プロフィール

チェッチェッチェロー

Author:チェッチェッチェロー
2012年4月にセロー250 3C5M 2011年モデルを購入
日帰りできる範囲内が行動範囲。寒さに弱い、神奈川県在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


serowでお散歩


フリーエリア


FC2アフィリエイト


エマージェンシー・カード


ケンズパワー


DB'S


クロモリ・アクスル・シャフト


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:はじめての林道
ゴールデンウイークも近づいて来ました。

どこへ行こう?長距離ツーもいいかな?

何泊出来る?予約してないからテントを持って行こう・・・。

いろいろと楽しい計画が出来そうですね。


ところが、キャンプと林道ツーは、両立しません。


オイオイ、また炎上ネタかよ・・・。


ダートに限らず、速く走ろうと思ったら軽量化を考えますよね・・・

タンデムステップを外したり、チェーンカバーを外したりと、少しでも軽くした方がいいと思ったりします。

誰もやらない軽量化」なんて、バカなことしてますねー。


ところが、キャンプとなると、荷物が多くなります。

テントにシュラフ、炊事用具にランプやランタン。

快適に過ごそうとするほど荷物は増えて、セローの重心から遠く離れたリヤキャリアの高~い位置へと積まれる事になります。


目的地があって、そこに滞在型のキャンプでしたら、設営をして身軽になったところで走りに行く事も出来ますが、ツーリングを「旅」と捉える方には、滞在型よりは放浪型の方がしっくり来るでしょうか・・・。


トランポにバイクを積んで、キャンプ道具も一式持って行くのも快適なキャンプですが、「ツーリング」の要素は薄くなってしまいます。


荷物を少なくして、お湯を沸かせる程度、食事は自炊しないで、寝るだけのキャンプ。

そんなのも味気なくて、イヤですよね・・・。


遠くの林道を走りに来たけど、荷物満載でスローペース。

それも納得いかない・・・。


林道ツーとキャンプは、両立が難しい所です。

でも、こんな動画を見てしまうと、セローに正解なんて無いと思えます。






自然の中で薪を囲みながら過ごす時間や、山の頂上付近にテントを張った時の、朝の感動的な景色は、何物にも代えがたいです。

崩れた道を進む時に、一度荷物を降ろしてから斜面を駆け上がったり、砂利道をいいペースで走っていたら、荷物がずれ落ちたりと、色んな事がありますが、時間に縛られないキャンツーは魅力ですね。

1泊でも7泊でも、荷物の大きさは、あまり変わらないです。


キャンプでしか出会えない人もいますし、そこで会った人と温泉に行くのも楽しいですね。

テント泊では、なかなか疲れは取れません。

やはり、林道ではペースを落として走るのが、安全でしょうか。





お気をつけて。

スポンサーサイト
コメント

準備は整いました。

おはようございます。チェローさん。

野営道具で唯一揃えていなかった、テントを買いました!
モンベルのクロノスドーム2型にしましたよ。
梅雨前に、チャンツー出来ると良いんですけどねぇ。

反論!

プログにコメントを書くのは苦手なのだけど、今回はちょっとだけ反論。
林道キャンプツーリングが大好きです。
正確には、はじめて訪れる土地の林道をわくわくしながら走るのが好きなので、宿泊は山から近く予約のいらないキャンプ場になることが多いです。

>ダートに限らず、速く走ろうと思ったら軽量化を考えますよね・・・
だったらゆっくり走れば良いだけ、レースをやっているワケじゃないですから
>荷物を少なくして、お湯を沸かせる程度、食事は自炊しないで、寝るだけのキャンプ。そんなのも味気なくて、イヤですよね・・・。
って、優雅なキャンプをしたければ車に沢山の荷物を積んで、温泉付きのオートキャンプ場へ出掛ければいいのですよ。

昔々、ワンダーフォーゲル部で山に登っていた頃は、「荷物が重いのと空腹に耐えるの、どっち?」と先輩に言われながら準備をしていました。
空腹に耐えながら登った山々の景色と感動は未だに忘れられません。 大袈裟に言えば、それが私のバックボーンかも

冬は寒く、夏はクソ暑く、雨が降ればパンツまでびしょ濡れになるバイクに乗っているのは「カッコいいから~」だけではないですよね。
私は、バイクと野宿(寝るだけのキャンプ)は、な~んにも矛盾しているとは思いません。 

↑↑↑ チェローさん、これくらいの反論でよろしいでしょうか?

では、では、

Re: 準備は整いました。

うにょーさん、こんばんは~!
テント購入おめでとうございます。
近場でも充実した2日になりますよね。お気をつけて。

Re: 反論!

わたるさん、こんばんは~!
反論ありがとうございます。待ってましたー!って、感じです。
キャンプの魅力は、一人で来ている「変な人」と知り合える事もありますね。
みんなで温泉に行ったり、たわいのない話で盛り上がったり、キャンプの楽しさは、捨てがたいです。
でも、荷物を気にしながら走るのは、ツライダーです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 serowでお散歩 all rights reserved.Powered by FC2ブログ