プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:はじめての林道
「添加剤」って知ってます?

エンジンオイルに混ぜて使ったり、ブレーキオイルに混ぜたりするものです。


これって、必要・・・?

必要だったら、メーカーがやってるでしょ。


実際には、ガソリンに多くの添加剤が含まれています。

何年も放置したキャブ車を乗ろうと思って、キャブレターを分解したら、緑のタールみたいのがべったり・・・。

これが添加剤です。


じゃあ、別に必要ないよね。

ところが私は使っています。

何で?


添加剤は、エンジンオイルの発熱を抑えたり、油膜切れを防止するために開発されています。

エンジンは金属同士ですから、徐々にその性能が落ちて行きますが、性能の落ち方を緩やかにする事が出来ます。


効果あるの・・・?

効果あるかどうかは、抜いてみると分かります。


数値に現れるデータを取ってもいいでしょう。

たとえば燃費です。

添加剤を入れる前の燃費を取っておいて、添加後の燃費と比較します。

1度の燃費ではデータとしては不足ですので、2カ月以上の燃費から平均燃費を割り出したものと比較した方がいいでしょう。


それから、使用をやめた後の燃費とも比較します。

添加剤のうたい文句で、「一度使えば効果は、永久的。」みたいのがありますが、使用をやめても効果が変わらないのは、おかしいですよね。


セローは、熱に弱いバイクですから、オイルクーラーでも付ければいいんですが、キャブ車の時にオプションで用意されていたオイルクーラーは、インジェクション車では設定されていません。

対策としては、「こまめに休息」ですねー。


添加剤の事をバイク屋さんに聞くと、技術に自信があるお店ほど、添加剤は否定する傾向のようです。

メカニカル的なパワーアップの方法もありますが、どれほど優れた機関でも、オイルの性能に左右されます。

目的を、エンジンの耐久性向上とか、パワーアップにお考えでしたら、添加剤の使用は有効かと思います。


スポンサーサイト
コメント

まさにその通り

こんばんは、チェローさん。

添加剤の話、一回目のオイル交換時にちょっとバイク屋で話したら、「必要ないよ。余計なことしない方がいいよ。」と言ってました。自分が買ったところは、店主がオフ乗りだし、元はYSPだし、腕に自信もあるからでしょうね。
ある意味、そこで買えてとても安心しているんですが、「オイル交換にせよなんにせよ、お金がかかってもプロに任せるのが一番だからね。いらんトラブルを避ける為にもね。」とも言います。
多分、一番にはオーナーの自分を思って言ってくれてるとは思うんですが、向こうも商売ですから、極力お金は落として欲しいでしょうし、そういう気持ちが全くない訳はないでしょう。まあ、そこはそこまで気にしてないんですが、自分でちょっとずついじっていかないと、いざ山ん中でトラブルって時に対処出来ないというジレンマがあります。

Re: まさにその通り

うにょーさん、いつもコメントありがとうございます。
添加剤を否定するバイク屋さんは、良心的な方だと思います。
出回っている添加剤のほとんどは、クルマの雑誌に掲載されているので、クラッチもオイル漬けになっているバイクでは、クラッチの滑りが懸念されます。
ほとんどの添加剤は、うたい文句ほどの効果は無く、プラシーボ効果の方が高いと思います。
バイクの整備は、バイク屋さん任せです。
ヤマハのクランクケースは、オイルフィルターのネジがナメやすいので、自分ではやらなくなりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ