プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
セロー専用工具箱と言っても、箱の話ではなく、セローに使う工具だけをひとまとめにした工具箱です。

家の工具箱はこれです。
いろいろ入っていますが、いつも使うものは決まっています。
この工具箱からがちゃがちゃ探すよりも、セローに使うものだけをピックアップします。



大きくて重いです。



中身はこんなです。



そこで、ひとまとめにしてみました。
ケースは100均で購入しました。



中身の紹介です。

まずは、ドライバーから。
下の短いのは、車載工具にあるようなプラスとマイナスの差し替え式です。
上のは、力がかかるようにシャフトの長いプラスです。



つづいて、ヘキサゴンです。

L型は力が入りにくいので、家では使いません。
上の5mmのドライバーは、先端がボール状になっているので難しい角度でも役立ちます。
下はラチェット式で、先端のコマが差し替えできるタイプです。



上はラチェットレンチ、下は8mmのコマをつけたドライバーです。
この二本は、KTCにしました。

一番最初に買った工具は、ラチェットのボックスセットで980円位のものでした。
とりあえず、それでよかったんですが、何年も使ってくると、ボックスのコマの段がゆるくなってきたり、ラチェット自体が壊れてしまったりと、不具合が多くなりました。

工具は上を見ればきりがないのですが、自分の使用範囲を考えて、身近な所で購入できるKTCに少しづつ買い換えています。



めがねとスパナです。

上から19mm、17mm、14mm、12mm、11mm、10mm、10‐12スパナです。
11mmはシフトペダルの調整に使いました。

リヤのアクスルシャフトに22mmのレンチが必要ですが、この箱に入らなかったので、大きい工具箱に入れました。



上から、ラチェットの継ぎ手二種類、下の左は、ヘキサゴンのコマ5mm、隣が4mm、続いてボックスの12mm、10mm、アダプターをつけた8mmです。
このあたりも、KTCに買い換えたものです。


これは、ほとんど使いません。
ラジオペンチの代わりの万能ツール、車載工具のようなプライヤー。



これもほとんど使いません。
セロー225で持ち歩いていた10,12,14mmに対応できる、ラチェットセット。



バラバラにすると3つのパーツになります。
一見、理にかなっているようですが、実際には使いませんでした。
このサイズはスパナの方が使う箇所が多いようです。


こうしてセロー250用の工具をまとめてみました。

オイル交換はレッドバロンでお願いしていますし、タイヤ交換も自分ではしません。
今のところ、外装パーツを外す程度にしか使っていないので、これで十分のようです。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ