが楽しくなり、軽い車体がありがたかったです。
知らない所に行くのは、楽しいですね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ