プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:セロー250
2012年から乗り始めたセローですが、2014年2月には、AIキャンセルをしています。



シリンダーヘッドの左側にある、エアインダクションパイプを取り外し、メクラ蓋をします。





エアインダクションシステムを取り外しますので、インテークマニホールドからのパイプや、シリンダーヘッドからのパイプも外します。






シリンダーヘッドから、エアクリーナーボックスへのパイプには、ワンウエイバルブを着けました。



これは日産のチェックバルブです。

樹脂製なので、軽いですし安いです。

ところがこの部品、手軽だけあって、耐久性は未知数なんです。

装着から1年後、外して点検してみました。

片側から息を吹き込んで、一方行だけ空気が流れるかを確認するんです。

問題ありませんでした。

翌年は・・・忘れていました。

その後は・・・ずっとノーマーク・・・記憶から消されていました・・・。



なんとなく気になっていたと言えば・・・



排気ガスが、濃い・・・?

高速走行が多かったから、オイル消費も多いかな・・・?くらいに、思っていました。


異変に気が付いたのは、林道にパトカー!?の時のコト。排気ガスが尋常じゃなかったんです。

走行距離は3万キロを超えていますが、オイル管理や添加剤も使っていますので、ピストンやバルブクリアランスに問題が出るとは思えません。

バルブクリアランスを確認してみましたが、規定値通り。



ところが、この時、シリンダーヘッドからのパイプを取り付け損ねてしまいました。


付け忘れです・・・。

このおかげで、白煙は無くなりましたが、走っていてどうも騒がしい。

エンジンから異音がする。

よく見ると、パイプが外れたまま・・・。


取り付けて、エンジンをかけると問題なし。気になっていた白煙も出ないので、ま、いっか。

よくねーよ!


白煙がすごいってコトは、オイルが燃焼しているハズだから、オイルを足すか交換しないといけないですよね。

いつもは秦野のレッドバロンでオイル交換するんですが、今回は出先の茅ケ崎でオイル交換をしてもらいました。





不具合のコトは話さずに、オイル交換を依頼しましたが、ワンウエイバルブの詰まりを指摘されました。

よく気が付きましたねー。とお話すると、「クランクケース内の圧が高かったので、異常がある。」と探ってくれたそうです。

社外品のパーツにも関わらず、原因を特定できるなんて、任せて安心だと思いました。


このチェックバルブ、使用頻度にもよりますが、1年から2年で交換。排気が濃いと感じられたら即交換のようですね。


プラグ見なくちゃー!

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ