プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:装備品
「もう、ツーリストで、いいんじゃないか?」って記事を11月19日にアップしました。

気が付けば自分の周りは、みなさんツーリス党。

「お散歩」にも、ツーリストは、いいようです。


宮城県名取市のトレックフィールドさんから、こんな情報をいただきました。

トレックフィールドの「ぎょうれん」http://blog.livedoor.jp/trekfield/archives/50897312.html



IRCのツーリストは、1994年12月に発売された、ヤマハTY250Zスコティッシュのためのタイヤだったんですね・・・。

1993年に競技車両として、TY250Zが出ましたが、公道走行可能なモデルとして、22PSから15PSにデチューンされ、保安部品を付けて登場しました。

このTY250Zは、1984年5月に発売された、空冷スチールフレームのTY250スコティッシュからのモデルチェンジでした。

さらに遡って見ると、1973年12月にTY250Jが公道走行可能なトライアル車でした。

この時期には、TY50(1975年2月)、TY125(1975年3月)、TY80(1975年6月)と、フルラインアップでした。


250ccのトライアル車を見てみると、1986年4月にホンダTLR250Rが、出ています。

1983年4月に発売された、TLR200からのモデルチェンジで、TL125をベースとした、モデルのようです。

この、TL125は、1983年4月には乾燥重量89kgまで落とされていますが、1981年4月に発売されたイーハトーブ(乾燥重量95kg)のモデルチェンジになっています。

イーハトーブと名前が付いていますから、イーハトーブトライアルのようにツーリングトライアルを目指したモデルのようですが、ルーツは、1972年のバイアルスTL125です。

1975年2月には、バイアルスTL50も発売され、原付免許でもトライアル車に乗れるようになりました。


ホンダと言えば4ストでしたが、1978年4月にMB50という2ストのロードスポーツが発売されます。

翌年には、MT50というオフロード車が投入され、エルシノア以来の2ストモデルが、登場しました。


1983年12月に、バイアルスTL50以来のトライアル車、TLM50が発売され、1985年3月にはTLM200Rが、登場します。

この時期は、4ストのTLRと2ストのTLMの2車種がありました。

200ccのTLRは、86年に250ccに移行しますが、2ストのTLMも88年3月にTLM220Rにモデルチェンジします。

エディ・ルジャーンが4ストのRTLでしたね。


トライアルライダーと言えば、現在ヤマハで活躍中の黒山選手のお父さんが、スズキのワークスライダーでした。

確か、現役の白バイ警官だったと思います。

RL250が、市販車でした。


話は大分それましたが、1975年ごろに、トライアルブームが一度来たようで、1980年からのイーハトーブトライアルにより、オフ車でのツートラから、勝てるトライアル車への移行が行われたようです。

バブルと円高の影響で、外国車の輸入も加速し、国産トライアル車の戦闘力アップも80年代には行われました。


ヤマハTY250Zスコティッシュは、1993年ですから、トライアルブームとは一致しない所での発売です。

この辺りが、オフロードに力を入れているヤマハの姿勢が、うかがえますね。


GASGASパンぺーラの登場は、衝撃的でした。今ではランドネもそうですが、トライアル車に強引に付けたハイシート、これなら林道もイケる。と思いました。

仮面ライダークウガでも、成田匠さんが扱っていましたね。



ツーリストの、話でしたね・・・。


TY250Zスコティッシュに開発したタイヤですから、やはりヤマハさんで使って欲しいです。

セローの派生モデルと、トリッカーのフルサイズモデル。

国産トライアル車がない状態ですから、トリッカーのフルサイズは、需要があると思います。



昔話に花が咲いてしまいました・・・。


スポンサーサイト
コメント

歳をとった証拠

おはようございます。
昔話をするのは歳をとった証拠(笑
懐かしいく思うのもその歳ですね(笑
段々とニヤけたり、懐かしくうるうるしたりもうダメ
そう言えば、まだ履いていないですかツーリスト(゚∀゚)
てっ言うかセローまだ乗ってないのって言われちゃいますね。σ(^_^;)

Re: 歳をとった証拠

ちょっとFatboyさん、こんばんは~!
ホンダバイアルスの所で、ナナハンライダーの初期に用務員さんが光に、バイアルスを貸すシーンがあるんです。
これを載せちゃうと、さすがにドン引きされてしまいますので、書かずにアップしました。
1980年のイーハトーブトライアルに、木村治男さんがXT250で参加されていました。
あ~懐かしい・・・。
エッ?ツーリスト・・・?
観ましたよ。ケーブルTVで・・・。

こんばんは。以前匠さんに話を聞いたことがありますが、トリッカーの開発にも関わっていたみたいです。ストリート重視になってしまい残念がっていました。来年は仙台遠征しましょうね。とりあえずクロカン逝っときましょう。18日にてんてんゴー渋川にて治男さんちのスクール&コンペあるのでどうですか?

届きました。

チェロ―さんこんばんは
TY250Zスコティッシュ乗ってましたよ
ごつくて今どきのトラ車と比べる重いし
どっこらしょて感じでした
ホンダのTLMにも乗りましたがキックでエンジンが
中々掛からず大汗を流していた記憶があります

それに比べるとモンテッサは最高でしたね
ツーストの多いトラ車では珍しいフォーストでインジェクション
キックもすぐ掛かるしメンテも楽でした

トライアル面白いですし、バイクを操る為の勉強になりますね
怪我をしなければまだ続けていと思いますが、仕方がないです。

コースター届きました、ありがとうございました。

Re: タイトルなし

kusanoさん、こんばんは~!
匠さんはトリッカーのデモに出られていましたねー。
タイヤサイズが、このサイズになってしまったのは、ストリート系だったからでしょうね・・・。
18日は、まだ予定が立たない状況です。てんてんゴー、気になります。

Re: 届きました。

有さん、こんばんは~!
スコティッシュ、持っていられたんですかー!
TLMは、友達が持ていて、その頃は、TLR200を持っていました。
TLMのリヤブレーキが、ワイヤーだったのを覚えています。TLRよりもスタンディングが、し易かったです。
今のバイクは、もっと乗りやすいんでしょうねー。
いつもブログに訪問、ありがとうございます。また遊んで下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ